CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:













◎蠍座の仕事運(仕事への姿勢、適性、財産運、問題点と解決のヒント)

蠍座の資質の中でもっとも際立つのは、強い直感力と、何かを信じたときにそれを貫く力。大きなもの、困難なものを死守する、持ちこたえる力です。
これらは、生き物として考えればかなりパワフルで有効ではありますが(とっさのことから身を守り、多少の外敵、災害などからも生き延びる確率が高いわけですから)、現代のように、情報を選択し駆使する知性や判断力、臨機応変さ、そして何より人間関係力を必要とされる社会では、蠍座は “自らの持つ資質を理解し、状況に合わせて多少アレンジする”ことも、大いに求められるでしょう。

おそらく蠍座の持つ能力の中で、現代もっとも仕事面で発揮しやすいのは「何かを究め、その道の突出したプロになること」。
これと決めたものがあれば生涯目移りしないこともあるその性格はまさに職人的ですし、そういう職業には常に鍛錬し自分を磨く、人目を気にせず自分独自のこだわりを追求する姿勢が必要なので、その面でも適していると言えそうです。
「継続は力なり」とはもっとも蠍座の生き方を表した言葉だと思いますが、そんな彼らに向く仕事の本質は、「続けることが絶対的に価値を生む(=そうでなければ到達できないものがある)」。
こうも表現できるのではないでしょうか。

また蠍座は、師匠や先輩的なより優れた相手から実地で仕込まれるほうが向いてもいます。
何でも「体で覚える」タイプで、逆に理屈だけでは習得が遅く、講義で学ぶよりは、体を動かすもののほうが上手くなりやすいです。また自分的に本当に納得するまでは動き出すことができないので、習得には常に一定上の時間は必要でしょう。でもその分、一度本当に理解したことは忘れません。

こういった気質である蠍座には、やはり「背伸びも卑下もない、等身大の自分が楽しんで頑張れる仕事」をできるだけ早く見つけてほしいなと思います。先にも出ましたが、蠍座は何に取り組むにしても花開くのに時間がいるため、そもそも自分の成長を長期的なスパンでとらえる姿勢が本人にも、周囲にも必要だからです。
これは人間関係においても似たようなことが言えます。
情に厚く誠実な蠍座の気質は、時間をかけてかかわれば理解され、愛されます。が、ちょっとした付き合いだけでは、不器用で愛想が少なく、とっさの上手い対応が苦手な蠍座は相手に良い印象を与えるのが難しくなります。はい、良さが“わかりにくい”のです。
また蠍座自身も、相手に心を開き、理解するのに時間がいるほうなので、慣れない間は最小限しかかかわろうとしない場合が多いです。そのことを鑑みると、やはり人が入れ代わり立ち代わりしすぎる環境は避けたほうがいいですし、早い結果ばかりを求める職種も不向きと言えます。

金銭面、財運的には安定しています。蠍座は元々お金を目的として働くことはできないタイプで、どちらかというと「もらっている以上に働いてしまう」傾向です(涙)。そもそも手加減、手抜きなどが苦手だからですが(本当に手を抜くと決めたときはすごいですが、何となくで抜くことはできません)、そういう真面目さゆえに、根本的にはそこまで困ることも少ないでしょう。
元々12星座内では贅沢を好む方ではないし、ストイックな生き方が身についているので、必要なお金自体が少ないほう。それで十分楽しんで生きることができます。
また蠍座は勝負強く、ここぞというときにはかなりツキがあるので、それこそ懸賞やギャンブルなどでも大金を稼ぎ出す確率も高いです。が、それを頻繁にやり出すと、蠍座の根本的な運(継続性)を乱し、人生自体が微妙によくない方向に傾き出すことも。実際、蠍座は裏稼業的なパワーもありますので、それが本業になることさえありえます。汗。

私が思うに、蠍座は主に“徳”で運を掴むタイプです。人が見ていなくても変わらず努力するし、地味な仕事でも手を抜かない蠍座を、必ず人、もしくは神様は見ていて運を授ける感じなので、何より自分の実直さに誇りを持ってください。そのほうが全体に良い方向に回ります。
普段はあくまで堅実に進み、強いツキはここぞというときにつかうこと。
蠍座の中には強い興奮や自滅的行動に喜びを求める面もあるので、特に賭け事は幸不幸両方をもたらすことになるでしょう。
財産は自然に残るでしょうが、やるなら、定期預金や500円玉貯金など地道な策が向いています(笑。やっぱり。でも間違いなく貯まりますよ)。また、きちんと学んで取り組むなら、不動産や株もおすすめ。長期的スパンで根気良く見る能力が生きます。また遺産も入って来やすい人です。家や土地、権利など、お金よりものでもらう度合いも高いかも。財を残す際も、現金よりは形のあるものに変えて残すほうが相性がよさそうです(金などはおすすめのアイテム)。

仕事運を伸ばすアドバイスですが、蠍座はたとえるなら重戦士型の性格なので、本人自体の強さはあるものの、それをどう生かすかは実際環境次第、周囲の関係性次第とも言えます。
つまり道を示す賢者や勇者、蠍座の内面を理解し生かそうと知恵を働かす魔道士的な存在が周囲にいてこそ、蠍座は思い切り体を張ることができる。
そこを忘れないことも、重要なファクターと言えるでしょう。
大体、蠍座のようなタイプは、これと言うことが決まれば根性&突破力がありますが、自分で自分の進む道、目的を見つけることが苦手だからです。そこが決まらない蠍座はどうしてもふらふらし、やりがいを見いだせないため、日々に不満を抱きやすく、密度の濃い仕事ができません。
かといって基本はかなり受け身な性格でもあるため「自分はどうしたらいいか?」とたとえば人に相談したり、積極的に情報や刺激を求めて動き回ったりも苦手。状況を打破できず、八方ふさがり的な気分にもなりやすいと言えます。
だからこそ、そこに陥らないのが大事、陥っても脱出できる方法を見つけていることも、大事です。

同時に、一旦スイッチが入ると蠍座はたとえ無理な状況でも過度に滅私奉公しすぎてしまう傾向もあるため、「そもそも何のために頑張るのか、今は集中すべきときなのか、それとも周囲をもっと見るべきか、少し休むべきなのか」、そういう客観的判断やセルフマネジメントについて誰かから情報をもらう必要があり、そういった意味でも、周囲にいかに良い関係性があるかが道を分けると言えるでしょう。

人に支えられることで初めて自分は“本当に”生きる。
どうぞそのことを忘れないでください。

もともと人を信じにくい(悲観主義)気質の蠍座は、「信頼に足る相手なんか早々いない」とも考えやすいですが、そんなことはありません。
この世に起こることはすべて自分の行いの“鏡”です。
自分自身が人から信じられるに足る存在であれば、必ずそれを評価して心を開いてくれる相手は見つかります。同じく、あなたが人を信じようとすれば、人もあなたをもっと信じたいと考えるようになるでしょう。

つまり、始まりはいつも自分からなのですよ。

自分からそんな支え合える相手、環境を積極的に見つける、そういう関係を築き上げようとする姿勢を持つ努力をしていきましょう。
それに、本質的に蠍座は、自分のためより誰かのための方が強い力を発揮する人です。
まさに誰かを守り、逃がすために、自分が盾になる性格で(そういう意味でも重戦士)、
それは蠍座のような心身ともにタフな存在にしかできませんし、

そこまでして守りたい何かがある、誰かがいる、ということが、
蠍座にとって最も幸福な世界のように、私には思えるのです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。