亀田劇場

テーマ:
タイトルマッチ→反則→マスコミの総攻撃→処分→

その後にあるのは、なんだと思いますか。

そう、興毅の再起戦→大毅の復帰戦。
対戦相手に内藤の名が既にあがっている。

まさに今も続く、亀田劇場です。

その再起戦と復帰戦の視聴率は半端ないでしょう。

そう考えると、今の流れ全てがエンターテイメント。

亀田父にとっては、ライセンス停止でもいいのかもしれません。
なぜなら、彼は亀田兄弟のトレーナーであるけれど、
亀田プロモーションの社長でもあります。

ファイトマネーより、CMの出演費のほうが高いのでは。
そう、亀田兄弟という商品はまだ死んでない。
それどころか、絶好調です。
その事務所の名前の通り、亀田兄弟という商品は、
今後もプロモーションされていくでしょう。
特にボクシングファンでもない僕は、
そうゆうエンターテイメントな視点で、
今後も亀田兄弟を見ていきたいと思います。
まあ、今回の反則は意図的なものではないと思うし、
考えすぎですけどね。
ただ、前の会社で亀田プロモーションに提案している、
企画書を見たことがあるので、そうゆう裏を読んでしまう。


今日の一曲 Love you ROSE/山田タマル

AD

広告のチカラ

テーマ:

を改めて自ら感じました。


いまのユニクロのCM。

凄く、マイフェイバリット。


■ユニクロ CM↓

http://www.uniqlo.com/jp/tv/


いまの邦画に欠かせない俳優陣を起用した、

映画のワンシーンのようなCM。


そして、WEBでそのコーディネイト一覧を見ることができ、

しかも、そのままECへ飛び、購入ができる。


いまとなっては、普通の流れですが、

そのセンスがいい。


つい、ユニクロへ行ってしまいました。

買ったのは、CMでやってたものではないけど笑。


でも、いいですね。

こうゆう広告キャンペーンやりたいって思いました。


今日の一曲 ひみつ/熊木杏里


AD