プロ野球観戦、応援、サイン収集、それぞれが好き

ブログの説明:タイトルの通りです。


テーマ:

今回紹介するのは…





福田聡志 投手






この福田が入団した時は、東北福祉大の大先輩、佐々木主浩と同じ22番であった。


しかし、期待通りの活躍とは言えず、やがて背番号22は剥奪。中継ぎの顔となった越智大祐の番号となる。


福田の背番号は59。背番号が大きくなるということは、もう期待してませんよ、と宣告されたようなものではないか。


過去に、ジャイアンツ球場で橋本清に貰った時のこと。橋本は背番号30の自分のカードに30番を書かなかった。 ?と思っていたら、ジャンパーの袖に92とある。知らないうちに、背番号が変わっていたのであった。


このことは、橋本本人もすぐに知らされなかったと、何かの記事で読んだ。翌年には、橋本が、「今年はやるから、背番号を少しでも軽くしてほしいと直訴した」という記事も読んだ。


橋本は結局92のままで巨人からダイエーへ移籍。新天地で活躍したという話は聞かなかった。


橋本だけでなく、上宮高の先輩・元木大介が入団時につけていた37を貰った山田真介も、37剥奪後はカードに背番号を書かなかった。


入団時の19を剥奪された故・水沢薫、その19を貰ったものののちに剥奪された吉田修司、西本の26を貰ってその後剥奪された松谷竜二郎、山倉の15を貰ってその後剥奪された小原沢重頼など、番号が大きくなってからの成績が、期待の番号の頃の成績を上回ってはいないはず。(吉田は巨人から移籍後花開いたが)


やはり、背番号へのこだわりとモチベーションは大きいのだ。背番号が重くなった選手が発奮して大活躍したり、再度期待の若い番号へ昇格したという例は聞いたことがなかった。


しかし、22→59の福田聡志は例外だった。59の2012年に8勝。背番号は29へ。


しかし次の年は不調。TTMにも書いたが、不調だったのは29になったからでは?と思ってしまった。


剥奪後の活躍。個人的には、59のままでいってほしかったなあと思うのだ。









(敬称略)














PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

○希望


NPB


土井淳   NEW

川藤幸三 NEW

池田親興 NEW

仲田幸司 NEW


城之内邦雄

加藤初
島田誠

立浪和義

若菜嘉晴


柴田保光

小早川毅彦

種田仁

中山義朗


加藤秀司

佐々岡真司

柏原純一

広瀬淑功

毒島章一



海外・

バッキー

クライド・ライト

ジョン・シピン

ダン・グラッデン

ヘンリー・コトー


ほか返信歴のあるMLB・NBP OBと現役



現在、上記以外は求めていませんのでご了承ください。




お願い


ご提供頂く情報は、返信のあった確実なもの、またその他の理由から確実なものである証明として、返信時の封筒の消印の画像の交換、情報源の提示等をお願いすることにしています。こちらも証明する形で提供します。


また、以下の質問・希望にはお答えいたしません


・ ●●は■■で合ってますか?


・ ●●は▲▲区のやつですか?


・(TTMサイン紹介ブログに関して)どこに送りましたか? いつ頃返信ありましたか?


・何も確かめていない過去の名鑑の情報のみの提示との交換


・友達が返信あったと聞きました、という情報


・いきなり情報を送りつけて「教えたのだから交換して」という行為



その他 当方がルール外と判断した行為



コメント、メッセージは、上記をすべてご理解のうえお願いいたします。




○提供可能


工藤公康(五反田 以降)
重松省三

金山勝己 NEW
安藤順三 NEW

山下大輔
荒木大輔

栗山英樹

関根潤三(長原 以降)

町田行彦

堀内恒夫

柴田勲

淡河弘

吉田孝司

萩原康弘

末次利光

徳武定祐

江藤省三

高橋一三

高木豊

庄司智久

杉浦亨

高橋善正

長池徳士

土屋弘光

上田利治

山倉和博

関本四十四

新浦寿夫

古屋英夫

伊東昭光

古田敦也

松岡弘

岡田彰布

門田博光

中西太

上川誠二

安田猛

----------

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今回紹介するのは…




プロ野球観戦、応援、サイン収集、それぞれが好き

中畑清 元内野手 監督





二度目の紹介になる。なぜ二度目になるのに紹介したのかと言うと、個人的に特に思い入れのあるTTMだったからである。


ニュースで、横浜DeNA監督中畑監督、辞意表明のニュースを見て、いてもたってもいられなくなってしまった(続投とは思ったけど)。


「勇退か、所属であるうちに貰いたい!」


こんな思いではない。



「キヨシ辞めないで!」


これしかない。



確かに、今季CSに行けなかったらクビだ、と宣言したが、その約束を守れという者は誰もいないはずである。


過去に、当時の日本ハム高田GMに監督に誘われた時、「巨人で伊藤ハムにお世話になったから、ライバルのところには行けない」と断った男義・キヨシの言ったことであるが、今回に関しては、もう一年やってもらいたい。


その思いが通じたのか(多分あんまり関係ないと思うけど)、来季続投が決まった。



返信のサインには、しっかりと、横浜DeNA監督としての背番号が記されている。もし、巨人のカードを送ったとしても、70と記されていたはずである。






(敬省略)




PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード