PACHINKO西遊記

映画・ドラマ・アニメなどの詳細情報と収集したサンプル映像を参考資料として紹介しております。
DVDの購入などのお助けブログ❤
時々、食べ歩きやパチンコ、ペットの話も書きますので宜しくです。


テーマ:

PACHINKO西遊記



『 東京ラブストーリー 』 は、柴門ふみによる日本の漫画を原作としたテレビドラマ。

1991年(平成3年)1月7日から3月18日にフジテレビ系で放送された。フジテレビ月9ドラマ初期の代表作であり、鈴木保奈美、織田裕二が主演を演じる。

原作では主に完治の視点を中心に展開したが、ドラマではリカを中心にすえ、彼女の心情を描いた。

プロデューサーの大多亮によると、主演が決まっていた鈴木に自分が演じる役をさとみとリカから選ばせたところ、リカと即答したという。

また、リカの性格や行動は原作とは大きく違う点も多い。

また、企画段階では完治、三上役には緒形直人、本木雅弘が予定されていたが諸般の事情で織田、江口に変更となった。

完治を「カンチ!」と呼ぶ帰国子女のリカは自由気ままに生き、まっすぐに恋をする。

最初は戸惑っていたカンチもそのまっすぐなリカに惹かれるが、やがてその恋は思わぬ方向に向かう。

「月曜日の夜に街から女性が消えた」と言われるほど当時は若い女性に支持された。

タイトルバックは、大都会を象徴するような場所(駅、交差点など)で、出演者が人ごみの中で様々な日常生活を営む光景を切り取ったもので、MTVのプロモーションビデオを意識した映像センスは当時としては斬新なものであった。

平均視聴率は22.9%、最高視聴率は最終話の32.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

主題歌は小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」。

ドラマのストーリーと非常にマッチした楽曲で、シングル売上は270万枚。

当時の日本におけるシングルCDで最大のヒットとなった。

タイトルバックと主題歌でドラマの世界観を表現する手法はその後の月9の主流となったのみならず、90年代以降のテレビドラマに大きな影響を与えた。

鈴木や織田は本作を経て、ドラマの主演級としての評価を確立した。

一方でさとみ役の有森也実はリカのサバサバした気性とは対照的なその役柄から女性視聴者から嫌われ、所属事務所に脅迫状まで届いた、と後に本人が語っている。

1991年にポニーキャニオンからVHSでソフト化され、2001年にフジテレビからDVD-BOXが発売された。

2006年、ニューヨークのチャンネル63で毎週土曜日夜10時から再放送が英字幕なしで放映されていた。






【 特別編 】


1993年2月14日に、『金曜ドラマシアター・バレンタインスペシャル』として放送。シリーズの総集編的な内容であったが、鈴木保奈美、筒井道隆が出演した15分ほどの新撮影部分が追加された。数年後という設定で後輩社員と出張のため愛媛に来たリカの姿が描かれている。













【 原作との相違点 】



・原作は完治が主人公だが、ドラマではリカがメイン。また田々井アズサは登場しない。
・原作では完治、リカは和賀が社長である広告代理店「和賀事務所」で働いているが、ドラマではスポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」勤務という設定になっており、和賀の役職は部長である。
・原作ではリカはアフリカのジンバブエの出身だが、ドラマではアメリカロサンゼルスからの帰国子女という設定になっている。
・原作ではリカが完治のもとを去ったのは和賀の子供を妊娠したからであり、愛媛での完治との再会もお腹が大きな状態だが、ドラマでは完治とさとみの事を思い、自ら身を引いたためであり、妊娠のくだりは一切無い。
・原作では完治が結婚した後にリカと再会することは無いが、ドラマでは三上の結婚式後にリカと再会している。














【 ロケ地 】



『 東京都内 』


・一の橋公園(港区東麻布) - オープニングに登場する公園。さとみが三上のボタンを捨てた公園。
・芝公園・東京タワー(港区芝公園) - 完治や三上とさとみが三人で遊びに行った場所。
・神泉交差点(渋谷区南平台町) - 劇中に何度も登場する交差点。
・西郷山公園(目黒区青葉台) - 劇中に何度か登場し、三上が完治にさとみのことで話した公園。
・教育の森公園・文京スポーツセンター(文京区大塚) - 三上の通う文京大学医学部の設定。
・首都高速高井戸入口(杉並区)- オープニングカットで登場する首都高の看板。



『 第一話 』


・羽田空港旧国内線ターミナル(大田区羽田空港) - 愛媛から上京した完治とリカが始めて出会った場所。
・芝浦倉庫(港区海岸通) - リカと完治が商品を受け取りに行った倉庫。
・弁慶橋のたもと(港区元赤坂) - 高校の同窓会の後に完治と三上が水切りをして遊んだ川。
・花の館(港区北青山) - リカがサボテンを買った花屋。
・渋谷東急プラザ(渋谷区道玄坂) - 完治や三上が同窓会の後でみんなと別れた歩道。
・全労済ホールスペースZERO(渋谷区代々木) - 新作発表会が行われた会場。
・鉢山町交差点(渋谷区鉢山町) - 完治が道に迷った場所。
・表参道駅(渋谷区表参道) - 完治とリカが待ち合わせの場所に行く時に使った駅。
・三菱石油ガソリンスタンド(渋谷区神宮前) - ラストにリカが石油缶を蹴っ飛ばしたガソリンスタンド。


『 第二話 』


・恵比寿駅東口(渋谷区恵比寿南) - 完治とさとみが待ち合わせをした駅前。



『 第三話 』


・アムラックス池袋(豊島区池袋) - ハートスポーツがイベントを行った会場。イベントのディスプレイとして赤いセリカコンバーチブルが使われた。
・第三台場(港区台場) - 三上がさとみに告白した公園。
・白金桟道橋(品川区上大崎)- ラストでリカが完治に「セックスしよ」と言った橋。



『 第四話 』


・駒場東大前駅(目黒区駒場) - リカと完治が電車に乗ろうとした駅。(京王電鉄井の頭線の駅)
・東池袋中央公園(豊島区東池袋) - ラストでリカが完治にキスした公園。サンシャインシティの中にある。



『 第五話 』


・表参道(渋谷区表参道) - 完治がリカにペンダントを買った場所。最終回にリカと完治が再開した場所。
・富ヶ谷公園(渋谷区富ヶ谷) - ジャングルジムのある公園。



『 第七話 』


・晴海埠頭公園(中央区晴海) - さとみが三上に別れを切り出した場所。



『 最終話 』


・代々木公園(渋谷区神南)- リカが完治と再会後、お互いに背を向けて別れた場所。
・日本青年館(新宿区霞ヶ丘)- エンディングでリカが東京を望むビルの屋上。



『 水上ロケ 』


第五話
・水上山荘(群馬県みなかみ町) - 完治らが温泉旅行に行った時に泊まった旅館。



『 松山ロケ 』


第十一話、最終話
・松山空港旧旅客ターミナル(愛媛県松山市)
・梅津寺駅(愛媛県松山市) - リカが完治と最後に待ち合わせをして「バイバイカンチ」のハンカチが海側のホームの欄干に結ばれていた駅。(伊予鉄道高浜線の駅
・梅津寺パーク(愛媛県松山市) - リカが完治と話をした海沿いの公園。
・久万町立久万中学校(愛媛県久万高原町(旧・久万町)) - リカが完治との相合傘を彫った完治の出身校。リカを探しに故郷へ帰り校庭で再開する。
・大洲神社(愛媛県大洲市) - リカと完治が行った完治の地元の神社。
・おはなはん通り(愛媛県大洲市) - リカと完治が歩いた街並。
・肱川河川敷(愛媛県大洲市) - リカと完治が歩いた河原。
・油屋旅館(愛媛県大洲市) - 完治がリカを探した時に入った旅館。
・国道379号線(愛媛県伊予郡砥部町) - 完治がリカを探して走り、トラクターの走っていた道路。














【 余談 】



・ドラマ化にあたって原作者が提示した希望キャスティングは「リカ→『ベティ・ブルー』のベアトリス・ダル」、「カンチ→マイケル・J・フォックス」、「三上→ロブ・ロウ」、「さとみ→ダイアン・レイン」だった。より現実的な希望として「カンチ→内村光良」、「リカ→小泉今日子」という案を出したが、まったく相手にされなかったという(角川書店刊/月刊カドカワ1991年5月号「柴門ふみスペシャル/本人自身による全作品解説」より)。
・トヨタ・スープラ - トヨタ自動車がスポンサーであったため、オープニングでは江口洋介が演じる三上の紹介場面では70系のワインレッドが登場したり、劇中でも三上の愛車として70系のホワイトの輸出仕様車、ライトブルーなどが登場した。これに憧れて70系スープラを愛車とした男性も多い。[要出典]なお「特別編」ではスポンサーが日産自動車だったため、オープニングの三上の紹介場面はスープラの運転シーンから車に乗っていない三上の映像に差し替えられている。
・踊る大捜査線 - 『秋の犯罪撲滅スペシャル』で、織田裕二扮する青島俊作が調べているビデオのひとつとして本作が登場。感情移入し、涙をこぼしながら見入る面々を横目に、青島は「何だかはっきりしない男ッスよね」と感想を漏らし、周囲から睨まれる。
・あすなろ白書 - 柴門ふみ原作。特別編に出演していた筒井道隆が主人公を演じた。第2話で石田ひかり扮するヒロインがカラオケで「ラブ・ストーリーは突然に」を歌っている。
・ラストクリスマス - 織田裕二が演じる主人公(完治とは別人)の勤務先として「ハートスポーツ」が登場する。
・ロス:タイム:ライフ - 第8節「部長編」で真木よう子が演じる主人公の勤務先として「ハートスポーツ」が登場する。















【 スタッフ 】



脚本 : 坂元裕二
プロデュース : 大多亮
美術 : 荒川淳彦
技術 : 島方春樹
撮影 : 久坂 保
照明 : 為貝幸宏
音声 : 吉田 勉
映像 : 松田年世
録画 : 今村信男
編集 : 石井和男
VTR編集 : 高橋 努
美術プロデュース : 上村正三
美術進行 : 柴田慎一郎
大道具 : 徳丸貴文
装飾 : 望月富夫
持道具 : 若林一也
視覚効果 : 北條光昭
タイオル : 山形憲一
衣裳 : 高津勝仁
スタイリスト : 棚橋公子
メイク : 斉藤和子
広報 : 石田卓子
スチール : 瀬井美明
CG : 大村 卓
音響効果 : 大貫悦男
音楽 : 日向敏文(アルファレコード)
演出補 : 林徹、中江功
制作主任 : 山崎康生
記録 : 喜多麗子
企画 : 山田良明
プロデュース : 大多亮
演出 : 永山耕三(1・2・5・7・9・11)、本間欧彦(3・4・6・8・10)






【 音楽 】



主題歌

小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」(ファンハウス)
フジテレビで後日放送されたバラエティ番組によると、最初の主題歌候補曲が不採用となったため、再度作られたのが本曲であるという。NGとなった候補曲は「FAR EAST CLUB BAND SONG」と改題され、小田のオリジナルアルバムに収録されている。


挿入曲

崎谷健次郎「もう一度夜を止めて」(ポニーキャニオン)















【 キャスト 】



赤名リカ : 鈴木保奈美
スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部勤務。


永尾完治 : 織田裕二
愛媛県から就職するために上京し、ハートスポーツの営業部に勤務。


関口さとみ : 有森也実
永尾の高校(愛媛東高校)の同級生。元麻布幼稚園に勤務。


三上健一 : 江口洋介
永尾の同級生。文京大学医学部の学生。


長崎尚子 : 千堂あきほ
三上の医大の同級生。


和賀夏樹 : 西岡徳馬
永尾の上司。ハートスポーツの営業部長。


渡辺 : 中山秀征
永尾の同僚。ハートスポーツの営業部員。


ときこ : 水島かおり
関口の同僚。西麻布幼稚園の保母。


みどり : 五島悦子
リカの同僚。ハートスポーツの事業部員。


大滝新太郎 : 筒井道隆
特別編オリジナルキャラクター。


その他のキャスト : 伊藤美紀、前田賀奈子、松永博史、潮哲也、武野功雄、青木和代、冨家規政、野村信次、芦沢孝子、矢田稔、小川麻衣子 ほか











動画はココから♪
   ↓

東京ラブストーリー 01

第1話 出会いと再会


東京ラブストーリー 02

第2話 愛ってやつは


東京ラブストーリー 03

第3話 二人の始まり


東京ラブストーリー 04  

第4話 君の翼になる


東京ラブストーリー 05

第5話 いつも思い出して


東京ラブストーリー 06

第6話 赤い糸に結ばれて


東京ラブストーリー 07

第7話 愛は待たない


東京ラブストーリー 08

第8話 この恋を信じたい


東京ラブストーリー 09

第9話 行かないで


東京ラブストーリー 10

第10話 約束


東京ラブストーリー 11

第11話 さよなら


東京ラブストーリー 特別編

特別編



























PACHINKO西遊記            ペタしてね           ペタしてね

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード