「アスリート脳」とブロードバンド化

テーマ:ブログ
2009-10-23 11:31:09
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20091021095041.jpg

写真は本文と何の関係もありまへん。


あまりにも天気が良かったんで、
思わず撮った、池袋あたりの空。

















私は以前から、
アスリートのパフォーマンス向上には3つの要素が重要である、と書いている。



「脱力」

「身体軸感覚」

「連動」



である。





それらをどのように獲得するか?
の為に様々な方法論が存在するに過ぎず、
その選択は、それぞれのアスリートの心と身体に届きやすい方法論を選べば良い、
と考えている。




つまり、「どれも正解」である。





詳しくは以前のエントリー(「トレーニング観」カテゴリーの中にあるはず…)を探していただきたいが、
実はこの3つ、ある意味同じ事を指しており、
共通して含んでいる要素がある。



それは、

「安定・固定」

である。





大地なり対象物(ボールなど)に力を伝えようとすると、
どこかに「支点」が必要になる。




いわば「固定」されている箇所、である。





それは身体全体が、ある一定範囲の「安定」が確保されていなければならず、
また「固定」とは言っても全てが固まっていては、「連動」が起きず、力が伝わらないので、
「脱力」出来ていないとパフォーマンスは低下する。



その、固定すべき箇所を「身体軸」と表現している。






「固定」すべき箇所、とは、
ほとんどの場合は「体幹」になる。





固定とは言っても、
実際は固めるような固定ではなく、
ある方向に対して抗するような力がコントロールされて発揮されているべきで、
それは必ずしも一方向ではない。





つまりは「ゆらぎ」の中でフレキシブルに対応されるべきもので、
ある意味アバウトな中で、身体が反応すべきものである。






その為の方法論として、
スタビライゼーションも良いだろうし、
ピラティスもヨーガも良いし、
アクアトレーニングも良いだろうし…







ただ、いずれにしても、
そのトレーニングの中で行われている体内の反応は、
ある種の不安定状態の中で、脳から各筋へ


「この不安定状態を解決するべく、この程度働け!」


と指示が出る。



それに対して各筋は、


「了解しました。これぐらいでいかがでしょうか?」


と、お伺いを立てる。



そしてまた、



「それは行き過ぎだ!」



などと修正指示が発せられる…






という、膨大な情報のやり取りが行われている。





一対の情報のやり取りでは、
刻一刻と変化する状況の中では、とても対応出来ず、
安定も無く、固定も有り得ない。





前述のスタビライゼーションやピラティスなどのトレーニングを繰り返す事で、
最初は少ない情報しかやり取り出来なかった「脳→神経→筋」の連携が、
徐々に多くの情報を短時間にやり取り出来るようになっていく。




これが「安定」であり、
「固定すべき箇所を、固定すべきタイミングで、必要な量の力で」
固定出来る、事に繋がる。





つまり、
最初は少ない情報しかやり取り出来なかった

「ナローバンド」

状態から、

多くの情報をやり取り出来る

「ブロードバンド」

状態に身体を作り替えて行く。




これがアスリートにおける

「頭が良い」


という事であり、
それこそ


「アスリート脳」



と呼べるものである。




無論、程度の差はあれ、
一般の方にとっても、小さな段差で転ばないとか、
必要な要素は変わらない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

伊藤杯サマーファイナル結果

テーマ:ブログ
2009-10-18 14:00:28
断続的に通り雨が激しくなり、
中断もあったりで、渋い試合内容に。



上位陣は一本目のまま。


伊東大貴、栃本翔平(ともに雪印)がワンツーフィニッシュ。



山田大起選手が順位を上げ、三位に食い込む。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

伊藤杯サマーファイナル一本目

テーマ:ブログ
2009-10-18 12:55:07
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20091018124940.jpg

風が不安定で、
条件の違いもあったが…



一本目の結果。


伊東大貴、栃本翔平(ともに雪印)がワンツーで二本目に。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

公式練習

テーマ:ブログ
2009-10-17 11:00:52
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20091017105642.jpg

なんですが…



天気も良く、この時期の札幌としては暖かいのだが、
何せ風が不安定。









危ないので、
一本目は止める選手が続出。





明日は雨の予報なんだよな…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

最近、難しいと改めて感ずること

テーマ:ブログ
2009-10-16 21:24:20
改めて最近、難しいな~、と感じることがある。




それは、アスリートに対する「休養の指示」。






特にウィンタースポーツにおいては、
今は最終追い込みの時期。




真面目な選手はトレーニング量不足の心配は無いが、
疲労が溜まっている時期、無理をすると怪我や深い疲労を残したままになってしまう。



それが長期間に渡ると、
最悪はシーズンにまで影響を残しかねない。



それでも選手は、パフォーマンスを落としたくないから、
トレーニングしたい。



選手は不安だから休むことを嫌がる。


真摯なアスリートであるほど。







トレーニングとは本来、パフォーマンスを向上させる為に行う。




それによって「フィットネス」(いわゆる身体作業能力)が高まる。




結果として、
試合などで望まれる「パフォーマンス」が向上することを期待するのである。




だが、トレーニングを行うと、
一時的にはフィットネスは低下する。




筋力トレーニングの後、数日は筋力がむしろ低下するのが代表例。






そこに適切な休養、
または別のコンディショニング調整などの補助トレーニングを挟み、
フィットネス向上に繋げていく。







つまりパフォーマンスとは、
その時の「フィットネス」がどのような状態であるか。




つまり、「休養」の取り方が誤っていると、フィットネスが「打ち消されて」しまう事がある。





極論を言えば、
むしろトレーニングなどせずに、
身体全体のコーディネーションを調整したり、
むしろ何もせずに休養した方が「フィットネス」は高まる…



なんて事もある。







だが、真面目な選手ほど、休養を恐れたりする。





シーズン前など、
ましてや勝負が掛かった年などはなおさら。





それを指示するトレーナーやコーチ側の責任も重大である。






トレーナーやコーチが常に帯同している環境の選手は、
その精度もかなりの確率(休養指示のタイミング)の高さであるが、
常に見ていられない状況であると、
実際はなかなか難しい…






…などなど色々ありながら、
今朝、選手が一人海外遠征に旅立った。






出発直前、送られて来たメールには、





「感謝の気持ちを忘れず、頑張ってきます!!」





と。








ちょっぴり目が潤んじまいました。






もっと、あんなコトも出来たんじゃないか、
アレもやるべきだったんじゃ…





後悔、では無いが、
いろいろ考えてしまう、こういう時期。






月並みだが。


とにかく、思い切って暴れて来いや~!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「徹底的向上を目指す」か「しがみつかない生き方」か

テーマ:ブログ
2009-10-09 00:47:39
世間では(特に女性)「勝間和代」さんの考え方や生き方が共感を呼び、
ここ二年は話題になっているようだ。


あまりに不安定な社会情勢、
男子も草食化し、もはや結婚による永久就職も困難な昨今、
女性は(もちろん男性も)特に、


「これから如何に生きて行くべきか?」


と真剣に考えている。



そんな中で登場した勝間和代さんは、
ご本人は否定なさるかも知れないが、やはり成功されている女性の代表格。


勝間さんは、女性が “インディペンデンスに生きる”(主体的に生きる、という意味だろう)には、


「年収600万」

「信頼出来るパートナー」

「歳をとるほどステキになっていく」


の、3つを条件に挙げている。


(最後はかなり抽象的だが…)



こう言った表現が、時代と
そこに生きる女性にマッチし、共感を得たのは理解出来る。



不安定な時代こそ、

「こうだ!」


と言ってくれる人を欲しがる。



ちょっと前のホリエモンと同じだ。



(ここで誤解の無いように断っておくが、
私は勝間さんを否定しているわけではない)




そんな中で、最近は精神科医の香山リカさんの書「しがみつかない生き方」が売れているらしい。



そこに書かれている幸せに生きる為のポイントの一つに、

「勝間和代を目指さない」


というのがあり、これがまた世間の興味をそそったようである。




今の時代の、成功されている女性のツートップのバトル…!!?



と、確かに一般ピープルには見える。




ま、私のように心が曲がった人間からすると、

「馬場 対 猪木」 だろ…


ってな感じで。




つまり、マスコミはライバルを作って、煽りたいもの。



これで二人が結果として注目を浴び、揃って益々本が売れる、と…





そんな最中、アエラで二人の対談があった。



結局、よくよく読んでみると、

二人の訴える内容は同じである事が分かる。



つまりは、より良く生きようと思ったら向上心必要だし、努力も必要。

でも、自分がそれに対して「心地よさ」が感じられなければ意味が無い…


ということのようだ。




勝間さんのように誰もが自転車で移動出来るはずもないし、
パソコンはレッツノートである必要もないし、
体も心もしんどいのを我慢して自己啓発に走る必要もない。



残念ながら、何かの為に我慢したり、努力したり、
その為に時間を割くのには、
個人による価値観に依頼する「限界」。

言わば、これも含めて「能力」なのである。



その壁を超える努力は必要だろうが、

その上限は、成人前にある程度決っている。



そこを余りにも超えようと無理し過ぎると、
結局は自分のパフォーマンスを落とす事になる…



と。




勝間さんも、香山さんも
大筋では同じである見解とお見受けした。




勝間さんも、自分の主張が曲解されていることにとまどいを覚えているようだった。





だが、結局は時代というのは勝手なもの。




人体で言えば交感神経と副交感神経の関係のようなもので、

努力しろー勉強しろー、
という考えが共感を呼べば、

しばらくすると


そればかりが大切なの?
そこ無理し過ぎて、心もこわれたら何にもならないんじゃない?



てな考えが共感得たりする。





一時期、ヒルズ族を中心に、


「金が全て」

「稼ぐが勝ち」

という考えが主流になり共感を呼び、

それが実は犯罪に加担するものだと知ると、

途端に逆のベクトルに世間の論調が変わる。




「金だけが全てじゃない」


と。




そんなことは当たり前なのだが、
マスコミ主導のもと、世間の風潮もあっちにいったりこっちに行ったり…







世間なんてのは、ある極端な分かりやすい見解が時代とマッチすれば注目され、
だがしばらくすると必ず逆の見解が評価される。




恐らく歴史は、ずっとその繰り返し。





だから、どちらも或る意味正しくないし、
だからと言って、どちらかが絶対的正解でもない。





少しでも自分を向上させようという努力は忘れてはならないし、
尊いことである事は間違いないが、
それが自分の心に重く負担になるのであれば、




結局は自分のトータルのパフォーマンスを落とすことになる。



これはまさにアスリートと同じで、

トレーニングをして疲労が残るようなら、精神的にいっぱい一杯であれば、
実はその時には、「休養」最高のトレーニングである、



ということもある。




何しろ目的は、トレーニングそのものではなく、
パフォーマンスを向上させることなわけで。




これは一般人も同じである。




努力出来ない自分を情けない!…



と、自分を責める人が多いらしく、
それを香山さんも危惧されていたが、


つらい、と感じる自分がいるのなら、

それも含めて、それが今の自分の「能力」。




つまりは、それが許容出来るか、
心地よさを感じられるか否かも含めたものが現状ならば、
それを甘んじて受け入れるか、しかない。




皆が日本一にはなれないし、世界一にもなれるわけではない。





どこかで「折り合い」を付けながら生きていく。





多分、それが人生なのだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ブロードジャンプ

テーマ:仕事記録・考察
2009-10-09 00:46:51
b08fac08.jpgのトレーニング中。


先日の東京合宿の一コマ。


いいタイミングで撮れたんで、アップ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

埼玉組CPR研修

テーマ:仕事記録・考察
2009-10-09 00:46:02
a495b1b8.jpg先月は茨城組を実施したが、
昨日は埼玉の理学療法士の方々(一部茨城組)を対象に、
恒例のCPR研修。











お一人、言語聴覚士の方も。




今回は初めての場所で、
入間市にある原田病院というところで、
リハビリテーション室をお借りして。





マウスtoマスクが難しく、
皆さん悪戦苦闘の末に、何とか合格~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ただいま総合順位トップ

テーマ:仕事記録・考察
2009-10-09 00:44:28
206bad47.jpg



週末、NISMOへ調整に。

前回のレースは二位フィニッシュ。


10ポイント差でトップ独走中!



あと二戦。



次戦以降のハンデが勝負の分かれ目か…




9ea1912c.JPG
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。