大和ハウス工業、太陽電池とLiイオン2次電池、LED照明を組み合わせたコンビニを施工


大和ハウス工業は、国土交通省の次世代型省CO2モデル事業に対応したLiイオン2次電池システム付きの店舗を施工したと2010年6月9日に発表した。ローソンが愛媛県松山市にリニューアルオープンさせた「松山東石井六丁目店」に採用した。

 太陽電池とLiイオン2次電池、LED照明、エネルギー・マネジメント・システムを導入し、太陽電池からの電力を店舗内のLED照明や冷蔵庫などに使用すると同時に、余剰電力をLiイオン2次電池に蓄電し、電力負荷の平準化を図る。さらに、地震などの緊急災害時には「災害対応店舗」として機能する。Li イオン2次電池の電力を非常用電源として1日分利用することが可能である。

 太陽電池の出力は10.08kW。シャープ製のモジュールを56枚設置した。Liイオン2次電池は、大和ハウス工業が出資するエリーパワーから供給を受けた。容量は10kWhで、出力は6kW。4セルを1モジュールとしたものを20モジュール(80セル)使用する。エネルギー・マネジメント・システムは、日本テクノ製を用いた。

 今回、施工した店舗は、国土交通省の「平成21年度(第1回)住宅・建築物省CO2推進モデル事業」マネジメント部門で採択された「コンビニエンスストア向け次世代型省CO2モデル事業」のLiイオン2次電池システム付きの第1号店舗になるという。

 大和ハウス工業では現在、Liイオン2次電池の有無で2タイプの次世代型省CO2モデル店舗を提案しているという。同社は、2011年2月までに新築・既築を含め、次世代型省CO2モデル店舗を50カ所で施工することを目指している。さらに、出資しているエリーパワー製のLiイオン2次電池システムを大和ハウス工業およびグループ会社でリース販売する予定である。

設備手帳管理人のブログ

AD