CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:













◎水瓶座の仕事運(仕事への姿勢、適性、問題点と解決のヒント)


さて今回は社会で水瓶座という才能が機能する際のことを考えてみます。
星座の持ち味もいろいろありますが、水瓶座の気質は現代社会においてはかなり有利な方です。
知的なことへの関心が高く(元からメカ系、複雑な技術、物事の仕組みなど好きだ)、理性的&合理的な判断力があり(基本は理系脳で感情に惑わされにくい)、特に“その時代の中で革新的なスタイル”への順応度も高いでしょう。「過去や経験にとらわれず、研究熱心で探求力の強い性格」はまさに今の社会で不可欠の能力だと感じます。

また水瓶座が今の世界で働くのに有利な点は他にもあります。
それは「自分だけで考え、行動し、結果を得てそれを検証。そこで得た発見を再び次の行動のエネルギーに変えることができる」というところ。
簡単に言うなら、「自分で面白いと思ったこと、気になったことをやってみて、納得してそれだけで十分喜べる」“自家発電可能”な人ってことでしょうか。
そこにたとえば、誰かから指示されたいとか誉められたいとか見守られたいとか、そういう種類の人的コミュニケーションは、水瓶座にとってそこまで必要ではないと思われます(でもそういうのがないと頑張れない人も結構この世にはいますので)。

社会の形態がアナログからデジタルに移行し、そのウエイトが高くなる一方の現在。
昔と違って必ずしも技術や知識を人を通じて教えてもらえるわけではないし、習得までの時間もそんなにはかけられないことも多い。人との関係性にこだわらず、独学で前進できる性格は重要です。
また仕事の環境についても、現代はひたすらPCなどの前で自分のペースで作業をしたり、人に対応する場合でもその相手はオンラインの向こう、電話の向こうなどだけだったりするケースも多いので、そういった「無味乾燥」にも見える状況では、それをつらく感じる人も結構いるはず。が、基本水瓶座にはその心配も無用でしょう。

水瓶座を表現するのによく使う例えですが、12星座内でも水瓶座はちょっと異質の存在で、一番近いもの…と考えたときにピンと来るのはロボットです(他の皆さんは生物。笑)。
すごく精巧で賢くていろいろなことに対応できますが、そこは血が通っていないので、生き物とは基本的な感じ方、ルールがしばしば違うし、特にある種の、生き物ならではの間合い、なあなあ感、言葉にできない感覚については、理解できないところがあります。

たとえば会社で「適当なところでお茶入れて持ってきて」と指示されたとする。別に大した意味のない言葉ですが、水瓶座は「…適当なところっていつですか?(何で何時にって言わないんだ)」というところでまず疑問を持つタイプ。かつ、「最初から保温性のタンブラーかなんかで入れて自分たちで持っていけば話が早いのに」とも思うでしょう。「人一人の仕事の手を止めさせてまで、お茶入れる意味がわからない(非合理的)」と。
また「たまには飲み会参加しろよ」と言われても、大体の場会水瓶座は行きたくなければ本当に出ません。「必要を感じない」からです。空気読めとか付き合い悪いなどと言われても、揺らぎません。
水瓶座には自分なりの正しさ、正義が大体はっきりあり、彼らはそれに対しとても忠実です。まったく他の人の意見を聞き入れない人というわけではないのですが、受け入れるためには「それもありだね」と納得させる必要があります。
いや、それはどっちかというと当然のことですし、何も聞かずに言いなりになれ!という方がおかしいと言えばおかしいのですけれども、でも現実に大勢の人間(生物)が生きている中では、そういう種類の納得や物事の決まり方は多々あり、そこの中でみんな少なからず「融通を利かせて」生きている感があるでしょう。

でも、その融通を利かせろよ~空気読めよ~的なあれこそ、まさに水瓶座が「意味が分からない、謎だ!」と言ってはばからないものでもあるのです。

大体の場合水瓶座は(そういうだけあって)理の通ったものの考え方をするので、言っていることは正しいことが多いし、少なくとも「個人的な思い込みや偏った感情で判断しているわけではない」場合が多いです。だから周りの別の考え方をするタイプの人たちも、彼らを押し切れないところがある。
同時に、水瓶座本人も基本はこんな感じですが、そうはいっても当然人ですから現実の内側にはいろいろな曖昧さも内包しているわけで(本当にロボットなわけではない。笑)、「自分のスタイル、こだわりを貫きたいだけ」、ひいては「価値観の狭さ、他の考え方、スタイルに対する理解のなさ、キャパの狭さが原因で周囲を受けいれられない」面もあるため、…なかなか難しいのでした。
(多分、「人間関係なんて、働くうえで本質じゃない(大事じゃない)でしょ」と思っている傾向も、他の星座に比べて強いのかもしれません。それは一部本当で、一部間違いですよね)。

さて、彼らのこういう面から予想される未来として(笑)。

水瓶座は能力的には不足のない人材として評価されやすいのですが(特に頭脳労働の場合。また水瓶座は頭脳労働系についている確率がとても高い)、対人面、人との上下関係等のつくり方においては「あいつはなあ…」と言われることも多いタイプなのでした。
実際に有能で、適したところにつけば力を発揮できるタイプですが、少々扱いの難しい人。
好きにやらせておいても大丈夫だが(能力的には)、管理するとなると一筋縄ではいかない。そういう評価が多くの場合ついて回る気がします。

といっても、それは必ずしも直さなくてもいいのではないかなあ…と私は思うのです。

よく言えば水瓶座は元々がいわゆる“天才肌”、何かに特化したプレイヤーである場合が多いのだから、
自分の中にある優れた、力のある部分・気質を早い段階で理解し、そこをより伸ばす方向で「得意を生かした人生」を見つけていくのが、一番一般的で成功率の高いやり方だと思います。

また、これに加えて職業、人生選択のヒントとなるだろうと思うのは、
確かに知的に秀でた傾向の水瓶座ですが、私が感じるに水瓶座は全くゼロから何かを生み出すタイプという気はしません。いなくはないですが、多数派ではない感じ。
ゼロから…の方は、主にひらめきや直感を一番の想像の原動力とする“芸術家”肌の人に向く仕事で、対し水瓶座の持つそれは「今現在存在しているものの中に、さらなる可能性を見出していく」感じ。より観察や自分の中にある知識、持っている情報をうまく相互活用しているように見えるところが、ちょっと科学者的であり、“創意工夫上手”ともいえる気がします。
なので、何かその辺をキーワードにしつつ、自分が特に関心を持てるジャンルを見つけていけるとより適職にめぐり合いやすいし、その中で能力を一定以上に究めていく努力を重ねるのが、水瓶座的「楽しくてやりがいのある仕事生活」に近づくことにもなるのではないでしょうか。
その気になった時の水瓶座は、相当な集中力も発揮してしまうので(むしろ出すより、加減するのが難しいくらい)、それができるものをあなたの仕事にするべきです。
また、あらゆる仕事には多かれ少なかれ“技術革新、改善と改良”を必要とするジャンルもあるはず。そこに焦点を向けていくのも、ひとつのコツでしょう。

かつ、そういう熱中できるものをみつけることが、水瓶座の金運・財運を高める最短の道にも思えます。
そもそも水瓶座は物質的なものへの関心、金銭への執着は少なめです(何のコレクションとかは別。こっちは執着心大あり。笑)から、そのままいくと財を残すタイプではありません。が、発想の豊かさ奇抜さ斬新さで、たとえば特許とかライセンス的なもので収入を得たり、特別な報奨金などをもらったりする機会は多い人です。もちろん堅実にも働くのですが、労働の数よりは能力の高さ、際立ち方で評価、結果を得る傾向なので、いろいろな意味でうまく生きたかったら(行きたかったら)、水瓶座は持っているものをより磨くべく時間なりお金なりを投資することも必要でしょう。自分にどんな能力をつけるべきか、高めさせるべきか…セルフマネジメントの技術が重要になりそうです。
また何がしかの能力を高め、それを人に対し教える、提供する側になるのもいいと思います。これも自分の財産(内的なものを含む)の価値を高める行為ですし、結果として人間関係も増え、単純に生活が豊かになると同時に、「更なる発想のためのいい刺激」が与えられ、燃えやすくなると思います。

水瓶座の才能でもあり最大の欠点でもあるのは、自己完結し、何かに特化しすぎた道を選びやすいことです。
最初こそ好きなことだけできる点が楽しくても、それが過ぎると次第に世界を狭まり発想が自由でなくなり、…専念できる生き方がそのまま自分を縛る、新しいものを生み出せないものに変わってしまいやすいでしょう。が、これを防いでくれるのが、他者のとのかかわりなのではないかと思います。

もちろん人との関係はいい面も悪い面もあり、時に無駄で効率が悪く、無暗に疲れさせられたり感情を揺さぶられたりもします。
が同時に、その一見よくないことに思える事象が時に自分の中の新しい一面、可能性に気付かせてくれ、思いがけず助けられ、成長させてくれる。何より心を温め楽しませてくれる部分も多々あるのです。
水瓶座は「数字で計れ、きちんと結果が出ること」が好きですが、
「思いもよらぬ、明確でない、何だか愉快でファイトがわいてくるもの」によって救われることもありますよ。

だから好きじゃない、苦手だ、価値がわからない…と迷うことがあっても、世界を人を避けすぎないでくださいね。
だって、「なぜ私が?」と思いつつお茶を入れている時に、思いがけないことをひらめく場合だってあるし、「絶対無意味」と思って嫌々出た飲み会で、運命の相手に出会うこともありえるんですから。それは一人の世界にいすぎたら、起こらない奇跡ですから。

基本はすごい人(自分軸の中で)を目指してまっすぐに我が道を進みましょう。
でも時には道端でおしゃべりしたり、花を眺めたり、気ままに昼寝などをするのもいいと思います。
自分で走ったほうが早いと知っていても、誰かの荷馬車に乗せてもらうのも大事です。
水瓶座は出来る子で鋭い子ですが、同時にやさしくてまあるい面もある子だったら、
本当に、人としてもロボットとしても…最強ですね。
どうぞよろしくお願いします(笑)!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。