2017年02月15日(水)

戦術は選手で決まる

テーマ:ブログ

昨年、極めて稀な経験をさせてもらいました。

 

同時進行で2つのチーム(トップチームとユースチーム)を見るという経験。

 

それをトップリーグのチームとユースチームでやったわけですからなかなか珍しいケースです。(2017シーズンよりなでしこリーグでは監督の兼任が出来なくなります)

 

過去にはトップチームと東京都国体選抜チームを同時進行で見たことはありますが、クラブチームと所謂選抜チームではやはり質が異なります。

 

 

 

私は異なる2つのチームに同じ戦術の元、チーム作りを開始したわけです。

 

トップチーム、ユースチームとも状況は違えど、置かれている立場は似ている部分もありましたし、その戦術こそがトップチームにその時点で最も必要なものだと思えたからです。

 

私の言う戦術とはあくまでも基本コンセプトであり、チームはその基本コンセプトに則り、数ある局面の判断を下していきます。

 

そして、その基本コンセプトの中で自分のストロングポイントを発揮し合う環境を作り、お互いがお互いを最大限活かしあって行くサッカーを目指しています。

 

従って、戦術で縛るという意味ではありません。

 

そんな中で始まったチーム作りですが、同じコンセプトでプレーしているにも関わらず、やれること、求められることは当然違ってくるわけです。

 

選手の質で戦術が変わるのは周知の事実だと思いますが、それをまさに体感することができました。

 

同じ戦術、同じトレーニング、同じ監督が同じような時期に作ったチームなのに選手が違えば闘い方が変わってくる。

 

まさに

 

『戦術は選手で決まる』

 

ということなのです。

 

監督は選手の個性を見極め、選手たちが最も力を発揮し合える環境を作り出し、選手が自信を持ってピッチに入ってけるように背中を押してあげなければいけません。

 

そこまで出来れば監督の多くの仕事は終わったと言っても過言ではないかもしれません。

 

監督がやりたいサッカーを選手に押し付けているだけではチームの真価は引き出せません。

 

監督が柔軟な姿勢で選手たちの個性をどう交わらせるかを考え実行しない限り、勝てるチームにはならないのだと思います。

 

そしてチーム状態を見極め、変化を恐れないことも必要です。

 

変えない強さと変える強さ

 

それを柔軟に使い分けられることが大事だと思っています。

 

選手の足し算で勝てるほどサッカーは簡単なものではない。。。
 

 

 

 

私は選手たちを観察し、もっとも的確な判断を下していくこと、そして空気を読むことを心がけています。笑

 

選手によって変わるチームだからこそ、選手の変化を見逃さない…

 

そうできるようにいつもアンテナを張っています。

 

出来ているかどうかは別にして 笑

 

 

 

 

川邊

いいね!した人  |  リブログ(0)

川邊 健一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み