1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
Thu, September 29, 2005

ライブ

テーマ:ブログ

本日は渋谷屋根裏でライブ。

やっとライブだ!やった!

願わくば毎週やりたいくらいだから、ものすごく楽しみ。


6バンド中5バンド目で出演するので、お客さんも疲れているだろうから

イントロからアウトロまで、自分の解放とお客さんを楽しませることを徹底しよう。


わくわくアイランド。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Tue, September 27, 2005

とりあえず

テーマ:ブログ

jojoの奇妙な冒険出てくるバンド全部聴いてみようと思う。全部。

ムーディブルースとかリトルフィートとか超かっこいい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Tue, September 27, 2005

コンデンサマイク

テーマ:ブログ

買わなきゃ。

アコギとコントラバスは、ちょっと使わない手はなさそうだ。

アカゲのC1000Sでも買おうかしら。


badcatの鉄の音と、コントラバスの木の音の組み合わせなんて面白そうじゃない。

音響じゃなくて、もはや材質ね。シカゴ音響派じゃなくて湘南材質派。剛性重視。

オフィシャルコンクリート開発しなきゃ。うん湘南名乗るよ。うみいかねーけど。


とりあえず、ライブから思考を切り離して曲作る。

ipodに入れたくなるような音を沢山作ろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Tue, September 27, 2005

sun 3 酸 さわやか 惨組

テーマ:ブログ

手癖と惰性で曲を作らない。

基本的には日本語で、メジャー感(この言葉をどう解釈するかは人によって大きく分かれますが)を保つ。

自分の個性をだす。


そう決めてから最近わけのわからない、J(japaneseじゃなくてjankie)popが沢山出来始めています。

セブンピリオドは、もうずっと畠山の曲をやり続けているので他3人は作曲をサボり続けていましたが

とりあえず、その状態から脱出します。


和田はコツコツと曲自体は作っているのですが、歌詞をしっかり完成させないのと

ある程度のメジャー感を作り出すことをほったらかしにしていたので

そこを注意して、多くの人に聞かせるという意思で製作。


僕はギタリストではないので、2枚のギターのレイヤーを作ろうにも

そもそも演奏が出来ないという問題があるので

(ちょっとは弾けるけど、適当なコードやアルペジオでなんとなくソレっぽい曲を作っている場合ではない)

基本はリズムと本職のベース。そこに上モノとウタを乗せるやり方。

ベースラインを作っている段階で、大体来て欲しい上モノは聴こえているので

そいつをどうやって作るかが課題。和音に関しての知識が低いのでつい手癖でやってしまうが

それだとやはり、いつもの僕の曲になってしまう。


それはそれで、カッコいいのだけれど世間に発表するという事を考えると

あまりに曖昧だし、趣味全開で行くならもっと細部にこだわらないと深度が足りない。

自分の趣味と情報量とスキルが天然でポップに向かう人がうらやましいと思う時もある。

過去の記事を読んでの通り、僕は理屈っぽくて、音楽を自然状態のまま鳴らせていない節がある。


作業の片手間で作った、生楽器のアンサンブルのサウンドファイルをソフトで加工編集した

自分の中では凡庸極まりないインスタントなアコーストロニカと歌モノを聴かせて

返ってきた反応は、アコーストロニカ>歌モノだった。

電子音なので出音がカッチリしているなどの理由もあるだろうが

僕の作る歌モノはまだ、ポップを獲得していない。ポップを巡る言説などどうでも良い。

一聴して、ああいい歌だなと思わせたい。思わず口ずさませたい。


自分の音楽的バックボーンや環境なんて些細なことさ。

人が一人いれば歌は歌えるんだ。

カッコよくなくてもいい。

僕と、このバンドと一緒に歌って欲しいんだ。

ただ、それだけ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Mon, September 26, 2005

気をつけろ

テーマ:ブログ

録音しようとしたら

macが立ち上がらなくなり

ステレオジャックが折れ

ギターの弦が切れた。


この間わずか30秒。

ああもう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, September 25, 2005

強風とふんどし

テーマ:ブログ

強風の中、プラカード持ちのバイト。

なにやらお祭りだったらしく、ふんどし姿のおじ様たちがわんさか。

風で上着がめくれると、おっさんのふんどしが現れる。視覚的罰ゲーム。

少ないけれど参加してた女子の皆様方は、なんか長いジャージみたいのはいてたよ。

この祭り、何か間違っているよ!!


午後になっても非上に風が強く、小さい子どもが手に持っていた風船を放してしまったところを

神速でキャッチしするという、古典的ナイスプレーをかましたあと、天に向かって

「神様、今俺良いコトしたんで何か俺にも良いコトを起こしてください」と本気で祈り続けてたら

さっきの子供が戻ってきて、満面の笑みでありがとう、といってくれたので和んだ。ナイス神。

と同時に、天山みたいなおっさんにプラカード邪魔だよと怒られる。神め。

心のデスノートに天山みたいなおっさんの死因を綴る。

彼の死因は、脇に刺した体温計が折れて、動脈に水銀が流入して死亡。だった。


その後、ホワイトバンドを二個つけているほっとけない人や

カタカナで「デニム」とプリントされたTシャツを着た人を眺めながら

ウトウトする。


帰宅後、ヨッシーオッカーのブログにあったoverbuiltのアンプを色々探す。

あったよ。

その後、ツタヤでドラムラインを借りる。

俺はやるといったら、やる男ですよ。マーチングしちゃうよ。

ストイックな自己鍛錬と、気楽な音遊びはバランスが大切。


あと今日、ものすごい数の人間を観察をしていて思ったコト。

髪の毛と肌は、綺麗ならば綺麗なほどよい。


くるりの赤い電車のPVはかわいい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, September 24, 2005

in yesterday

テーマ:ブログ

もうこんな時間。

皆さんはすでに24日の朝の住人ですが

僕はまだ23日の夜の住人です。


君の朝へ、僕の夜が混ざる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, September 24, 2005

写真集

テーマ:ブログ

といってもアイドルのグラビアではありません。

写真家の作品集の方です。


僕は絵画よりも、どちらかというと写真の方が好きで

お金に余裕があった数年前に結構な勢いで集めていたモノを

今でも暇なときにパラパラめくっていたりするのです。


特にwolfgang tillmansという人の作品は素敵で

当時、この写真に音をつけるとしたら、などとよくソフトシンセをいじってたりしましたが

ある日、主観を元に写真を見て連想される音というのは

写真の題材に対して、僕が意識下/無意識下において抱いているイメージに似合う音であって

本当の意味で、写真に対しての音(間に個人のフィルターを介さない)というのは

このやり方じゃねえなという結論に至り、ぱったりとやめてしまいました。


バンド音は情熱や思いの丈を込めて、(どういう種類であれ)聴いている人の感情を揺さぶりたい

ヤバイアンサンブルを生み出したい!と思って日々ああでもないこうでもないと奮闘しておりますが

個人的な趣味の領域では話は別です。

おそらく生涯続く、音と人との関係性の模索の場面においては

徹底的に「真空の関係性」を探したいのです。


様々なシーンで、音と絵のコラボレーションは行われていますが

今のところ、本当に両者が不可分な存在である作品には出会ったことがありません。


音と絵の関係性において両者をそれぞれの既存の役割に収めようとしている限り

無理だと思います。

つまり「音と絵」だからといって「聴いたり見たり」する必要はないということです。

空気振動と光。物質と運動は時間の影響下にある。

結局は、いつか書いた人間側のインターフェイスの更新へと話は戻る気がしますが。


その写真にもっともふさわしい音(BGMじゃないよ)ってなんなんでしょうね?

一枚の写真が持つ時間軸ってのを、もっと真剣に考えないとわからないな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, September 23, 2005

星を見る人

テーマ:ブログ

まあ、まずはこのアドレスに飛んでくれ。

http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/magazine/vol09.html

どうよ?すごくない?2,200円であんなに綺麗なプラネタリウムが作れるなんて

学研ナイス!


どこに置こうかな、いっぱい買ってステージ上に置こうかな。迷惑かもね。でも綺麗かもね。

久々にテンションが急上昇しました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, September 22, 2005

雪にミルクをかけて食うがごとく、夜の上から黒い絵の具で塗りつぶす

テーマ:ブログ

久しぶりに丸一日空いたので、嬉し恥ずかし曲作り。

昼の一時から作り始めて、いまようやくAメロが完成。


ヒラウタはギター2本のアルペジオをガイドに、リズム隊が主役。

Aメロは、イメージに近い音が作れた。

が、いつもここから悪い癖で安易な展開やループばっかで曲が死んでいくので

しっかりと構想をねるませう。


片方のギターのリヴァーブのサイズを段々と上げていって

残響音がシンセの上モノに聴こえる様になったら

コーラスを入れてギター2枚、残響音1枚、コーラス二枚で、綺麗なレイヤーを作ろう。


瓦礫のディスコボーイ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。