CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:













双子座その2:『双子座のカラダをもっと大事に、活かすために』

さてさて双子座。
あなたがあなたのカラダともっと上手に付き合うために、
必要そうなことを考えてみました。

前回の中にもある程度出てきていますが、

1・定期的に静かな時間を持ち、自分が今どんな状態にいるのかをじっくり観察する。
それにそって、すべきこと、予定などは動かす

これはまず基本としてあるといいと思います。

もちろん世の中には、自分の状態がどうであれ、今日絶対にやらなければならないことというのがあるときもあるでしょう。双子座の人生にもそれはしかりですが。

でも本当のところ、本当に動かしがたいのか?というと、それは疑問ですし(本人がそう思い込んでいるだけの場合も多い)、
双子座の場合、ちょっとぐらい後ろに動かしたって、その気になって後から追いかけたら…ほとんどの場合追いつけ、その遅れは取り戻せる。
そのくらいの瞬発力、脚力、飲みこみの早さは持っているのですから。
「ああだめ、今日は集中できない。気持ちが乗らない」
というときには、潔くそれをやめるという選択もありなのではないでしょうか。

より積極的に、『ウサギとカメ』のウサギとなるのもありではないかと
(自分のペースを知っていてきちんと昼寝をする当たり、尊敬できる。あとは負けなければばっちり)。

とはいえ、調子を崩すと、大体の双子座は「それをやるべきかやるべきでないかの選択もできないくらいになっている」のもよくあるので
(そのせいで、「ああやりたくないなー」と思いつつ止めきれないので、ダラダラと疲れる。かといって作業が進まない…ので、時間を無駄に過ごすのであった)、

何か、自分の調子が悪くなってきているときの目安のようなものを知り、
「これが出たら問答無用に止め。遊びも何かも、できる限りキャンセル!」
と、事前に決めておくのもいいかもしれません。

あの旗があがったらやめ、サイレンが鳴ったら休憩、みたいにです。

双子座の人生はほとんどの時間、さまざまな要素、刺激に満ちているので、
本人が疲れているときはその判別装置、どれを取り入れるか捨てるかのろ過装置が上手く働かない状態に似て、つまり内側は相当ぐっちゃぐちゃなのですよ(おそらく目で見たら)。

で、そうなったら、そこで自分にもうひと判断させるのが無理なのだと思います
(それができるくらいなら、ここまでになっていないからね)。

だからこそ、「何も考えなくても選べる目印」が決まっていると、とても便利なのではないかとも思うのです。

これはたとえば目の色や肌荒れや、そういうカラダに関係するものでもいいですし、
いつも見ている好きなテレビがいまいちに思えるとか、
普段ならサクサクこなせる仕事が億劫に思えるとか、
そういう、行動に関する判断でもいいと思います。

多分、そこで「どうしたんだ自分、もうひと頑張り」というよりは、
「ダメだ、肌が荒れてきた!もうやめる、PC電源も落とす!」とすぐに対処したほうが、
気持ちも安心して、すぐに晴れ、結果として体調も大きく崩れない。
そういう結果になりやすいと思いますね。

イメージとしては、双子座は動物でいえば、ウサギぐらいの小動物だと思っておくのもいいかもです(やはりウサギなのか)。

小さくて俊敏な分、このくらいのサイズの生き物は、ちょっと傷を負って多めに出血したら、死んでしまいますよね?
その辺は、元来タフである意味鈍感な、大動物とは違いますし、
血が必要だからと言って、そもそもウサギは肉をガンガン食べて補うこともできないんだから。
その分ゆっくり食べて、休んで体を養う時間だっているのです。
「だから無理は出来ないの。敏感で繊細なの!」
と理解して守るくらいで、本当はちょうどいいです。
多分キャッチしやすい人は失いやすくもある。エネルギーもね。

でも、そうやって「そうか、もう休んでいいのかー」とわかると、いきなり元気が出てきたり、何か面白いことないかな、今なら大変なあれもやれるかも…と思いはじめたりするのも、双子座です。
そんな自分に気が付くと、
「何だ、やっぱり自分は単に疲れてたんだな」「気分本当に大事!」
ともわかってくるでしょう。

双子座が気まぐれなのは、本質ですからしょうがない。
別に悪い資質でもありませんしね。
それをまず自分でちゃんと理解して、
気まぐれだからこそ、気分が大事だからこそ、
「自分がいつもご機嫌でいろいろなことを頑張れるように、自分自身で気遣ってあげる」
そういう気配りも、必要なんだと思います。

2・携帯やPCを一切見ない日を作る。デジタルでない趣味を作る。
一人で楽しめることを見つける。

1に付随しますが、これは本当に双子座には有効です。
この世にある有力な情報にはいろいろな性質の種類があり、本当はどのジャンルをキャッチするにしても、双子座はよい感性を持っています。
が、この手のデジタルで早さを要求するものばかり、刺激自体は強いが中身の濃くないものばかりを受け入れていると、体内で何かが偏り、本当の意味での感度が鈍ってしまうのです。

例えではありますが、双子座は風の匂いを嗅いだり、石をじっと観察したりしても、そこから何かを知ることはできます。塩おにぎりをほおばり、お風呂に浮かんでいても、新たにわかることはあるのです。そのくらい、本来は万能な情報収集力なのですよ。

デジタルな&他人からもたらされる情報から得られる刺激は、
種類でいえば、この世の中のほんの一部でしかありません。
そして、全方位的に好奇心を持ち、アンテナを張れる双子座ほど、
たくましく強く豊かになれます。
その姿は、自分を中心に四方八方に太くたくさんの葉をつけた枝を伸ばす、大樹にも似ていると、私は思うのです。

3・何事においても、~すぎない。

好奇心を使いすぎない、何でもかんでも知りたがりすぎない…的なことはこの前にも出ましたが。
この~すぎない、は生活の全般にも当てはまります。

双子座はもともと、そんなにタフではありません。
先述のたとえ、ウサギで表現した通りです。
だから、そもそも体が小さくて、かつ“軽快さ”が売りなのだから、
カラダが重くなってしまうような食べ過ぎ飲みすぎはよくないし、
働きすぎ、遊び過ぎ、勉強しすぎ…などもダメです。

エネルギー的にもっとタフ、ガタイが大きい感じの星座なら全く問題ない程度でも、双子座にはちょっと多いんじゃない?というケースは多々あります(星座にもよりますが、柔軟宮よりは不動宮の方が、ずっと大きい感じですね。また活動宮も柔軟宮よりは大きいでしょう)。

双子座は大体の場合元気なので、実際よりタフだと思われやすいし、
本人も勘違いしやすいのですが。→※ここ重要

元気とタフ(=ここではたくさんの容量を持っているの意味)は、ちょっと違いますから。

たとえるなら、双子座は一回にはたくさん食べられないけど、消化吸収能力が高いので、またすぐに食べる体勢にはなれる。
そういう感じでしょうか。
だから、いろいろたくさんのものを受けいれたいのなら、回数を分けたほうがいい。
タイミングをうまく計ってキャッチしたほうがいい。そのほうが何かとスムーズなんでしょう。

ちなみにこれは「休みすぎない」みたいなものにも、当てはまります。

とても疲れた双子座は、ひたすらダラダラぐだぐだ…(何もやる気起きず)となるパターンもありますが。

そういう際に必要なのは、さらなる休憩ではなく、気分転換、つまり即座に立ちあがって何かすることです。

双子座は、何かから何かへ、自分が切り替わるときに一番リフレッシュします。
新しいものが自分の中にうわっと入ってきて、好奇心が最大出力になるからです。

ちなみに脳も、何も考えない…より、全く別の内容を考えることのほうが休まるのだそうです。双子座もこれに似ていますね。

双子座は、どんな喜びにしろ、たくさんのものを必要とするのだから。
それが何であっても、一種類でいっぱいにしない方がいいのです。食べ物でも情報でも日常生活でも同じです。

つまりはビュッフェ型人生?(笑)そうかもしれません。

…せっかくビュッフェの可能性を持って生まれたのなら、一通り味わって楽しんでみるのが、筋ってもんでしょ?ねえ双子座?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。