1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
Tue, May 31, 2005

世界はアナタに興味が無い

テーマ:ブログ

基本的に。


でも僕等バンドマンは偉大なキャプテン久保の名言

ールを持ったら、観客すべてが自分を見ていると思え」を忘れてはイカンのです。

ステージ上に「人畜無害」の存在なんて必要ないのです。

誰もオレのことなんか気にしてないんだろ、ってな奴は少なくともギャラをもらう資格は無い。


距離を置いてみれば、何をそんな些細なことで発狂してるんだコイツは

ってくらい細かいディティールに日々一喜一憂し、常に嘲笑と賞賛を浴びながら

さらなる高みへと凡庸な毎日を繰り返す。半分くらい人間としては壊れてます。


梅雨がきますね。いやだわぁ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Tue, May 31, 2005

体調悪い時の方がクリエイティビティは冴え渡ったりする時もあったり

テーマ:ブログ

こんな時間まで(もうすぐ3時)起きていて、お前体調悪いんじゃないの?と各方面からおこられそうですが

トモヒロフカワも今頃焼きそば食ってる頃だろうからいいじゃないか。


で、数十時間寝た後では、さすが寝れずゴホゴホ言いながら曲を作ってみる。

練習しなきゃならない曲はbpmが非常に早く、弾くと心臓がバクバク言うのでお休み。

実際、体調は悪いんですよ!


体調とリンクしてかbpm108の割と緩めの曲をイメージしてギターを弾き始める。

私が歌モノを作ると「必ず」エロいとか渋いとか言われるので

もう、ほめ言葉と受け取ることにしてエロくて渋くてドリーミィな曲を突き進めることにする。

オレはエロくて渋いんだよぅ!歌声だって細くてエロい声しかでない。雰囲気重視の曲限定。

ショウヘイのように男らしい声は出せないのよ。勇者の声。

サイトにupした昔の曲聴いて「うわ、へったくそだな」と思って

最近の曲聴きなおしたら相当巧くなっているから。アナタの歌は。

地道にトレーニング積んでけば、なるようになる。

スーペルな録音は任せたまえ。全部ヴォコーダーかけるよ。



さておき、(これは作るたび思うんだが)過去最高のエロさの曲が出来た。

おそらく、というか絶対にウチのバンドの曲にはならないであろう質感なので

7.sevenperiod on web内のコンテンツに遊びで並べるか、別名義で出すとしよう。

いやー、ジャズギターを親指の腹でなでて弾く(すでに軽くエロい)甘いコード音と

爪ではじいて弾いた音にレトロなリヴァーブをかけたリフの絡みは素敵だ。エロい。

歌は声を出せない状況なので、未完。サビだけ倍速の歌とコーラスをのせようかと思う。

ミラーボールがきっと似合うよ。スローディスコフォーク。

たまにはこういう自我丸出しの作業もいいですな。


そして、かかしという曲のサビがパワーアップしたそうで

これは仮撮りを聴かせてもったときにA→Bと完璧な流れで進んできて

あとはサビで爆発するだけなのにサビがイマイチ弱いということで、どうだろうとのことだったが

リメイク後はグッド過ぎるそうなので早く聴きたいものである。

あの曲はライブでやりたいな。歌詞も泣けるし。

AがキャッチーでBで引いてサビで爆発というのは、一つの王道パターンですね。

演奏人としてはその波を見極めてイメージを共有して弾かなくちゃならない。はやくやりたい。

寝なきゃ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, May 30, 2005

テオドールとメプチン

テーマ:ブログ

この名前にピンときたアナタならよくわかると思うが

とにもかくにも副作用が強い。

動悸と手足の震えが半端ない。

明日はスタジオなのだが、それまでに治るといいなぁ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Mon, May 30, 2005

shame yourself

テーマ:ブログ

地域を象徴するような音というものがある。

聴いた瞬間に、ああ南米っぽいとか中東っぽいとか日本っぽいとか。

そして、その手の音は往々にして「記号」として極めて安易な利用のされ方をする。

タブラとシタール入れときゃいいっしょとか、サンバっぽい太鼓入れときゃいいっしょとか

琴とか尺八入れときゃいいっしょみたいなね。思考停止の極み。


確かにポップスにおいて分かりやすさとはとても重要だ。

が、記号の組み合わせゲームなんてものはすぐに底が尽きる。

理由は簡単、ヴァリエーションが生み出せないから。

ただ、勉強してヴァリエーションが生み出せたところで

中心となる思想がなければ、だからなんだよって話だけれども。


文化ってのは消耗品ではない。

ある種の音が、今ある姿に辿り着くまでには様々な歴史があり理由ある。

その歴史や理由を無視して音の上っ面だけを拝借しようなんて考えは

漢字の意味もわからず腕に「麺」ってタトゥーいれて悦に入ってる輩とおんなじだ。


ジャンルをやる、ということはとてつもなく難しいということを認識するべきだと思う。

ジャンルが形成されているということは、すでに雛形となるスタンダードがしっかりと存在するわけで

つまりはその王道を「更新」していかなくてはならないのだ。

もちろん更新せずに、その枠内をなぞっていても何の問題もない。ただのBGMにも需要はあろうて。


逆に極北へ向うことは、実はそれほど難しくはない(それが真に革新的かどうかは別の話になるが)

ちなみに細分化の果てのマーケティングに引っかかって流通を果たす程度では極北ではないよ。

さらにいうなれば極北を自称する人間でメジャーに対して

嫉妬丸出しのアンチテーゼを唱える奴もNG。なんのための音楽なのかもはや見失っている。


エキサイティングな音楽が誕生する際、

必ず「ポップミュージックの更新」という言葉が様々なメディアで謳われるが

ここ10年で日本のポップミュージックの更新を達成したのはドラゴンアッシュくらいだと思う。

実際、let yourself goからviva la revolutionまでの流れ凄かったじゃん。

しかもHIPHOP畑の人間がよく使いたがる

アンチメジャー=本格派、なカウンターカルチャー(そんなものはないのだけれど)じゃなくて

日本人好みするメロディラインをしっかり汲み取った見事なまでの王道だったわけで。


話変わって、

ハイアートとムラカミ(オタク)が同列に論ぜられるアート界隈や

本格、新本格、ラノベ、もはやその境界が消失しているJ文学など

メジャーに対するサブカルチャーというものが機能不全に陥って以来、

音楽シーンは下手な鉄砲数撃ちゃ当たる的作戦で次から次へ

日替わりヒーローを生み出していったわけだが

(これはある意味では健全だとも思う。若手のチャンスが増えるし、実力ある奴はしっかり生き残っているし)

ここで、冒頭の「記号」的な音使いの話に戻る。

楽して音楽的なカラーを作りたければ「記号」はものすごく手っ取り早いのである。

つまりマーケットがどういったキャラクタを次に探しているのかさえ見極めることが出来れば

そして、完膚なきまでにアーティストエゴを封じ込めることが出来れば

アナタにも勝算はあるのです。

あいにく、自分はそこまで自我を殺すことが出来ない(青いね)ので

自分が心底いいと思ったハタケヤマの曲を演奏しているわけですが。

それとは全く関係がないところで実験的に、

なんのメッセージも込めずに「いかにも売れそう」なベタなトラック制作の研究を企画中。

それに何の意味があるかはわからんが。

現代日本人の好きなものごちゃ混ぜって、ちょっと見てみたいじゃないですか。


日本のマーケットの階層って、超大雑把に分類するに


↑定番

 メジャー

 サブメジャー

 インディーズ

↓マイナー


くらいまでが、一般の流通で手に入る限界だと思うのだけれども

アニメは一体どこに入れたらいいのかに悩む。

もう一番上にいれちゃおうか?


熱が下がりません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, May 29, 2005

熱を出した時に決まってみる悪夢

テーマ:ブログ

ってアナタにもありませんか?

アレは一体なんなのかね。

目を覚まして冷静に振り返ってみると全く怖くないのだけれど。


恒例の39度オーヴァーが続くので、バイト全部休んで家で療養。

タイガー&ドラゴン「茶の湯」の回の小虎の「必死なんだよ」の台詞の部分に泣く。


その後、チャンピオンズリーグの決勝戦を見る。

リーガ好きな私としてはベニテスリバポーを当然応援。

いやー凄かったね。

試合終了後のマルディーニやスタムの表情が忘れられない。


その後ひたすら眠り、今起きてK-1みながらディナー。

K-1ホントにつまんなくなったな。


火曜日のスタジオまでになんとか体調を回復させなくては。

稗と粟という穀物バンドを組んだ夢を見た。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, May 28, 2005

喘息がひどい状態でレーザーラモンを見ると

テーマ:ブログ

普通に呼吸困難になるよ、笑い死ぬ。

死因がハードゲイってのもいいかもね。

あわせて友達に借りた「ハードゲイラーメン」のVTRもみる。

今年一番笑った。そして今息が苦しくて限界なので寝ます。

体が疲労するとすぐに喘息と熱を併発するこの体、真剣にきたえよう。HGのように。

いや、でも去年腰やっちゃってるんだよなぁ。


というわけで、眠る。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, May 28, 2005

疲労困憊になると逆に軽い興奮状態になって、でもそれは命が燃え尽きる前の最後の輝きみたいなノリで

テーマ:ブログ

このブログを書いているよ。


いかん。わが人生最強の敵の気管支炎が出そうな気配。

梅雨前とか結構やばいんよ。

どんだけ、めんどくさいかというとですね

まず、限界まで息を吸い込んでください。

で、その吸い込んだ空気量の1/4だけ吐き出してください。

で、またフルパワーで吸い込んでください。

で、また1/4だけ…といった具合に、肺の上の方だけで呼吸をしているみたいな

まあ生きた心地がしない24時間が続くわけです。僕はまだ軽い症状ですけれど。


さておき、今日は労働会館にて8時間練習。

4時間を新曲の練習に当てて、このバンドの鬼門のBPM150オーヴァの曲の攻略にとりかかる。

これがまたリズム隊二人がドタバタしてしまいザ・アマチュア演奏になる。

後半、何回かグルーヴの欠片らしきものが見え隠れ。いいぞ。

メンバーそれぞれが、アマチュアの演奏を超えていくためのデカイ壁にぶち当たっている。

けれど、これを乗り越えられないようなら所詮その程度。さっさと職を探しに行ったほうがいい。

が、うちの連中なら多分大丈夫。今この瞬間に全てをかけよう。


で、練習後精神的なアイシングも兼ねて、ウロウロとPVのネタ撮影。

回転寿司屋に行き、かなり面白い絵を取る。

から揚げとかフライドポテトとか、寿司屋関係ないネタばっかり。食べる。まずい。

吉岡君がなんとおごってくれたので、好感度が12P上がった。あと36Pで恋が芽生えます。


ジプタのヒロユキ君が司馬遼太郎にはまっているみたいだけれど

今度、小さなトリビアを聞かせてあげよう。まあ大したネタじゃないけどね。


また車が汚れてきた!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, May 27, 2005

タモリ(敬称略)

テーマ:ブログ

遅い起床。

いいともを見ながら、ふと思う。


もしタモさんが亡くなってしまったら、僕等はお昼に何をすればいのだろうか。

この、どうでもいいことを真剣に語るオールバックのサングラスの男は

確実に現代日本人の生活の中に「いることが当たり前」というレベルで組み込まれている。


サザエさんとかちびまるこちゃんとかクレヨンしんちゃんとかドラえもんとかと同じ

もはや、細かいディティールなどはどうでもよく、0か1か、存在することに意味がある記号的な存在だ。

神様みたいなもんだ。つーかフィクション。タモリとは物語だ。


ドラえもんは、声変わりすることで延命に成功した。

タモリは一体どこへゆくのだろうか。


タモリがいなくなっても、いいともには続けてもらいたい。

オープニングにタモリが出てこなくても、テレフォンショッキングにタモリがいなくても

各コーナーにタモリがいなくても、たぶん僕等の目にはタモリの姿は映っていると思う。

森田一義アワーとはこういうことだったのかと、本人が肉体を失った後にみんなが気づく。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, May 27, 2005

三度の飯よりミックスが好き

テーマ:ブログ

本日は家でひたすらに、睡眠のシーケンス製作ととベース録音。


PCで組んだ方が、MPCより細かいニュアンスがでるよ、と言ってしまった手前

なかなかにてこずる。正直、そんなに目覚しい発展はなかったが

より生音のグルーヴに近づいたであろうとは思う。

その後ベースをラインで録音。これがまた悪戦苦闘。

BPM115でひたすらクリック練習してきので、少し遅くしたBPM113に全然対応できない。

一時間近く、何度も取り直したりして、ようやく録音終了。


ここからが、至福のひととき。

イコライジングやパン振り、コンプやリヴァーブにて音に化粧を施す。

ライブでは生音直でやるのが好きだけれど、音源はひたすらにこるのが好き。

いい音で聴いて貰いたいモンね。コンプ嫌いな人ごめんね。

で、3時間ぐらいいじって納得のいく、ドラム&ベースのオケ完成。


次は待望のギター録音。マイク職人の腕がなるぜ。

アンビエンスマイクの使い方で音像にうまく立体感を出せたらいい。


その作業の合間に、かなり久方ぶりにエレクトロニカっぽいトラックを作る。

うん、やはり制約のない製作ってのはいいね。純粋に快楽原則のみを選べる幸せ。


とかなんとか熱中していたら、ケータイの電源が切れていたことに今気づき

まあ普段メールこない(友達ってなんだ!?)からいいやとおもっていたら

かなり重要な人物からかなり重要な連絡があり。しまった!と7回言った。


おめでとう。後は文章じゃなくて直接話して伝えよう。


そして、明日は八時間練習の日です。

貧血で倒れたトモは大丈夫なのであろうか?

僕は咳が止まりません。咳をしても一人。山頭火はいいよね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, May 26, 2005

渋谷を歩いているだけで体調が悪くなるくらい

テーマ:ブログ

田舎者ですから!!


今日は、渋谷屋根裏にyueyというバンドを見に行った。

前回の屋根裏のライブ後にスタッフのクドカン似の方に「かっこいいから見たほうがいいよ」といわれ

じゃあ、見ようよとなったのです。ウチは足が基本。勉強しまっせー。


現地集合でいいっしょ、とのことでメンバーはバラバラに渋谷に赴いたのだが

そこはザ方向音痴っつーかもはや深刻な欠陥となっている私、

ふっつーに、何の疑いもなく渋谷lamamaに到着。

lamamaの看板を見て「あれ?」道玄坂を急いで下り、センター街へセンターガイにわき目もふらず

スペイン坂をスペイン人より速く駆け抜け無事到着。


今日見たバンドで印象に残ったバンドは2バンド。

yueyとトベセマルというバンド。

お目当てだったyueyには事前に遊びに行きますということを伝えてあったので

向こうもウェルカムで接してくれた。

歌声、ギター、リズム隊。どれも収まるべき場所に収まっていてかつ、エモーショナルだったりと

とてもしっかりした演奏で、バンドの描く世界にはまるのに時間はそうかからなかった。

アレだけいいバンドなのにお客さんが少ないとは本当に素敵な国だと思う。


トベセマルはとにかくフロントのキャラがすげーぐっと来た。

なんかもう音楽以外ないんだろうなってのが伝わってきた。つーか楽器がうめえ。

あんな風に力強く弾けるようになりたい。それは私のスタイルではないけれども。


ライブ後、楽屋を訪ね39度の高熱にもかかわらず話をさせてもらう。

何故だか突如現れたレーザーラモンの話題になったと途端、みんなの心のドアが開いたのが見えた。

やっぱバンドマンはレーザーラモンだよね。フォー!

ドラムの宮里君はパッと見、すごくクールなのに一番腰を振っていた。女子だったら惚れたね。

ベースの小笠原君は穏やかな人柄と柔らかい表情と音作りへの意思があった。女子だったら惚れたね。

そしてむっつりらしい比嘉君はやはりむっつりだった。女子だったら惚れたね。


この人達が、あのサウンドを鳴らしているのが嬉しかった。

音は人だ。


こうやって、たくさんの音と人と出会えて行けることが最高に楽しい。

楽しいだけじゃ当然ダメだ。けれどこういう繋がりは大切にしていきたい。

ジプタ、いろは、yuey、この3バンドは心に強く、音と人が残っているよ。

俺らも、記憶に存在を焼き付けられる魅力的なバンドになろう。かっこいい男になろう。

まずは、渋谷を歩いてもイライラしないシティボーイになりたいなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。