PACHINKO西遊記

映画・ドラマ・アニメなどの詳細情報と収集したサンプル映像を参考資料として紹介しております。
DVDの購入などのお助けブログ❤
時々、食べ歩きやパチンコ、ペットの話も書きますので宜しくです。


テーマ:


PACHINKO西遊記



『BECK』(ベック)はハロルド作石による少年漫画作品。1999年から2008年まで月刊少年マガジン(講談社)で連載し、2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年10月から2005年3月までアニメを放送する。

2010年9月に実写映画化。

『ゴリラーマン』、『ストッパー毒島』で知られる作者ハロルド作石にとって初の少年向け漫画である。KCDXサイズで全34巻とガイドブック4巻が発売され、累計発行部数は1200万部を超える。単行本限定版に付属したコユキのフィギュアに合わせたスケールでギブソン等のギター、ベース、ドラム(第三弾)のミニチュアが、2008年6月現在第4弾まで発売されている。

作品の世界は『ゴリラーマン』や『バカイチ』、『ストッパー毒島』と同一世界であるとの設定を持っており、時おり他作品の登場人物が脇役的に登場している。




【 テレビアニメ 】



2004年10月6日から2005年3月30日まで、テレビ東京系列6局で全26話が放送され、原作第1話からアメリカ遠征編直前までを描いた。原作で登場した楽曲は権利の関係でビートルズの「アイヴ・ガッタ・フィーリング」以外は使用されず、オリジナルのものが使用された。





【 ストーリー 】



平凡な毎日に不安を持っていた主人公の少年・田中幸雄(通称:コユキ)は、南竜介との偶然の出会いによって、音楽の世界に入り込むことになる。南竜介・田中幸雄を中心に、バンド:BECK(ベック)・英語名:Mongolian Chop Squad(モンゴリアン・チョップ・スクワッド、M.C.S)が結成され、失敗・挫折を繰り返しながらも、音楽への信念を原動力に一歩ずつ前進してゆく様を描く。






【 登場人物 】

(*原作登場人物を含む)



『 BECK (Mongolian Chop Squad) 』


南竜介がシリアル・ママ解散後、「最強のバンドを作る」というコンセプトの下に結成したロックバンド。結成時のメンバーは竜介、千葉、平、東郷だったが、東郷が家業を継ぐために脱退。その後、コユキとサクがサポートメンバーとして参加し、後に正式加入。
バンド名は千葉がベック(犬)の姿を見て(仮)として命名する。海外では実在のミュージシャン(ジェフ・ベック、ベックなど)との重複を避けるため、モンゴリアン・チョップ・スクワッド(元ネタはオランダのミクスチャー・ロックバンド、アーバン・ダンス・スクワッド)を名乗る。
業界で強大な権力を持つ蘭の怒りを買ったため、国内の活動は制限されており、知名度は知る人ぞ知るレベルを抜け出せていなかったが、幾多の困難を乗り越えて次々と奇跡を起こしていく。


田中幸雄(たなか ゆきお) / コユキ / Vocal&Guitar
登場時14歳。平凡な中学生活を送っていたが、竜介と出会ったことにより音楽の世界へのめりこむ。天性のヴォーカルでBECK正式加入を果たし、ギターも担当する。バンドを優先した結果、なんとか入れた高校も中退することになる。主なギターはフェンダー・テレキャスターなど。サブギターとして、運送屋のバイト中に拾ったギブソン・SG(廉価版のSGジュニアをカスタムしたもの)やイギリスの楽器屋で購入したフェンダー・ムスタングも使用する。
「コユキ」という通称は、年上に同姓同名の人物がおり、自分のほうが背が低いということから。
フェンダージャパンからコユキモデルのテレキャスターが発売されており(同様に”三本線”のムスタングも発売された)、漫画のキャラクターのシグネチャーモデルが発売されたのは史上初。登場人物の中で所持ギターが一番多く、ギブソン・L48(のニセモノ)→ティブソン(ギブソンのバッタモノ)・レスポール→グレッチ・ホワイトファルコン→フェンダー・テレキャスター、ギブソン・SG、フェンダー・ムスタングなど。ギターを持たずに歌う時は手を後ろに組む。名前、および「コユキ」の名称はミスター日ハム・田中幸雄から。


南竜介(みなみりゅうすけ) / 竜介、Ray / Guitar
登場時16歳。ニューヨークで暮らしていた帰国子女。漢字は苦手なものの、日本語と英語を堪能に使う。義父との確執から家出し、釣り堀に住み込んでいる。アメリカに住んでいた頃はThe Dying Breedを結成する前のエディとバンドを組んでいた。
車上狙いを繰り返す不良少年だった過去があり、それが原因で、バンドを様々な問題に巻き込む事になる。現在でも、借りた金は返さない、女は泣かせる等、いわゆるロクデナシ男であるが、音楽のことになると決して妥協を許さない。自由自在の多彩なテクニックとエモーショナルな音色は評価が高い。
主なギターはギブソン・レスポール(ルシール)など。左手でもギターが弾ける。外国人からは、竜介という名前が発音しにくいため、「Ray(レイ)」の愛称で呼ばれる。モデルはロックバンド「バッキンガム宮殿」のメンバー、南竜介。


千葉恒美(ちばつねみ) / 千葉 / Vocal, MC
登場時16歳。喧嘩早く、曲がったことが大嫌い。しかし繊細な性格を持つ人物。空手をたしなんでおり、その実力はかなりのもの。登場人物の中で一番人間的なキャラクターで、感情をストレートに表現することが多い。バンドのムードメーカーでもあり、ライブではその人を惹きつける魅力を発揮し、MCも担当する。コユキの高校の先輩で、担任から級長に任命されるほどの秀才(ただし学内でのみ)。ラップの才能も申し分ないが、コユキの成長を目の当たりにして、自分の居場所に悩む傾向にあった。ラップのコンテストに出場したり修行を重ね、徐々に千葉独自のヴォーカルスタイルを確立し、人種、宗教、国境を超える実力を身につけ始めている。『ゴリラーマン』にも登場したコンドルラーメンでアルバイトをしていた。喫煙家。障害をもつ兄がおり、蘭の罠でそのことを蘭に不用意に話してしまったコユキに激怒し、一時期バンド存続の危機に陥るほど不仲になる。モデルはロックバンド「バッキンガム宮殿」のメンバー、千葉大輔。


平義行(たいらよしゆき) / 平 / Bass
登場時18歳。冷静、聡明で温厚。音楽業界にも詳しく、メンバーの中で一番年上ということもありバンドの中でまとめ役であり精神的支柱。メンバーからの信頼は厚く、バンド内の経理も担当。ライブでは日本人離れしたファンキーなプレイをし、アフリカ系アメリカ人から「ファンキーだ」といわれるほどベースの技術・センスは一級品。その才能は、プロアマ問わず様々なバンドから誘いの声があるが、自分のフィーリングに従いBECKへ加入する。メインベースはミュージックマン・スティングレイ。継父は自動車修理業を営んでいるが、実の父親はジャズミュージシャンである。平は、女を作って家を出て行った実父より、黙々と仕事をこなして家族を養っている継父を尊敬している。上半身裸で演奏する事が多い。カート・コバーンを崇拝している。喫煙家。(初期のみで、その後は不明)


桜井裕志(さくらいゆうじ) / サク / Drums
登場時14歳。コユキの同級生で、中学時代いじめで苦しんでいたコユキの唯一の味方。兄の影響により七歳からドラムを始める。メンバーやプロミュージシャン、観客をも認める心の広さを持っており、エディの言葉に影響を受けて自分の信念を貫いて生きる芯の強い人物。いつも穏やかな笑顔を絶やさない(目が非常に細い)。コユキと同じ高校へ進むが、1年の冬に親の転勤で転校する。転校は通算5回目。しかし家族の反対を押し切って再び戻ってくる。それはコユキとの約束でもあった。コユキの絶対的親友で、バンドを引き裂こうとする蘭の罠にも全く屈せずコユキを信頼する。



『 BECKの協力者たち 』


ベック
犬版ブラック・ジャックのようなつぎはぎだらけの犬。竜介の飼い犬で、バンド名「BECK」の由来でもある。性格はコユキに対してのみ獰猛。元々はレオン・サイクスの飼い犬で竜介がルシールと一緒に盗んできた。レオンの元にはキースという似たようなつぎはぎ犬がもう1匹いた。ベックとキースがつぎはぎだらけの姿をしているのは元々3匹いたレオンの飼い犬が瀕死の重傷を負い、ヤミ医者の手術でそれぞれ無事な身体の部位を繋ぎ合わせた結果である。この経緯は月刊少年マガジン掲載版ではアメリカ遠征編においてレオンが竜介に語っているが、コミックス版ではカットされており、アバロンフェスティバル終了後のコユキの質問に対してレオンが語る形になっている。


南真帆(みなみ まほ)
南竜介の父違いの妹。異父兄妹だがとても仲が良く容姿も似ている。コユキの才能をいち早く見出し、常にコユキの支えとなっている。義兄・竜介に優るとも劣らない行動力でコユキを惑わすが、家では泣いてばかりらしい(竜介談)。コユキとは初デートでファーストキスを交わして以来、恋人同士となる。優れたヴォーカルの才能を持ち、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのコピーバンドなどでたまにライブ出演もするが、プロを目指す気は全く無い。芸能関係の誘いも多く、グラビアで水着姿を披露していたこともあるが、芸能界自体に興味が無いため長くは続かなかった。高校三年の夏、映画監督になりたいという夢のためイギリスへ留学する。日本ではBECKの物販スタッフ、イギリスではレコードデビュー交渉の通訳として緑の下を支える。


益岡弘美(ますおか ひろみ)
コユキとサクが入学した高校の同級生。初めは軽音楽部に入部するが、半休部状態なのと自分のギターの才能の無さを考えて、中学時代にやっていた新体操部へ転部。コユキとアルバイト先が隣同士だったことがきっかけでギターを習うようになる。コユキを通してサクとも仲良くなり、後にサクと両思いになる。よくBECKの物販などの手伝いをしている。


斉藤研一(さいとう けんいち)
登場時44歳。影の主役。コユキの水泳・ギターの師匠でコユキを自らが経営する「斉藤紙業」のアルバイトとして雇っている。元水泳五輪強化選手の経歴を持ち、風俗が大好きな独身貴族。強烈なキャラクターで自己中心的な部分もあるが、なにかとコユキをバックアップする大切な存在で、物語になくてはならない人物である。コユキにギターの基礎をたたき込んだ人で、彼がいなければ今のコユキはなかった。古き良きブリティッシュミュージックが好き。ギターの無いコユキに練習用としては贅沢すぎるグレッチの最高機種とされるホワイトファルコンを貸す。他にもリッケンバッカーやティブソン(ギブソンの偽物)のレスポールタイプのギターを所有している。その縁もあり、コユキの中学時代の副担任の桃子先生と婚約するが、浮気され一時破局。後に、自分が本当は斉藤さんを愛していると気づいた桃子先生に告白されるが、桃子先生のことを考え拒否。しかし、BECKの曲を聴いたことをきっかけに、自分の気持ちに正直になり、劇的に桃子先生を取り戻す。普段の見た目は禿げて小太りだが、脱ぐと水泳で鍛え上げた筋肉の塊のような肉体美の持ち主。水泳パンツを身に着けると性格が変わり、口調が乱暴になる。


ペイジ
斉藤さんが飼っているオウム。ベックと並ぶ本作のマスコットキャラクター。演奏に合わせてさえずるという特技を持つが、一流の演奏にしか反応しない。オウム嫌いの桃子先生に一度はネットオークションで売却されるが、自力で飛んで戻ってきてしまう。売却価格は12万円。名前は斉藤さんが好きなジミー・ペイジから。


石黒泉(いしぐろ いずみ)
コユキのあだ名の名付け親でコユキよりも1歳年上。コユキの通う書道教室ではやんちゃな女の子であったが、中学校で再会した時は水泳部のエース兼学校のアイドルとして遠くの存在に感じるようになる。The Dying Breedの熱烈なファンでコユキにダイブリの存在を紹介した事で、その後のコユキの人生および音楽活動に影響を与える。音楽や竜介との仲立ちで楽しい思い出ができたもののコユキの実力ではかなり難しい進学校へ入学する。その後コユキが別の高校に進学したため疎遠になった。コユキには密かな恋心を抱いており高校進学後に偶然を装って会いに来るが、真帆の存在を前に自ら身を引いた。


ミッちゃん
竜介らの行きつけのバー「REMEDY」のマスター。BECK結成当時からの良き理解者。前科持ちの強面で怒ると手がつけられない。調理師免許もない彼の作る料理はかなり不味いようである。BECKのライヴには頻繁に足を運んでおり、音楽の知識も豊富。デザイナーの知り合いを持つなど顔が意外に広く、過去に2度BECKのCDのジャケットを作ってきてくれた。趣味は草野球。


小林紗耶香(こばやし さやか)
女子高生。コユキのライブ告知のビラ配りをみて、BECKのライブに観客として参加。その後コユキと交流を深める。千葉の大ボラをきっかけに眼鏡をかけるようになる。コユキに対して好意を抱いていると思われる態度が目立つが、ハッキリと言葉にはしないし、コユキも気付いていないような関係だったが、友人の助言でコユキに積極的にアタックするも、やんわりと拒否され、その後は登場していない。


高野拳児(たかの けんじ)
イングヴェイ楽器店長。プロデビューするまで髪を切らないらしく、現在は腰まで伸びている。ヘヴィメタルバンド・クレイジートレインズのリーダーでもあり、ケガの竜介に替わりBECKのサポートを務めるが、ベタベタなメタリック・ギターと気持ち悪いルックスで途中で帰った客多数。ギターのメンテナンスの腕は素晴らしく、コユキの拾ったSGも高野の手によって復活している。


佐藤和緒(さとう かずお) / オバちゃん
グレイトフル・サウンドを主催するイベント会社メタルグルーの社長。BECKに第5回グレイトフル・サウンドの出場を依頼し、その後も何かとBECKに関わる。本人は「私はマネージャーじゃない。」と言うが、メンバーには頼りにされており、バンドに色々と力を貸してくれる。グレイトフル・サウンドは彼女の亡き姉が作り上げたもの。


川久保彰(かわくぼ)
初登場時はラスト・フォー・ライフレコードの社員。かつて大手インディーレーベルに所属し、いくつものバンドをプロデュースし成功を収めてきた。オバちゃんの依頼でBECKのプロデュースを手掛ける。BECKの活動方針を巡って社長と対立、独立して新レーベル、ナポリタン・スミスを立ち上げる。生まれた子供に「雷音(ライドン)」、「須虎馬(ストラマー)」などと名付ける予定だったが、女の子が生まれたため小雪「コユキ」と名付けた。大きなホクロが特徴。蘭とは旧知である。


山ピー(やまぴー)
ラスト・フォー・ライフレコードの社員だが、川久保に追随し退社。BECKを高く評価し、彼らを裏側から支えたいと奮闘する。中学時代に自らが発案者となりバンドを結成したが、あまりのリズム感の無さにクビにされた。麻雀が非常に強い。


大石 円(おおいし まどか)
エンジニア。かつて川久保とのコンビで活躍したが、現在はキャバクラのピアニスト。川久保の依頼でBECKのエンジニアを引き受ける。口は悪いがバンドの潜在能力を引き出す事に長けている。川久保と同じく大きなホクロが特徴。関西弁で話す。柿ピーを好む。


ジム・ウォルシュ
登場時28歳。全米で注目を集める世界的な映画監督。The Dying Breedのドキュメントムービーの撮影のために共に来日。数年後、BECKのプロモーションビデオの監督を無料で引き受ける(その後"ある事"を報酬にしようと考え、BECKは冗談と受け取っていたが、彼自身は本気のようである)。ちなみにBelle Ame側からプロモ撮影の依頼があった時は、破格の契約金を提示されたが断っている。記憶力に優れる。モデルは映画監督のジム・ジャームッシュ



『 The Dying Breed(ダイイング・ブリード) 』


全世界で3000万枚以上のセールスを誇るアメリカのロックバンド。日本での略称はダイブリ。竜介、コユキをはじめBECKのメンバーに多大な影響を与えるが、エディの死により解散。活動期間中にリリースされたアルバムはわずか3枚であった。エディ、マットの他に2人のメンバー(ドラマーの名前はクリス)がいるが、作中ではほとんど台詞がない(登場も数回程度)。


エディ・リー
全米でカリスマ的人気のロックバンド・The Dying Breedのギタリスト。本名はエドワード・リー。竜介にギターを教え、バンドを組んだり、一緒に悪さをしたりと竜介にとって一番の親友だった。コユキ、BECKにも多大な影響を与える。マットの妹であるシェインやエリカ・ブライジとは一時、恋人関係にあった。第7回グレイトフル・サウンドの出場間際、レコーディングスタジオに向かう途中に強盗に射殺され、その死の悲しみは世界中を駆け巡った。穏やかで親しみやすい性格の持ち主で、ファンたちからは「ロック界一フレンドリーな男」と評されていた。


マット・リード
The Dying Breedのヴォーカル。奇行癖があり、かなり酒癖が悪いロックを地で行く性格。コユキの声を気に入り、まだ音楽を始めたばかりだったコユキを自分のライブの舞台に上げたことがあり、その後このライブのことは何かと話題に出る。エディ以外の人間は信用できず、エディの言うことのみ耳を傾ける。エディの死後、即バンドの解散を決定する。その後はドラッグなどに溺れていたようだが、コユキ達との再会によりソロ活動を開始する。シェインという足の不自由な妹がいる。



『 Belle Ame(ベル・アーム) 』


竜介がBECK結成前に組んでいたバンド「シリアルママ」のメンバー・栄二が結成したバンド。蘭の権力により一気にメジャーデビューし、日本武道館・東京ドームをソールドアウトさせるなど日本を代表するバンドとなる。The Dying Breedの来日シークレットライブで栄二がステージに上がったとき、ボーカルのマットからギターに火を付けられたり、竜介に「これが最強のバンドか」と言われるなど、他のバンドからの評価は低い。一時蘭の傘下を離れたが、セルフプロデュースによる2ndアルバムの売上が芳しくなく(ただしコユキの評価は高い)、結局蘭の傘下に戻った。その後栄二と学の諍いから解散。


木村栄二(きむら えいじ)
ベル・アームのGuitar。竜介と共に活動していたシリアルママの解散後、ベル・アームを結成。プロデューサーに蘭を迎え、一気にトップバンドへとのし上がった。竜介たちとの確執からBECKに対して執拗な嫌がらせをする。平から、かつては「竜介以上かも」というほどのギターの実力を持っていたが、ベル・アーム結成以降は「フィーリングを失った」と評されている。使用ギターはフェンダー・ストラトキャスター(1959年製。後に、The Dying Breedのマットに燃やされる)やアイバニーズの7弦など。


宮沢学(みやざわ まなぶ)
ベル・アームのVocal。竜介と栄二からそれぞれバンドの誘いを受けるが、栄二を選ぶ。軽い性格。後に「あんま有名じゃないモデル」と結婚。


蘭(らん)
音楽プロデューサー。かつて、バンド「ノワール」として活動していた過去があり、J-POP界で大きな発言力を持つ。ベル・アームがメジャーデビューする前から面倒を見ている。The Dying Breed来日公演での一件をきっかけにBECKを敵視し、自らの地位やコネを駆使してBECKの活動を妨害する。しかし、アバロンフェスティバルのBECKのパフォーマンスを見てついにコユキを認め、「晋作のSG」を譲ってもらうことを条件に妨害工作を終了させる。モデルはX JAPANのYOSHIKI。



『 F.V.E 』


アメリカのロックバンド。グレイトフル・サウンド5におけるベストアクトと評された。同じグレイトフル・サウンドに出場していたBECKのライブに感銘を受け、アメリカ対バンツアーのオファーを出す。


デビッド・エリック
登場時24歳。F.V.EのVocal。BECKにオファーを出した張本人。気さくな性格。


ケビン・エリック
デビッドの兄。F.V.EのGuitarでバンドのリーダー。妥協を許さない性格でアメリカツアーで不調のBECKを毛嫌いしていたが、竜介の復帰したBECKのプレイに圧倒され和解。コユキにビッグ・マフをプレゼントし、後にコンピレーション・アルバム制作のオファーを出す。主なギターはポール・リード・スミス。



『 死亡遊戯 』


関西インディーズシーンを代表するバンド。日本の音楽シーンを変えるべくBECK、ROOM13、チャイニーズ・ブッキーなどの同志を集め「ヘルフェスト」「36th Chamber」などのイベントを主催している。


金本健時(かねもと たけとき) / タケちゃん
死亡遊戯のVocal。噂ではその筋に片足を突っ込んだ事があるらしく、舎弟がたくさんいる。BECKを高く評価し、特に千葉とは仲がいい。
カンフー映画好きでバンド名やイベント名などもそこから取られている。


片岡段平(かたおか だんぺい)
死亡遊戯のbass。イカつい外見とは裏腹に腰が低い。


佐久本裕也(さくもと ゆうや)
死亡遊戯のdrums。サクも含めて多くのドラマーからリスペクトを得ている。実家は自動車整備会社で、会社の倉庫で弟子入り志願者が日夜特訓をしているが、何故か格闘技のトレーニングばかりで、食事はちゃんこやプロテインなど。一時期サクも弟子入り修行をしていたが、その後のサクの進歩から一応の効果が見られる。


笹川睦男(ささがわ むつお)
死亡遊戯のプロデューサー。野外ロックフェスティバル「BUZZ IN BALLPARK」をグレイトフル・サウンドに匹敵するまでに育て上げた実力者。チャイニーズ・ブッキーのイベント起用を巡って一度は死亡遊戯と袂を分かつが後に和解。



『 ROOM 13 』


天才ギタリスト・小野晋吾率いるバンド。タケちゃんによって発掘される。結成間もないが、その初ライブは「事件」と呼ばれた程の実力を持ち、専門誌で表紙を飾るなどインディーズシーンでBECK以上の頭角を表す。BECKとは対立関係にあったが、次第にライバルとして実力を認め合っていく。モデルはハードコア・パンクバンド、コンヴァージ[5]。


小野晋吾(おの しんご)
ROOM 13のGuitar。弱冠18歳でベテランバンドのサポートを務めた経験を持つ。愛器はGibsonのSG。性格はクールで冷静沈着。眼鏡を掛けた真面目そうな風貌で、とてもロックバンドのギタリストとは見えないが、外見とは裏腹にプレイスタイルは本能的で「変態的」と評される。趣味は神社・仏閣巡りで、この趣味をきっかけにBECKとの距離が縮まった。


黒木哲生(くろき てつお)
ROOM 13のVocal。背中に「草魂」とタトゥーを彫っている。喧嘩っ早い性格。そのボーカルは「唄ではなく、もはや絶叫」と評される。
BECKの千葉とは初対面で諍いを起こして以来犬猿の仲だったが、時間が経つにつれ少しずつ認め合っていく。後に互いの空手の流派が対立するものであったと知り再び亀裂が入るが、マンチェスターで再び仲を深める。



『 チャイニーズ・ブッキー 』


タケちゃんが発掘したバンド。第1回36th Chamber参加時点で結成8週間。演奏技術は未熟ながら、楽曲の才能がタケちゃんやBECKのメンバーから高い評価を受けている。雄太の女性人気も手伝い、人気やセールスにおいてはBECKを上回っている。後に雄太が脱退し、チェ・今江が加入。音楽性と共にファン層が入れ替わるも人気を維持している。


伝馬薫(でんば かおる)
チャイニーズ・ブッキーのBass/Vocal。演奏技術は未熟ながら、優れた作曲センスがタケちゃんの目に止まりイベントに参加。平も「大器の片鱗が見える」と感想を述べた。ジェネレーション69の大ファンで弟と共にバックステージに潜り込んだこともある。外見のモデルはバナナマンの日村。


伝馬徹(でんば とおる)
チャイニーズ・ブッキーのDrums。コユキと同い年。演奏技術はメンバー中でも最も未熟。兄と同じくジェネレーション69の大ファン。


五十嵐雄太(いがらし ゆうた)
チャイニーズ・ブッキーのGuitar/Vocal。伝馬弟の友人でコユキと同い年。コユキをとても尊敬しており、部屋には引き伸ばした写真が飾られていた(同性愛者ではないらしい)。コユキが着ていたのと同じパーカーを購入して着ていたこともある。イケメンで女性人気が高く、次第に自惚れが強くなり横柄な態度が目立つようになり、後に蘭に誘われバンドを脱退。THE FUTUREというバンドでメジャーデビューするが、乱交パーティーが週刊誌にスクープされ、一気にどん底に。


チェ・今江(ちぇ・いまえ)
チャイニーズ・ブッキーの新Guitar/Vocal。元プラチナ・ベリーズ。エフェクターを使わずにバリエーション豊かなプレイができるなどテクニックは一流。一方、ライブ中に下ネタを連呼するため女性には不人気。ただしこれは伝馬兄に作られたキャラクターで普段は気の弱い人物。チェ・ゲバラを尊敬している設定だが本人はゲバラを知らない。



『 ジェネレーション69 』


千葉や伝馬兄弟に影響を与えた日本ロック界のカリスマバンド。バンド名はパンク・ロックバンド、ジェネレーションXとシャム69を合わせたもの。アニメではハイロウズの「不死身のエレキマン」で演奏している。モデルはTHE HIGH-LOWS。


ヒロちゃん
人気ロックバンド、ジェネレーション69のvocal。モデルは甲本ヒロト。


マーちゃん
ジェネレーション69のguitar。BECKが一時解散していた時期の平と交流を持ち、BECKを自身のイベントに招待する。モデルは真島昌利。


平野健(ひらの けん)
ジェネレーション69のDrums。グレイトフル・サウンドでサクのドラミングを高く評価する。外見と名前のモデルは横山健。



『 ミュージシャン・音楽関係者 』


レオン・サイクス
RJレーベルをまとめる人物。様々な人種の血が流れているため、孤立した少年時代を過ごす。昔、竜介・エディがレオンの車からベックとルシールを盗み出したことで竜介・エディそしてコユキにも関わる事になる。徹底した拝金主義で自分の利益の為には手段を選ばず、殺人容疑で逮捕されるが司法取引により無罪判決を受け釈放。無一文となり表舞台から姿を消すが、西海岸のギャングと手を結び復活。ゴールディーという金歯のボディガードを連れていたが何者かの銃撃によって重傷を負い、その後は甥のドギーを連れ歩くようになる。心の底では音楽の持つ可能性を信じており、アヴァロンフェスティバルの後、ベックの為の首輪を竜介に託し、和解。


エリカ・ブライジ
RJレーベル所属のカリスマ歌姫。人気絶頂の最中、謎の自殺を遂げるが、実際には元恋人のラッパー、マルコムを売り出すためにレオンらの策略で暗殺されたと考えられている(この疑惑でレオンは逮捕されているが無罪判決となっている)。かつてエディと恋人関係にあったが短時間で破局。エディの死後、エディとエリカの共作曲を収録した未発表音源が取引で竜介からレオンの手に渡っている。外見のモデルはローリン・ヒル、名前はエリカ・バドゥとメアリー・J・ブライジから。


ジョン・リー・デイヴィス
レオンの叔父。知る人ぞ知る名ブルースマンで、伝説のブルースマンと呼ばれるサニーボーイ・ウォータースの弟子。竜介とのセッションを通じてその才能を認め、師の形見であるルシールを改めて託す。


片平達也(かたひら たつや)
日本最高のロックバンドと呼ばれたものの解散したラウド・クライム・シティのドラマー。名古屋弁で話す。高野と交友があり、BECKのライブにも足を運んでいる。モデルは元BLANKEY JET CITYの中村達也。


ガイ・セクストン
登場時19歳。ダイブリと肩を並べるアメリカの人気バンド、パワーゲートのvocal。BUZZ IN BALLPARKでエディの死を「偽善者にふさわしい犬死」と罵り、エディのファンの反感を買う。アバロン・フェスティバルでも同様にエディを非難し、観客からブーイングを受けた。他のメンバーはガイの言動に手を焼いている様子。


デクスター・アダムス
ザ・ハイプのvocal。天才と評されるUKロックシーンのカリスマ。文学的で世界観の深い歌詞が人気を博している。生前のエディとも交流があった。物静かで聡明な性格だが、ファンや業界人からは「近寄りがたい男」とも評されている。


吉田 晋作(よしだ しんさく)
伝説のインディーバンド、ロスト・ピエロズのメンバー。川久保プロデュースの元、一大シーンを築き上げ、山ピーや蘭にも影響を与えたが、謎の自殺を遂げている。コユキの持つSGの元の持ち主と言われている。



『 その他の登場人物 』


カヨ
泉の従姉妹。優等生タイプの泉とは対極の性格。コユキと竜介の二度目の出会いのキッカケを作り重要な役割を果たしている。泉と一緒に竜介のバンドの追っかけをしていた。


田辺(たなべ)
コユキの友人。好色で盗撮や水着泥棒などと行った犯罪行為に走る事も。意中の女性のためにコユキやサクと文化祭でバンド「Ciel Bleu(フランス語で青い空)」を組み、「妖怪人間ベムのテーマ」を歌うためボーカルを希望するも、兵藤の妨害に怖気づき逃亡。その後は泉ちゃんと同じ高校に通っているようである。『ゴリラーマン』にも「ベカちゃん」(桂べかこ=現・桂南光に顔が似ている事から)という名前で登場している。ちなみに名前のモデルは桂南光に似ている元西武の田辺徳雄。


脇田(わきた)
 文化祭でバンドを組む際に田辺が連れてきたベーシストでバンド代表者。腕前は初心者。文化祭での出演バンドの演奏順は、代表者の名前の五十音順で決められるため、Ciel Bleu(フランス語で青い空)はトリを務めることとなった。


鬼形(きがた)
コユキの友人でコユキとは中学・高校と同じ学校に通う。新聞配達のアルバイトをしている。何故かレスリング部に入部し、サクからグリーン・デイのCDを借りていた。モデルは漫画「恐怖新聞」の主人公、鬼形礼から。


兵藤マサル(ひょうどう まさる)
コユキの中学の同級生で軽音楽部に所属。北沢力也とは幼馴染でそれを笠に学年内で強い権力を持ち、「兵藤軍団」のリーダーである。ギタープレイは一級品で父親はバームクーヘンというバンドのギタリストだったが両親が離婚して母方に引き取られている。コユキを目の仇にして嫌がらせを繰り返すが、文化祭の演奏の後ライバルとして実力を認めていることを告白。コユキやサクに「根は悪いヤツじゃないと思う」と評されていた。高校進学後も音楽活動を続けているようだ。


北沢力也(きたざわ りきや)
コユキの中学の1年先輩で番長格。肩にチェ・ゲバラのタトゥーを彫っている。軽音楽部に所属しているがギターの腕前は今ひとつ。短気な暴れん坊だが曲がった事が大嫌いな一面がある。その横暴な振る舞いでコユキと千葉を怒らせるが、兵藤が自分の権力を笠に着てコユキから恐喝していた事を知り制裁を加えた。竜介と栄二が組んでいたバンド、シリアル・ママのファンだった。後にグレイトフル・サウンドでコユキと再会している。


諸積ヨシト(もろづみ よしと)
俳優で真帆のアメリカンスクールでの同級生。出演ドラマがヒットして売れっ子に。かなりの嫌味な性格で、真帆を巡ってコユキをライバル視する。ベルアームとのコラボレーションでグレイトフル・サウンドに出場するが歌は下手。栄二から「最悪のライブ、俺が客なら帰ってる」と評される。当初はBECKのことを「売れないバンド」と称していたが、メジャーでのファーストアルバムを聴き込んでいることから、最終的には多少は認めている様子。


国吉ちえみ(くによし ちえみ)
コユキが好きなアイドル。コユキが14歳の時は知る人ぞ知る程度のアイドルだったが現在はヨシトと主演映画で共演する程の売れっ子。性格はあまりよくない。沖縄県出身。


東郷(とうごう)
元シリアル・ママのdrums。シリアル・ママ解散後は竜介の誘いでBECK結成に参加するが、家業を継ぐために脱退。ドラムの腕前は「正直いってイマイチ」とサクに評価された。


哲平(てっぺい)
シリアル・ママの元メンバー。バンド解散後は写真家を目指しニューヨークに渡る。BECKのアメリカツアーの際にはアパートに宿泊させるなど世話を焼いている。しかしエディの死後、渡米して酒に溺れる竜介に愛想を尽かし家から叩き出している。力也の知り合いの「ベースの山岸くん」と同一人物かどうかは不明。






【 キャスト 】



田中幸雄(コユキ) - 浪川大輔 / Vo:平林一哉(ex:HUSKING BEE)
南竜介 (Ray) - 上野裕馬
千葉恒美 - 大畑伸太郎 / Vo:TATSUZO(from YKZ)
平義行 - 野島健児
桜井裕志 - 奈良徹
ベック - 麻生智久
南真帆 - 斉木美帆 / Vo:Sowelu
益岡弘美 - 山川琴美
斉藤研一 - 掟ポルシェ(from ロマンポルシェ。)
ペイジ、カヨ - エナぞう(ex:ロリータ18号)
石黒泉 - 丸山美紀
ミッちゃん - 江川央生
高野拳児 - 松本吉朗
佐藤和緒 - 高乃麗
エディ・リー - Jamie Vickers
マット・リード - ブライアン・ユル
木村栄二 - 渋谷茂
宮沢学 - SOTA
蘭 - ROLLY
ヒロちゃん - 甲本ヒロト
ヒーローズボーカル - 山中さわお
レオン・サイクス - Ryu
田辺 - 岩田光央
兵藤マサル - 森田成一
北沢力也 - 津田健次郎
諸積ヨシト - 天田真人
国吉ちえみ - 佐伯美愛





【 スタッフ 】



監督・シリーズ構成 - 小林治
助監督 - 増原光幸
キャラクターデザイン - 堀元宣、小林治
美術監督 - 上原伸一
色彩設計 - こしかわよしみ( - 21話)、こしかわよしみ・堀川佳典(22話 - )
撮影プロデューサー - 奈良井昌幸
コンポジットディレクター - 尾崎隆晴
CGIディレクター - ハヤシヒロミ(Spooky graphic)
編集 - 木村佳史子
音響監督 - 長崎行男
音響効果 - 佐藤秀国
音楽総合プロデューサー - ヒダカトオル (BEAT CRUSADERS)
エグゼクティブプロデューサー - 森山敦、片岡義朗、松本慶明
プロデューサー - 宿利剛、中嶋嘉美
アニメーションプロデューサー - 笠井信児( - 18話)、諸澤昌男(19話 - )
アニメーション制作 - マッドハウス
製作 - BECK製作委員会




【 主題歌 】




オープニングテーマ「HIT IN THE USA」 BEAT CRUSADERS (DefSTAR RECORDS)
作詞:ヒダカトオル、作曲・編曲:BEAT CRUSADERS


エンディングテーマ( - 20話)「My World Down」 meister (DefSTAR RECORDS)
作詞:Tim Jensen、作曲・編曲:Ryo Matsui


エンディングテーマ(21話 - )「MOON ON THE WATER」 sowelu (DefSTAR RECORDS)
作詞:ヒダカトオル、作曲:BEAT CRUSADERS






*この動画はURLリンクによる紹介となります*



動画はここから♪

  ↓

01 BECK

Live 1 「14歳の風景」


02 BECK

Live 2 「LIVE HOUSE」


03 BECK

Live 3 「MOON ON THE WATER」


04 BECK

Live 4 「Strum the guitar」


05 BECK

Live 5 「BECK」


06 BECK

Live 6 「兵藤とジャガー」


07 BECK

Live 7 「ルシール」


08 BECK

Live 8 「校内放送」


09 BECK

Live 9 「LIVE前夜」


10 BECK

Live 10 「FACE」


11 BECK

Live 11 「Summer holidays」


12 BECK

Live 12 「シークレットライブ」


13 BECK

Live 13 「シエル・ブリュ」


14 BECK

Live 14 「Dream」


15 BECK

Live 15 「Back to school」


16 BECK

Live 16 「インディーズ」


17 BECK

Live 17 「スリーデイズ」


18 BECK

Live 18 「レオン・サイクス」


19 BECK

Live 19 「ブルース」


20 BECK

Live 20 「グレイトフルサウンド」


21 BECK

Live 21 「Write Music」


22 BECK

Live 22 「前夜祭」


23 BECK

Live 23 「FESTIVAL」


24 BECK

Live 24 「サードステージ」


25 BECK

Live 25 「Slip out」


26 BECK

Live 26 「America」








PACHINKO西遊記         ペタしてね         ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード