第25回詩歌文学館賞(日本現代詩歌文学館振興会など主催)が10日発表され、詩部門が有田忠郎さん(81)の「光は灰のように」(書肆山田)、短歌部門が田井安曇さん(80)の「千年紀地上」(角川書店)、俳句部門が星野麥丘人さん(85)の「小椿居」(同)に決まった。賞金各100万円。授賞式は5月22日、岩手県北上市の日本現代詩歌文学館で。 

【関連ニュース】
木村伊兵衛写真賞に高木こずえさん
H氏賞に田原氏
吉川英治文学賞に重松清氏
中原中也賞に文月悠光さん
和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏

地元業者が「欠けにくい」信楽焼の新製品開発(産経新聞)
相次ぐ悲劇 「夫に似てかわいくない」 親のストレスはけ口(産経新聞)
仲井真知事、自民支援での再選出馬に前向き(読売新聞)
北教組 労使癒着の温存画策 46協定破棄後 道教委と「交渉」(産経新聞)
「近視治る」と100円ショップのビタミン剤売り逮捕(スポーツ報知)
AD