宮の森シャンツェで行われた全日本選手権ノーマルヒル。
オリンピック組は原田選手のみが出場。


一位:宮平秀治選手(ミズノ)
ニ位:渡瀬雄太選手(雪印)
三位:坂野幸夫選手(雪印)


13位:原田雅彦選手(雪印)

吹雪でかなり荒れた模様。
AD

今日で全日本学生スキー選手権大会(インカレ)が全日程を終了



わが明治大学は、総合で6番。


ジャンプは3連覇は逃したが、団体・個人とも2位。
その他、数年ぶりにクロスカントリーとアルペンで上位に食い込み、
ポイントを獲得。
現時点での力を考えたら、大健闘と言って良いだろう。


私は仕事の都合で土日に現地に向かったが、
案の定、皆コンディションが思わしくなく、
膝が痛い、腰が痛いのオンパレード。
到着して即、ほとんど全選手の調整(施術など)を夜まで行なった。


選手もこの結果に満足してはいないが、
自分もトレーナーの立場として、来年から改善しなければならないことが山積。
まずは全日程に帯同できる体制にしないと…
基本的には私は一人で仕事をしたい方だが、こういう時ばかりはスタッフが欲しいなぁ、と感じてしまう。


トレーナーとしては常に一歩先を考えるものなので、
シーズンはまだ半ばだが、心はすでに来季の構想に入っている、
今年で有望な選手が卒業してしまうが、新年度には卒業生に勝るとも劣らない有力選手が多く入学してくる。


来季から、絶対に黄金時代を作ってやる、と強く肝に銘じたのでありました。