CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:













獅子座その2:『獅子座のカラダをもっと大事に、活かすために』

さてさて獅子座。
あなたがあなたのカラダともっと上手に付き合うために
必要そうなことを考えてみました。

1・一日ひとつ、カラダのために小さい何かをする

さてよく考えてみると、
獅子座はとても元気そう…いかにも運動とか好きそう…というキャラクターの割に、
大人になるとあまり体を動かすことに熱心ではない気がします
(もちろんいくつになってもスポーツ命よ!みたいな方もおられますが、全体から見ると少数派かも)。

そう。大人になってから運動に目覚めたり、日々熱心に取り組んだりするのは、
どちらかというと子供のころカラダが弱かったり、忙しい中でも生活をいい状態に保たないと!という意識の強かったりする性格の星座のほうで(カラダ周りが得意じゃない人ほど、大人になったら頑張る&用心するの構図)。

獅子座は基本、働くとなったら大体そちらにまっしぐらになりますし、子育てする!となった場合も同様で、
どちらにしても、自分自身(本体)のことは大体後回し。
どこかが本格的に悪くなるまで、「何とかなるよ」「大丈夫だよ、このくらい」と言いながら
やり過ごしてしまうことが多いみたいです。

でもこれが…ダメよ!ダメなのよ、獅子座諸君。

10代などの、わっか~~~~い頃ならいざ知らず、
人はみんな、着実に年を取ります。
同じように暮らしているつもりでも、カラダの中では着実に時は過ぎており、
同じような良さを維持するためにも、何かしらの特別な努力は必要になってきます。

また、流れゆく年月の中で、あなたを取り巻く環境自体も大きく変わっているのですから。

昔はなかった種類の責任やストレス、いろいろな困難も、
間違いなくあるではないですか。ほらすぐそばに!

だから、本当なら、カラダには一日単位で、向き合わなきゃいけないんです。

今日食べたいもの、今日休んでほしい時間の量、
今日特にケアしてほしいカラダの部位…などは、毎日変わるのですから。それで普通なんですから。

でも、獅子座は、何事も「やるなら徹底的に!」がとにかく好きなので、
そうね、休暇を取ってどーんと高級スパに!とかなら燃えるのですが、
毎日クリームをマメに塗る、マッサージする、とか、そういう作業は苦手とする人が多い。
そんなところがありますね。

「いや、そういうのが大事だっていうのは、知ってるんですけど…。
何だか面倒だし、それに作業が地味じゃないですか。あ、効果出た!ってわかりにくいし」

こういう返事が戻って来そうです。
まあそれはわかるんですけどね。

でも、面白いからワクワクしたいから、カラダを大事にしろって言ってるんじゃあ、ないのよ。
カラダは大切だから、愛すべき存在だから、言っているのよ、私は!(笑)

そう、たとえるならカラダは付き合いの長いあなたの恋人のようなもの。
ええ。誰よりも付き合いは長いでしょう?実際にね。

で、長い付き合いだからと言って、「これはこういう感じだから」と高をくくりすぎてしまって
空気みたいに扱い出すと…恋人だって不満が溜まりますよね。

「そこそこいい状態で当たり前。何かあったときだけ、『え、何でこともあろうに私のカラダに、そんなことがあってくれちゃうの?』みたいな顔をして、怒り、当惑する」
的な扱いを受けたら、あなたのカラダだって気を悪くすると思いません?

まるで、「同棲に慣れきって世話焼いてもらうのが当たり前になって、相手の存在の上にあぐらをかいていることにも気づかない、よろしくない彼氏」みたいじゃないですか。
あなたが!(笑)

ね。で、こういうときだって、解決方法は同じでしょう?
日々彼女がやってくれていることに感謝し、その合間合間でできることはしっかり自分でして、
時には彼女を手伝って、積極的にいたわって愛情を示して。
「ありがとうね」「今日はどんなことがあったの?」「明日は何しようか」
そうやって、日々の中で小さく愛と気遣いを発揮しながら、

一緒に日々を運営していく意志を見せるんですよ。
これでしょ?これ。
彼女は、何年かにいっぺん(しかない)、どかーんとスパ旅行なんて望んでないんですよ。
そういうんじゃないんですよ。
日々をきめ細かく支えてくれる、
あなたに愛情を持っていてくれる相手(カラダ)に対して、すべきことは!!

いや~これ我ながら、過去最高レベルの例えですね(笑)。
これを読んでくださる女性(が多いでしょう)が、みんな一発でわかる、しみるであろう比喩です。


とはいえね、カラダの彼氏の諸君(みなさんのこと)。
そうわかっていても、それが義務感ばかりじゃ続きませんし、
そこにストレスが発生してしまって、かえってカラダによくないこと、にもなりかねない。

だから、あまり難しく考えず、「何でもいいからカラダにいいこと」くらいのくくりで行くのが
いいんじゃないのかな、と思うのです。

さて、そもそも、どういうことが「カラダにいい」に入るのでしょう。
この話はこういう好奇心を持つことから始まりますね。
これがまず、一歩目の「カラダにいいこと」です。
自分のカラダの状態や望んでいることを知ろうとする、が最も大事です。
だって、その要求はいつも変わるのですから。
「ハイハイ、ずっとこれやればいいんだろ!」じゃなくて、「カラダは今日は何を望んでいるのかな?」ですから。
望むべき姿勢は。

たとえば、足が疲れているなと気づいたら、軽くお風呂でマッサージしたり、
ヒールで疲れて冷えているなら、寝るとき靴下をはいてあげたり、そんなことでもいいでしょう。
髪が少しパサついているかも、と感じたら、しっとり系のトリートメントに変え、オイルをしっかりつけてマッサージして蒸すのもいいですね。
胃の不調を感じたら、少し刺激物を控え、一度の食事量を少なめにして回数食べる。夜はお腹を温めて早めに寝、回復を促す。そういうのもいいと思います。
何だか気持ちがさっぱりしないと思ったら、普段より長く眠って体を休めるのもいい。逆に少し早く起きて、静かな街を歩いて代謝を促すのもいい。
好奇心をたっぷり満たしたいなら、遊びに行くより、書店や図書館に行くべきかもしれません。
何かきれいなものが欲しくなったら、花屋さんによるのもいいですね。

理由はわからないけどどうにも悲しいときは、思い切り誰かに話を聞いてもらって、大騒ぎしたり泣きわめいたりするのもカラダのためです。
腹が立ってしょうがないとき、大声を出したり、走ったり何かをたたいたりして発散するのもカラダのため。

明日の準備として、夜の内からお米を研ぎ、新たにお漬物などにも挑戦するのもカラダのため。
気持ちよく着られるように服を丁寧に洗って干し、アイロンをかけるのもカラダのためです。

今日少し遠回りして、夕日がきれいに見える道を通って帰るのも、カラダのため。
道行く猫にあいさつして、透明な空気に深呼吸して、鼻歌歌って帰るのも、カラダのためです。

そう。
カラダを大事にすることは、そのままあなた自身を大事にすることです。
カラダがご機嫌なら、あなたもご機嫌。
だって二人は、切っても切れないナイスカップルなのですから(笑)。


2・自分の見つけた「カラダにいいこと」生活を、喜びとともに拡大する。そして人とも共有する

はい、正直言って、1が守れていれば獅子座に言うことはありません。

大体の場合、1をしっかり理解して心掛けている獅子座は、
必ず、その中でも特に好きな「カラダにいいこと」を見つけてですね。

その、やり出すといきなり相当凝り出す性格を持ってして(笑)、がっつりやるのです。

年齢不詳ビューティーに燃える獅子座もしかり(ガオー)。
早朝ランニングに燃える獅子座もしかり(ガオガオー)。
浅漬けのバリエーションに燃える獅子座もしかりです(ガオガオガオー)。

そして、ちょっとした権威、くらいにもすぐになってしまいます。
凝り性というのはそういうものですし(根つめるタイプの別称)、

また獅子座は非常にアピールも上手くて人好きのする性格ですから、
その、自分の獲得した「カラダにいいこと」(素敵生活)を、周りの人にもふりまきます。影響を与えます。

その辺も含めて、いいと思うのです。
そんなにいいことなら、みんなでやればいいじゃない~楽しめばいじゃない~っていうね。

そっか、それそんなにいいなら、私もやってみようかな?
獅子座の周りでそう思ってしまう人は多いはず。
獅子座のエンタメ力のなせる業だと思います。
実際、面倒見もいい性格ですから、人を何かの道に誘導する、先導するのに向いていますね。
そうやって、みんなで元気に暮らせばいいじゃな~い?

3・年を取ることを楽しむ。「自分はどう年を取ろうかな!」と計画を立てる

基本、獅子座はいつまでも若々しいのですが(素材としては)。
主にはつらつとした、有り余るエネルギーのおかげでその良さが保てている分、
何だかがっくりきちゃったり、「私なんかもうだめだよ」的に思いはじめたりすると
いきなり、弱っちゃう、老化しちゃう気もします(それだけ気力の人なのだわ。基本)。

で、もともと濃い目でややオールドタイプの顔が、本物の老け顔と化すと!
ダメ~~~~~~、それ絶対ダメ!!(涙)

いっときますが、獅子座。
あなたは、いくつになろうが魅力を発揮できるタイプの個性です。
健康自慢な人が多いせいで、カラダが少し昔ほど動かなくると、
「もうおばさんだから」「俺おっさんだよ」とか自分から言う獅子座って多いんですけどね
(そうやって自分を慰めている、エクスキューズしている、
そんなことないですよ!と言ってもらおうとしている。笑)。

ダメ。おばさんっていうのは、おばさんおばさん言う人がおばさんだから(笑)。

いえ、違うのです(ちゃんと説明します)。
もちろん生物学的には、みんな等しく年を重ねるのですから、ぶっちゃけ、ある程度生きれば老化はしてきます。
本当の意味で、おばさんじゃないわけではありません。少女なわけはありません。

でも、「生き物としてのパワフルさ、若々しさ、エネルギーの強さは、生物学的な枠では測れない。数値化なんてできない」。
これも、本当のことですよ!

だって、その人が圧倒的に魅力的である時に、
年齢って、関係あります?
それが20歳にしろ30歳にしろ、40歳にしろ、50歳にしろ。

「私らしい、●歳になる。今持てる力のすべてを発揮して、輝く!」
これはいつだってできます。

しかもその年齢によって、出る輝きの質は違うのですから。
虹の中にある7色の中に優劣がないように、どの年齢の輝きも、等しく美しいのです。

そしてそれを発揮できるのは、自分からその年齢に「なった」人だけです。

「いつのまにか●歳になっちゃった~」と、他人事のように言ったり、昔の自分の方がよかったと、今の自分を認めない行動ばかりとって、過去の栄光?にすがろうとしたり。
自分からその年齢という新しいステージに乗ろうという気がない人には、
そういう輝きは与えられません。
だって輝きって、スポットライトだもの。
自分からカモン!っていって呼び寄せないとこっち来ないわよ。

そう、自分が重ねた年月というのは、彩りが少しずつ変化する人生のステージそのもので。

季節が変わったら、ふさわしい服装も、似合う髪型も変わる。まとう雰囲気も変わる。
それが自然で、それを楽しんでできる人が、もっとも素敵なのです。

だからこそ、いつも今の自分を愛し、今のステージに合う、自分を輝かせるための何かを
探し求めてください。そして、堂々と…その背に羽織ってください。

「どう?これが今の私よ?」(さあ見ろ、ほれ見ろ)
そういう俺様感、いくつになっても獅子座には大事。
そして周りの星座たちが見たいのも、そういうあなたですね。間違いない!(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。