新日本石油(株)は、経産省が推進する「次世代エネルギーパーク」に認定された岐阜県の次世代エネルギーインフラ整備構想の一拠点である郡上市の民間商業施設「クックラひるがの」に「環境対応マルチエネルギーシステム」を設置した。
 
設置されたのは、太陽光発電(出力3.2kW)、燃料電池(出力0.75kW)、ガスコージェネレーション(出力4.5kW)、および 蓄電池(蓄電容量14kWh) で、消費電力量に応じて各機器の発電や充放電をコントロールする高効率なシステムになっており、同社が開発した「創エネモニターシステム」によって、電力や給湯の使用状況が店内のモニター画面に表示される「エネルギーの見える化」が導入されている。
 
岐阜県と同社は、今後1年間の実証試験を行い、エネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)削減効果を検証し、環境性、経済性、快適性の観点から最適なエネルギーシステムの構築することで、低炭素社会の実現に役立てていく。オフィシャルサイト

設備手帳管理人のブログ

AD