• 28 Apr
    • 宮のおみやげ

      「宮」とは、地元栃木では県都宇都宮を親しみを込めて、そう呼びます。昨日、所用があり宇都宮に出掛けたので、お土産を買ってきました。「宮乃餅」宇都宮のお菓子と言えば、「宮乃餅」と言うほど有名らしく、今はどうか分かりませんが、路線バスの車体に広告がついていました。食べるのは初めて。優しい味わいの求肥餅です。4切れずつ個包装されているのが定番商品らしいですが、今回は、まとめて袋に入ったものを購入しました。「チャット」ミルク味の白あんが入った、洋風まんじゅう。ジャンルとしては、「乳菓」と呼ぶようで、各地にこれに類するお菓子があると思います。中でもこの「チャット」はミルクの味が濃く、皮がしっとりとしていて好みです。以前は銀紙に包まれていましたが、今はひとつずつ、密封された包装です。時代の流れを感じます。しかし、外箱は昭和の雰囲気のままです。

      NEW!

      9
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 晩春の菫たち

      ツボスミレ(4.23)小さめの菫の花。これは芝生の隅で見つけましたが、林の縁などでもよく見かけます。アオイスミレ(4.23)タチツボスミレに混じって咲いていましたが、花の色が濃かったので目につきました。花期の早い、3月の菫だと思っていましたが···。自宅の庭の菫(4.23)園芸店で買った鉢植えからのこぼれ種で育ったもののようです。スミレ(4.27)スミレという名の菫。市街地のコンクリートの割れ目で、力強く咲いていました。

      10
      テーマ:
  • 26 Apr
  • 25 Apr
    • 新緑の季節に

      季節は早いもので、新緑の候に向かっています。カツラの若葉。カツラの葉はハート型ですが、最初は細長い形のようです。アジサイの葉はつややか。ヤツデはつやつやして、作り物のよう。芽生えたばかりのカエデ。花も同時です。こちらはもうすっかり、葉を広げています。赤いカエデも。こちらは中間色。新緑の季節に、葉を落とす木も。クスノキ。常緑樹のため冬も緑の葉ですが、春に古い葉が落ちて、新しい葉が出ます。

      11
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 菜の花とツマキチョウ

      視線の先を白い蝶が飛んでいました。モンシロチョウのふわふわした飛び方とは少し違うようです。菜の花に止まったところを撮影。かなり近づいても、逃げませんでした。これは、ツマキチョウ。羽根の裏の網目模様が不思議です。年1回、春先だけに姿を見せる蝶。山や川沿いの自然豊かな所に多く住んでいるようですが、ここは市街地の公園です。このような、菜の花の花壇にいました。街の中とは言え、池あり、草木ありの恵まれた環境なのでしょう。雄は羽根の角が黄色いことから、ツマキチョウの名の由来のようです。〈「学研の図鑑 昆虫」より〉そういえば、ちょうど2年前に、自宅の花壇にペアで訪れていたこともありました。→こちら

      11
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 山に咲く花

      八重桜でいっぱいの公園。山には新緑が輝いています。関東平野の最北西で生まれ育った私は、幼い頃は山を意識して生活することはありませんでした。ただ、隣町の母の実家に行くと、山が近くに見えることに驚きました。ここもそんな山のひとつ。山の裾野を利用して、この公園が造られたのは、「ふるさと創生」の頃だったと思います。山といってもごく低山ですが、自然のままの植物が残されています。フデリンドウ。ごく小さい花です。葉が見えないのは、花の後に出るのでしょう。チゴユリ。林道脇の、少し湿ったところに生えています。まさに今が開花期。これは、イチリンソウのようです。和製アネモネといった趣。

      12
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 蔵の街·商家2017.4.22

      200年以上前に、質店を営んでいた家だそう。蔵と店舗兼住居が、つながっている造り。廊下の奥が、土蔵です。座敷から中庭の眺めは素敵です。いわゆる「ガッチャンポンプ」。〈栃木市郷土参考館〉近くの巴波(うずま)川での風景。風になびく鯉のぼりとミセバヤの花。ミセバヤは秋に咲く花と思っていたのですが···。コンクリートの橋脚に、みごとに群生していました。今日は、神明宮を起点に歩きました。山車会館の横を通り、巴波川に向かいました。ミセバヤが咲いていたのは、横山郷土館近くの橋。巴波川はこの時期、川面にたくさんの鯉のぼりが泳いでいます。路地を入ったところで、郷土参考館を偶然に見つけました。

      12
      テーマ:
  • 21 Apr
    • 陽春の菜の花

      菜園で今、満開の菜の花。 花弁も全体の姿も、ほっそりした姿。 「壬生菜」の菜の花だそうです。 3月に咲いていたこちらの菜の花とは 趣が違います。

      11
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 庭の水仙②

      原種水仙、バルボコディウム。大輪の水仙。八重の水仙。普通の黄水仙の変種と聞いたことがあります。これは、スノーフレークですが、和名はスズランスイセン。そう言えば、以前は毎春咲いていた鈴蘭の姿が今年は見られず寂しいです···。

      10
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 桂川

      桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)。 別名、「帯屋」とも、 「桂川」とも、「お半長右衛門」とも。   今月、歌舞伎座で上演されています。   〈あらすじ〉  京の呉服店帯屋の主人長右衛門は、養子ながら、 仲の良い妻お絹と店を切り盛りし、店は大繁盛。 面白くない義母のおとせは長右衛門を追い出し、 店を手に入れようと画策しています。 ある日、伊勢詣りに出かけた長右衛門は、 ひょんなことから隣家の信濃屋の娘お半と 関係をもってしまい、 お半は長右衛門の子供を身ごもってしまいます。 おとせは連れ子の儀兵衛と共に 長右衛門の弱みにつけ込もうとしますが、 長右衛門はお絹の機転で難を逃れます。 しかし、お半が残した書置きを読んだ長右衛門は、 お半が死を覚悟していることを知り⋅⋅⋅。  (「歌舞伎美人」より)     お半は14歳、長右衛門は38歳だそう。 実際にあった事件をもとに作られた物語。   歌舞伎では、 以前はそれほど多く上演される演目では なかったように思いますが、 このところ中村壱太郎のお半で、 再々演されています。 上方のものを伝えていこうという、 壱太郎さんの心意気を感じます。   壱太郎さんのお半、 可愛らしい写真がありました。 こちら→     可愛いお半と丁稚の長吉は、 一人の役者が替わるのが、上方の演出だそう。   この写真は、1976年上演のもののようです。 お半 中村扇雀(現、坂田藤十郎) 長右衛門 十三代目片岡仁左衛門   お絹 三代目中村鴈治郎 長右衛門 十三代目片岡仁左衛門 長吉 中村扇雀(現、坂田藤十郎)   このときのお半·長吉は壱太郎の祖父であり、 今回は長右衛門を演じている坂田藤十郎丈。  

      8
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 木陰のタチツボスミレ

      神社の杉木立の下に咲く、 タチツボスミレ。 もっともよく見るすみれですが、 整った美しさと可愛らしさがあります。

      7
      テーマ:
  • 17 Apr
    • 芝生のアリアケスミレ

      白いすみれの花。アリアケスミレ。公園の芝生の中に、大きな群落を見つけました。このような株が、あたり一面に。このアリアケスミレは、芝生の中に咲いていることが多いようです。逆に私は、芝生以外の場所では見たことがないくらい。芝生の環境が生育に適しているのでしょう。また、もしかしたら、種が芝生と共に運ばれているのかもしれません。同じく、芝生の中でよく見るすみれ。コスミレ。

      8
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 木陰の水仙

      たくさんの水仙の花が、出迎えるように咲いていました。さっきの花と、色違いのようです。八重の品種。これはカップ部の色が繊細。今年は水仙の花期も少し遅め。特にこの公園の木陰の花は、まさに満開でした。

      6
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 山桜

      今年は春先の寒さや雨の影響で、良いのか悪いのか、桜の季節が長かったようです。良かったのは、桜を長く楽しめること。悪かったのは、週末に雨の日が多かったこと。ソメイヨシノにはまだ、花が残っているようです。今日出掛けた公園では、山桜系の桜が満開を迎えていました。八重桜。すっきりとした一重咲き。木によって、花びらの色や質感がわずかに違って見えます。午前中は風が強く、午後から にわか雨が降りました。この桜を見に行った夕方には雨も止み、暖かく穏やかな空でした。

      11
      テーマ:
  • 14 Apr
  • 13 Apr
    • 庭の水仙

      庭の水仙は、花盛り。 これは、小さな花が房状に咲く品種。 芳香も強いように感じます。 これは、昔からよく見る品種。 花びらとカップの色が違いますが、 全体が濃い黄色の品種もよく見かけます。 これは、レモンイエローがさわやかな感じ。 カップ部分が大きく、コージャスな花。

      10
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 桜の蕾は…

      先日、雨の上がった夕方の桜。 今日あたりは、満開になったでしょうか。 白いコブシの花はもう終わり。 これから葉を広げて、 木陰を作ってくれるでしょう。

      9
      テーマ:
  • 11 Apr
    • ワイヤープランツ

      ワイヤープランツ。 細い針金のようなつるを伸ばし、 つややかな葉をつけます。 身近に緑を感じたくて、 小さめのプランターに植えてみました。

      8
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 春の日の夕映え

      帰り道、夕日が空を染め始めました。 すっかり太陽が隠れましたが、 名残の夕映え。 東の空に目を向けると、 月が昇っていました。 「菜の花や 月は東に 日は西に」 …どなたの句だったでしょう。 北から南に放射状の雲。 この雲を、「アブラハムの樹」とも呼ぶそう。 実際は平行に並んだ筋状の雲が、 遠近効果により、放射状に見えています。 …この雲が見えると、天気は下り坂。 明日は雨の予報が出ています。

      8
      テーマ:
  • 09 Apr
    • 桜並木

      夕方、ようやく雲が晴れました。並木の桜は今が満開。今だけの特別な風景。小鳥のさえずりが聞こえます。散ってしまった花びらもありますが、明日からの入学シーズンをまだまだ彩ってくれそうです。

      11
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。