CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:









射手座その1:射手座のカラダ


射手座の象徴する体の部位:お尻~大腿部、股関節、坐骨神経、肝臓。全身の体重を支え、体を動かすに際し最も活躍する、体の重心、バランスを司る部位。そこが柔軟に動くかどうかが「個体としてのたくましさ、健やかさ、頑強さ」に大きな影響を与えるところ。
美容と健康のためのお勧め:ウオーキングや屈伸運動(スクワット)など、特に下半身に適切な筋力があることが、射手座にとっては活力、フットワークの源となる。一駅分歩く、階段を使うなど、日常生活に取り入れたものがよい(わざわざジム通いするのは、面倒くさがりな射手座には不向き)。姿勢の良さに気を配るのも重要。歩き方、座り方など。加えて、靴の底のメンテナンス(変な減り方をしていないか?)、机・椅子の高さのチェック(体に合っているか?)なども定期的にやれるとべスト。

12星座内でも最も大柄になると言われる射手座(の影響の強い人)です。
容貌的には明るく健やかな顔立ち。目鼻立ちは大きめで大らかな印象。額が広くあごもしっかりとし、強く聡明な印象となります。肌はやや健康的な褐色で、髪も多くてしっかりしている場合が多いです。
特徴的なのは手足が長くしっかりしていること。骨太で密度の高い骨を持ち、とにかく頑強ですが、でも鈍感な印象はなく、機敏で野性味があります。若いうちは軽々と動き、段々年齢とともに貫禄という名のお肉もついてくるようです。また足の裏も同様にしっかりしており、がちっと地面に着地している感じ。体に比例して足のサイズも大きいでしょう。いわゆるバスケットやバレーボールのような、パワーと瞬発力を同時に必要とするスポーツの選手のような、そんなイメージです。
男性は特にそうですが、女性の場合も同じ特徴を受け継ぐため、ボーイッシュなムードを持つことが多いでしょう。

射手座の見た目の印象としては、明るいのと同時に、乱雑さ、時に粗野な感じが目立ちます。
私が思うに、この粗野さは「生命力旺盛な存在の持つ傲慢さ」からくる力です。
傲慢さというと悪く聞こえますが、一般に“生まれながらに持つ者”は“持たざる者”にくらべ、それに対して特別な思いを抱いていない分、大事にしない、意識しないという特徴があります。それだからこそ、優雅に大らかにいられる、振る舞えるという面もあるので、なかなか難しいところ(悪いとも言えない)ですが、
射手座に関しては、健康面において優秀な固体であるがゆえに(やはり小さく生まれるよりは大きく生まれる、運動能力が低いよりは高い方が、優性ですからね、生物学的には)、
「ずぼらでも生きていける」。
これは非常にあると思います。

はい射手座は、12星座内でもトップクラスのずぼら、大雑把、適当な性格です。
そしてこの性格が、肉体におこる問題のほとんどを引き起こしているともいえるでしょう。

まず、よくあるのは、射手座は「生活のリズムを大事にしない」ということ。
規則を嫌い、自由(という名の「気が向いたら生活」)を好む射手座は大体のルールを守りませんが(ものすごく積極的に違反するわけではないけど、「守らなきゃ」という意識がとても薄い)、
こと食生活、そして就寝時間に関してはかなりのものです。

おそらく、毎日同じ時間に同じことをする、という時点で、射手座にはやや気持ちのハードルが高いのではないかと予想します。
食事に関していえば、特別食が細いというわけでもないのですが(体も大きいし、好奇心も旺盛であちこち行くので、普通、そこそこ食べなければ持たないはず)、
それでも射手座は食に関する注意力が散漫なのか、食べたり食べなかったりします。
気が向けばものすごい量も平らげますが、何かに熱中して食べるのを忘れたり、終わるまで食べなかったりということも、非常によくやります。

おそらく気分的には、エネルギー摂取に関してもそのくらい臨機応変であるほうが合っているのでしょう(メリハリがついていて楽しいくらいなのかも)。
とはいえ、星座は違えど人間の体の仕組みは同じなので、
若いときはともかく、その偏った生活は確実に内臓に無理をさせることになるわけです。

また睡眠に関しても、射手座は軽く「寝るのを忘れるくらい夢中になっている自分、いけてる!」くらいに、思っている節があります。

なので、時間になったらやめよう(休もう、寝よう)的なこともほとんどしないのですが。
気持ちの上でそれが負担になっているかどうか、というのはまた別の話として(射手座は圧倒的に夜型の人が多いように思うので)、射手座の体は、嫌がっているはずで。
同じ仕事、同じ内容でも、
「もっと普通の時間に良い環境でやってくれれば、より精度の高い結果を出せるはずなんですけどね…(いつも夜中に活動しているから知らないだろうけど)」と、内心思っているのではないか(体は)。そう感じます。

かつ、射手座は、体はそんな風に頑強なのですが、
精神面は普通~デリケートなくらいである…ということも、忘れてはいけない特徴でしょう。
そう、大体の場合ガタイはいいのですが、射手座の心はガラスのハートだったりします。
このアンバランスさも射手座の魅力で、同時にウイークポイントだったりするのでした。

もちろん、12星座の心を、全部取り出して並べて計ってみるということもできませんので、
本当は比較するのもあまり意味はないのですが。
普段快活で、運動量も多くて、明るくてあまり深いことを考えない場合も多い…わりには、
「そんなに細かいこと考えてたか」「そんなに難しいこと気にしちゃってたの」みたいなことも多いのが、射手座なのでした。

射手座は、基本的に哲学の星でもあるため、幸いなるかな、知的にも優れた人が多い星です。
だから思考的にも「アレをもっと知りたい」「こっちをとことん突き詰めたい」などの、脳をとことん駆使して突っ込んでいく衝動も起こりやすいのですが。
やはりこれは、肉体には大きな負担なわけです。

体的にも、頭的にも、これって思うとそれに夢中になりやすく、
比較的強く生まれた体に笠を着て、ガンガンにそれをやり続けてしまうと、
結果、一番負荷を背負うのは、心になります。
おそらく、先の話でも、「特別射手座の心がみんなに比べてガラスなわけではない」のでしょうが、たとえ同じ強度であったとしても、そこにどれだけ無茶をさせているかで、現実に傷つくか傷つかないか、折れるか折れないかは違ってきますので。

「何かと自分に無茶をさせやすい(危険な目に遭わせやすい)射手座の心は、
いつもちょっと傷つきやすい状態に」
これはあると思います。

そのせいもあってか、もしくはもともとそうなのか…というのは卵と鶏論争的になりますが、
射手座は一旦気持ちがナーバスになると、本当にナーバスになってしまう(回復遅し)という面もあります。
もともと柔軟宮に属している以上(他の仲間は双子座、乙女座、魚座のどれも神経質&繊細メンツ)、射手座もそうであってしかるべきですが。
ほか三星座に比べ、「自分を守らなきゃという意識がダントツに薄い」点で射手座は群を抜いていますので、
実は結構無理しているのに、平気平気と言って、ずいぶん長い間それに気づかず、
さすがに体が「もうこれ以上無理させたくないんで、心の方でスイッチ切ってください!」と指令が出(そんなときでもやはり体はまだ大丈夫だったりするから)、

「…なんだか急にやる気が出ないんだけど(ぼーっ)」
「前向きな気持ちにずっとなれないんですよ(クヨクヨ)」

となるのかも。

実際、射手座がメンタル不調を訴えるとき、あまり具体的な悩みはないことが多いです。
これは柔軟宮の特徴でありますが、おそらく「エネルギーさえあれば何でもそこそこ楽しい、受け入れられる」気質だからこそ、「エネルギーが足りないので、脳内消化が止まり、『何も面白くない…』『何もしたくない…』となる」んでしょう。

でも、こうなってはいけないんですよ、射手座さん。

私が見るに、射手座は自分を大事にしなすぎます。
いや、もちろんしている面もありますよ。
自分にとって楽しい人生、興味のある世界を熱心に追わせる…これは、自分を大事にしていることに入りますが。
でも、何かをする自分ではなく、ありのままの自分を、もうちょっと、「いいこいいこ~」的に愛してもいいのではないか?と、思います。

おそらく自分には「気は使わなくていい」と思っているのでしょうね。
射手座にとって、気を使うというのはあまりいい意味ではないので「放っておいてもよい状態」(気心が知れている)みたいなものを、人間関係でもベストと考えがちですから。

とはいえ、注意を寄せる、メンテナンスするというのは、そんなによくない(ネガティブな)ものでしょうか。
物でも何でも、すごく気に入って使っていて、出動回数が多いからこそ、早く痛むのです。
それだけ「活躍しているものは、消費も激しい」。
これは物理原則と言ってもいいくらいの真理でしょう。

もちろん、物によっては「ダメになったら買い替える」というのもアリだとは思います。
お礼を言って別れを告げるのも、ある意味潔い面もありますね。
でも、物にしろ何にしろ、「大事に大事にしてきたけど、ついにそれの持つパワーがついえるところまで来たので、天に還す」のと、「雑に扱ってきたから、ダメになっちゃった」というのとは、
大分意味合いが違うのではないでしょうか。

確かにこの世のすべての物に寿命はあるし、その時が来たら終わるものは終わるのですが。
でも、「せっかく一度は私の手に渡ったものなのだから、とことんまで大事にしよう。守り抜こう」と考えることは、それに全く反することではなく、
むしろ、命を使い尽くす、行きつくす行為ではないかと、私は思うのです。

射手座諸君。どうなんでしょう。
あなたの生活は、自分という、神様から貸していただいた体、心、魂を
本当に生かすべく、生かし切れるべく、大切に扱っているといえるものなのでしょうか。

そこをぜひ考えて見てください。

体も心も魂も、常にあなた自身に向かってサイン、
そう、「こうであってほしい」という意志を伝えてきているはずです。
だからこそそれを、もっとちゃんと聞いてあげて。

そうすることこそ、あなたを最も充実させ、
高く飛ばせ遠くまで走らせ、血をわかせる行為につながると思うのです。


(長くなっちゃったので、具体的なアドバイスはその2にまとめます)






$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ
にほんブログ村





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。