今回の建設IT注目情報 ~アメリカ建築家協会「AIA Convention 2010」~

 6月10日から12日まで、米国・マイアミで開催された「AIA Convention 2010」(主催:アメリカ建築家協会)では、展示会も併催されました。

 有力企業のブースに混じって、ユニークな製品を展示しているベンチャー企業もたくさんありました。その一部をお伝えしましょう。

まずはゼブラ・イメージング社(ZEBRA IMAGING)のブースです。何やら、街並みや建物が立体的に見えるテーブルのようなものがありました。見た目は結構な厚さがあるようだったのですが、ブースの担当者がおもむろに持ち上げてみると、

ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
ペラペラのシート
 
だったのです。

 同社ではBIMソフトで作成したモデルデータから、ホログラムシートを作るサービスを行っています。ちなみにお値段は1枚3000ドル(約30万円)とのこと。担当者は「模型を作るより、ずっと安いですよ」と説明していました。“勝負プレゼン”のときに使うと良さそうですね。

 次に発見したのは、タッチパネル式のテーブル型モニターです。水槽を上からのぞいたようなもので、“水中”には魚が泳いでいました。モニターの表面を指でつつくと、さざ波が発生して臨場感満点。どんな用途に使うのかは聞き忘れてしまいました。

 3次元CADやBIMソフトで作成した構造物や地形のモデルデータから、立体模型を作る3Dプリンターにもニューフェースが登場していました。2ボット社(2BOT Corporation)の「2Bot ModelMaker」というものです。ウレタン状の材料をモデルデータに従って切削するもので、お値段は1万2000ドル(約120万円)とのこと。建設分野向けに開発した製品だそうです。
 最後にご紹介するのは、ワールド・ビズ社(WORLDVIZ)の建設業界向けバーチャルリアリティー(VR)システムです。頭にヘッドマウント・ディスプレーを装着し、BIMソフトなどで作った建物モデルの内部を見ると、自分がまるで建物の中に入ったかのように見えます。

 私もブースのスタッフに頼んで体験させてもらいました。頭の向きを変えたり、歩いたりすると、それに応じて周りの景色も変わりますので、臨場感満点。そこで、私はある実験を試みたのです。

イエイリはここに注目した! ~VRでソファーの下をのぞいてみた~

 周りの景色は実物大で見えます。首を上下左右に振ったり、動き回ったりして動作を確認した私は、
 
ソファーの下をのぞく
 
という、恥ずかしい行為に及んだのでした。

すると、モニターの景色は、床すれすれの視点からソファーを見たようになり、視界も傾いたものになりました。本当に別世界に飛び込んだようでした。ブースの担当者からは「こんなことをしたヤツは初めてだ」と言われてしまいました。

 残念ながら、ソファーのモデルは床までぴったりくっ付いた構造になっており、裏側をのぞくことはできませんでした。

 このシステムは、6月23日から25日まで東京ビッグサイトで開催される「第18回 3D&バーチャルリアリティ展」でも、兼松エアロスペースのブースで展示されるそうです。体験してみたい方はどうぞ!

オフィシャルサイト

設備手帳管理人のブログ

AD