日常報告

・・・・帰ってきた。(`・ω・´)フ


テーマ:
岩井 俊雄
いわいさんちへようこそ!

今お気に入りの本です。

こんなお父さんが欲しいです。


内容は子供との遊びを紹介されているのですが

どれもすぐに真似できそうな遊びが多く

今すぐやりたいことばかり!

この春休みの間に子供たちといっぱいいろんな物を

作ってみようと思います。






ちなみに私はこの本を本屋さんで衝動買いしたその足で

隣の文房具屋さんへ駆け込み足割りピンを探しました。

リベットくんが作りたいぃぃx(>_<)

昔はいっぱいこのピンを使って色々作ったので

とても懐かしいです。そしてこんなものどこの文房具屋さんでも

売ってると思っていたら意外に売ってないのですね・・・

見つからず。在所の近所の昔からの文房具屋さんなら

きっと今も売ってると思うので今度行ってみよう。


そしてもうひとつカルタが作りたい。

最近日向花がひらがなを読めるようになったので

カルタを買ってあげようと思っていたのですが

作ったほうが断然面白いと思うのです。

学生時代、課題でカルタを2セット作った事があります。

結構楽しかったですヨ。でもあれは課題だったし

一人で作るカルタよりきっともっと楽しく作れることでしょう(^^)


それから魚釣り遊びもしたい。

親子でいっぱい遊びたいです♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
A:  B: C:画像なし
 
A:幸せの賃貸インテリア―賃貸マンション・アパートで、おしゃれに自由に楽しく暮らす
B:幸せの賃貸インテリア―収納に工夫して、賃貸マンション・アパートですっきり暮らす (Vol.2)
C:幸せの賃貸インテリア 3


賃貸暮らしの我が家・・・。

先日本屋で発見したこの本!

とりあえず再び大改造熱に燃える私でした(笑)


コマゴマしたアイデアから床を板壁にしたり簡単に元通りに出来る

フローリングの貼り方など大仕事まで色々載ってます。

我が家とは縁遠い広いマンション一戸建てとか

小奇麗なアパートとかでなくとても現実的なお部屋で

実践改造しているのが身近で良いです。

賃貸で住いを大改造する知恵の詰まった本だと思います。


今週中に注文中の棚が1つ届いたらLDKの模様替えは

一段楽するし、次は脱衣場と言うか洗濯機周りをもっと何とかしたい

今日この頃です。

そして改造に燃えれば燃えるほど一軒家に住みたい衝動に
駆られる私でした(泣)
上飯田の家並みでも良い!(内輪ネタ)
家がほしぃ~よぅぅぅ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
A:  B:
A:ターシャ テューダー, Tasha Tudor, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
ターシャの庭
B:トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界


以前本屋で立ち読みして、その後忘れていたのだけど

無性にまた見たくなって本屋で探しているのだけど見つからない(>_<)

でも一体どんな内容だったか思い出せないのです。

ご紹介しているのはターシャ・テューダーその人とその世界を紹介したモノですが

ターシャは詩人であり絵本作家です。


そしてこの本を思い出してこの人の本をでりちゃんにプレゼントしたい

衝動に駆られているのですが自分が本の内容覚えてないってどうよ?(苦笑)

まぁ、相変わらず私の思いつきだしね・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なごむ~・・・つーかオタクらしく萌えに近い感覚でいるというか。

萌えの定義が難しい今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?(違)



イギリスとフランスのヨーロッパアンティーク

―ちょっと古びた雑貨や家具に囲まれて暮らす楽しみ


ホウロウ製品、ガラス小瓶、カフェオレボウルなど陶器、

リネンクロス、レースやアクセサリーなど種類ごとに簡単な

歴史を交えて紹介しています。

初心者向けのアンティーク雑貨の飾り方の基礎など紹介してます。

カタログのようなつくりです。


・・ま、そんなことはどうでも良く(笑)紹介された雑貨の可愛さに

うっとりしている私です。普通は本屋で立ち読みして

アマゾンで購入するのですが、つい購入して帰ってしまいました♪

あ~・・可愛すぎるぅ(>_<)


こういう本を見てていつも思うのは

私は結婚前に古い家に住んでいたことがあるのですが

私の前の住民は皆、高齢で亡くなっていったので

家財道具はそのままに次の住民に引き継がれ・・・位牌も込みで(笑)

私の代で家は取り壊されました。

その家に越した時ベッド以外の家具は殆ど何も持っておらず

本棚も前の住民の物を使っていました。

そこから引っ越した際にその本棚などの家具は処分したのですが

今思えば凄く惜しかった!!!凄く可愛かったのです。

ただ古いだけに合理性に欠け、持っていけなかったのですが

合理性に欠けても処分するんじゃかったぁぁぁ~と思う家具の宝庫でした。

特に本棚。(←特に後悔してる・・・)

仕事が休みの日には家の中や倉庫を漁るのが楽しかったです。

何十年もの?と思う殺虫剤やジュースの空き瓶(木箱のケース付)が

床下から出てきたり、時代を感じさせる雑貨の数々が

それはもう沢山出て来る家でした。一応昭和30年代築だったと

思うのですが先の住民は明治生まれの方々だったので

それはもぅ物持ちがよろしく・・・。


もっと拾っておくんだった。

後悔先に立たずです。orz


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
コメントで聞かれましたのでご紹介。(^^)

この本を参考にしました。













著者: 栗原 はるみ
タイトル: 私の贈りもの―とっておきのレシピをあなたに


この本は結婚祝に従姉妹から戴いたのですが
実は全然開いた事が無かったのです(笑)
でも最近栗原はるみさんがなにやら賞を取ったとかで
17日の朝TVで紹介されてて思い出したのです。

改めて中を見て結婚当初おしゃれで
難しそうに見えていた料理も4年経ってみると
とても簡単なレシピが多い事に気づけた。
英語でもそうだったけど不慣れだと全てが
難しそうに見えるんだよねぇ・・・(-_-;)

で、見たついでに思い立って
スコーンを焼いてみたわけです。

内容のほうは、レシピは初心者でもできる
簡単なモノばかりだけど本当に本当の初心者
・・・野菜の切り方から説明している
ようなそんな本ではありません。
ジャンルも和洋食からおやつに至るまで色々。
まるで母の料理ノートのようです。
私の母も料理は得意な人なのですが
時折母のノートからレシピを写してきます。
見ててそれによく似てるなぁと思う本でした。

これからは参考にして色々作ってみたいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
文庫サイズの指輪物語(ロード オブ ザ リング)の
美しい表紙を描いていたアラン・リーと同じく妖精画家
で有名なブライアン・フラウドの画集です。
ラブスケッチにさっと色を乗せてコメントをつけた
そんな本です。醜悪な顔のゴブリンだって美しい絵に
見えちゃいます。ファンタジーの世界に陶酔したい方にオススメの一冊。

学生時代にイギリスに初めていった時、コベントガーデン(多分)の
雑貨屋さんで見かけたが金が無く購入を断念。
その数年後、諦めきれずに再度イギリスに行き結局購入した
思い入れの深い本です。その後、指輪物語の文庫本の表紙で
「アラン・リー」の名に気が付いた。


■ペーパーバック■----------------------------------



著者: Brian Froud, Alan Lee
タイトル: Faeries







■ハードカバー■-------------------------------------



著者: Brian Froud, Alan Lee, David Larkin
タイトル: Faeries






■日本語版■--------------------------------




著者: アラン リー, 山室 静, ブライアン フロウド
タイトル: フェアリー

どうでも良いけど日本語版メチャ高っ。
5046円って・・・。(-_-;;)
でも£14.99って当時日本円でいくらしたんだろう(・_・;;)




***************************



さらにブライアン・フラウドの画集。



著者: ブライアン フラウド, テリー ジョーンズ, Brian Froud, Terry Jones, 井辻 朱美
タイトル: いたずら妖精ゴブリンの仲間たち







上の本とおなじく、イギリスで購入した本。
上で紹介している日本語版も持っています。
やはりコレもラフスケッチにさっと色を乗せた感じの
ゴブリンのイラスト満載です。ゴブリンに関係する色々な
語録の解説が書かれている。読み物としても面白い。
絵を見るだけでも十分陶酔できます。ゴブリンだけど(笑)
美しいと言うよりゴブリンたちがとてもコミカルで可愛いです。

ちなみに画像でませんが「いたずら妖精ゴブリンの仲間たち」は
原書と全く装丁が違い手が込んでます。
良いかどうかは微妙ですが。


■英語版---------------------------------


著者: Terry Jones, Brian Froud
タイトル: The Goblin Companion

----------------------------------------------

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。