CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:







『蠍座のカラダをもっと大事に、活かすために』


蠍座の本来の持ち味と、現在の星の影響とを同時に加味し、今特にお勧めしたいことを考えてみました。

1・基礎体温、カラダの数値を記録し、「いつもの自分」という中での日々の揺れを自覚する

基礎体温は、女性なら誰でも計測したほうがよいものですが、蠍座のようなタイプには特におすすめです。
本来妊娠や体調不良時の目安にするためのものではありますが、ここではまず「一見変わらない自分という存在の中でも、カラダは日々細かい調整を行ってそのバランスを保っているのだ」と知ってほしいからですね。
実際やってみるとわかりますが、外側でどんなことがあろうと、カラダは毎月着実に一種の波を繰り返して調整を続けています。そのリズムがわかると、自分自身もその波に沿って実はいろいろな変化を起こしているのだということが自覚できるはず。
肌の調子や胃腸の具合、元気のあるなし、風邪を引きやすい汗をかきやすいなど、そういう体調的なリズムもそうですし、よく気を付けて見ていれば、興奮しやすい・やたらと眠い、攻撃的だ・落ち込みやすい、楽観的だ・悲観的だ…などの、気分の変化も、同時に感じ取ることができるでしょう。
さらに、それを続けていれば、同じ波が来ても、春はこうだけど夏は違うな、新月ごろならこうだけど満月近くなると変わってくる、のんびりしているときはこうだけど、忙しい時期が重なるとこうなるな、などさらに細かい波があることにも気づき、
つまりは「私のカラダとは、本当に繊細な調整を図りながら、自分を良い状態に向かわせようとしている“生き物”なのだ」ということも、一層強く自覚できるはず。

カラダがいかに精密機械であるかがわかり、また「自分自身がどう扱うかによって、その働き、機能、充実度も変わるのだ」と自覚できたとき。
おそらく蠍座の自分のカラダに対する考えは変わり、本来深く魂にしみついているはずの「生き物としての本能」の方が、たくさんの現実的義務感や焦り、不安、頑固さなどよりも優位になってくるのではないかと思います。

でも、そのことをまず知るためには、客観的に自分のカラダを知る経験が必要でしょう。それが、この場合は数値なのです。
蠍座は、本能は優位ですが自分の状態を外側から見るという意味ではかなり感度が鈍いので(汗)、そうやって明らかな事実として示してもらう方がいいと感じます。

同様に、一か月の中、いろいろな体調の時に、下着など、カラダを測定して買う衣類を買いに行ってみるのもいいでしょう。
おそらく、大体の場合において少しずつ合うサイズは違うはず。「ああこれが気持ちいい、ちょうどいいと感じるサイズだ」と思えるものは多少変わっているのが普通です。ならば、いっそ「やる気のある時期」「ちょっとゆるめの時期」「ゆっくりしたい時期」くらいの三サイズ、持っていてもいいのでは。そうではない時期に合わないものを身につけるのは止め、そのくらい意識的に何かを変える習慣を身につけるのも、蠍座にはいいでしょう。
そう、そもそも、蠍座は一回測定すると、もうずーっと何年もその後計らず、きつい&ゆるい下着を(またも無理して)「自分はこのサイズだから」と着ていたりします!もしくは測定しないで買っちゃうとか。それはダメですよ。あなたのカラダを守るため、美しく見せるために衣類はあるのです。身につけることで嫌な思いをさせないで。

2・人の生活習慣や美容情報も聞いてみる

蠍座は、一度これはいい、自分にはこれが合っていると思うと、その後ずっとそれを守り続けるケースが多いです。趣味嗜好はそれでもいいと思いますが、カラダに関しては別。カラダは日々の単位でも、また年齢という単位でも、変わっていくのが普通なものだからです。
たとえば、子供のころ脂性肌だったから、の後ずっとそのタイプの化粧品を使い続けているけれど、今は肌が荒れている。そんなこともよくありそう。当然年齢とともに体質は変わり、いる環境も変わるわけですから、カラダが求めるものも変化しているのが普通です。でも、そんなことにも蠍座は気づきにくい気がします。
そういうときには、同じ女性たちの意見、現状がとても役に立つでしょう。あまり人を頼ったり意見を求めたりするのが得意でない人も多い蠍座ですが、何事にも、先達はいるに越したことはないし、人の例をいろいろ聞けば、自分に今必要なものは何かも手っ取り早く理解できますから。その価値は十分あるでしょう。
また尋ねていけば、みんな多かれ少なかれ、自分自身のカラダの悩みも話してくれるはず。そしてそれにどう対処しているか、も。こういった人の事例も非常に参考になります。カラダの問題は個人差があり、完全な正解はないからこそ、人と一緒によりよい道を模索していくことも楽しく、また大事なことではないでしょうか。
同じように、医師や何かの専門家など、きちんとした知識を持っている人に尋ねるのも、もちろんよいことです。他星座に比べ、そういうことへの抵抗感(億劫さ)を訴える人も多いようですが、それをしないで自己流でいろいろ遠回りするより、パッと質問し答えを聞いた方が話も早く、早く良い状態になることもたくさんあります。そこから得た良い情報はまた身近な人に伝え、お互いに交換できるような循環を持っていると、女性はよい状態を保ちやすいような気がします。一人で頑張りすぎないでください。


3・「ま、いいか」と、問題後まわしの差を理解する

物事にはある程度突き詰めても、それ以上はなかなか…はっきりした結果を得にくいというようなこともよくあります。特に心やカラダの問題はそうでしょう。もとが自然に属するものですし、わかりやすいゴールはないのですから。
なので、ある程度までやるべきことをやったら、「まあいいか?」と、追撃?の手を緩め、あるがままを受けいれるというような大らかさも重要だと感じます。
頑張ってよくしようと一生懸命になることはいいことですが、それが度を越すとまたストレスになり、害になることも非常によくあるからです。
でも、これは、本当は一生懸命になるべきなのに見て見ぬふりをしたり、先送りにしたり、はなっからあきらめた態度を取るのとはまるで違います。
たとえばダイエットなどでも、そこそこ体調管理し食事も気を付けるけど、とても食べたいときやそこまで頑張らなくてもいいかなと思うときは、食べちゃう! そういうのもアリでしょう。
でも、これと、「どうせ一旦やせたってまた食べて戻るし意味ない」「やせたってきれいに何かならないよ」と思い込んで、何もしないでいる…というのとは、本質的に違いますよね?同じ食べるのでもね?

大体の場合、蠍座の不調は「やるべきことをやらないで後回しにしている自分に対する罪悪感、嫌悪感」が少なからずかかわっている気がします。
だから、基本は何にしろ、やる、動くほうがいいのです。
でも、過度に苦しみながら、目的を見失うくらい必死にやる必要はありません。
仕事にしろ恋にしろ、運動にしろ食事にしろ、それをやっていて「楽しいな」と思うのなら続行OKです。「今は大変だけど、これは私に必要なことだから」と思うならそれもOK。
でも、そうではない、少なくとも今、そうだとはっきり返事することができないなら…ちょっと考えた方がいいでしょう。
まして、カラダから何か不調のサインが出ているなら、なおさらですよ!





$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ
にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。