CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:














◎獅子座の仕事運(仕事への姿勢、適性、財産運、問題点と解決のヒント)

あるがままの自分に自信を持ち、“生き様”自体を派手にしよう。
誰かが決めたブランドに惑わされるな。あなた自身が価値を決めるのだ!

獅子座は基本的にバイタリティーのある人で、どうやら平均以上の体力にも恵まれています
(もちろん個人差はありますが、全体的にそのようである)。
なので、そもそも「働くということ」との相性はいいように思えます。

実際、どんな仕事に就くか?はまずおいておいて、どの仕事についても、「そこで自分の居場所を作る」「何かしら一生懸命になれることを見つける」、これに関しては、大体獅子座は成功するようです。
これから察するに、
「獅子座は仕事について、あまり細かいことは考えないほうがいいんじゃないかなあ。深く考えずにまず邁進すればいいんじゃないかなあ」
と思う私なのでした。

さてこれについて、今回は詳しく説明してみましょう。

前も書きましたが、獅子座はとかく派手な性格の星座として表現されることの多い人で、
本人も、えーとか、そんなことないよとかいいつつ、結構それを気にしている(自負している)場合が多いです(笑)。
まあ、嫌いじゃないんだな。目立つことが。
そうでないとしても、大体は「景気のいい自分でありたい」みたいな意識は強いと思う。

言い換えるなら、ぱっと派手で、盛り上がるようなことが好きで、
そういうことのできる・その場に溶け込めるような強い個性、影響力のある自分でいたいという気持ちが強いってことでしょう。

で、そういう人なので、仕事を選ぶ際にもその価値観を持ち込みがちだったりします。
人から聞いてわかりやすく、かっこいい、派手だ、目立つ、成功している感じがある…みたいな仕事を単純にいいと思って選びがちだし、
また、いざ仕事をし始めた以降も、そういう人から注目されるような成果、結果を出さなくてはいけないと思っている傾向が強いです。

これ、面白なあと思うのですが、
いわゆる見るからに派手なタイプの獅子座じゃなくても、よ~く話をしてみると、
獅子座の影響の強い人は多かれ少なかれ、こういう面があるということ。

言い換えれば、自分的には深く納得いっているけど、人にはあまり理解されないとか、
すごくいい仕事ぶりなんだけど、内容的には極めて地味とかだと、
獅子座は微妙に納得がいかないんだな、と。そういう意味ですね。

ほかの星座の皆さんは、実はここまでその特徴が際立っていません。
もちろん褒められたらうれしいとは思いますが、獅子座ほどみんながみんな喜ばないのです。

褒められても、自分が納得いかなければ、渋い顔をする人もいるし、
自分的に納得いく業務なら、派手とか注目されているとか、高い評価を得ているかとかは全く頓着しない人も結構いるし、
誰からも理解されなくても、絶対やりたい!と思う極めてマニアックなことを、生涯の仕事に選ぶ人もいます。
褒められるとか達成感とかどうでもいいから、いつも一定の仕事をしたら速やかに終わりたい、帰りたい(プライベート大事)の人もいますね。

でも、獅子座にはこういう傾向は少ないです。
やっぱり獅子座は、物事の中心のほうにいたいし、
そういう場所にあるものをよいと素直に感じるメジャーな価値観を持っているし、
いいと思うことをやったら、そのまま賞賛されたいし、
半分以上その「褒められたい」という願望を原動力に、ガッツの相当部分を出しているんだ。
そういう感じです。

まあ、人としてまっすぐな人じゃないかと。そう思います。
だからこそ、なるべくそのまんまでいられるような働き方がいいような気が、私はするのですよ。

獅子座はよく王様の星ともいわれますが、
私の解釈では、それはプライドが高く尊大だからじゃない(まあそういう面もなくはないよ?)。
「常にみんなの、全体のことを思って心を砕き、身を粉にすべきだと考えているから。
そういうことができる力量を持ち、結果みんなに尊敬され、支持を集めるような自分でいたいという自負があるから」。

そう、私が思うに、獅子座という王様は“善王”なのですわ。
懸命に働き、率先して動いて治めて、身をもって人としての正しい在り方を説く方の王様ね。
多分、獅子座はそういう形の“立派さ”に引かれやすいのですが、向いている人なのですが。

でも考えてみれば、それって別に職業は王様である必要は、本当はないんですよね。

お米を作っていたって、服を裁断してたって、酪農を糧にしてたって、カフェを経営してたって。

その場において、よき行動をもって支配力を発揮することはできますよね。

で、結果としてその行動によって人からの強い支持を得て、
いつの間にか“祭り上げられる”のが、本当の意味でのリーダーでしょう。

なんか話が飛躍したように思えるかもしれませんが、獅子座のある仕事的姿も、これに似ていると思うのです。

確かに派手好みの獅子座ですが(笑)、
実際には、獅子座にはとても堅実で慎重で我慢強い面もあり、かつ、どんな場においても明るく人と交わって前向きにそこですべきことをする、現実的な性格もあります。簡単にへこたれないし、自分だけ楽をしたいと思う気持ちも、面倒を免れようとする弱さもありません。
だから、本当は場を選ばないんですよ。

むしろ、ほかの人から見れば、大変すぎたり地味だったり、過酷だったりするような状況下でも、
獅子座が前向きに懸命に取り組むことで多くの人をひきつけ、注目を集め、
獅子座自身の評価はもちろんのこと、「あの仕事そんなに頑張る価値があったんだな」と、見直させるような、そういう吸引力も発揮できる人なのではないかと。
そういう風に自分の力を使う方が、いい形で生きると思うんですよね。
獅子座の生まれながらの華やかさが。

獅子座の守護星は太陽ですが、まさに獅子座が何かに懸命になれば、その世界には太陽が新たに宿るがごとし。
本来つらくて日の目を見ることが難しい仕事も、なんとなく注目され、前向きなものに思えてきてしまう。
獅子座には生まれながらのそういう吸引力、そこに至るまでへこたれず戦い続ける闘志があるんじゃないかと、私は思うので。

そういう人は、むしろ地味で堅実な仕事に就くべきなんじゃないの?

だって、あなたがやれば、その仕事は少なからず派手になるんだから…。

それに、どっちかというと「俺、そんな地味なことやれない」とか「そんな注目されない仕事なんか、やってもなあ…」みたいなことを言って、そもそも“働き始めない”“手を汚さない”獅子座って、大体しょぼいんですよ(ごめんね。でも本当だから)。

獅子座ともあろうものが、仕事を選ぶなんて。
どんな舞台でも、一生懸命取り組むことで、主役級に輝いてしまうのが獅子座なのに!

衣装も役柄も選ばずに、ただTシャツとジーンズみたいな洗いざらしの格好で出ても、
その健康的で労を惜しまない明るいオーラと汗で(笑)、
視線と好感度(※非常に大事)を独り占めするのが、獅子座なのに!

私はそう思いますね。
派手なもの、目立つものが獅子座に合うんじゃない。
獅子座がしっかりそれに向き合うと、それは少なからず派手に目立つ、
みんなが注目し、活性化した流れに変わるから。

ありものの力に乗っかろうとするのではなく、
新たに何かを盛り立てるために、一心に働く。

私的には、獅子座に一番似合う働き方は、この要素が入っているものだと思います。


まあでも、確かにそもそも派手なものに、獅子座は向いているのは事実なのですけどもね
(ここで言いたい派手さとは、ちょこっと派手とかではなく、たとえば舞台女優とか政治家とか、「目立つタイプ」レベルじゃなく「少なからず“カリスマ性”がないと難しいでしょう」的職業の意味です)。
そういうものへの適性はありますね。

あ、これなかなかいい表現なような気がしますが、
獅子座の派手さは、
① ものすごくわかりやすい、山場のある仕事には向いている(それこそ舞台公演や選挙のような、ここぞという場面)。それは、獅子座がアクションし、声を発することで最大に発揮される。黙って静かにしていなければならない内容だと少しパワーダウン。
② 獅子座のオーラは「意志力」に近く、同心円状に広がるもの。なので、迫力や威圧感を必要とするジャンルに適性が高い。イメージとしては「まず相手を力で押す」感じのパワーなので、そのまんま勢力争いなどのパワーゲームにも強い。でも「複雑な情報を伝えたりキャッチしたりは苦手」で、無駄に自分自身のキャラの主張が強いため、個性を適度に消すべき洗練された現場では、合わない場合もある」。

この辺も押さえておくといいと思います。

そう、獅子座は目立つ資質ですが、でも良くも悪くも生命力が強く、その分洗練されてはいないので、その原始的なところをうまく活かせるほうが、より力が発揮できるんじゃないかな。
たとえば同じ演技するのでも、TVなどよりは舞台向き。繊細な演技よりはダイナミズム向きです。個人的なものよりは団体の中の、規模の大きなものの中にいたほうが、スケールの大きさが生きます。
また、容姿がもしいいとしても、モデルなどには向きません。もちろん個性的なスタイルが許されるならモデルも問題ありませんが、獅子座は大概「何を着ても自分っぽさが前に出る」タイプだし、相手によって自由自在に雰囲気を変えるということも苦手です。獅子座は固定的で濃い個性である以上、変化自在とかいかないので、「いかに素のままの自分で勝負できるか、それを肯定される土壌で頑張れるか」もカギになると思います。

で、その辺からも改めて考えると、獅子座はどちらかというと「縁の下の力持ちタイプ」の能力を磨いた方が、職業的汎用性が高いのではないか…どこに行っても活躍できるのではないか…というのが、総合的な私の意見でもあります。

別に、先頭に立つ仕事ばかりが派手な、意味がある仕事じゃないですからね。

獅子座みたいな人がそのことをちゃんと理解しているのって、とてもかっこいいと思うのです。
社会全体の中での貢献度もかなり高いんじゃないでしょうか(社会貢献は獅子座的価値のあるキイワードでは)。

獅子座はそれこそどこで何をしていても、そこに視線を集められるわけですから、
それこそ裏方の人や、陰で努力してる周囲の人にも、獅子座がそれに従事していることで注目が集まりやすくなるじゃないですか。
そういう仕事環境って、人間関係もうまく回るし、業務もきっと安定しますよね。

それこそ、獅子座の本懐じゃないですか。

「獅子座さんが頑張ってやっているのを見て、この仕事にプライドが持てました」
「自分の仕事の価値は、自分の行動で生み出すんですね。それ背中から学びました」
みたいなこと言われるの、最高じゃないですか?(仮の後輩、部下を生み出してみました。笑)

それこそ、自分単独で派手な内容独占して、それでスポットライト浴びて華やかでワイワイ…
みんなから羨望の視線浴びて、「獅子座ってやっぱ特別だよな」的に言われて、
気持ちいい~~~~~~~~~!(俺最高)

さあ、どっちがいいですか?(笑)

どっちでもいいんだとも思います。
獅子座はやろうと思えば何でもできると思うんで。基本は働き者だしね、なんだかんだ言っても順応性もあるし。
でも、やりがい、生きがい、存在の意義がないと、獅子座はダメでしょう?

そう考えると、先に何をやりたいか、自分の欲が満たされるかではなく、
どっちかというと、「自分という個性を生かせる場所であるか」を、自分と環境の成長の伸びしろも含めて、考えてみるのがいいのではないかと思います。

獅子座よ、恐れずに場数を踏んでください。
あなたは強くたくましく、たくさんの昼と夜を超えることでどんどんパワーを増す太陽です。
きれいで楽で何も起こらない花瓶の花にならないで、
荒々しい土壌の上で、嵐にも干ばつにも負けずに輝くサンフラワーであってください。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。