田辺まりこのセクシャルアカデミー

田辺まりこがあなたの恋愛偏差値Upのお手伝いをするブログですっ!


テーマ:
田辺まりこです。
男性、特に40歳以上の方には
なかなか理解してもらえないことがあります。
それは「楽しそうに振る舞うのが勝ち」ということ。

どうしてもある程度以上の年齢になると、
「男は黙って...」というような価値観があり、
楽しそうに振る舞う男性を見ると「へらへらしやがって」
とけなす傾向にあります。

しかし、本当に人を惹き付けるのは
その「へらへらした男」の方なんです。



私は店をいくつも経営しましたが、
店のスタッフによく言っていたのが「楽しそうにしていなさい」ということ。
スタッフが嫌々やっている店にお客様はきません。
スタッフがいつ見ても楽しそうに働いていると、
自然とお客様が集まってくるんです。

例えばお客様がたった一組だった場合、
普通だったら「この店は閑古鳥だ。流行ってないんだ」
と思われるのがオチですが、スタッフが楽しそうにしていれば
「たまたま今日は座れたのかな?ラッキーにも貸し切りだ」と、
思われるはず。

楽しそう=流行っていそう、と連想されるんです。



これが、仏頂面、陰気、そのくせ口を開けば蘊蓄だらけの
嫌みな店では誰しも足が遠のきます。

人間関係も一緒です。特に女性は外面から受け取る雰囲気に敏感。
「男は黙って渋く決めなくちゃ」と、かっこつけてるつもりが
「あの人いつも暗いし、一緒にいるのイヤになっちゃう」と、
女性から嫌われるハメになるんです。



最近はテレビなどで「チャラ男」と呼ばれる男性キャラがあります。
その名のとおり、チャラチャラしている男性のことですが、
少なくとも女性に積極的に話しかけ、女性を褒め、
女性を喜ばせようとしているのは間違い有りません。

その点だけでも「渋いつもりの仏頂面」よりずっと、
愛されるキャラなんです。



いつも楽しそうな男性を見ては「なんだあいつ、へらへらしやがって」
と男同士、足を引っ張るのはやめましょう。
あなたはその「へらへら男」よりも、ずっと下のランクに
思われている可能性があります。

明るく話す。
楽しそうに振る舞う。

モテるための、最低限のコツです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

田辺まりこです。


今日もカフェで人を待つ間、隣の席の会話を聞いていました。

隣の席は35歳くらいの男性2人組。


出しゃばり男と、消極男の組み合わせで、
もっぱら出しゃばり男がずうっと自慢話を繰り広げている、
といったかたち。

どうやら出しゃばりくんは、モテるためには
どんどん積極的に女性に話しかけ、次から次へと面白い話で
女の子を楽しませなくちゃダメ、という持論のよう。

「そうかなあ~」と隣でほくそ笑む私。

だって、最も大事なことが分かっていないんですもの。
女は、自分が喋りたい生き物なのです。



女性が「あ~今日は楽しかった!」と思うのは、
いっぱい自分が話せた時なのです。

もちろん。会話が中断してしまった時にきっかけを
出してあげるのは、とても大事なこと。


でもあくまでも、彼女に話させてあげること、
を心がけてください。



男性は話のきっかけ作りや、上手な相づち。
そしてさりげない質問が上手になれば、確実にモテます。

自分がいっぱい話す必要はまったくありません
ましてや相手の話の腰を折ってまで「オレが、オレが」と話をするのは、
どうぞ嫌いになってくださいと言うようなもの。
絶対やめましょうね。



セクシャルアカデミーの生徒さんによく言うのは
「名インタビュアーになりましょう」ということ。


女性は聞かれたことに答えるのが大好き。
どんどん質問してあげてください。

ただし、根掘り葉掘りの詮索はダメですよ。
上手なインタビュアーというのは、いつのまにか自然と本心を
語らせるテクニックがあるんです。まずは答えやすい質問から。

「スイーツ好き?」


「どんなのが好き?」


「チョコ味が好きなんだね。フルーツ系はあまり食べないのかな?」

こんな質問だったら、ふつうの女性ならまず嫌悪感を抱くことなく、
にこにこと答えてくれるでしょう。

あなたはその返答を、「いいね!」って顔で聞いてあげればいいんです。

ちゃんと自分の話を聞いてくれる。


そんな男性だったら、たとえ何歳になろうともモテます。




セミナー情報はこちらからご覧になれます。
http://sexual-ac.jp/index.php?Seminar

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

田辺まりこです。


おはようございます!

みなさん、女性との話すときに、面白い話をしないと
いけないと思っていませんか。確かに面白い話をすることは
重要です。しかし、それよりも簡単に相手の気分を良くする方法が
あるんですっ。

それは、
『名レポーターになる』ということです。



レポーターと言えば、ネガティブな情報を根掘り葉掘り聞く
イメージがあります。名レポーターはポジティブな気持ちに
する質問しかしません。

『最近食べた食事で一番おいしかった食事は何?』

『この前いった旅行はどこで、何が楽しかった?』

『最近、出会った素敵な人のこと教えて?』

『今週とてもうまくいったことってなぁに?』

『最近、気持ちいいなって思ったことって何かある?』


などの質問です。

この質問に答えていると女性はその時の気持ちを思い出すので、
楽しくなるのです。



女性が答えたら、

(1)相手のことばをそのまま繰り返す
 (お寿司おいしかったんだ~→へぇーお寿司~)

(2)うん、うん、なるほど、それでそれでと
  引き続き聞きたい姿勢をしめす

(3)楽しそうだねぇー、どんな気分だったかもっと
  教えてと盛り上げる


などを繰り返すとさらに女性は喜々としてしゃべって
くれるはずです。

ぜひ、一度試してみてください。仕事でも役立つはずですよ!


セミナー情報はこちらからご覧になれます。
http://sexual-ac.jp/index.php?Seminar


4月24日(金)いいこといっぱい♪大人の保険教室


http://sexual-ac.jp/index.php?hokenseminar


4月25日(土)モテる男になるためのお金セミナー


http://sexual-ac.jp/index.php?okaneseminar

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

田辺まりこです。

先日結婚相談所に入会したGくん。
その後の状況を聞いてみると、意外な結果に驚いてしまいました。
なんとGくん、超モテモテなんだとか。



今までの人生でモテたことのないGくんですが、
OL、看護士、トリマー、キャバ嬢、声優と、
硬軟とりどりの女性たちとデートしたり、
さらに深いお付き合いをしたり、女性の方から
「ねえ、結婚してくれるんでしょ」と結婚を迫られたりしているんだとか。

もちろんそれにはちょっとした裏技があるのですが、
それにしても現在の婚活市場は大変だというのがよく分かりました。

30代の半分が独身といわれている現代社会、
昔と同じような感覚で「結婚しよう」と思っても、
なかなか思うようにはいかないんです。



男性も女性も「結婚はしたい」と思っています。
ただ今の生活が忙しかったり、やることがたくさんあったりすると、
割と満ち足りてしまい「頑張って異性を獲得しよう」
という気持ちが薄れてしまいます。

30すぎても独身の人の原因は、ほぼこれに当たるのではないでしょうか?



ケータイやパソコンさえあれば、1人遊びだって事欠きません。
ただ1人遊びばかりしていると、異性と付き合うスキルを忘れてしまいます。
ちょっとした言葉の選び方や、外出の仕方。お金の使い方もそう。

1人遊びと2人遊びではまったく違うものなのに、
その違いが分からないと異性からは「変な人」
という烙印を押されてしまうんです。



婚活したことのある人はお分かりでしょうが、
紹介されてくる女性って「だから独身なんだな」
と分かるようなクセがあったり、口の利き方がなっていなかったり、
性格に難があったりしませんでしたか?

実はこれ、男性にも当てはまるんです。



婚活中の女性に聞くと
「ごく普通の男だったらすぐOKなのに、変な人ばかりなんです」
と言うんです。

つまり男も女もお互いに
「いつまでも売れ残っている理由が分かるよ。変な人ばかりだもん」
と思っているわけ。

しかし、セクシャルアカデミーで実際に「結婚をしたい」と
思っている男性とお会いしてみると、ごく当たり前にいい人ばかりなんです。
女子会で婚活女性を集めても、皆ふつうにちゃんとしたいい子ばかりなんです。

つまり「あとほんの少し、ちょっとだけ改革すれば、何も問題なし」なんです。



Gくんがモテモテなのも分かります。彼はセクシャルアカデミーで
「見た目」「会話」「しぐさ」などをプチ改造してから入会したんですもの。
多くの女性が望む「ふつうにいい男性」は、婚活市場にはめったに居ません。
そこへGくんがやってきたのですから,....モテますよね。



皆さん、皆さんのほとんどは「惜しい!」という状態だと思います。
かつてセミナーに来ていただいた方で、「これは本当にダメだ」
というのは一万人に1人くらいなもの。

ほとんどの方は数カ所メンテナンスをすれば、
充分に婚活市場に打って出ることが可能なんです。

あなたもGくんに続いてみませんか?
セクシャルアカデミーがお手伝いします。


セミナー情報案内はこちらからご覧になれます 
http://sexual-ac.jp/index.php?Seminar


4月16日(木)本気で女性にモテるためのセミナー


http://sexual-ac.jp/index.php?%E6%9C%AC%E6%B0%97%E3%81%A7%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AB%E3%83%A2%E3%83%86%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC


4月24日(金)いいこといっぱい♪大人の保険教室


http://sexual-ac.jp/index.php?hokenseminar


4月25日(土)モテる男になるためのお金セミナー


http://sexual-ac.jp/index.php?okaneseminar

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
田辺まりこです。
みなさんは、最近行った旅行はどちらですか?

ハワイ?
オーストラリア?
ヨーロッパ?

その時のこと思い出してください。

その時は、まず、
1、旅行の期間を決めて、
2、目的地を決めて、
3、どの観光地を観光するか

などを決めたことと思います。一方で、旅行に行ったときに、観光地を巡る計画を立てなかったときは、あまり、観光地を多く見ることができなかった経験もあるかと思います。

話は変わりますが、90歳を超えた臨終間近の自分をイメージしてみてください。



ふと、こんなことを考えています。

あー、いろんな海外旅行に行ったなぁ。エジプトではピラミッドを見たし、スペインではサグラダファミリア、中国では万里の長城、楽しかった。そこで、はっと気がつきます。

あっ、あれ、自分の人生の目的地ってどこだったっけ?目的地決めずに、流れ流れてここに着いたけど、ここに来たかったんだっけ?



もし、もっと若い時に目的地決めたら、いろんなことできたかも?観光地を観光した時のように、いろんな名勝を見れたかも?

不思議ですよね、一週間の旅行では、真剣に目的地を決めて、その期間に見る観光地を決めて、おみやげ買って帰ってくるのに、一度きりしかない、後戻りのできない人生の旅では、目的地を決めている人のいかにか少ないことか。

人生の目的地が今、わからない人も少なくないと思いますが、そのことに意識を向けるだけでも、いつか見つかると思います。



私の人生の目的は、『正しいMake Loveの方法を世の中に伝えること。』私に起きた様々なうれしかったこと、つらかったこと、よくよく考えるとすべてここに繋がっていた気がします。

みなさんも、人生という壮大な旅行の目的地を決めて、最大限楽しんでくださいね!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
発行責任者 田辺まりこ
公式ホームページ:http://www.sexual-ac.jp
私宛のメールは sexual.aca@gmail.com にお願いします。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。