我思うゆえに我ダメ

テーマ:
うおーーー!!!



昨日は朝から夜まで長時間の撮影でして、合間にいっぱい更新しようと思っていたら休憩の度に「いかん、何も考えられん」という状態に陥っており、結局あんまり更新できなかった! なんたるていたらく!!!



と、思っていたら昨日のブログの写真がネットニュースになっていた……!



で、ふと「すっぴん」って、需要とか関係なしにネットニュースになりやすいんだと思ったわけです。けんじっちのすっぴんは需要あるだろうけど、僕のはそんな改めて取り上げなくても……!って感じですよね。でも、そういえば普通に芸能人のすっぴんの話題ってネットニュースでよく見るよね~って思いませんか?



「○○の素顔に絶賛!」とかって、ホラ、なんとなく見覚えありませんか?えっ、ありません? いや無いと話が終わるんであるってことにしといて下さいよ。ありますよね? で、あれ、何なんでしょう。実は結構違和感を感じているんです。



というのも、そういう時のすっぴん写真って大抵が自撮りじゃないですか。で、昨日僕も自撮りを載っけた訳ですけど、当然「ノーメイクだけどこれくらいの範囲でこれくらいの写りならまあ載っけてもいいだろう」っていう「意図」があるわけですよね。



実際にあの写真は……まあ、あの写真っていうか



photo:01





この腑抜けた顔ですけど、これはすっぴんではあるものの、白く飛びまくってるし、目も片方隠れてますからね。



要は「見られていいすっぴん」なんです。撮ってから実際に公開するまでの間に「意図」が働いている写真なのです。



で、僕が今回思ったのは

「すっぴん=ノーメイク」

と思って生きてきたけど、実際はこれ、違うんじゃないのか!? ということなんです。

「すっぴんがカッコイイ、すっぴんがカワイイ」

という写真の倍以上に

「すっぴんが酷い、すっぴんが不細工」

という写真が存在するはずなのです。じゃなきゃメイクをする意味がない。しかし、そんなもの世に出るわけない。



よって僕は昨日本当に軽い気持ちで自撮りを載っけましたが、これってすげえナルシスティックなことなんだ! と再確認。僕ちゃんって本当にきもきわるい生命体なんだなぁ、と思いました。
(でも写真載っけること自体は数少ないファンのみんなが喜んでくれるからこれからもやると思うけどね)



ということで結局お前は何が言いたいんだって話なんですけど「すっぴん=ノーメイク」というのは実は間違いで、本当は

「すっぴん=ノーガード」

というのが正しいんじゃないかなぁ、と思ったということです。



そしてみなさんお分かりの通り「ノーガードな写真=事故」なので、僕の思うすっぴんがカッコイイ・カワイイという人は

「事故画像が無い、もしくは極端に少ない人」

ということなのではないのかなぁ、と思ったということです。



以上、お勉強ばっかりでストレスが溜まっていて、普段は「こんなこと書いても誰にも分かってもらえない…」と中二病マックスで書くのをためらうことを躊躇なくブログで発散してしまった歌広場 淳でした*\(^o^)/*



うぱー!
AD

コメント(324)