CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:

 
思い悩む12星座に贈る、
まーさからの激励メッセージ
 
「元気を出して 蠍座」前編
 

うかない顔していますね、蠍座。

何かあった?

 

多分私がそう話しかけたら、「えっ(私うかない顔してますかという表情)」と、戸惑ってしまいそうな蠍座が思い浮かびます。

その表情を見て、蠍座は今日も自分で自分のことがわからないまま、さまよっているのだなあ…と感じるのでした。

 

たとえばとても鈍感か、もしくはまったく蠍座に関心を持っていない人だったら、

彼らの様子の変化には気づかないかもしれません。

蠍座は普段から、そうそう大声で騒いだり、はしゃいだりする人ではないし、感情を言葉ではっきり表に出すタイプでもないからです。

だから、周りのみんなから、

「大丈夫なんじゃないの?(特に何も言ってこないし)」と言い切られてしまうことも多いでしょう。

 

まあ、実際、大丈夫な場合もあるとは思いますが。

私が思うに、蠍座の「大丈夫です」ほど、あてにならないものはないのですよ。

 

かつ周囲も、本当に蠍座の様子を見て、そういっているのではないんだな。

普段の蠍座のマイペースぶり、わが道を行くぶりを知っているがゆえに、

「うかつに『大丈夫?』とか声をかけて、『別に大丈夫だけど、何がですか…?』(少し不愉快そう)みたいに言われるのはちょっと怖いしな…」みたいな気持ちで、こう返事していること、多いんじゃないでしょうか。

 

…確かに、相手は良かれと思って好意で「大丈夫?」と話しかけても、

あまり蠍座は、Fine,thank you!とは返さなそうだもんなあ。

 

それはおそらく、元来持っている蠍座の高い警戒心のせいで、

「大丈夫と聞かれるということは、何か自分は変なのか、落ち度があるのか?」ととっさに身構える率が高いからじゃないかと。

もちろん蠍座の中にもかなりののんびりさん、天然さんもおられますが、

その確率は12星座内でもかなり低いからねえ。

 

「自分を心配して、何なら助けようとして、相手は声をかけてきている」

(だから甘えてよりかかってもいいのかもしれないよ)

なんてことは、思いもかけない。

もし、相手が面と向かってそう説明しても、もたれかかってはこないんだろうな。

 

で、また。

万が一、蠍座がFine,thank you!と社交的に返してきても、これが曲者なんですわ!(汗)

「誰の目にも大丈夫ではないのが明らかですが…?」(当惑)

なときでも、こういう人はこう答えるのです。

 

だから信用ならない(汗)。

 

かつ、さらに親切な人が「いやいや、そんなことないでしょ。何かできることある?」とか

もう一息つっこんで手を貸そう、楽になるヒントを蠍座に与えようとしても。

 

なんというのかな。

たとえばこれが仕事なら、

もしかして自分なりに帰属意識を感じている持ち場を荒らされる?のが嫌なのか、

「こいつは、自分一人じゃやりきれない」みたいに思われている?みたいに感じるのが彼らのプライドに抵触するのか。はたまた別の理由なのかはわかりませんが。

 

蠍座は、自分が困っているときでも、その困難を手放そうとしない。

 

非常によくある出来事です。

で、蠍座自体はこれにほとんどの場合、無自覚なんだ。

 

多分、ぼんやりとは「どうしていつもこうなってしまうのかしら」「何とかしなきゃなあ」と思っているのだろうと思いますが。

そう気づきながら、はや十年…。

こういうパターンも、蠍座には本当によくある話です!(蠍座「一単位10年」シリーズ)。

 

さて、この連載はその星座の諸君ときっちり腹を割る主旨なので(全体の天秤座参照)。

今回の蠍座ともそうしたいなと思うのですが。

 

蠍座って、結局のところどうしたいのだろうか?

一度これをサソリンズにしっかり聞いてみたかったの。

 

単に動きさえすれば、時にそれを止めさえすれば、あなたはもっと簡単に楽に、そして笑顔になれる気がするのに…。

なんでそうしないのだろうか、と。

 

得てして蠍座は、最もシンプルに幸福になれるはずの道を選ばない。

 

より正確に言うなら、「そうじゃないほうの道を積極的に選択する」のでもなく、

 

「一番“今を変えなくて済む道に行く”」(つまり積極的にはあまりに何もしない)。

これが一番多いのです。

 

 

蠍座には蠍座のやり方、生き方がある。

それは本当によくわかっていますが。

 

決して器用でも、洗練されてもいないけど(いや、これはあくまで一般論だからね?汗)

私が思うに、蠍座は独特の魔力とパワーを持っている。

だから、世間一般的な価値観で自分がどう計られようと、究極のところ「自分らしさを貫くことが、幸せへの最短距離である」。

 

これ12星座誰に対しても当てはまることですが、特にサソリンに対しては強くこう思っています。

だから、基本的にエールを送るしかできない私なんだけれども。

…彼らに関してはそれでいいのだと思うし。

ただひたすらに、まっすぐ立ち向かう背中だからこそ、余計にエール!を送りたいのだけど。

 

でも、そう決めていても時々思うのよ。

 

蠍座って、結局どうしたいのかしら?と。

 

ひとつのことを貫き続ける強さ、秘めた情熱や闘争心は本当にかっこいいとも思うけど。

それってもしかして、

日々いろいろなことを見て、知って、

それに沿って自分を新しく作り変えていく“新陳代謝”を怠けているだけじゃないの?と。

 

自分を幸せにするために、日々たくさんの数、試行錯誤することが、実は相当ものぐさな蠍座にはしんどいから、

「考えたり行動を起こしたりするのが大変だから、こっちの大変さで手を打っておこう」的消極的選択で、どでかい苦労をしょい込んでいる(手放さない)だけなんじゃないのか…、もしかして?と。

 

だって、例えば楽になれる道Aと、もう一息困難が続く道Bで、

「私はBに進みます。なぜなら~~~って思うから。そこに求めるものがあるから」

って蠍座が意思表示するなら、わかるんですよ。

世の中楽をするだけが価値じゃない。全くその通りです。

敢えて険しい道を選ぶことでしか、到達できない場所、世界だってあるものね!

 

でも、そういう場合ばっかりでもないじゃない?ねえサソリン?

 

私が気になるのは、…うーんそうだな。

たとえば明らかに通信状態が良くなくて、サービスも古くて、みたいなプロバイダと現在契約しているときに更新時期が来たら、他社の料金やサービス具合を検討しますよね。再契約の前に。

で、もっと自分に有利で使い勝手のいいものがあったら、そっちに切り替えるでしょう。

もちろん、多少の面倒は伴いますよ?

調べるのも、比較検討するのも、契約を解除するのも、新規のものを選んでまた契約するのもね。

 

でも、現状すでに不具合があることを考えたら、

「今のままでいることには不備がある、プロバイダ契約している意味が損なわれている」状態なのだから、

契約する会社を変えるかどうかはまた次の問題として、

この状況を改善するためのアクションとして、このタイミングで比較検討(何なら通信状態の再チェック)は必要な行動だと思います。

 

でも、あまり蠍座はこの辺に熱心じゃないの(あくまでたとえですが、本当にこういう種類のことはある)。

で、「使い勝手が悪いならもっといい会社に乗り換えれば?何ならそっちの方が安いくらいだよ」と言っても、

「いや、でもずっと同じ会社使っているから」

とかいう返答が返ってくるケースが多い気がします。

 

???(その論点?)

 

いや、「慣れたものへの愛着、親近感」「習慣を変えたくない」のような気持ちは、わからないでもないのです。もちろんそれは、蠍座に限らず、誰にでも少なからずあります。

 

が、蠍座はそれを感じる範囲が少々大きすぎる、深すぎるのでは?と思うことがあるし、

それにまで愛着感じなくてもいい気がするなとも感じるし、

また時に、「ここ(モデムなど)三回たたくと、ネットつながるんだ!(やってみて)」的に嬉々としている姿を見ると、まったく謎に包まれてしまうのです。

努力するとこ、工夫するとこ、そこ?という(笑)。

 

これは、「明らかにブラックな職場にいるのに、そしてつらそうなのに、善意の人々が退社を勧めてもなんだかんだ理由をつけて辞めない」みたいなときも、似たことを思うのですが。

 

なぜなんだ、サソリン…。

っていうか、そういう我慢は何もちっとも偉くないんだよ…気づいていますか…。

 

 

誰かが誰かにいい影響を与えるとか、チャンスをくれるとか、引き立ててくれようとかしてもさ。

それは全部、ある種の“踏切台設置”みたいなものにしか、すぎないのよ。

その台に、あなたを引きずって行って乗せることはできないし、

ましてや景気よく弾みをつけさせて、ジャンプさせて、遠くにはばたかせることもできないんです。他人には。

だって、内なる何かからしか、その跳ねる力、飛び上がる力は出せないのだもの。

ジャンプするのも、羽をバタバタさせるのも、

あなた自身にしかできないことじゃないですか。

 

でも、この世のあらゆる親切や、善意や、たくましいエネルギーがあなたを引っ張ろうとしてもね。

 

蠍座よ、時にあなたはそれをはねのけちゃうこと、ありませんか?

ソフト&ハードに、温和に、依怙地に…さまざまな形で。

 

あれはなんでなんですか。

 

それがほしいって、ずっと前から繰り返し言っていたじゃないですか。

 

言わないまでも、それ以外の望んでいないのは明らかな様子だったじゃないですか。

 

なのに、何で蠍座は拒むのか?No,thank youになるのか?

私はそれが知りたくてたまらないのです!

 

(後半に続く。後半私なりに、この謎に迫ります。で、サソリンにズバッといいます!多分(笑))

 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。