スイマセン…


告知、しなきゃしなきゃ、と思ってて、
すっかり忘れてました…



いや、忘れてたというとマズイか…




NESTA JAPAN パーソナルトレーナーズサマーセッション2008というセミナーがありまして、
東京は8月30日土曜。


(来週じゃ~ね~か~!)



まだ申し込めるはずですので、お時間がある方ぜひ~



もちろん、あたしも二コマ担当しやす~

AD

記録の変遷

テーマ:
20080818103611.jpg
北京五輪競泳で、フェルプス選手が前人未到の八冠を達成。


で、新聞に、ミュンヘン五輪(わたし現役で観てました)で同様に大活躍したマーク・スピッツ選手との当時の記録比較が出ていた…








こんなに進歩してたのね…
野口みずき選手の件。





欠場は本人が一番、心を痛めているはずで、
マスコミは例によって勝手な事を書き立てているが、
彼女本人の精神面が心配である…




信頼出来る人が、傍に寄り添っていられれば良いが…








私自身も、選手の強化ミニキャンプを今日終えたばかりだが、
この問題は他人事ではない。




ある一定時期、
パフォーマンスを上げる為にフィジカルを強化しようと思ったら、
身体には限界に限りなく近い負荷や負担を掛けなければならない。




もちろん、身体の微妙な変化や不具合の前兆は見逃さないよう、
細心の注意は払っているが、それとて絶対的な完全は有り得ない。




まして、マラソンランナーと言えば、
不要なものは極限まで削ぎ落とし、
必要な筋肉も最小限、
身体を守ってくれるべきものまで、必要最小限のものしか許されない。


言ってみれば、
フルマラソンを走り切るだけの耐久性と、
必要な最小限の機能を備えた最新のマラソンシューズのような身体に仕上げなければならないのだ。






私も今数人、日本代表に入るべく選手の強化に当たっているが、
鬼のように極限まで追い込む一方、
クドいぐらいに身体の変調については逐一確認する。
過保護に見えるほど。



怪しい点があれば、多少運動量を落とすか、
負荷量は変えずに、水などの抵抗に変更したりしてパフォーマンスは落とさないようにはしている。
それでも、鍛えるべき時に鍛え、妥協出来ないのも現実。


カミソリの刃のような、
すれすれのせめぎ合いである。






だが、それだけ気を付けていても、怪我が発生することもある。


この辺りは、
「もっと出来ることはあったんじゃないか?」
「あの時にこうすべきだったか?」
などと、指導者側は己を責めることになる。






無論、怪我が仕方ない、と言っているわけでは無いのだが…





マラソンは過酷な競技である。


過酷であるが故に、
トレーニングもまたギリギリのところまで攻めなければならない。



マスコミは
「前兆を見抜けなかった監督、コーチの責任」
とか
「身体の異常を言い出せないほど追い込まれていたのでは」
とか、誰の責任?的な話のオンパレードだが、
理屈で分かってるような事は言ってても、
本質はほとんど分かっちゃーいない。






とにかく大切なのは、
今は野口みずきさんを一人にしないことだ。

ホントに節操がない…

テーマ:
ですな~



日本のスポーツマスコミ。



バドミントンダブルスでは期待されていたオグシオペアが敗れ、
マスコミ的にも全くノーマークだった末綱選手・前田選手が大躍進。



メダルにも手が届こうか、という段階まで勝ち進んだ。



その途端、

「スエマエ」

だなんて、取って付けたような愛称で、
オグシオばかり賞賛していたことなんか無かったことのように、
アイドル的に祭り上げている…





恥ずかしくないのか…?