1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

スポーツ&コンディショニングトレーナー技術の“ボーダーレス”化

テーマ:健康観・身体関連
2005-03-30 19:54:41
昨年辺りからほぼ定期的に、
あるレーシングチームの“ボディコンディショニング”の依頼を受けている。
と言っても「レーサー」ではなく、「ピットクルー」の方々である。


ピットクルーには様々な人がいるが、
その多くはマシン整備のスペシャリストである。
F1中継で見るような、いわゆる「タイヤ交換作業」も、
この方々の仕事である。
その現場は迫力そのもの。
まさに“戦場”さながらである。



このスタッフの方々も日々激しいトレーニングをしている。
タイヤ交換のタイムをアップするために。
レースの長丁場、集中力を維持するために。
その他作業スピード全般を上げるために。
中にはピットクルー用の専用トレーニング施設を持っているチームもある。



私は元々は、この皆さんの身体の調整の施術を行っていた。
職業柄、腰痛や膝痛などの様々な障害を抱えていたからである。
ところが少しづつ、次のような要望が出て来始めた。


「施術を受けると身体の動きがぜんぜん違う。
 痛みを治して欲しいのももちろんだが、
 それよりもコンディショニングの為に、
 特にレース前は調整をお願いしたい。」


スピードを競うカーレースの場合、
ドライバーが速く走るのはもちろんだが、
実はその中には、マシンがピットに入った時の作業時間もタイムに含まれる。
最も重要なのはタイヤ交換の時間である。
或るスタッフは、
施術を受けるとコンマ1~2秒、交換タイムがアップする、と言う事であった。


たかがコンマ1秒と笑うなかれ。
この積み重ねが勝利か敗北かの分かれ目になる事もあるのだ。



私が行っている技術というのは、
「捻れたホースのヨリを戻し流れをスムースにし」
「ギアの狂いの微調整をしてオイルを挿し」
「バッテリーをチャージする」という事なので、もちろんそういう効果もある。
面白い因果だが、
マシンのメンテナンスを行う人の身体をメンテナンスする、というまさに“サイクル”状態。
(いや、正確には私をメンテしてくれる人はいないので、サイクルにはなってないが…)



私のような「整体」「手技療術」師、と言うと、
すぐ“痛み・不具合”などの除去、と考えがちだが、
実はこのような目的にもオーダーがある。





その他にも、知的労働の職にある方々で
思考回路の回転速度を上げて仕事のパフォーマンスを維持したい・アップしたい、
という事で私に毎週の様に依頼がある人もいる。



この辺りはクライアントの“価値観”ということになるが、
このような仕事を先方に“トレーナー”と認識されるか否かは別にして、
「パフォーマンスをアップさせる」事がトレーナーの仕事であるとするならば、
まさにこれは「トレーナー」。
痛みを改善させる事もそうならば、
痛みが無くとも現状の能力を最大限に発揮させる事もまたトレーナーの真骨頂。
その為には、特段整体に限らないが様々な技術が必要になる。


それと同時に「アスリートの競技力向上」という視点だけでは、
これから「トレーナー」が活躍出来る領域を自ら狭める事になる。




私は今までの経緯から、様々な“顔”を持っているが、
「整体屋のおやじ」か「トレーナー」かは、
まさにボーダーレスなのである。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

伊藤会長が全日本ジャンプ陣に大なた?

テーマ:スポーツ関連
2005-03-27 23:38:24
北海道日刊スポーツの紙面から


伊藤会長が全日本ジャンプ陣に大なた/選手層の拡大も

 低迷する全日本ジャンプ陣に大なたが振るわれる。来年2月のトリノ五輪に向け、コーチ陣の入れ替えなど大胆改革を断行する。25日に札幌・大倉山ジャンプ競技場で行われたジャンプの今季最終戦、伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイターで全日本スキー連盟(SAJ)の伊藤義郎会長が明らかにした。

 2月の世界選手権は入賞さえなかった。伊藤会長は「選手自身の問題もあるが、50%はコーチの責任。コーチは何をしていたのか」と怒りをあらわにし、①選手層の拡大②適切なコーチの選択の2つの改革案を提示した。

 ①は07年世界選手権札幌大会、10年バンクーバー五輪をにらみ、来季からジュニア年代の若手をコンチネンタル杯に起用。成績によってはW杯、五輪の代表入りも考慮する。②はオーストリア、フィンランドなどジャンプ強国の指導者の招聘(しょうへい)を示唆。伊藤会長は「もちろん今のコーチ陣にハッパを掛けるが、入れ替え、補充もあり得る。外国人コーチも視野に入れている」。五輪本番まであと1年を切った。復活へ思い切った強化先に打って出る。




以前のエントリーでも書いたが、
伊藤会長も当然ご承知と思うが、
コーチ陣の入れ替えも時として必要だろうが、
それだけでは問題は解決しない、と思う。



私もジャンプ界に関わってはいるが、
どっぷり漬かっているわけでは無いので、この世界について全ての知識があるわけでも無い。
多少ピントがずれている面もあるかも知れないが、
素人よりほんの少しだけ知っている人間、という程度の意見として書いてみる。







まず、現実的には五輪まで1年を切ったこの時点でコーチを代えても、
その効果を生じるのには時間が足りないのでは?という点。
チームプレーのような“戦術”ありきの競技ではないので、
短期的に効果を出すのは難しいと思われる。
また新たなジャンプ技術を導入したとして、
それをフォーム改造を含めて身に付けるには、余りにも時間が無さ過ぎる。
最低でも2年は無いと、実験・検証・修正のプロセスが踏めないのではないか。


(ただし技術的な事でなく、選手のモチベーションを上手く引き出す、
 という事に重きを置くのであれば、それも“有り”かも知れないが。
 いずれにしろ今季の結果の分析が重要。
 単に「コーチが悪い」では解決しない、と思うが。)

そう言う意味では、
①トリノ五輪に向けた“短期的”な体制作り。
②次の五輪に向けた“中・長期的”な体制作り。
の二面で考えなければならないだろう。


もし、①を重視して今以上の結果を出す!という事であれば、
現実的には「用具」の研究に時間を割くべきと思う。
もちろん、“連盟”主導で。
(ウェア、板、その他)
ただし今から新たなものを作る時間は無いだろうから、
各国の情報を緻密に収集して、現時点で最高の素材・メカの用具を作る事だと思う。
各選手にその負担を掛けていては、時間的にロスが大きい。


それでも“コーチも刷新して、次の五輪で是非とも結果を!”と言うのならば、
この1年は企業チームの壁を取り払い、
ナショナルチームはナショナルチームで、独自の合宿・練習体制を組むべきだと思う。
コーチ陣を代えるか否か、は別にして。
(恐らく無理だと思うが…。)


と言うのも、これは②の「長期的体制作り」に関わってくるが、
現在の日本の体制は、基本的には各企業チームでの強化が基本になっている。
それが良い・悪い、という事でなく、
普段の自チームでの練習・トレーニングの基本理念と、
ナショナルチームに選ばれて集まった時の強化・技術の理念がリンクしているか否か?
が重要である。
これはあくまでも想像だが、
ナショナルチームで集合した時、
各企業チームが良かれと考え指導している技術をベースに研鑚を積んでいる以上、
にわかに集まった集合体に対して、
ナショナルチームのコーチが指導、というのも論理的に考えて限界があろう。
(と推察する。)


もちろん、今すぐに「日本独特の企業スポーツシステムを壊して…」
などと物騒な事を言っても、すぐに現実化する訳でもないし、
この日本の仕組みの良い点も沢山ある。
それに現在は各企業チームが工夫を凝らして指導法やトレーニング法を考え、
鍛錬して、チーム間で争って結果を出して、
それが企業の広告宣伝効果に繋がる訳だから、
無くしたら日本のスポーツ界が成り立たなくなる。


そのように考えると、
実際には各チームの実力を全体的に底上げして行くしかない、
という事になる。
そこで最もすんなり頭に浮かぶのが、各チームの「海外コーチ研修」である。
これも理想を言ったらキリが無い(本当は1~2年行くのが良いのだろうが)ので、
出来る範囲内での期間を毎年、各チームから北欧に派遣するのである。


北欧のチームがやっている事が最高のモノかどうかは別にして、
現実、結果を出しているところに教えを請うのが、ロジカルに考えて当然だ。
ナショナルチームの代表者が総代で行って、それを帰国して伝えても良いが、
伝言ゲームになってしまうのは明らか。
現在も代表チームのコーチ陣は海外を転戦している訳だから同様の事が出来るはずだが、
(私が知らないだけで、オフィシャルにやっているのかも???)
やはり“自分の目”でコーチングとジャンプ理論を吸収するに勝るものは無いだろう。
しかし、プレゼン能力と語学に長けた人間を現地に駐在させて、
理論や情報を伝達する、という仕組みもアリ、かも知れない。
任された人の能力にも拠るが…。
むしろ、“コーチとして招聘”と考えるのではなく、
上記の役割を担える現地人の駐在スタッフの登用を考えるのも有効かも。

(ただし“敵国”である日本を北欧チームが受け入れるかは分からないが。)



これには当然、予算的な問題も絡んでくるだろう。
(常に絡むかも…)
自分なりには予算獲得のアイデアが無くもないが、
突拍子も無いので、ここでは自分の意見は控えておくことにする。
迷惑かかるといけないし。
要するに“ジャンプ界、スキー連盟”で、売れるモノがあるなら売ろうじゃないの”
という考えだ。



無論、技術的な事は別とすれば、
わざわざ北欧に出向かなくても国内で出来る事も多いだろう。
「コーチング」と言っても、その範囲は膨大。
技術面以外にも、「選手の持てる力をどのように発揮させるか?」という事もあるし、
逆にコーチ側が「自分の伝えたい事をどのように100%伝えるか?」という事もある。
要は行き着くところ、互いの“マネジメント”の問題なのだ。
「コーチング」の教育などは、協会や連盟主導で幾らでも出来る。
そういう事をやらずして、「全てコーチの責任」と言っても結局責任の所在が不明確だ。
まあ、現在のサッカー協会のようなシステマチックなレベルまでは直ぐには無理だが、
目指す“理想像”があって、初めて“具体化”が存在するのである。









と、まあ勝手な事を…とお思いの向きもあろうが、
最初にもお断りした通り、私も全ての現状を把握している訳でも無いので、
「そんなこと、既にやってる」という事もあるかも知れない。
ピントのずれた意見もあるだろう。
しかし、一般企業の論理と同様で、
「君ィ~そんなの無理に決まってるじゃないか」
「前例が無いよ」
と早急に言ってしまうのは、既成概念に苛まれているからである。
何事も、最初は「異端・邪道」から始まるものだと思う。



ちなみに、当blogの<“コーチング・指導論”関連エントリー>
「コーチング」とトレーナー業など
指導者の心得と「指導言語」


宣伝まで。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

伊藤杯ジャンプファイナル後の引退セレモニー

テーマ:スポーツ関連
2005-03-27 01:58:59
結局、昨日の試合の後、
コーチ・トレーナー陣の反省会で朝まで痛飲。
7時まで飲んでしまった。
でも色々コーチとも話が出来て、個人的には有意義な時間であった。
ほとんど寝ないで、飛行機で帰京。


早速、撮り溜めてきた写真をアップ。


2005引退セレモニー
今シーズン最後の大会と言う事で、
終了後に引退選手のセレモニーが例年通り行われた。
今季は5名の選手が引退。




太田選手インタビュー大学生が4名と、
チーム雪印の太田泰彦選手が様々な事情により
惜しまれながら引退を。
学生時代から数々の成績を挙げてきた選手の引退と言う事で、
TVクルーのインタビューを受けていた。


引退セレモニーの大田選手
セレモニー後には一緒に戦ってきた選手達や、
大勢のファンからの花束攻勢で、さすがに目に光るものが…。





雪印首脳陣と太田選手
チーム雪印の富井監督と、
全日本ジャンプチームの田尾チーフコーチと共に。







チーム内の事なので、あまり今まで詳しくは書いて来られなかったが、
太田選手は今季、私と二人三脚でマンツーマンでトレーニングに取り組んできた。
何にでも非常に意欲的に取り組み、
指導側の私も頭の下がる思いの1年であった。
長い間本当にお疲れ様でした。
さすがの私も、お互いに抱き合って健闘を称えあった時は、
不覚にもウルッ、と来そうになって…。
あたし、そういう時って涙を見せるのが嫌なので、ついそっけなくなっちゃうんですよねぇ。
顔をまともに見られなかったなぁ。
ちょっと悪かったな…。やや後悔。



しかし人生としては、これからが当に本番。
多くの選手が「競技」を「競技」としてしか捉えていないが、
(現役中は無理も無いが)
実は競技で学んだ事、培った事は、社会生活の上での全ての基本である。
取り組んできたトレーニングで得た「身体に対する考え方」も、
仕事その他で全てに通ずる。
この長い間の選手生活で得たものを、現役時代のみで終わらせては意味が無い。
他の一般の人が体験する事の出来ない、数々の経験が、
この先に生かされる事で、初めて競技をやってきた事の本当の意味が存在するのだ。
「競技」とは「競技」のためだけに有るのではない。


改めて、引退セレモニーを見ていて感じた事は、
彼らは幸せだなぁ、ということ。
多くの選手が志半ばで引退(皆が金メダルを取れるわけでは無い)、という事が大半だが
実はそれ以前に、多くの選手が競技を続けたくても続けられず、
中学や高校生で辞めざるを得ない人間がほとんどだ。


大学や社会人まで競技を続けられた事は、
引退の瞬間は涙にくれたとしても、実は非常にラッキーな事なのだ。
(もちろん、本人たちが血の滲む様な努力をして来た事は言うまでも無いが)


さ、ここからが人生の勝負!
陰ながら応援してます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

全日本スキー連盟打ち上げ

テーマ:スポーツ関連
2005-03-25 22:53:46
大会が終わり、今シーズンの全日程を終了。

全日本スキー連盟会長の伊藤会長の挨拶で、
今シーズンの総括。



写真が小さくて見えにくいが、
札幌五輪金メダリストの笠谷幸生氏や
ジャンプヘッドコーチの田尾克史氏の顔も見える。


この後、場所を移して
深夜からコーチ・トレーナー陣が集まり、
今シーズンの反省会がある。
ちょっと緊張。
基本的にビビリーなので。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

表彰式

テーマ:スポーツ関連
2005-03-25 22:53:03

伊藤杯ファイナル結果

テーマ:スポーツ関連
2005-03-25 22:52:13
優勝…高橋大斗選手
二位…金子祐介選手
三位…湯本史寿選手

複合の高橋選手、逆転優勝!
金子祐介選手も145mのバッケンレコード大ジャンプで追い上げたが、逆転ならず。

久々にすごいジャンプを見た。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

二本目も出来る

テーマ:スポーツ関連
2005-03-25 22:51:48
天候が安定し、二本目も出来る事に。

一本目の順位。

一位…湯本史寿選手
二位…高橋大斗選手
三位…葛西紀明選手
四位…渡瀬雄太選手
五位…岡部孝信選手



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

やっと開始

テーマ:スポーツ関連
2005-03-25 22:51:18
予定より大幅に遅れて開始。
こりゃ1本勝負かな…

しょっぱい試合になりそうだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ところが…

テーマ:スポーツ関連
2005-03-25 22:50:37
急に、大雪、強風。
出来るのかなぁ。試合。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

伊藤杯ジャンプファイナル

テーマ:スポーツ関連
2005-03-25 22:49:37
今日はシーズンファイナル大会。
全日本の選手も全員出場予定。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。