エコ建築が“進化”し、LED照明や太陽光発電システム、自然換気といった環境技術を導入するだけの時代は終わった。環境技術を組み合わせながら、利用者の視点から従来の平面や断面を見直すことで、建物全体で二酸化炭素(CO2)の削減を図る――。2010年に完成した最新の建物、最近、明らかになった超高層建築の案はいずれも、エコの発想からこれまでの常識を覆すプランで建築を変えている。こうした建築を4回にわたり紹介していく。オフィシャルサイト

設備手帳管理人のブログ

AD