京阪百貨店守口店(大阪府守口市)の和雑貨店「我楽屋おかめ」で、変わり京座布団・枕が人気だ。

 長時間座ってもお尻への負担が少ない「穴あき円座」(3780円)や、背もたれや抱き枕としても使える「三角枕」(5220円)など、さまざまな使い分けができる。生活に楽しさや癒やしを求める声に応えた商品に注目が集まっている。

 一般的な座布団・枕とは違うユニークな形が評判となり、全シリーズ8種類で1カ月に約100点売れる人気ぶり。「自家用はもちろん、母の日や敬老の日用に贈り物として買い求める女性が多い」と、我楽屋おかめの増井香店長は話す。

 なかでも売れているのは、通常は座布団として使うが、2つに折ることで枕としても使える「折れ座布団」(4095円)。部屋で少しくつろぎたいときなどにピッタリの品だ。

 製造は京都・嵯峨で生活雑貨・家具店を営む「プラッツ」が担当。寝具製造・販売の「加藤布団店」として明治20年代に創業した老舗だけに、京都ならではの布団づくりの技術が今に生かされている。

 熟練職人が一つ一つ手作りしたもので、長く使い続けても型崩れしにくい。大切な人への贈り物として間違いのない信頼の高さが、人気を呼ぶ最大の理由となっている。

【関連記事】
もう手放せない! 男性にも広がるストール人気
行列「9時間待ち」!あのドーナツが名古屋進出
ジェラートが熱い! イチゴから酒かすまで…道の駅でご当地の味
【住まう】キルト工芸 「椅子張り」の職人技、世界へ
【京都MONO語り】創作木工芸「酢屋」 龍馬を守り「木の良さ」を伝え
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

進次郎氏、自民の実情嘆く「非常に情けない状況です」(スポーツ報知)
「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕-警視庁(時事通信)
強制わいせつ「市民の処罰感覚で」懲役8年判決(読売新聞)
部下なし「一人係長」公務員、2万6634人(読売新聞)
<普天間問題>社民幹事長、徳之島移設案に反対(毎日新聞)
AD