亀田興毅TKO勝ち、と今後の展望

テーマ:スポーツ関連
2005-11-28 15:52:06
20051126153946.jpg

七回、戦意喪失により亀田選手のTKO勝ち。

写真はカメラに雄叫びをする亀田選手。



今日のニュースでも亀田TKO勝ちも 世界へ“追試” - livedoor スポーツ ;との報道があったが、
一見完勝にも見えるが、トレーナーである父親の厳しい採点の通り、
実際に“世界”を獲って、それを守っていくとなると、やはり厳しい採点が肝要かも知れない。


この試合では終始優勢で、元チャンピオンを制してはいた。
だがベテランの老獪なテクニック(クリンチワークなど)に翻弄される部分も多く、
本人もいろいろ感じたことは多かっただろう。
もちろん、それでも勝ったことは素晴らしいが。


父親の言うとおり、もう少し違うタイプのボクサーと試合をして、
経験値を高めることが必要だ。
もっと“いやらしい”タイプの選手とやって、自分の思い通りにならない場面から、どのようにそれを打開していくかの経験が今のうちに必要だと思う。


それと、かなり厳しいトレーニングを積んでいることは、
肉体や動きからもよく分かるが、
全体的に非常に“力み”が強く、動きに硬さが多いのが気がかり。
力の“入れ”のトレーニングの後、“抜き”のトレーニングを取り入れる必要がありそうだ。
(ま、身体の状況はその選手の“モノの考え方”に起因することが多いのだが)

きっちり指導されているのでスタイルは基本に忠実で、穴が少なく安心して見られるタイプのボクサーだが、
もう少し柔らかさ、脱力を伴った身体の使い方が出来るとパンチ力も更に増すはずである。


いずれにしろ、久しぶりに人を呼べる選手であることは確かなので、
じっくり上を目指してもらいたいものだ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

亀田入場シーン

テーマ:スポーツ関連
2005-11-26 15:18:13
20051126150529.jpg
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

亀田興毅、世界前哨戦

テーマ:スポーツ関連
2005-11-26 13:22:27
20051126131819.jpg
今日は関係者の方にお誘いをいただいて、
亀田選手の試合に来ている。

さいたまスーパーアリーナ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

K1グランプリチャンピオン決定

テーマ:スポーツ関連
2005-11-19 21:51:31
シュルトがひざ蹴でグラウベを秒殺。
圧倒的な強さ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

K1グランプリ

テーマ:スポーツ関連
2005-11-19 21:50:29
武蔵はロシア人には判定で勝ちましたが、
しかしグラウベの真空飛びひざげりでKOされました。

決勝は、シュルト対グラウベです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パートナー(ペア)ストレッチの基本2

テーマ:仕事記録・考察
2005-11-16 02:27:07

前回に引き続いて 、備忘録。



基本②の「相手の手足を出来るだけ自分の身体の“近く”に把持する」(相手に近づく)
ということに関して。


これはストレッチに限らず、私がやっている手技療術やマッサージなども共通のテクニックだが、手先だけで相手の身体を動かしたり圧したりするのではなく、
最終的にコンタクトするのは手だったとしても、あくまで自分の身体で力を加えていく、ということである。


文章のみでは分かりにくい話になるが、
まず、手先だけでやっていると相手に掛かる力が一定しない。
何よりも手先だけでは大きな力を掛けられないし、数人こなしただけでヘトヘトになる。
効果の面からも、自分の身体を守る点からも、
自分の「中心軸」で常にコントロールする意識が大切である。


余談ではあるが、サッカーの一流選手では、
ボールを扱う「場所・距離」が違う。
常に自分の中心近くで扱うので、
相手から奪われることも少ないし、スピーディーにボールをコントロールできる。


相撲の押しでも手先で押す力士はいない。
必ず「脇」を締めて、手は身体の力を伝えるジョイントに過ぎない。
だからこそ大きな力を相手にぶつけられるのである。


とはいうものの、これは口で言うほど易しいことではなく、
やはり意識を持った稽古が必要である。
動きとしては、日本古来の礼法や所作に非常に近い。


己の効率的な身体の動かし方が、
効率よく相手方に力を伝える事になることを銘記すべきであろう。


このあたりが「見た目の形を真似るだけでは効果が少ない」の所以である。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パートナー(ペア)ストレッチの基本

テーマ:仕事記録・考察
2005-11-12 20:17:14

先月からパートナー(ペア)ストレッチの指導コースを担当しているが
その際に受講者の皆さんにお伝えした“基本”を、
自分の備忘録も兼ねて書いておきたい。
(長くなりそうなので、数回に分けます)


パートナーストレッチに限らない事も含まれるが、

①筋の「起始」と「停止」を離すことがストレッチ、と心得る。
②相手の手足を出来るだけ自分の身体の“近く”に把持する。(相手に近づく)
③相手に力を掛ける際、自分の“体”でおこなう。(手だけでやらない)
④相手の手足を持つ際、出来るだけ“2点支持”でおこなう。
⑤以上も含め、常に「いかに楽をして出来るか?」を考える。


あくまでも全体を通しての基本なので、
細かい点を挙げたらもっとあるが、私が考える重要点はこんな感じ。


最初の「筋の起始と停止を離すことがストレッチ」というのは、当たり前と言えば当たり前。
だが、それなりに勉強している人でもその辺りの認識が弱い場合が多い。
いや、知識としては当然あるが、具体的な動きの中でイメージを出来るには慣れが必要、という事だ。


こういう仕事に精通していない人の為に一応解説するが、
「起始」と「停止」とは、筋が骨に付いている場所をあらわす言葉。
ゴムを両手に持って伸ばすとして、片方が起始でもう一方が停止。
身体の中心に近い方が起始となる。


つまりストレッチとは、
「起始と停止のどちらかを固定して、他方を遠ざける」か、
「起始と停止の両方を動かして互いを遠ざける」
の2種しかない。
ところが意外に、やっていると手を当てている場所ばかりが気になって、
筋の状況のイメージングがなかなか出来ないものなのである。
(手が触れている箇所ばかりに意識が行く、というのはレジスタンストレーニングも同様。)


まず大事な事は、
自分が「どこを止めて、どこを離そうとしているのか?」を常にイメージすることと、
それが出来たら「一方を止めるためにどのような手段を使うのか?」を意識する事である。
手で押さえるもよし、荷重をかけて動かないようにするもよし。


もちろん、全ての技法には「解剖学」の履修が欠かせないことは言うまでもないが、
詳細まで完璧でなくとも、付着している骨の部位の映像が「イメージ化」出来ていれば良い。
穴が開くほど、解剖の本と骨格模型とのにらめっこが必須であろう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

良かった~タイトル獲得!

テーマ:仕事記録・考察
2005-11-08 01:57:50

64b66d14.jpg SUPERGT.net | SUPER GT SERIES OFFICIAL WEBSITE




良かった~!
私がコンディショニングを担当しているレーシングチームが、GTでチームチャンピオンを獲得!













残りは4周。トップをいくNo.38はこのまま優勝すればドライバーズ・タイトルを獲得できる。追うNo.1はこれを抜きさってトップを奪えば逆転でタイトルだ。いずれにしても勝ったほうがタイトル獲得という劇的な展開。夕闇迫るスタンドを埋めた3万3500人の観衆が固唾を飲んで見守るなか、No.1のライアンはNo.38立川との差をじわりじわりと詰めていく。No.38が周回遅れに引っかかるタイミングが悪かったこともあり、最終ラップに入ったところで、その差はわずか1秒あまりに。No.38が逃げきるか、No.1が逆転するか。サーキットにいる全員が手に汗を握るなか、最終コーナーをトップで駆け下ってきたのはNo.38だった。
 立川祐路/高木虎之介は今年3勝目。優勝かノーポイントかという波の大きいシーズンを送ってきたが、最後にシリーズタイトルという大きな栄冠を手にすることになった。あと一歩およばず2位、シリーズランキング3位となったNo.1 ザナヴィ ニスモZだが、NISMOはチームタイトルを獲得。表彰台に上がった本山哲/リチャード・ライアンは、全力を尽くしたあとのさわやかな笑顔を見せていた。

天候が悪く、かなり荒れたレースになったようだ。
欲を言えば、ここで勝てればドライバーズタイトルも獲得出来たが…


ま、贅沢言ったらキリがないから、それはまた来季へ。


とにかく、次に会うときにどんな顔すれば良いか、悩まなくて良いのが一番うれしい!


スタッフの皆さん、おめでとうございま~す!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。