トートタロットの正位置・逆位置

テーマ:

タイトルで「?」と感じた方は今日のブログは読み飛ばしても大丈夫です(´∀`)

 

昨日は「トートタロット基礎講座(平日コース)」1回目の授業でした。

初回なので話す事が多くて受講生の方は大変だったと…(9日の日曜コースの方、覚悟してください(´∀`*)ウフフ)

終わった後、水曜夜担当の桜田ケイ先生と近所のアーサさんに寄ってきました。タロット談義、楽しかった。

 

トートタロットはとっつきにくい、ちょっと怖い感じ、が結構あるので、体験会など開催するんですが、その時にかなりの確率で

トートタロットを正位置・逆位置で読む方がいらっしゃいます。

わかるんです。

タロットのスタンダード、一番メジャーなタロットカードであるライダー版は正位置・逆位置で読みますし、他のカードの占いでも採用されていると聞きます。

同じタロットカードなら、普通にやりますよそれは…。

 

実はライダータロットだけが正位置・逆位置をとるんです。

え?「私が持ってるタロットはあの黄色い箱(AGMから出てるのは白と青の箱ですね)のとは違う絵柄なんですけど!」

…はい、そうです。

今、世の中の流通しているタロットの多くはライダー版をベースにしたバリエーションのタロットなので、正位置・逆位置の読み方をそのまま引き継いでます。

 

ライダータロット由来のタロットがたくさん流通していて、占い師さんが採用しているので、タロット=正位置・逆位置と思われていますが、トートに限らず、ライダー版ではないタロット

(マルセイユ版、エッティラ版など)では正位置・逆位置はありません。

 

じゃあ、トートタロットの逆位置はないんですか??

…逆位置はないけど、ネガティブな解釈はあります。

 

どうやって判断するかというと「隣り合ったタロットカード同士の相性

タロットというと、4元素(エレメント)ですが、そのエレメント同士には相性があって、

良い方を品位が良い、悪い方を品位が悪い、として扱うのです。

さらに同じエレメントのカード同士が隣り合っている時も意識して読む必要があって、

むしろ正位置・逆位置よりも複雑です。

だからこそのトートのリアルな的中率だと思ってます。

 

そんな、トートタロットの占いを体験してみたい方、

今日(4月6日)は12時~20時まで麻布十番「燦伍」にいます。

10分1500円(飲食代別)から。

明日(4月7日)は11時~16時30分で南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイにいます。

10分1000円から。

4月30日はウラナイトナカイでタロット占いオンリーのイベントにも出演します。

トートタロット、ヘルメティックタロット、ニューパラディーニの3種類持っていきます。

AD