1 | 2 次ページ >> ▼ /

変えること・かえないこと

テーマ:スポーツ関連
2008-12-30 20:15:01
フィギュアスケートの世界では、
現在、ニコライ・モロゾフコーチが村主、織田、安藤の3選手を指導している。




彼のコーチとしての能力は分からないが、
少なくともライバルである複数の選手から依頼があり、
先の全日本選手権ではそのうち織田選手が復活の優勝、
村主選手も長い低迷からの二位、



と考えると、コーチとしての力量は高いと判断するのが妥当であろう。






先日、モロゾフコーチのインタビューを読んだ。




村主選手に対する指導について。


村主選手自身は、モロゾフコーチに「変革」を期待したらしい。


言わば勝てる為の「必殺技」のようなものを期待したのだろう。

気持ちは分かる。





それに対して、モロゾフコーチのアドバイスは、
「何も変える必要はない」。


つまり、自分の中にある、絶好調時の滑りを引き出せ、というアドバイスであった。




村主選手は、例えば浅田選手や安藤選手に比べて、
ジャンプが圧倒的に不得意で、
主流になりつつある3-3回転ジャンプなどは出来ないそうだ。


彼女は、「それを何とかしなければ」と、
半ばパニックになっていたそうで…



その気持ちも、私としては痛いほど分かる。






モロゾフコーチは、
出来ない事を解決しようとパニックになり、
本来の村主選手の「良さ」=表現力や表情…
を引き出す方が近道と考えたのであろう。




また、織田選手に関しては、
「4回転ジャンプにこだわり過ぎ」
と言う。




今季、フィギュアの放送を見ていて、
「回転不足」という言葉を何回も聞いた。



浅田真央選手のトリプルアクセルなど、何度もその言葉を聞いた。



ルールが今季から変わった為、回転不足が厳格に取られるらしい。






つまり、4回転にばかりこだわって、
他のジャンプが回転不足と判定されると本末転倒だ…と。


そういう意味だろう。





冷静に見ると、
4回転ジャンプが成功したからといって、
他のジャンプのミスを帳消しにするほどの加点はないらしく。





モロゾフコーチの指導は、
要は、
「冷静になれ」。
と。





その上で、

「勝つという目的の為に、変えるべきか、変えざるべきか」。

を、選手に説いているようである。





これはまさに、
私がこのBlog内で言っている、
「精神力」の話。





熱い心…熱力
勘やインスピレーション…鋭力
冷静な心…静力

のバランスが精神力、と云うことと一致する。





外国人コーチというのは、なかなか思想が分かりづらいが、
この話を聞く限り、モロゾフコーチは優秀なコーチと言わざるを得ない。







逆に、日本人コーチの奮起も期待したい。







これは、
私もトレーナーという立場ではあるが、
ある意味コーチのような役割も併せ持つ立ち位置…




自分に対する戒め、ですな~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

あるいは酒で一杯の海…

テーマ:ブログ
2008-12-28 01:07:59
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20081226232522.jpg
表題には全く意味はありまへん。

あたしが好きな、筒井康隆氏の著書の題名、というだけ…





最近、飲んだくれの毎日なんで…











未だ仕事納めではなく…




この時期はさすがに仕事量は少ないのだが、
月曜までチラホラある。








11月から始まったパーソナルトレーナー養成講座の前期が昨日で終わり、
2月から後期が開始。


1月が空くのは、
スキー関係の試合が目白押しな為…







今日は、アドバイザーを務めるフィットネスクラブの業務確認の定期巡回ののち、
某取引先の方々との忘年会に突入。






間もなく一年の業務が終わるが、
あたしの一年がどーだったかは、特に皆さんの興味には無いでしょうから、
割愛することにしまひょー。








今日は打ち合わせの中で、たまたま「接客センス」の話になった。






例えばブティックなどの業態の場合、
恐らく多くの方が、入店して直ぐに店員が付きまとうのを嫌う。




センスのあるスタッフは、
さりげなくお客様の様子を遠巻きに把握し、
他の仕事や他のお客様の対応をしながら、
意識の中には常に置いておき、
そのお客様が他のサイズを探す素振りがあったり、いかにも店員のサポートが欲しそうな時に、
タイミング良く近寄る…





そんなスタッフが、
「接客センス」がある、と定義している。







アスリートにおけるトレーニングも、
筋力や持久力をつけるのはある意味簡単で、
「動き方のセンス」の養成が重要なポイントになる。





この辺の、持って生まれたセンスには個人差があるので、
目指すゴールは同じでも、
そこに向かわせる教育、あるいはトレーニングプランは同じであるはずはない。





前述のブティックの例で言えば、
「店員が張り付くのは嫌がる」
「でも、必要な時はそれを察知し、さりげなく側にいて欲しい」
という感覚について、




「何それ?分かんな~い」


という人には、
そういう感覚を植え付けるのは容易ではない。





では、そのようなスタッフに、
時間が掛かっても、そういう感覚を分からせるようにするか、
そこは諦めて、「ここはこうだから、こうしろ」と何かで業務を固定化するか、
これは会社、店による判断になる。





「接客センス」とはいわゆる感覚であり、
運動感覚と同様、指導者側と一致することは稀であり、
そもそも一致しているかどうかも、
究極的には判断のしようもない。




あとは実際のパフォーマンスをみて、
感覚が一致しているか否か、分かっているか否か、
を「推察」するしかない。







接客業において、
この辺りをどのように教育プログラムに落とし込むか、
大変難しいところである。





ま、同じような「接客センス」を持った人を採用出来れば簡単なことなのだが、
実態はそうもいかない。





採用に手間と金を掛けるのも、
実は結果的には後々のコストが下がる。



センスの一致しない人間を教育していくのは、
不可能では決してないが、
結果としてコストが膨大に掛かることになる。









結局のところ、企業にしろチームにしろ、
「人の育成問題」に尽きる事になる。






そこを、センスを期待するか、
諦めてある程度「型を押しつける」か、
どこかで決めるしかないのかも知れない。







もちろん、「センスを育む」ことは、
自分のチャレンジとしては捨ててはいないのだけれど…









そんな事を改めて考える、年の瀬であったりして…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日本が誇る…

テーマ:ブログ
2008-12-20 21:32:28
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20081218110355.jpg
ノルディックスキー部門の
ナショナルトレーニングセンター。
(通称NTC)


機密事項のため、全貌は撮影できまへん…



なんつって…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

朝一で

テーマ:ブログ
2008-12-20 21:32:05
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20081218105251.jpg
札幌到着~


そんで、そのまんま大倉山へ。


こんな中途半端な時期の大倉山は初めて。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ウォーミングアップ中〜

テーマ:ブログ
2008-12-20 21:31:17
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20081220152023.jpg
トレーニング前に、
ウォーミングアップをしている選手諸君。



外よりトレーニングルーム内の方が寒く感じる~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

この時期としては

テーマ:ブログ
2008-12-20 21:30:57
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20081220150539.jpg
異常、とは言わないが、
珍しいかな~

この時期に、ジャンプ台がこの状態なのは…



前々日に少しみぞれが降り、
うっすらと白くなったが、
すぐ解けて…







気温は5~6℃。



おまけに、今日は小雨が。





この時期に雪でなく、雨になるなんて…





新年早々の試合が出来るか、
心配…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

要は「考え方」であって

テーマ:ブログ
2008-12-20 21:30:31
養生整体師&スポーツトレーナー・最上晴朗-20081213223210.jpg
今年もこの季節。

…というか、最近は一年中売り場があり、いつも人が品定めしている。

手帳売り場は百花繚乱。


老舗から新規参入から、外資系から…


様々な商品が並ぶ。







「手帳で人生が変わる」
なんて書物もある。





人様のビジネスにケチをつけるつもりは無いが、
もちろん手帳では人生は変わらない。





ある統計に拠ると、
取引先から年末に貰った手帳…
(昔よくありましたな~。
会社名かなんか入ってるヤツ)



これを使ってる人と、自分で手帳を選んで使ってる人で、
年収や地位が幾らか以上の人を統計とると、
圧倒的な差があるそうで。

(細かいデータは忘れた。)



つまり、戴きモノの手帳を使ってるヤツは出世しないし、年収も低い、と。

んで、手帳を無造作に選んではいかん、と。

んで、手帳の選び方で人生が変わると…いう結論か。





統計ってのは、時として平気でウソをつくし、
単に数値の大小だけで、
大があたかも全て正しいかのような錯覚を与える。





統計ってのは、
いわゆる少数派は「標準偏差」でカットされたり、
「60%がこうだから、こう言える」
という乱暴な論調になる。




例えば先の手帳の例で言えば、
取引先からの戴きモノの手帳をそのまま使ってる人で、
出世して年収も高い人の手帳の使い方や、スケジュールの考え方や管理法、
そっちの方が余程勉強になるし、説得力もある。





私の知り合いでも、戴きモノや出来合いの手帳を使っていて、
素晴らしい仕事をしている人は沢山いる。



カッコばかり気にしている輩で、一向に仕事が出来ないヤツも沢山知っている。


手帳をどう使うか、ばかり考えて、
肝心の仕事がヒドいヤツも…



まさに本末転倒。





手帳に工夫やこだわりを持ち、
地位や年収を獲得している人は、
むしろ、その他の「物事の考え方」に差があるわけで…




ま、手帳というツールに焦点を当てることで、
商売にしていることに異論を挟むつもりも、毛頭ないけど…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

59歳兆治141キロ!!マスターズリーグ

テーマ:スポーツ関連
2008-12-15 02:48:49
元ロッテの村田兆治投手(59=日刊スポーツ評論家)が、約2年ぶりに140キロ台球を復活させた。



<マスターズリーグ:東京2-6名古屋>◇13日◇千葉マリン
 元ロッテの村田兆治投手(59=日刊スポーツ評論家)が、約2年ぶりに140キロ台球を復活させた。名古屋戦の6回、東京の6番手で登板した同投手は、14球目に141キロを計測。140キロ球も6球記録するなど、リーグ戦初開催の千葉マリンのファンを沸かせた。試合は名古屋が6-2で東京を下し今季初勝利を挙げた。
 「マサカリ兆治」こと東京村田の140キロ剛球が2シーズンぶりに復活した。昨季は最速139キロで、6季続けてきた140キロ投球がストップ。限界説? もささやかれた。11月に59歳の誕生日を迎えたばかりで今季初登板。千葉マリンでのマスターズリーグ開催は初とあって1万7800人の観客が詰めかけた。村田の現役時代の本拠地は川崎球場で、新本拠地で投げるのは初めて。村田は「お客さんがいっぱい来てくれてうれしかった。調子が良かったのでスピードにこだわった」と意気込んだ。
 6回1死二塁で川又に140キロ球を連発すると、山田への3球目に141キロを計測。07年1月以来、約2年ぶりの大台超えだった。3安打2失点で敗戦投手となったが、26球のうち140キロ台球が7球も。還暦(60歳)間近で衰えない体力は離島行脚のたまものだ。
 今夏は伊豆大島で離島の中学生の全国大会を開催した。来年はこの大会に国土交通大臣杯の「冠」がつく。村田は「夢と希望を与え続けたい」と話した。






……このオッサン、やっぱすげぇわ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

湯本、日本勢4季ぶりの優勝=W杯ジャンプ2008-09第5戦

テーマ:スポーツ関連
2008-12-15 02:47:03
湯本、日本勢4季ぶりの優勝=悪天候で2回目中止-W杯ジャンプ




ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプは14日、イタリアのプラジェラートで個人第5戦(HS140メートル、K点125メートル)を行い、24歳の湯本史寿(東京美装)が初優勝を飾った。日本勢の優勝は2005年2月の札幌大会を船木和喜が制して以来、4季ぶり。
 湯本は吹雪の中、1回目で126メートルを飛んで114.8点でトップに立った。天候が悪化したたため2回目が中止となり、今季3勝で総合首位のシモン・アマン(スイス)を1.2点抑え、そのまま1位が確定した。湯本は今季第1戦の8位が従来の最高成績。総合得点も6位に浮上した。
 120.5メートルをマークした葛西紀明(土屋ホーム)が6位に入り、渡瀬雄太(雪印)は12位。栃本翔平(同)は24位、伊東大貴(土屋ホーム)は31位、竹内択(北野建設)は60位だった。





いやぁ~湯本、おめでとう~!!


なんと日本人選手の勝利は4シーズンぶり。


結構快挙なんだから、もっと大ニュースで報道してくれれば良いのに…



日本マスコミって、偏ってるよな…

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

2008-09シーズン第2戦IN 名寄

テーマ:スポーツ関連
2008-12-14 21:00:47
昨日に続いて…



岡部孝信選手(雪印)が連勝!!



連日で細山周作選手(雪印)が三位に食い込む。



岡部選手にとっては、久しぶりにこの時期に国内に留まることによって、
じっくり調整し、結果を出すことでバンクーバーが見えてくる。



若手にとっては岡部選手が一つの目標というか、
岡部選手に勝てなければ世界はない、
と、
世界と自分の距離の目安にもなる。




(目安、と言っては岡部選手に失礼だが…)




切磋琢磨が、日本チームのレベルを上げる…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。