CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:














◎射手座の仕事運(仕事への姿勢、適性、財産運、問題点と解決のヒント)

射手座の仕事運に関して、まず思うのは、
出来る限り、どこかに帰属しなければとか、安定していなければとか、
そういう、一般的な社会の中にある義務感からは、まず気持ちの中で離れたほうがよいのでは、ということです。

射手座の一番の持ち味は、「自分で考えて一人で行動を起こし、また必要を感じれば一人で探求し、それを見つけ情熱を完結させることができる」。ここにつきます。
シンプルに言うなら知的好奇心旺盛で、冒険心豊か。独立心にも富んでいる。そんな感じでしょうか。
つまりは、射手座は元来「集団に属している理由が、とても少ない」個性なのではないかと。

集団とは、いろいろな個性を同時に内包することが前提の、
「これはこういうものとする」だらけの世界です。
もちろんそこで決められるある種のルールはとても機能的な面もあり、
それによって、人を救ったり守ったり、働きやすくしたりもしているわけですが、
同時に異質なもの、突出したもの、未知なものは徹底して受け入れない仕組みでもあります。

これは集団、…つまりは会社、社会が悪いわけではなく、そもそもがそういう約束で成り立っているものなのだし、同時に人が一定以上集まるときには、その手の約束がないと本当に形にならないのでしょう。
が、射手座の方も、特に反意があるわけではなく普通にやっていこうとしても、
彼らがありのままの自分でいる限り、多かれ少なかれこの枠にはぶつかってしまうと思います。
中には枠という物の中に住むのが上手く適している星座もいるのですが、単に射手座はそうじゃないだけです。

おそらくこれを一番の理由として。
射手座は特に離職率が高く、仕事を転々としたり、完全なフリーとなったりすることの多い星座ですが、私は本当にそれでいいと思います。

射手座に伝えたいのは、「自分の居場所は自分の周りに作ればいいから、どこかに無理になじまなければいけないと考える必要はない」、ここくらいです。

能力的に言うなら、彼らは大体頭もよく器用で、やろうと思えば適度に社交的で、しかも体力もあります。だから「何かが徹底的にできなくて悩むことはあまりない」、そういう人です。
でも、本来なら発揮されてしかるべきその能力を、環境への不適合や、「何だかしっくりいかなさ」を理由として、十分発揮しきれず、どこか気持ち的にくすぶっている…そういう確率も高いのが射手座なのです。また素直な状態の射手座の気質を、不真面目に感じ、やる気のなさや反抗心と判断してしまう社会人もおそらく多いでしょうから
(※社会人、としたのは、人間としてなら射手座の能力も魅力もみんなわかると思うからです。ただ、社会人としてはこうあるべき、という枠はみんなの中にあるので、それにそって考えるとすると射手座は…という流れになってしまうんでしょう)。

そして、それがとてもおしいことだ!と、いつも私は思うのです。

たとえば人間、みんなそれなりに居場所、家が必要だとしても。
別にみんながみんな、しっかりした土台でどーんと土地を所有して作る必要はないんじゃないでしょうか。
今はここにいるけれど、それがずっとかはわからないし、
むしろ何かを持ったことにより「ずっとここにとどまらなければならないんだ…」と縛り付けられた気持ちになると、それが辛くていろいろ意気消沈してしまうあなたなら。
いっそ「このハンモックが私の家!」「このバッグの中身が私の財産!」などと思ったらどうでしょうか。
家なんて、気持ちよく過ごせ、体と心が休まる場所ならどこでもいいんです。どんな形でもいいんです。
どんなものを持たなきゃいけない、なんて正しい規定はどこにもありません。
誰かが「これくらい持つのが当たり前」といったとしても、そんなのは無視で問題なし。

本当にそれでいいのだから。
仕事にも同じことが言えると思うのですよ。
あなたが気持ちよく生きられるのはどんな環境ですか?
何をしているときに、もっともその内なる情熱は掻き立てられるのでしょうか。

そこをもっともっと大事にして、それに合わせて、仕事も環境も、選んでいいと思います。
むしろ、射手座にとって真面目に生きるということは、働く意志を見せるというのは、そういうことなんじゃないでしょうか。

それに多分、射手座に関しては、先になりたい仕事を決めようが、「こういう生き方が気持ちいい」を優先してそれを許す職業を選ぼうが、多分行きつくところは同じです。
射手座が帰属すべきは自分自身、私はそう思っています。

で、それを前提に、具体的に職業について考えてみると。
手に職系のお仕事は基本的には合いますが、でも射手座は大らか…いやはっきり言うならいろいろ雑で、あまり細かい仕事には合いません。精密な作業や集中力を必要とする職人系は難しいかなと。同じ作業の反復なんて、ちょっと無理でしょう。
また、体も丈夫で体力任せの働き方も可能ですが、でもあなたの本質は頭脳プレイヤーです。
何か、やっていることに常に創意工夫や新しい広がりを受けいれる余地がないと、息苦しくなってしまいそうです。
あと完全に自己完結する仕事ももったいない気がします。頭を使うのは得意ですが、射手座は発明家というよりコミュニケーター、外側から受けた刺激に適切に反応して、そこで何かを増幅させるタイプですから。好奇心や探求心が満たされた時が、一番射手座が輝き、幸福なときです。

適職としてよく出てくるのは、ジャーナリストやカメラマン、文筆家、あと教師などかなと思いますが、何を選ぶにしろ、重要なのは「その仕事の内側にあなたが何を見出しているか」です。自分を掻き立て、興奮させ、新しい刺激が得られるなら、職業名は何でもいいとも思います。もちろんどうやってもそれは無理、という仕事もこの世にはあるかもしれませんが、ほとんどの場合、物は考えようです。ご存知でしょうが。自分で自分を湧かせ、自分から探し回って、刺激をもらうのを待たない…そんな姿勢も大事ですね。やるだけやって、さあ次に行こう!と思ったのなら、遠慮なく飛びたてばいいのですから。

また別の切り口として、複数の仕事を同時に持つのもいいと思います。
元々射手座にはあまり公私の区別がないので、仕事とかなり入れ込んでいる趣味(これをライフワークと呼んでもよい)などでもかまいません。
射手座の好奇心は、そもそもが、ひとつの仕事で全部賄うのには大分難しい面があります。
が、ふたつ持てば、どうやっても多様性は広がらざるを得ませんし、複数の世界に適応しなければならない!という刺激が、射手座の脳内冒険もより容易にしてくれるはず。一度にそんなにたくさんのこと無理!という射手座は非常に少ないですから(むしろワクワク)。冒険がしたいからって、別にみんながみんなアマゾンに行く必要はないのです(そんなにみんなが行ったら、むしろ混んでて楽しくない未開の地)。

最後に金運ですが。思うに射手座はあまりお金、財産、地位などに関心がないので、結果的にそれに縁が薄い人も多いです。物質的な欲が少ないので仕方ないでしょう(ああいうのが欲しくてたまらない人に譲ってあげましょうよ。笑)。あと、先にも出ましたが大らかなので使うときは使うけど、散在するのが特別好き…でもないし、逆に使いたい時は気にしないで使いたい派だからです。
でも、きちんと自己管理すれば、射手座は健康面にも恵まれ長く働き続けられる方ではあるので、元気がある間はそんな困らないと思います。まさに「体が資本」とはこのことです。
でも多少なりともお金を残したい場合は、一度自分なりにお金のことを考え(誰かのアドバイスや専門書を読むのではなく、自分がどうしたいのかを考える)、適当だと感じる額を毎月最初に貯金しましょう(天引きが理想)。もしくは、信頼できるお金のプロに任せるのもありかなと。で、金銭面に関しては自分が意識しなくても自動的に動くシステムを作り、自分は精力的に働ける自分を管理する方に集中したほうが効率的に思えます。むしろ、射手座がしょっちゅうお金の計算をしだす&物質的なものにこだわるのは、エネルギー量が下がってきている証拠かと。「(過度に)気にかけなくてもうまくいってしまう」のが射手座のベスト。お金が欲しいなら、支出を抑えることより、収入を安定させ増やす方に力を使う方が、自分も楽しいし、圧倒的に上手く行きますよ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。