熱戦が繰り広げられていたトリノオリンピックが閉幕した。
全体を通しては非常にハイレベルな戦いで非常に身応えがあった。


日本チームとしては皆さんもご承知の通り、結果としてはメダル的には満足行かないことが多かったが、
選手の人たちは本当に懸命に戦ったと思う。
隠れた努力も一部知っている私としては、大きな拍手を送りたい。
いや、ぜひ日本中の人に暖かい拍手を送っていただきたいと思う。


さて、開会当初から日本の各競技チームが期待どおりの成績が出ず、
番組コンテテンツ的にも期待して編成していたマスコミも、早い時期から厳しい論調が飛び交うようになった。
これは仕方がないことではあるが…


その論調の中で、毎回スポーツイベントではつきもののキーワード、
「メンタル」の問題が早くから語られていた。
ジャンプのヘッドコーチでさえ、個人戦で結果が今一つだったとき、
「日本選手はリラックスが出来ていなかった…」と話していた。


こうなると、今までの日本マスコミのパターンからすると、
すぐに「メンタルが弱い」「メンタルトレーニングの重要性」などともっともらしく書くので、
私の見解も述べておきたい。


そんな中、最後の最後で日本国民の溜飲を下げてくれた、
フィギュア荒川選手の金メダル!
TVで何度も何度も映像が流され、様々な人による解説もされ、
にわか荒川マニア・フィギュアマニアが日本中にあふれていることだろう。
冗談は抜きにして、それぐらい彼女のパフォーマンスは素晴らしかった。


勝因は様々だろうが、
一つ挙げられるとすれば、ジャンプのヘッドコーチも言っている「リラックス」ということに尽きるだろう。
皆さんも聞いているとおり、彼女も試合後のインタビューで言っている。

「メダルは狙っていなかった」
「他の選手の演技も見ていなかった。見ると変に狙いに行ってしまうから」


荒川選手が言う「狙いにいかない」ということが、いかに高度で困難な域であるか。
いや、実際には心のどこにも「色気」が無かったかと言うと、恐らくそんなことは無いだろう。
広い意味では「狙っていく」気持ちがあるから、他の選手の演技も見ないで自分の演技に集中させたわけで。
要は己を知り、自分の「心の落としどころ」を分かっていた、ということに尽きる。
これもそれも長野オリンピック以降の数々の挫折・失敗から、
「どういう時にどう考えたら、自分はパフォーマンスが上がり、逆に落ちるか」
のデータベースを蓄積していったことに他ならない。


私の個人的な見解では、
メンタル力の向上は、結局は実戦の流れの中で己の心の動きを把握する習慣を身につけ、
自分の性格や思考パターンを鑑みて、パフォーマンスがより良い方向に発揮できるパターンを具現化することである、と考える。
個別のカウンセリングに代表される「メンタルトレーニング」というものを否定するつもりは毛頭ないが、
基本的には常に近くから、動きやトレーニングと並行して「導き&気付き」を与えていくしかないと思う。


またメンタルの能力と同じ意味の「精神力」についても語っておきたい。
これは、確か以前のエントリーでも書いたと思うが、
オリンピックシーズンということで、重複している可能性をご容赦願いたい。


「精神力」というと、恐らく多くの人が思い浮かべるのが

「根性」
「平常心」

という認識だろう。
だが、実際には精神力というのは大きく分けると3つの要素に整理できる。


「熱力」…目標達成に対する直接的なモチベーション、頑張り、気合(いわゆる“根性”)
「静力」…自分の現状を正確に、客観的に分析できる
「鋭力」…ひらめき。インスピレーション。感覚。天の声を聞ける。


つまり、「精神力が充実している」「メンタルの状態がベスト」とは、
この3つの要素がバランス良くある状態であると考えられる。
およそ各33%づつ、ということだ。


例えば、荒川選手の「狙わない」という境地は、この中では「熱力」のコントロールということになるだろうが、
当然、彼女が「熱力」がまったく無い訳ではなく、
ここが「勝ちたい」ではなく「自分の演技を全うする」という状態にあった、ということであったと推察する。
この部分は、競技によっては「勝ちたい」であった方が良い場合もあるかも知れない。
たとえばマラソン競技の競技場手前のデッドヒート。
そこまでは「淡々と自分のペースを刻むこと」で良いかも知れないが、
デッドヒートになると当然、競っている選手を振り切るモチベーションが「勝ちたい」であった方が良いだろう。


また、選手個々の性格によっても変わる。
例えば私などは現役当時、「勝ちたい」という気持ちを抑えようと冷静になろうとしすぎて、
つまり「静力」を意識しすぎて「熱力」が減少し、結果的に全体のバランスを崩したことを思い出す。
これらはあくまでもバランスが重要なのであって、もしどれかが弱すぎたら他の要素も下げて、全体のバランスを3割強程度にすることがメンタルの充実に繋がるのである。


話を元に戻すが、特にフィギュアのような採点競技は、
「勝ちたい」よりも「己の演技に集中する」ことを「熱力」のモチベーションに据えたほうが良いのかも知れない。
もちろん、これも選手の個別性によるだろう。


そういう意味で、スピードスケートの岡崎朋美選手の競技後の談話が興味深い。


1本目で3位にいた彼女は、普通どおりに二本目を滑れば間違い無くメダルに手が届いていた。
彼女は通常は、二本目の方がタイムが良いのであった。
それが1本目を終えて控え室に戻ったとき、たまたま置いてあった1本目の競技結果を見てしまったらしい。

「1本目で自分が3位にいる…」

それと同時に4位の選手とのタイム差までも一瞬、計算してしまったそうだ。
「今思えばあれが…」
と岡崎選手も話していたが、それぐらい精神のコントロールは自分だけではどうにもならないくらい、微妙な面もある。
まさに“運”とも隣り合わせの世界である。


荒川選手は、オリンピックがかなり迫ってからコーチを変更したと聞く。
この経緯や理由は正確には分からないが、冷静に「自分に足りないものを与えてくれる人」を冷静に分析したとすれば、
この時点で「静力」「鋭力」が充実していたと言えるわけで、
そこから自分の進むべき道がぶれなかったという意味において、勝利はこの時点で決まっていたのかも知れない。

ま、外様からの勝手な推測であるが…


「集中する」というのも実にあやふやで、
これも「精神力」のコントロールを意味する。
単に「集中だ!集中だ!」というのは、時として「熱力」ばかりを炊きつけることに繋がり、
「静力」「鋭力」とのバランスを崩しかねない。
選手によっては、このキーワードは逆効果になることが多い。
これは言葉のあやになるので一概に言えないが、「集中」させない方が良い場合も多い。
あるいは、何に「集中させるか」が問題である。


例えば、私はウェイトトレーニングなども、
必ずしも集中させない方がよいことも多い、と考えている。


というのも、実際の試合において、
ある一つの筋の出力だけに気を配れば良い、という場面はほぼあり得ない。
例を上げればスキージャンプにおいては、飛び出しの瞬間にスクワットのように膝と股関節を伸展すれば良い、というわけではない。
その時の滑ってくるスピード、重心の位置、風の状況など、瞬時に判断しながら動きを起こすわけである。
とすれば、ウェイトトレーニング時も動きに集中する状況下でのみ行っていたら、
それがパフォーマンスにどれだけ活かせるだろうか?


無論、重量によっては集中しなければケガをするので、
意識を集中させておこなう場合と、そうでない行ないかたの両方をプログラムする必要があるのだろう。
言い方を変えると、筋出力を上げることを目的とした場合と、
筋出力と動きと精神状態のあり方の、三位一体を考慮する場合と、両面考える必要がある、とも言えよう。


(私はこれを“セットモーション”と呼んで、自分の社名にも冠している。
 “モーション”とは“動き”。つまり心と身体の動き。
 “セット”とは調整や調和。つまり“心と身体の折り合いのつけ方”という意味を込めている。)



これ以上は企業秘密になるので、これぐらいでご容赦願いたいが…



いずれにしろ、荒川選手が言う「狙わない」ということが、
いかに高いレベルの精神状態にあることを意味するか、驚嘆に値する。
競技前に「狙わない」と口にし過ぎると、これは逆に「自分は本当は狙っている」と逆暗示を掛け、必要以上に「熱力」を増幅させることになるし、
本当にどれが正解かは分からない。
だから競技は難しいし、逆にだからこそ何が起こるか分からない。


ただ、一般の人がにわか解説者になって
「やっぱ最後はメンタルだよな」
「最終的には根性だよ」
と言うのは許せるが、マスコミまでもそんな単純な論調に右ならえするのはいただけない。
単に「メンタルの弱さ」と片付けずに、スポーツマスコミももっと勉強が必要かも知れない。


もちろん、私たちも。



AD

c4bac4a4.jpg 既報のとおり、韓国を訪問。

国際救命救急協会 という心肺蘇生法の普及団体の指導者研修会出席のため。

韓国支部との合同開催になる。













訪問先は韓国の「京畿道廣州市南終面分院里」という地区。地図で見るとかなり北朝鮮に近い場所だ。写真はホテルの目の前にある湖。完璧に凍っている。名前は忘れちゃいました。




566e3f36.jpg こちらが今回の会場になったホテル。このあたりは韓国の人たちが国内旅行に訪れるリゾート地らしい。滅多に外国人が来ることは無いそうで、我々もかなり好奇の目で見られていた。













ff4c4334.jpg

















55d662d8.jpg 湖のほとりに何と「トーチカ」が。戦争の爪あとがくっきり。ここから敵を見張り、小さな窓から時として攻撃をしたようだ。写真ははばかられたが、ある家族がトーチカの前で対岸に向かってお祈りを長い時間していた。戦没者のお参りのようだった。













51ba8146.jpg 近くには田園風景が広がる。完全な田舎町である。























aa19c570.jpg

話を本題に戻そう。心肺蘇生法(人工呼吸+心臓マッサージ)の行い方は、実は日々様々な研究がなされて、より蘇生率の高い方法が試行錯誤されている。




その研究や最新の方法を発信しているのが、I.L.C.O.R(International Liaison Committee On Resucitationの頭文字でイルコアと読む)という団体で、世界の多くの国が加盟している。






主管となっているのがA.H.A(American Heart Association=アメリカ心臓財団) である。

だが日本は未加盟。

というより、加盟が認められていない。




日本は赤十字や救急医学会、様々な蘇生法普及団体が乱立しており、

一本化が出来ない現状があり、認められないのである。

国際救命救急協会 という団体がそのあたりのパイプと人脈があるため、

日本では唯一最新の情報と方法が入手できている。




74bb9c1c.jpg

今回の会合は昨年に検討が始まった新しい蘇生テクニックの研修が目的である。

今回、変更が検討されているのは心臓マッサージと人工呼吸の配分である。













現在は基本的には心臓マッサージと人工呼吸の割合は15:2だが、新たな方法として30:2が検討されている。

専門家の研究では人工呼吸よりも心臓マッサージを重視した方が蘇生成功率が高いらしい。

極端な説では、「人工呼吸はしなくても心臓マッサージだけである程度の酸素は入るので、

呼吸はいらない」という考え方もあるそうで、

最終的には6月にフロリダで行なわれる会議で世界標準が決定され、

それが世界の各種団体に情報として発信される。




ただし日本は国内が一本化されていないので、最新の情報がいつもワンテンポ遅れる。

そこでこちらの団体で、恐らく決定になるであろう新しい方法論に一足先に触れておこう、というわけである。



配分が変わるだけでなく、例えば心臓マッサージのスピードも若干変更になる可能性がある。

現在のペースは1分間に90回程度のスピードだが、新しくは1分間に100回ペースに変わる可能性が高い。


微妙な違いだが、慣れてしまった方法を変えるのは難しいものだ。また、心臓を押す強さも若干変わるらしい。

いずれにしろ6月の会議で議論されるらしいが、やはり国によって様々な考えがあるそうで、

簡単にはまとまらないらしい。

だが最終的にはアメリカの意向がほぼ反映されるのが常らしい。

国連と一緒ね…





3e04e6bd.jpg 何度か練習をして、データをだしてチェック。写真は見え難いが、自分が行なったマッサージと呼吸のデータが出て、有効であったかが分かる。何回かやれば直に慣れるので、大きな問題はなさそうだ。ただ咄嗟に古い癖が出ないようにしないと。
















5319efdb.jpg これはAED。いわゆる「除細動器」(電気ショック)である。

最近は人が多く集まる公共の場などでも設置されているので見た事がある人も多いだろう。














写真は韓国製。普及しているのはほとんど欧米製だが、ひとつだけ国内メーカーがあるそうだ。

今回の蘇生法の方法変更で、問題になりそうなのがこのAEDである。

一般に普及しているのは「全自動式」で、機会が音声で全て指示してくれる。



医師が病院などで使うものはマニュアル式(ドラマよく出て来るもの)だが、

全自動式はペースなどがあらかじめ組み込まれており、その内容を全て変更する必要がある。

日本でもこれだけ多くの台数が普及し始めていると、ソフトの変更が簡単には出来ない。

まだ日本では新しい情報が知らされていないので問題になっていないが、

今年後半から来年に掛けて、問題になりそうだ。




AD

ここ最近、当blogのアクセスが通常よりも平均して増えている。
恐らくトリノ五輪期間ということもあり、関連情報を検索している方々からのアクセスと推察する。


しかし………



ちょっとしばらくの間、五輪の話題は避けてます…



この状況下で口を開くと「良いわけ」だったり「グチ」っぽくなったり、
いずれにしろ、あまり景気の良い話になりそうにないし、
少なからず、競技に薄くでも関わっている以上、
あまりヘンな事でも書くと、様々な人に迷惑でも掛かってはマズいので…


言いたいことは山ほどあるし、
自分なりの見解もいろいろあるが、
とりあえず全て終わってから、ということで。



それはそうと…



カーリング、面白いっすねぇ!


真剣に見たのは初めてだが、けっこうはまりますなぁ。
駆け引きと、試行錯誤する選手達の表情が興味深い。



あ、それと、


私、「林選手」のファンになっちゃいました。



…まる



AD