太陽熱を冷房に利用する「ソーラー吸収冷温水機」の開発について
~太陽熱を有効活用した業務用の空調システム~

東京ガス株式会社
大阪ガス株式会社
東邦ガス株式会社
平成22年6月22日

 

 東京ガス株式会社(社長:岡本 毅)、大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)、東邦ガス株式会社(社長:佐伯 卓)の都市ガス三社(以下「ガス三社」)は、太陽で暖められた熱を利用して冷房を行う業務用の空調機「ソーラー吸収冷温水機」(以下「本製品」)を開発しました。本製品は、川重冷熱工業株式会社(社長:大黒 一豊、以下「川重」)、三洋電機株式会社(社長:佐野 精一郎、以下「三洋」)、日立アプライアンス株式会社(社長:石津 尚澄、以下「日立」)のそれぞれのメーカーとガス三社との共同開発品です。

 本製品は、太陽熱利用のために専用設計された空調機です。太陽熱を優先的に利用し、雨天の日など天気により熱が不足する時も、ガスで効率良くバックアップすることにより、快適性・利便性を維持しつつ、環境性を追求しました。太陽熱を集める集熱器(以下「集熱器」)と本製品を組み合わせた業務用空調システム(以下、「ソーラークーリングシステム」)は、延床面積4,000m2(3~4階建て)のビルの場合で、太陽熱を組み込まない従来のガス空調システムと比べ、冷暖房に使われる年間の一次エネルギー消費量が約24%、CO2排出量が約21%(約34トン)低減※1します。

 本年6月から、メーカー三社が本製品の製造※2および販売を行ってまいります。あわせてガス三社は、事務所ビル、学校、病院、工場などのお客さまに本製品を活用したソーラークーリングシステムの普及を目指してまいります。

オフィシャルサイト

設備手帳管理人のブログ

AD