真の名将、と思う

テーマ:
少し時間が経ってしまったが…




高校野球甲子園大会。


それほど真剣に見ていたわけではないが、
移動の途中の電器店や宿泊先での空き時間にちらちら見ることが出来た。


広陵対佐賀北の決勝戦。途中で広陵のリードを見て、「佐賀北のミラクルも終わりかな…」
と思ったが、その後、再び電器店を通ったら何と点数が逆転していた。
再び再逆転の可能性もある最終回の緊迫した場面だったので、
そのまま最後まで見続けた。


勝敗はご存知の通りだが、
印象に残っているシーンが。




最終回の広陵の攻撃。
送りバントで二塁に行った走者が、相手守備の隙を突き果敢に三塁を狙った。


結果は憤死してしまったのだが、
広陵の中井監督は、ベンチに帰ってくる選手に拍手しながら「ナイスラン!」と笑顔で出迎えたのだった。



このベースランは無謀かどうかは微妙。意見は分かれるところだろう。
だが、中井監督は選手の積極性を評価した。
勝ち負けを分ける緊迫した場面で選手を育てることが出来る指導者。


ここに真の人間力が表れる。



かなり昔、ミスをした選手を監督がベンチで殴り、
それが映像で流れ問題になった大会があったが…
指導者にも様々な人間がいる。



この中井監督、この試合の中でボールストライク判定で、
試合後に判定への不満を口にしたことでも話題になった。
高校野球では珍しいことでもあり、
高野連に注意を受け、一部マスメディアで批判もされたようだ。


ニュース映像で見ると、確かにストライクに見える。それをボールと判定され、結果として佐賀北に逆転打を許すことに。悔しい気持ちは理解できる。




だが、監督が審判批判をしたのは、
負けた恨み言ではなかったようだ。



アマチュア野球では審判への不満を口にするのはタブーで、
確かに批判はいけないかも知れない。
だが監督の中には「選手に審判批判をさせるわけにはいかない。ならばそうなる前に自分が言わなければ。」
との思いがあったようだ。




もちろん、それでも賛否両論あるだろうが、
私が付くならこういう指導者に付きたい。



選手諸君は、この中井監督から勝ち負けだけでは得られない、大切なモノを学んだ三年間だったと推察する。
AD
ゲームセンターで根強い人気の対戦型腕相撲ゲームが自主回収騒ぎになっているそうだ。


何でも骨折事故が三件も起きたらしい。


最近はゲームセンターなんて行かないから、そんなことになっているなんて知らなんだ~



アトラスという会社が製造した「腕魂」という機種だそうで、
格闘家の小川直也氏が監修したものだそうだ。
対戦レベルを細かく設定できたらしく、そういう差別化で人気があった機種らしい。




まあ誰が監修しても結局は名前だけだろうから、
事故が起きた原因は、要は機械的パワーが強すぎただけであろう。
力自慢のニーズに応えるべく、無理しちゃったんでしょーな~



実際のアームレスリング競技でも、しばしば骨折事故は起きている。
「力持ちに腕を折られた」と思いがちだが、実は本当は「自損事故」なのだ。



力が拮抗すれば動きは止まり、わずかに相手が上回れば少しづつ押されていくが、
実はそういう時の方が、自分が押している時よりも、筋肉は非常に大きな力を出している。

(専門家の方はお分かりだと思いますが)


で、筋肉は骨に繋がっているわけで、
その自分の発揮した力に骨が耐え切れず、折れてしまう、というわけである。



逆に言えば、折れるということは、
それだけ大きな力を出せる筋肉を持っている、と言える。

(骨折した方には慰めにもなりませんが…)



ちなみに、骨を強化しようと思ったら、
基本的には骨に対して長軸方向に対する垂直圧を掛けてやる必要がある。


筋トレは、種目にも依るが、
腕相撲に強くなろうと思うとどうしても力こぶの筋肉ばかり鍛えがちになるので、
(肘を曲げる筋肉)
そのトレーニングは骨への垂直圧とは言い難く、骨の強化の効果は薄いので、別途考慮する必要がある。




それはそうと、




ゲームセンターで骨折したら、同伴者は驚いたでしょーな~



ましてや彼女かなんか一緒で、イイトコ見せようとした日にゃ~





いずれにしろ、メーカーのエスカレートが原因でしょーね。


オーバーな話をすれば、「ギリギリまでエスカレート」ってのは、
資本主義の功罪と言えますな。


根本的には中華航空の事故と同じですがな。




安さを突き詰めれば、結果的に何かを削らざるを得ない。
安全を追求すれば価格は高くなるのが当然。
多くの顧客を獲得しようとすれば安くしなければならないし、
安くすれば仕事の精度は普通に考えれば落ちるのが当たり前。




消費者も、どこかで折り合いをつける時代かも。


いや、経済全体か…
AD
好評をいただいている「史上最強のパーソナルトレーナーワークショップ」
第二回が今週23日木曜に開講されます。



私が総合プロデューサーです。



第二弾は、木内周史氏。




「使える動き←使える筋肉←使えるトレーニング」

ウエイトトレーニングで大切なのはアドレスとフォームとリズムです。筋肉にきかせません。スポーツはきいたら終わりです。これがしっかり出来ているトレーニングは”音”が鳴ります。かつてない体感を味わって下さい。








雑誌「ターザン」などでも執筆されている、超実力派パーソナルトレーナーです。



その理論を、少人数で手取り足取り、細かく指導を受けられるチャンス!!!


まだ数人、定員に空きがありますから、ぜひ!!!



詳細、申し込みはこちらから。

ご参加、お待ちしております~!



AD

個別差による訓練法の可能性

テーマ:
米カリフォルニア大学などの研究によると、
チンパンジーに二足歩行と四足歩行の二通りで歩かせてみた結果、
エネルギー消費が人間の四倍に上ることが明らかになったそうだ。



実験したチンパンジーは6~33歳の五頭。
歩行距離1mで体重1kgあたりの酸素消費量(エネルギー消費量)は、
二足歩行が平均0.21ml、
四足歩行が平均0.19ml。
同じ装置で二足歩行であるいた人間四人の平均値は0.05mlだった。


一頭だけ二足の方が四足より得意で酸素消費量が少ないチンパンジーがいて、
歩き方を分析した結果、姿勢が他の四頭と違っていた。


研究チームは、
「動きのわずかな差でエネルギー消費的に有利にも不利にもなる。
広く食べ物を探し回るのに有利なように、
人類は進化の過程のごく初期に省エネ歩行術を身につけたのだろう。」
と結論づけている。




この結果からは、別のことも類推できる。


着目すべきは、チンパンジーの中にも二足歩行の方が得意な者がいる、という点である。


二足と四足では、一番違うのは「重心の位置」である。
あるいは、それに応じた歩き方の得手不得手、である。



四足の方が得意な人間はさすがにいないだろうが、
重心が前寄りか後ろ寄りかぐらいの差は存在する。
その違いによって、パフォーマンス向上のためのトレーニング方法は違っていてしかるべきだ。


つまり、二足が得意なチンパンジーに、
わざわざ四足を訓練させる必要なないのかも知れない。
生物学的なことを除けば。



効率よく、最大のパフォーマンスを発揮させることが最良であるならば、
このことは様々なことを示唆している。
陸上競技ハードルの為末大選手は、大の読書家で有名だ。




ある新聞記事で、そのきっかけになったことが載っていた。





アメリカに陸上の武者修行に行っていた時のこと、
英語も出来ず、話す相手もいなかったことから、
日本人街で新渡戸稲造の「武士道」を読んだことがきっかけで本にはまり、
帰国の際にはスーツケースに本が入りきらなかったそうだ。


帰国後も読書熱は冷めやらず、スポーツに関するものや経済書、音楽関係など、
一見乱読のようにも見える。
だが、彼にとっては総て共通点があると言う。





「たとえばバブル経済のように。その当時は世間の人からもてはやされても、後から世の中の方がおかしかったということがあるように、
今は世間の真ん中にあっても、すぐに忘れられてしまうものが多い中で、
武士道のように、どんな時代にも変化しない本質的なものがある。
時には時代の方がおかしい為に、本質の方がおかしいように解釈されることもある。
私は本を通じて、陸上の世界を超えて、走り方でも人生でもい、そして投資でも、普遍的な理論が存在するのではないかと探し続けています。

もうすぐ、大阪で世界陸上が開催され私も出場しますが、
そこでメダルを取るために、昨年一年間はハードルを跳ばずにスピードを磨き、
今年は今までやっていなかった新しい歩数にを採用し、挑戦しようとしています。


これは奇策なのか、それとも王道なのか…

自分の身体でそれを証明したいと思っています。」








もう…





あまりに素晴らしくて言葉が出まへん…




理屈抜きで、彼を応援したくなる。




為末選手も勝負師だから、当然勝つためにやっているわけだが、
彼の中では恐らく、「人間道」の為に、陸上競技を通してそれを探求しているように思えてならない。



アスリートは言い訳は無用だが、
それでも身体的特徴も含め、様々な勝ち負けの要因となるものは存在する。


勝ち負けは尊いのは確かだが、
それ以上に大切なことは
「どう戦ったか」。
「何を求めたか」。






全てのアスリートへ。



彼の真似をする必要はないが、





もっと考えましょう。





もっと勉強しましょう。



貴方はいま、何のために競技をやってますか?