ルアーフィッシング専門店ヘッドクォーターのブログ

フレッシュ&ソルトウォーターフィッシングの専門店ヘッドクォーターのブログページへようこそ!
商品入荷情報・釣行レポート・日々の出来事をアップしていきたいと思います。

このワーム知ってますか?? 

 

失礼ながら、パッケージが地味ぃ~なので、量販店様の棚に乱立展示で並んでいたら、思わず見過ごしてしまいそうなこのワームが実はスゴイんです真顔DASH!

 

古き良き時代に一世を風靡したスラッゴーを寸詰まりにしたようなこのワームなんですが、関東方面のトーナメンターの方は御存知かもしれませんね。ウインク!?

 

このワーム、プロフェッサーフィッシングサービス様の「ソアリンシャッドⅡ」って言います。アップおーっ!アップ

 

 

 

〝Soaring Shad Ⅱ”って綴りなんですが、〝Shad”は解るにせよ、〝Soaring”の意味っていったいはてなマークはてなマーク

 

 

〝Soaring”の意味なんですが「舞い上がる」という意味でして、このワーム特有のリグセッティングから生み出されるアクションを見て頂ければ、なるほど思わず納得のネーミングビックリマークポーン

ホラ、各サイズこんな風にジグヘッドを作るフックを用いて、腹部にネイルシンカーを挿入し、リグセッティングしますよ。びっくりびっくりびっくり

 

ちなみにコレ、プロフェッサーフィッシングサービス代表の石川様自らがリグって、ヘッドクォーターの店舗展示用に置いていって下さった文字通り〝教授レベル”の神セッティングっす・・・・・・。ゲッソリあせる

 

 

 

コレをミドストちっくにロッドアクションを付けるとあ~ら不思議!?叫びDASH!

 

ワームがダートしながら、水面をピョンピョン飛び出して、あたかもバスに追われて逃げ惑うベイトフィシュの動きを完璧に表現しちゃうじゃあ~りませんかビックリマークビックリマークえっえっえっ

 

 

 

「百聞は一見に如かず」。とにかくブッタマゲのそのアクションを一度ご覧頂くのが一番ですね。目ひらめき電球

 

皆様が大好きな無料で見られる動画(いかがわしくないヤツねドキドキ口笛)が、4種類用意されていますので、「ソアリンシャッド動画」で検索して頂くか、当店ヘッドクォーターのWEBサイトのトップページでも同じ動画が一気にすべてご覧いただけますよ。にひひにひひにひひ

 

http:headquarters.is-mine.net/

 

早速、御客様のK様がご購入後、即、ヘッドクォーター店舗内に用意されている作業台で、ソアリンシャッドを仕込んでおられます。ウインクチョキ

 

 

なかなか現場で、特にボートの上でリグるのは大変ですので、こうやってコッソリ仕込んで行って、ライバルに差をつけるのがいいですよね!?ウインクウインクウインク

めんどくさがらずに、いくつかリグって、K様の武器がまた一つ増えましたな。パンチ!ニヤ

 

ウチのメンバーの中でも、最近、成長著しいK様、今回も確実に〝1UP!”してしまいましたね・・・。ゲラゲラあせる

 

 

 

ソアリンシャッドⅡの使い方はそれだけでなく、一般的なワームのリグにも対応します。水中でのアクション動画も用意されていますので、コチラも合わせてご覧くださいませ。ほっこりほっこりほっこり

もうシーズン終わったのでバラしちゃいますが、いつも野尻湖でのトーナメント情報を送って下さるJBプロのY様も契約スポンサーとは関係なく、ソアリンシャッドⅡをトーナメント中の本番、プラともご使用なさっておられ、今年のチャンピオンシップでの魚もソアリンシャッドⅡのライトキャロによるものだそうです。叫び合格

 

 

実はソアリンシャッドⅡのライトキャロは、知る人ぞ知る野尻湖での隠れたヒットルアーでして、キャロの具として、こっそりボックスに忍ばせている選手も最近増えてきているようですよ。ニヤリウインクニヤリ

野尻湖でキャロの具としてよく使われるワームの多くが水中でクルクル回転してしまうのに対し、背面と腹面で比重を変えてあるソアリンシャッドⅡは、引くと一度フワリと浮いて、その後お腹を下にして微妙にロールしながらフォールしていくため、他のワームとのアクションに違いが生まれます。びっくりびっくりびっくり

 

 

実はココがキモでして、ラージマウスに比べ、ほんの少しの違いで口を使わなくなる気難しいスモールマウスには、このちょっとしたアクションの違いが大きな差となることがあるってわけですね。ポーンポーンポーン

 

 

サイズは、3タイプ。 上から3.1インチ、2.3インチ、1.8インチです。

 

ちなみに一番上の3.1インチはシーバスセッティングでして、バスだけでなく、今ソルトウォーターでもジワジワ来ているそうですよ。波波波波波

 

 

 

プロフェッサーフィッシングサービス様は関東のメーカーですが、3.1インチはベイトフィネスで投げれるくらいのウェイトで、琵琶湖のウィードエリアや浜、河口での使用にもオススメですね!!グッ

 

 

2.3インチが一番オーソドックスなサイズで、ソアリンリグで使うも良し、水中で使うも良しのソアリンシャッドⅡ初体験の方には、一番手堅い一番人気のサイズ!!チョキ

 

 

ウチみたいな中部以西ショップで人気が出るのは恐らく上の2つで、関東では人気であろう極小1.8インチは一部のマニア向けサイズかもしれませんね!?OK

ここで私があーだこーだ言っていてもしょうがないので、まずは実際に使って頂くのが一番ですから、とにかく投げてみて下さいウインクチョキ

 

・・・と言っても、今の人って、買うルアーを決めるのに、まずは動画ありきって方、少なくないようですので、ウチのWEBサイトのトップページにて動画見てみて下さい。捕食シーンは鳥肌モンですよポーンビックリマークビックリマーク

http://headquarters.is-mine.net/

 

 

当店、ヘッドクォーターも正規取扱店ですので、ご購入の際は宜しくお願い致しますお願いおねがいおねがいおねがい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
今やすっかり、ウィンターバッシングの超ド・定番となったメタルバイブレーション。

各社、形状を変えたり、マテリアルを変えたり、シェルプレート貼ったりと色々コダワリのある商品が最近は目立ちます。




そんな中、ちょっと変わった切り口のメタバイが発売されまして・・・。

メタバイってすぐ根掛かってロストするから嫌いとか、イマイチ、メタバイ苦手なんだよなぁ~なんて方に使ってみていただきたいと思いましたので、ご紹介・・・。


本日、ティムコさんから届いたメタバイで「PDLバウンストレーサー」と言います。

一見すると、失礼ながら、何の変哲もない地味ぃ~なメタバイ。危うく、値付けして、とっとと展示するとこでしたヮ・・・(ゴメンナサイ)。




ところが、この「PDLバウンストレーサー」よく見りゃあ~他のメタバイにないこんな特徴が!!


その頭部に装着されたお世辞にもカッコイイと言えない(笑)、このワイヤーガード。

ぶっちゃけ、外見的にぜんぜんイケてないことこのうえない・・・(失礼)。






ところが、このイケてないワイヤーガードのおかげで、非常に高いスナッグレス性能を発揮し、根掛かりが激減するのが最大の特徴!!


良く見ると、微妙に半円型になっていて、どうやらこの形状があらゆるカバーやストラクチャーに対し、バーサタイルな回避性能を発揮するらしい・・・!?








別に私はティムコさんのテスターでもなければ、何かもらってるワケでもないので、好きに書かせてもらうと、あらゆるカバーやストラクチャーっつったって、さすがに限度はあると思いますけどね・・・・(疑)。

・・・なぁ~んて思って、良~~く見てみたら・・・(驚)!?






こんな所に気付いちゃいました。 それは付属のWフック!!


最近のメタバイにWフックは標準装備が当たり前ですが・・・。

今回「PDLバウンストレーサー」を発売するにあたって、スナッグレス性能の高さをウリにするティムコさんのその自信の高さはこのフックからも感じ取れましたヮ(驚)







何もわざわざこんな根掛かりし易いフック付けんでもいいのに・・・(爆)??







フック選びにシビアな方は御存知かと思いますが、Wフックって、開きの角度が広いモノと狭いモノがありまして、当然のことながら、広いモノはフッキング率は高くなる反面、根掛かりリスクもUP・・・。


高いスナッグレス性能を謳っておきながら、こんな開きの大きなフックを採用していたら、根掛かり率もUPするのは明白なのに、あえてこんな開きの角度が広いフックを使うってことは・・・??






このワイヤーガードの効果が、相当なものなのだということが容易に想像できますね。


このワイヤーガードがあるおかげで、フッキング性能を落とすことなく根掛かりを回避し、カバーやストラクチャーを果敢に攻めることで、一日に何回あるか解らない貴重なバイトをモノにするという画期的なシステム・・・。






ぶっちゃけ、ある程度の根掛かりは覚悟して、あらかじめ数個用意して使うのが、当たり前のメタバイなのに、根掛かり激減なうえ、結果的に釣れてしまったら、我々釣具店にとって、冬はただでさえ売れないのに、このシステムは非常に厄介・・・(涙)。

だって、根掛かりして、無くしてくれないとお客さん買ってくれないんだもん(泣)。




ティムコさん、ええ加減にしてよ・・・・(冗談)!?

 
冗談はさておき・・・。

「メタルバイブは根掛かるからイヤだ。」「なんとなく苦手だ。」
そんな方にぜひお試しいただきたいメタルバイブですな。






ところで、このスナッグレス性能がホンモノならば、冬のリフト&フォールだけの使い方じゃもったいない気がしますね・・・。





昔、昔の大昔、30年くらい前の昔。私がバスが釣りたくて、釣りたくて、しょうがない中坊のアホバカ少年アングラーだったころのお話・・・。




私がチャリで入鹿池に通っていた当時、ソナーのボトムすれすれのタダマキが最強とかいう何の根拠もないウワサが我々の仲間内で流れておりまして・・・。




当時、釣具屋さんで買えるメタバイはヘドンのソナーとそれのモロパクリのコー〇〇ンのソナーしかなく、当然のことながら、お小遣いの少ない中坊のガキはパチモン買い。






「コー〇ソナー」という立派な(笑?)商品名がついているにも関わらず「コピーソナー」というなんとも有難くない名前で中坊のクソガキ共に呼ばれたそのパチモンは、根掛かりの恐怖と戦いながら、果敢にボトムスレスレを攻める少年アングラ―達の期待に応え、多くのバスをもたらしたのでした・・・(懐)。

確か、3つある穴の意味を全く理解しておらず、真ん中の穴が一番釣れるとかいう、何の根拠もない「真ん中最強説」をみんな信じていましたね・・・・(笑)。






そうでした。その当時、私の周りではメタバイはタダマキで使うものでした。


その当時にコレがあったらね・・・・・・(笑)。

確かにタダマキで使うだけなら、普通のバイブレーションでいいのかもしれないけど、金属には金属の良い部分がきっとあるハズ・・・。

とりあえず小さくても、とにかくカッ飛ぶしね(笑)・・・。






そうだ!メタバイが冬限定なんて、誰が決めたんだ??





大昔はみんな一年中使っていたじゃないか!?





このワイヤーガードを利用して、カバー周りでも色んな使い方をして、冬だけじゃなく今年は一年中ボックスに忍ばしておこう!!

あのリザーバーでも使いまくってやろう!!

夏になったら、野尻湖でもスモールのボイル撃ちにもつかってみよう!!


そんなメタバイの懐かしい想い出と可能性を感じた地味ぃ~な新商品(笑)。




価格も今ドキのメタバイの新商品よりもやや抑え気味ですので、一度お試し下さい。

そして、シークレット的な何かいい使い方あったら、私にこっそり教えて下さいね(笑)!!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
暖冬の今シーズンの冬ですが、昨日からまたぐっと冷え込んで、寒くなりましたね。

せっかくの3連休、この寒さで釣りに行く気が失せたって方、少なくないと思います。



そんなわけで、寒い冬でもヘッチャラピぃ~~なオススメ、アンダーウェアを御紹介!!


羊だメェ~のパッケージが何とも怪しい「モンベルスーパーメリノウール」アンダーウェアシリーズ。








ところで、多くの方がモンベルに抱くイメージとしては・・・・・??





日本発祥のアウトドアブランドという点がそうさせるのか、パタゴニア、ザ・ノースフェイス、マムートなどの欧米諸国のアルピニストに支持される人気ブランドに比べ、同等グレードの商品でも頑張って価格を抑え気味で非常に良い物を作るのにも関わらず、残念ながら、デザイン的に華やかさはなく地味なブランドってとこでしょうか・・・!?


良くも悪くも多くの方が「モンベル」というブランドに抱くイメージは、とにかく手堅く堅実なモノづくりで、どちらかといえば、若者よりも中高年のアウトドア愛好者に支持されているといった印象って感じですかね・・・(失礼)!?






ただでさえ、ブランドイメージがそんな感じなのに、他メーカーみたいに舌を噛みそうな複雑なネーミングのハイテク発熱素材やすっかり定番化したコンプレッションウェア系の身体に超密着する裁断技術を前面に押し出すわけでもなく、こんな羊だメェ~のイケてないパッケージでお店に並んでいたら、スルー間違いなし・・・(泣)。


悪いけど、知らない人が見たら、間違いなく某釣り具メーカーさんが出してるダッサいマークの付いたアンダーウェアーのパッケージの方がよっぽどカッコよく高級そうに見えちゃうもんな・・・(汗)。












ところがですョ・・・。






このイケてない、羊だメェ~のパッケージを使ったこのアンダーウェアが実はメチャメチャ優れものでして、冬の釣りを快適にする唯一無二の存在なのです(驚)!!


実はこのスーパーメリノウールは、単なるウール素材ではなく、ウールを主原料としたハイテク素材・・・・・そう。実は普通のウールじゃないんですね。






だから、チクチクもしないし、今どきの発熱系素材の方があったかいという先入観だけで、こんな素晴らしい商品無視したら、あなたの人生かなり損するワケですョ(笑)。


簡単に言えば、着た瞬間から温かいと感じ、その後、発熱した温かい空気を逃がすことなくキープし続ける冬用アンダーとしては理想的な素材・・・(温)。

特殊な加工で熱を包み込むため、某発熱素材みたいに、運動してる時はいいけど止まったら「さぶッ!!」ってことにはならないんですな・・・。





スーパーメリノウールの良さがさらに解りやすいのがコチラのソックス。




温かいだけでなく、素早くムレを吸収⇒乾燥⇒発熱⇒保温。

・・・で、雪の中でも足の指先冷え知らず(暖)!!







アンダーウェアに比べ、ぐっとお安くルアー1個分のお値段でお手軽に体感できるので、超オススメ・・・。


本来、冬山登山用のエクスペディション(写真・左)とウィンタースポーツ用に使うアルパイン(写真・右)がありますが、釣りの場合、動きの少ないボートの釣りや管釣りのトラウトにはエクスペディション、歩き回るオカッパリにはアルパインといった使い分けでより快適に・・・。









ぶっちゃけると、私、実は幼少の頃より、ボーイスカウトに所属していたこともあり、雪山登山や海外の大自然の中での長期キャンプも経験済み。

普通の方が聞いても何のことやらさっぱり解りませんが、関係者が聞くと超ブッたまげるボーイスカウトの最高位・富士スカウトのOBだったりします。





それゆえ、野外で生命の危険にさらされたことも一度や二度ではなく、アウトドアウェアのチョイスには、野外で己の身を守るためのものとして人一倍シビアでして、自分の収入に全く見合っていない高級品を必要に迫られて、無理してでも買うわけです。


もちろん冬用アンダーウェアに対しても妥協はしません。

色々なものを愛用しましたが、私にとって、今はコレがベストチョイスかな・・・。






ここまで書いておいて、衝撃告白すると、アウターはある理由(デザインとかじゃなく)からモンベル着ませんが、インナーやミドルに対してはかなり高評価です(笑)。






これ以外に逆にオススメのヤツがあったら教えて下さい。


スーパーメリノウールでダメなら、カイロを貼りまくるか、家に帰って風呂入って寝るべし(笑)!!




女優の吉田羊さんが好きとか嫌いとか関係なく(笑)、モンベル・スーパーメリノウールを着て、今年の冬はあなたも“ヒツジスト”になってみてはいかが・・・??


今年は“未年”じゃなくて、“申年”ですけどね・・・・・(爆)。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
そろそろ全国的に梅雨明けというこのタイミングで、大人気の「地味ぃ~だけど素晴らしい商品を紹介しよう!」のコーナーで、便利なウェアを紹介しましょう!

今回、御紹介させて頂く商品もホントに地味ぃ~ですし、特に目を引くデザインとは言えませんのであしからず・・・(笑)!?






まずは、皆様、「スコーロン」って素材を御存知でしょうか・・・・・??


このロゴです。 そう、UVカット効果を備えた防虫素材でして、簡単に言えば、これを着るだけで、蚊などの害虫と紫外線から身を守るという、アングラ―にとっては夢のような素材です。




開発も、どこぞのインチキ臭いメーカーさんではなく(笑)、防虫剤メーカーの大手としてあまりにも有名な「アース製薬」と繊維メーカーの大手「帝人フロンティア」が共同開発・・・・・。

防虫剤と繊維の超大手のタッグによる“着る防虫素材”・・・・・・それが「スコーロン」!!






つまり、これを着ることによって、虫除け薬を使わずとも害虫から身を守り、更に日焼け止めを塗らずとも日焼けを避けることができるってワケ・・・・・・・。


ところがです!! アウトドアを楽しむ者にとっては、メチャメチャ便利な「スコーロン」なんですが、一つ重大な欠点がございまして・・・・・・・・・・(汗)。









それは、ズバリ価格!!


このスコーロン素材を使ったアウトドアウェアを展開しているメーカーで、代表的なメーカーが、青木大介プロ・モデルのウェアで有名なフォックスファイヤーさん・・・・・・・。

・・・・・・って、ことはつまり、安くはない(笑)!!





ちなみに、青木プロが、オカッパリ取材などで着用している「スコーロンリぺリングパーカー」や「スコーロンパーカーL/S」なんかは、上代にして¥12800~¥13800(税別)。

「そんな高い、ウェア買うぐらいだったら、虫除けと日焼け止め塗って、竿買うヮ(怒)!!」
・・・・・なんて、お父さんアングラ―の皆様に言われちゃいそう(汗)??






・・・・・・そりゃあ~確かにそうだ。 夏限定の釣り用のウェアにその値段は高すぎる。

もっと言ってしまえば、そんだけの値段だったら、良くて当然っちゃ~当然だし・・・・・(汗)。







じゃあ~コレだったら、いかがでしょうか!?


スコーロン・グレインアームカバー(左)とレッグカバーロング(右)です!

これなら、パッと装着するだけで、お手持ちのTシャツから出た腕や短パンから出た足を蚊や日焼けから守ってくれますョ~♪

ちなみに真夏に使っていてもソッコーで汗を乾かして、ムレ知らずですので、ぜんぜん暑くありません。

むしろ、汗が乾いていく時にス~ス~して涼しく感じます。








グレインアームカバーは手甲状態としても使えるので、手首から先だけ日焼けしたり、ロッドを握っていて手の甲だけ虫に刺されるってことも防げます。

釣り場まで、いつものTシャツで行って、パッと装着するだけで、超簡単!

しかも、魚釣った時に水中にズボっと突っ込んでも、ソッコー乾きます!!








レッグカラーロングは、かかとと足の指を出して足の甲まで覆いますので、クロックスなんかのサンダル履きにも対応します。

暑い夏は、短パンで釣りたいって方に超オススメ! ヤブ蚊をよけて、釣りに集中できますョ!!

毎年夏になると、履いてるジーンズの裏地が、汗でベッタベタって方、多いんじゃないかな!?

今年の夏は、コレで涼しく、快適に釣って頂きたいですネ~!







ちなみに、肝心のお値段ですが・・・・・・・。

スコーロングレインアームカバーが、上代¥3800(税別)
スコーロンレッグカバーロングが、上代¥4800(税別)

・・・・・と、ちょっと高いプラグ一個分と超現実的(嬉)!



お父さんのお小遣いだって、楽々手が届く、超現実的なプライスのウェアーですョ!!







顔の日焼け対策グッズは、最近イロイロと出ておりますが・・・・・・。


何度見ても、メチャメチャ怪しいけどね・・・・・(爆)!?








腕と足だってUV対策をすべきだし、そんでもって防虫機能がついているなんて、すばらしいと思いませんか!?

日焼けは、皮膚を焼いているわけですから、それによる疲労度も相当なものですし、害虫に腕や足を刺されて、ボッコボコに腫れたなんて、釣りをなさっておられる方なら、たいていは御経験おありのハズ・・・・・!?





休日に、好き勝手に自分の趣味の釣りをしておいて、疲労や虫刺されで、休日明けのお仕事に影響が出るなんて社会人として最悪だと思いませんか・・・・・!?

誰かに迷惑を掛けずに釣りを楽しむためにもUV対策、防虫対策は万全にしときましょう!!


まぁ~デザイン的には、ホント地味ぃ~だし、絶対見落としそうな商品ですけどねェ~(爆)!?





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
「非常に地味であるがゆえにイマイチ人気のない商品」。

「メディアの露出度が少ない為に、その本来の使用方法が理解されることのないまま消えて行ってしまう商品」。

残念ながら、バス業界にはそんな商品が山ほどあります・・・・・(泣)。







本来脚光を浴びるべき、非常に優れた性能を持ちながらも宣伝等が少ない為に一般アングラーの目に触れる機会が少ないものの素晴らしい商品を御紹介させて頂くのもプロショップの務め・・・。

私は、常々そのように考えております。





なんやかんやで毎回非常に反響の大きい「地味ぃ~だけど素晴らしい商品を紹介しよう!」シリーズ。


今回は、『ハンクルシャッド』と『クオン・フローシャッド』の“地味ぃ~だけど素晴らしいシャッド・編”でございます。


それなりに大作となりますので、皆さん大好きな画像だけじゃくて、飛ばさずにちゃんと最後まで文章を読んで下さいネ・・・・・(爆)!?






では、今回も気合入れていってみましょうか!(このシリーズ一回書くと疲労度ハンパない。)


こちらが今回ご紹介させて頂く『ハンクルシャッド』(写真上)と『クオン・フローシャッド』(写真下)

どっちも失礼ながらパッと見、かなりフツ~で地味ぃ~でビミョ~!?








コチラは人気シャッドの代表格『ソウルシャッド』(写真上)と『スーパースレッジ』(下)

タダ巻きのソウルにジャーキングのスースレと言われ、現在のシャッド人気を牽引する2大巨頭の超ロングセラー商品。




どちらも作り込みもちゃんとしていて、もちろんよく釣れて、それでいてどこのお店でも買えて、誰もが一個は持っているであろう本当の意味で10年以上第一線で活躍できる名作シャッド・・・。







ところで、こうやって並べるとルックス的には・・・・・??


   確かに右二つの方が、はるかにイケメン・シャッドくんだな・・・・・・・・・・(爆)。




ところが、意外にもこの地味ぃ~なシャッド二つには、ルックス的には、まぁアレですが(失礼)、それぞれ隠された秘密があり、素晴らしくいい仕事するんです(断言)!!





その秘密をまずは、ハンクルシャッドからご紹介。


ハンクルシャッドはもちろんHMKLさんの商品で、だから名前もそのまんま『ハンクルシャッド』

上の写真のようにラインナップが御座いまして、リップの短い65SR(上)と長い65MRの2タイプでどちらもサスペンドタイプ。

4lbライン使用時で65SRが深度1.5m。 65MRが深度3mとなかなかの深度を誇ります。







ちなみにこのハンクルシャッド、目指したのはこの超名作中の名作を超えることだったらしい・・・・・。


          シャッドラップラパラです! 左がSRで右がSSR。 

今の20代、アラサー世代のバスアングラーは、何となく名前は知ってるけど、持ってない、使ったことないって方、少なくないんじゃないかな…・・・・!?





逆に私のようなアラフォー世代、アラフィフ世代の方は、誰もが一度はお世話になったことがある伝説のシャッド。

ラッキークラフトのベビィシャッドが出るまでは、シャッドといえばシャッドラップでした。






ただ単に巻いていれば、イージーにバスを連れてきてくれる魔法のようなこのルアーは、私の少年時代には「ワームより釣れる反則ルアー」なんて仲間内では呼ばれていました(笑)。

そんなシャッドラップをレジェンド泉和磨プロが現代風にアレンジしたルアー・・・・・。


それが、ハンクルシャッド!!






タダ巻きでバスを連れてくる魔法のアクションはもちろんのこと、シャッドラップの泣き所であった飛距離の部分も重心移動方式で完全にクリア。




しかもこの重心移動のウェイトはリトリーブ時には、腹部に入ったマグネットで固定され、泳ぎの立ち上がりもバッチリ完璧です・・・。




つまりは、よく飛んでタダ巻きで簡単に釣れる優等生シャッドなのです・・・。

・・・・・とここまでは、あのイケメンシャッド・ソウル君(上)にもある特徴ですが。



ハンクルシャッドはここからがスゴイ!


ハンクルシャッドの最大の秘密・・・・・それは、フックを取り付けるアイに装着されたスイベル!!

このスイベルが付いていることにより、ベリーとテール、それぞれのフックが回転するのです。






これにより、バラシが激減!!


どちらか片方のフックに掛かったあと、フックが回転してバスの動きに追随することにより、バスの口に刺さったフックの穴が広がったり、身切れするのを抑え、ファイト中に両フックが掛かるいわゆる「鬼掛かり状態」になりやすいようにルアー自体がオートマチックに仕事をしてくれます。






実は、このような機構は、以前サクラマス用のミノープラグ『ザウルス・レックスミディアムディープ』のベリーフックに採用されておりました。

レックスMDの場合は、ヒット後、体をクルクルとねじるようにロールさせ、バラシを誘発するサクラマス特有のファイトに対応するためのものでしたが、当時、私が熱をあげていた川バスの釣りにおいて、これほどまでに流れの中で、キッチリ泳いで、ヒット後バラシを激減させ、釣果をもたらすミノープラグはないというほど信頼していたルアーでした。





この機構が採用されていれば、シャッドの釣りでよくありがちな、テールフックの一本だけに掛かってファイト中に「ハイ、さいなら~」なんて、悲しい想いともこれでオサラバできそうですネ~♪

これは上の写真では解りにくいですので、実際に触ってご確認頂くことをオススメします。

ホントにフックがクルクル回りますよ(笑)。


『ハンクルシャッド』見た目は地味ぃ~ですが、投げて巻けばきっといい仕事してくれますョ!

私みたいなバラシキングには、必要不可欠なシャッドです(笑)!!






続いては、『クオン・フローシャッド』です。


クオンというのはジャクソンさんのバス部門のブランド銘柄でして、フローシャッドという名前は、「浮浪者人」と書くのではなく、“フローティングのシャッド”という意味なのだそうです。

これも失礼ながら、地味ぃ~(笑)。


これだけ山盛りにして撮影しても地味ぃ~(爆)。

ルアー自体のルックスもさることながら、大体、このパッケージ。

お世辞にもバスルアー感が感じられない。 どちらかと言えばソルトのルアーっぽい・・・(泣)。

良くも悪くもジャクソンさんらしさ満載なのですが(失礼)、だからと言って、このルアーの素晴らしさを見過ごすことは私にはできない(キッパリ)!!







まず、このフローシャッド。プロデュースは、若手の成長有望株、イッチーこと市村プロ。

このイケてないパッケージの側面にも・・・・・!?


市村プロが動画で紹介! いますぐCHECK!!

・・・とQRコードが貼っ付いてますが(汗)。




そんなことより、こういうブログ読んで下さっておられる方々には、YouTubeで“フローシャッド 動画”と検索して頂ければ皆さん大好きな無料動画が一撃で見れます。






私個人といたしましては、市村プロの若干チャラい感じの解説は、それはそれで若さが感じられてまぁ~嫌いじゃないですが(笑)、皆様に絶対見て欲しいのはフローシャッドを実際泳がせる動画です。

普通、カバー周りで使うと一発根掛かりのシャッドですが、この『フローシャッド』は、テストタンクに木を沈めて作られたストラクチャーをヒラを打って完璧によける映像は鳥肌モンですゾ!!






「カバーで使えるシャッドといえば、コレでいいじゃねェ~か!?」なんて方、きっといますよね!?


そうです。 カバーシャッドの名作。 かつて、一世を風靡した『C・Cプレデター』ですね。

私もずいぶんお世話になりました。 

特にパープルウィニーみたいな何かちょっと気持ち悪いカラーのヤツが好きだったな・・・(笑)。



プレデターはカバーに沿ってナメるように引いてこれたルアーでしたネ・・・。




でも、『フローシャッド』はちょっと違う。 『フローシャッド』は、どちらかと言えば・・・。


往年の名作、ラッキークラフトさんの『CBシリーズ』。 上が『CB100』で下が『CB200』。

『フローシャッド』って、こっちの動きというか、こっちのカバーのよけ方に近いものがある!!






このCBは、カバー周りで使えるバイブレーションをコンセプトにつくったルアーでして、リップがカバーに触れた時にボディーをネジってくるりと反転させる勢いでヒラを打ってカバーをよけることから、“ムーンサルト”なんて呼ばれておりました。




ですから、名前こそ『CB』で、形もクランクベイトなのですが、クランクベイトではなく、本当はバイブレーションだなんて、何とも奇妙キテレツなルアーでしたね・・・(笑)。




ちなみにラッキークラフトさんでは当時オーソドックスなクランクも作っていました。


クラシカルリーダーです。

CBという名作がありながら、あえてこのオーソドックスなクランクが開発されたエピソードは、開発者の下野プロとそれを形にした加藤プロとの非常に興味深いやり取りが下野プロの著書に紹介されていますので、調べてみるのも面白いかと・・・。

ちなみにヘッドクォーターのサポーターズクラブ・メンバーシップオンリーの本棚には、ちゃんとその本が置いてありますョ。






ちょっと脱線しましたが、『フローシャッド』に関しては、とにかくYouTubeで動画を一度ご覧頂くことが一番早いかと思います。


従来のシャッドのイメージを覆すそのアクションにCBを実際使ったことのない若いアングラーの方は、きっと驚かれることと思いますし、CBを愛用していたアラフォー世代以上のアングラ―の方には、懐かしさと同時にこのルアーを信用してお使い頂けるかと思います。

特に、地元では大江川や五三川などの通常のシャッドプラグを使うのに一瞬ためらうようなシャローや水中にカバーの多いフィールドに通う方にこそ是非ともお試し頂きたいシャッドですね。







こんな素晴らしい『フローシャッド』なのですが、唯一ダメな点があります。

それは・・・・・???




なかなか根掛かってくれないということは、ユーザー様が一度御購入なさると、次になかなか買って下さらないということでして、これは我々釣具店にとって死活問題かと・・・・(汗)!?

オイオイ。 市村プロョ~。 エライもん作ってくれたじゃねェ~か(爆)!!




                     冗談は、さておき・・・・・。


今回ご紹介させて頂いた『ハンクルシャッド』と『フローシャッド』。

どちらも本当に見た目は本当に地味ぃ~ですが、開発者の想いがたっぷり詰まった非常に個性的で唯一無二の性能を持つ他社にはない素晴らしいシャッドです。

今年、流行の兆しを見せているハードベイトフィネスの釣りに是非ともこの二つのルアーをあなたの武器として取り入れてみてはいかがでしょうか・・・?





あっ、そうそう。 御購入はヘッドクォーターで・・・・・。コレ、一番大事なとこですョ(爆)!!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。