1 | 2 次ページ >> ▼ /

実るほど…

テーマ:仕事記録・考察
2004-10-30 01:49:25
午前中は、クロスカントリー(ランナー)の選手のトレーニング指導。
もうすぐ海外遠征なので、その直前にある程度追い込んで行きたいので、
疲労困憊、吐く寸前まで追い込む。
この辺りの「見極め」が、トレーナーの真骨頂だ。
料理と同じで、塩を入れすぎたら、後ではどうにもならない。
運動の強度も、強すぎたら後ではどうしようもない。
「丁度良い」頃合が、一番大切なのだ。


その後は午後からミーティングが一本。
フィットネスクラブのアドバイザーの仕事である。
スタッフの教育研修の打ち合わせ。


夕方からは患者さんの訪問施術。
急遽、一人予約が入り、無理やりに入れる。
現在の患者さんの紹介にて。
赤坂プリンスホテルへ。
ニューオータニと間違えて、時間に遅れてしまった。


プライバシーの問題があるので詳しくは書けないが、
アメリカと日本の、映画・音楽関連での、様々なお仕事をされている方で、
この日の前日も、
日本のビッグアーチストと、アメリカの映画界の大物プロデューサーを引き合わせて、
今後の大きなビジネスに繋げるセッティングをなさっていたらしい。
詳細は分からないが、そのビッグアーチストが、話が終わると、
その大物プロデューサーを置いて、さっさと自分だけ帰ってしまったらしいのだ。


日本でももちろんだが、アメリカでもこのような行為は相当に失礼な事だ。
どう考えても「目上」の人間を見送りもせず、いくら自分が忙しいとは言え、
さっさと自分だけ、「じゃ、お先」と帰ってしまう事など、許されないのは当たり前だ。


どうも日本で成功しただけで、
世界の天下でも取ってしまったかのような勘違いをしているのだろう。
悪気は無いのかも知れないが、悪気が無いほど始末が悪い。


月並みだが、この言葉を思い出した。


「実るほど、頭を垂れる稲穂かな。」

この句、この年になると、奥が深いですなぁ。



先程、悪気が無いほど始末が悪いと書いたが、
これは私の作った格言である。(オーバーか)


長年、社員教育に携わってきたが、
よく使う言葉に、「あいつは、悪気は無いんだけど…」というのがある。
しかし、「悪気が無い」とは、その行為を悪いと思ってない訳で、
そんな人間を教育したり、更正させたりする術を、私は知らない。
「悪気」があるから、「それは駄目じゃないか」→「すいません」となる訳で、
「駄目じゃないか」→「何が?何で?」となったら、
「何故悪いのか」を説明するのは容易ではないし、
そもそも時間の無駄だ。


と言う訳で、もう一度、私の格言を。


悪気が無いほど始末が悪い。

または、

悪気が無いのが一番の罪。



結構、言い得て妙、だと思うのですが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

ウォーミングアップを十分に

テーマ:健康観・身体関連
2004-10-28 23:57:11
今日、診た患者さん。


先週の土曜日に、仕事関係者のソフトボール大会に参加した、とのこと。
この方は腰が悪く(椎間板ヘルニア)、数年に渡って診ている。
日頃からうるさく言っているせいもあり、入念に準備運動をしたらしく、
大きな問題もなく、3試合をこなせたらしい。(決勝で負けたらしいが)
多少、腰の痛みが強くなったらしいが、大事には至らず。


話を聞いていたら、その大会で2人も肉離れを起こした人がいたらしい。
笑いながら話していたが、これは笑い事ではない。
ソフトボールなどに来る人は、大体は野球経験者が多く、
そういう人ほど、「昔とった杵柄」で頑張り、
ろくに準備運動もせず、怪我をするケースが非常に多い。
中にはアキレス腱を切ってしまうことも多く、
子供の運動会でも張り切って、同様のことが起ったりする。


面倒なのはよく分かるが、
特にこの冷え込む時期、
是非、入念に準備運動をして欲しい。
肉離れと言っても、中年以降に起こすとかなり長引くことも多く、
肉離れで済んだから良いが、中には心臓発作を起こす人もいる。


よく考えると、このような普段身体を動かさない人たちが集うイベントこそ、
「トレーナー」という人間が居た方が良いのだが。


皆さん、くれぐれも気を付けて楽しんで下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

現代人は肝臓がお疲れ

テーマ:健康観・身体関連
2004-10-28 21:59:15
この時期、季節の変わり目&急な冷え込みなどにより、
体調を崩す人が増える。
風邪はもちろんのこと、何となく体調が悪いなどの「不定愁訴」も多い。


私が日々の臨床で多くの方の身体を診ていて、
一番感ずるのは、「肝臓」の不調の方が多い、ということだ。


肝臓とはどういう場所か?


あまり解剖学の難しい知識を書いても分かり難いので、
簡単に言うと、「化学工場」である。
脂肪の分解に使われる「胆汁」をつくったり、
エネルギー源の中核を為す、「グリコーゲン」というヤツを造ったり。貯蔵したり。
また、血液中の有毒物を分解して無毒にする、「解毒作用」もある。
免疫の中枢、と言っても良いぐらいだ。
どの臓器も無くてはならないものだが、
日々の体調を維持するのに、非常に重要な臓器である。


「肝臓が調子が悪い」と言うと、
すぐ「アルコールの摂り過ぎ」と考えてしまいがちだが、
それは浴びるように毎日飲んでいる場合だ。
漢方医学(東洋医学」的に見ると、
むしろアルコールよりも「精神的疲労」の方が影響は強いようだ。
まあ、いわゆる「ストレス」。
現代はまさに情報過多。
聞きたくない・見たくないものまで、勝手に自分に飛び込んでくる。
「ストレス」と言っても、特別に嫌なことがあった、ということばかりでなく、
昔に比べると、生活しているだけでストレスが多い社会と言える。


そんなこともあってか、
患者さんの身体を診ていると、
症状の原因は様々なのだが、
大部分は肝臓疲労が見える。
ほぼ、どんな症状でも、共通であると言って良いぐらいだ。
昔の人に比べると、肝臓がかなりフル稼働しているのだろう。

(くれぐれも言っておくが、だからといって「肝臓病」にすぐなる訳ではない。
 実際には、その影響で他の箇所に症状をもたらす事が多い。
 その出方は、その人が元々持っている「弱い箇所」によって異なる。)


自分での対処法は色々あるが、
私が患者さんに勧めている一番の方法は、「内臓アイシング」である。


この事はまた、詳しく述べたいと思うが、
氷嚢などで、肝臓を(右側肋骨下部)冷やすのだ。
野球の選手が登板後に肩を冷やすのと、理屈は同じ。
使いすぎれば熱を帯び、その処理が上手く出来なければ不具合が起きる、
というのは、関節も内臓も同じである。


時間は諸説あるが、15分前後と考えて良い。
「内臓なんて、冷やして良いの??」と考える人も多いと思うが、
「身体全体は暖め、局所は冷やす」というのが、機能維持の基本である。
現代医学的には異論もあろうが、多くの患者さんが、
この方法で体調を維持している。
患者さんが自分の知人に勧めても、なかなか理解してもらえないと嘆いているが。


詳しくはまた機会を設けるつもりである。
最近の施術で、改めて強く感じたので、取り急ぎの情報という事で。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「トレーナーとして人の上に立つ」とは

テーマ:スポーツ関連
2004-10-26 00:11:03
私は基本的に、一人で仕事をしているが、
私の知人や、その道で名の通った人の中には、
スタッフを使ったり、「弟子」のような形態をとる人も多い。


最近、私も多少は面識のあるトレーナー(まあ名の通った人)が、
どういう事情かは詳しくは分からないが、
スタッフが集団でボイコット退職したし、弟子との関係がギクシャクしたり、
それが元で、仕事にも影響が出てしまっているケースを数件、耳にした。
人間関係というのは、“師”と“弟子”の間でも、微妙な問題のようで。


どちらかの意見を聞いても真実は量りかねるし、
人様の事なので、あまり詳しく述べることは避けるが、
いずれにしろ、「人の上に立つ」「弟子を育てる」というのは、実に大変な事だと思う。
私の知人でも、それを立派にやっている人もいるが、本当に頭が下がる。
私のところにも、時折そのような希望を持ってやって来る若者もいるが、
申し訳ないが、丁重にお断りしている。
自分はまだまだ、その器には無い。


「人の上に立つ」、または「人を師とする」ことについて述べられた、
あの有名な徒然草の作者・吉田兼好の言葉を引用してみる。


みだりに人の師となるべからず、又みだりに人を師とすべからず。

真に教える事有りて、人の師となるべし。

真に教わる事有りて、人を師とすべし。




“師”となるのもそうだが、“師”とするのも、
やはりそれ相応の「覚悟」と「責任」が要るようで。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

野球解説・金村さんの暴言

テーマ:スポーツ関連
2004-10-25 22:51:39
マリンブルーの風さんのblogを見て、初めて知った。
ご存知の方も多いと思うが…。


金村また暴言!名古屋追放か?のエントリーに詳しくは書いてあるので
是非ご覧いただきたい。
その時の映像を、加工したものも、リンクで見られるので。


日本シリーズ・第2戦の放送中の、CM明けに、
マイクがオンになっているのに気付かず、
逆転劇に狂喜乱舞する、落合監督の夫人と息子の映像にかぶるように、


(大騒ぎする)
「福嗣と信子をなんとかしてほしい」

と言ったそうで。


さすが金村さん。


やってくれますなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

指導者とは。コーチとは。

テーマ:スポーツ関連
2004-10-23 22:25:21
知人の選手の話。


そのチームの、ある選手が、チーム外の指導者のコーチを受けたいと申し出た。
しかし、そのチームのコーチが良い顔をしなかったらしく、
その希望は叶えられなかったらしい、ということのようだった。


これに類する話はよく有るのだが、
その度に思うのは、「コーチってなんだろう?」ということだ。


もちろん私も感情のある人間だから、そのコーチの心情も理解出来る。
確かに、

「俺というコーチがありながら、何で他のコーチの指導を受けなきゃならんのだ。
 俺の立場はどうなる!?」

という感情も、自分が同じ立場なら、同様に持つかも知れない。


しかし…


「コーチ」「スポーツ指導者」の目的は何だろう?
選手を「強くする」ことに他ならないのではないか?


となると、感情はあっても、
やはりそこは、選手が自ら希望した「意欲」を汲んでやり、
気持ちを抑えて一歩引いて、むしろ送り出してやるべきだったのかも知れない。


少し前にTVでやっていたドキュメントで、
アテネ五輪で金メダルに輝いた室伏選手のことを思い出した。


五輪の1年前から、
自らの考えでヨーロッパのコーチの指導を受けるため、
単身、渡欧して転戦しながら、新しい感覚を身に付けたらしい。
実際にどのようなやりとりがあったかは定かでないが、
長年、コーチを務めてきた、父親でもある重信氏は、どのような気持ちであったのだろうか?
私が推察するに、恐らく“強くなる”という明確な目的の為に、
ほとんど負の感情は無かったのではないかと思う。
あくまでも、目的は「勝つこと」であり、コーチはその目的達成のために存在するのだから。


ただ、難しいのは、やはり「人間」だから。
いつの間にか「指導者」は「上司」になってしまうのだ。
客観的に見れば、「プロ意識の足りないコーチ」となってしまうが、
知らず知らずのうちに、そうなってしまうものなのだ。
簡単なことのようで、難しい。
仕事熱心な人ほど、陥りやすい。
それが“人間”というものだ。


ただ、その選手ももう少し、配慮が必要だったかも知れないとは思うが。
相手はやはり、感情のある“人間”なのだから。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

今日はコンバインド(複合)選手のトレーニング

テーマ:トレーニング関連
2004-10-22 01:45:05
今日は、コンバインド(ノルディック複合)の選手のトレーニング指導を。
この選手はジャンプはまあまあなのだが、
(先週、白馬で行われた記録会ではジャンプでトップ。
 しかしその後、ジャンプでのアドバンテージを生かせず、
7人に抜かれ、結局8位。)
ランが弱いので、その辺りを重点的に。


と言っても、単にヒイヒイ言わせれば良いというものでも無いので、
本人が風邪気味という事もあり、
この日のメインテーマは、「身体の中心感覚」。
本当は、時期的には少し持久力を追い込みたかったのだが、仕方がない。
風邪は、一旦引いてしまうと、
たとえ症状は治まっても、体内の状態が平常状態に完全に戻るのに1ヶ月は掛かる。
持久系選手がこの10~11月に風邪を引くのは、極力避けなければならない。


さて、「中心感覚」の話に戻るが、
イメージ的には、陸上の棒高跳びを思う浮かべてもらうと良いだろうか?


棒高跳びは、もちろん私もやったことは無いが、
地球に(出来れば中心に向って)対して、
最終的には(途中、しなりはするが)まっすぐな圧を加えたいはずである。
あれは用具を使うから、そのようになるのであって、
自分の身体を用いる競技は、その棒に相当する部分を、
自らの体内に求めなければならない。
つまり、常に、
「自分の身体の中心が、どのような方向性で大地(地球)に力を加えているか?」
または、「どのように加えるべきなのか?」
という、「中心感覚」「軸感覚」である。


まあ、この辺りの話は難しいのでねぇ。
考えすぎると、ますます分からなくなる。
最後は、感性の部分。


分かる人には、分かる。
分からない人には、永遠に分からない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

頼むよ。他のトレーナーが迷惑すんだから。

テーマ:スポーツ関連
2004-10-22 01:44:28
近鉄の元トレーナー逮捕 薬のませ強制わいせつ - livedoor ニュース

より。




近鉄の元トレーナー逮捕 薬のませ強制わいせつ
プロ野球近鉄バファローズの専属トレーナーだった男が7月、薬をのませて女性にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ容疑で大阪府警天王寺署に逮捕されていたことが20日、分かった。逮捕されたのは、中森謙治容疑者(38)。
 調べなどによると、中森容疑者は今年夏ごろ、マッサージをすると言って女性を誘い、睡眠薬をのませた上、わいせつな行為をした疑い。

 天王寺署が女性から被害届を受け、7月22日に逮捕した。

 日本プロ野球トレーナー協会のホームページによると、中森容疑者は1992年に近鉄入団。選手のマッサージなどをしていた。球団関係者によると、7月末に依願退職したという。

 近鉄球団の森厚雄社長室長は「事実関係を把握していないので、後日あらためて対応する」と話している。



おいおい。

お願いしますよ。本当に。
「トレーナー」なんっつう職業は、ただでさえ胡散臭く見えるのに、
こんなニュースが飛び交ったら、他の真面目にやってるトレーナーが迷惑すんだからさ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「金八」新シリーズを観て考える

テーマ:仕事記録・考察
2004-10-19 01:30:05
何やカンやで時間が無く、
先週の「金八先生」の新シリーズを、
つい先程、ビデオを知人から借りて、早回しで観た。


今回もまあ、様々な問題を含んでいるようで、
初回の目的が「今後への期待感」という意味に於いて、
まあ上々の滑り出しであろう。


今シリーズの大きなポイントとしてクローズアップされているのが、
金八の今までのやり方が通用しない、という点である。
これに関しては、私も非常勤ではあるが専門学校の講師をやっているので、
全くレベルも関わり度合いも違うが、多少は分かる部分ある。


専門学校と中学校では年齢も異なるし、
19、20歳ともなれば、取り敢えずの分別はあるので、
金八のような問題は起り得ないが、
「何をやっても共感のかけらも得られない“虚無感”」は、日々感じている。
一応、「専門学校」という興味のカテゴリーを絞り込んでいても、である。
TV程ではないが、年齢の割には落ち着きのないクラス(個人)も多い。


極論を言えば、「そんなに興味の無い、嫌な学校なら辞めりゃ良いじゃん」となるのだが、
仕事である以上、そうも行かない。
(とは言っても、それに近い事は言いまくっているが)



よって、金八先生の悩みとは比べるまでも無いが、
自分なりには年度によって、クラスによって、
対応方法を変えているのも事実である。
であるから、卒業生によっては現在の私の講義の様子を見ると、
「何だよ~丸くなったじゃん」と思うかも知れない。


と言っても、意識して変えているわけでもなく、
その辺りは「感覚」である。
格闘技の試合のようなもので、
事前に「こう来たら、こう返す。ああ来たら~」と考えてもキリがない。
最後は自分の瞬時の対応力、要は自分の「感性」「感覚」に頼るしかないのだ。
当然、失敗もあるが、格闘技と違って致命傷にはならない。
いくらでも取り返しがつくのだから、安心して自分に頼り切っている。


自分の本来の仕事がかなり多忙で、別に辞めても食えないことは無いのだが、
それでも講師の仕事を続けているのは、
案外、自分でああだこうだ言いながらも、試行錯誤を楽しんでいるのかも知れない。


確かに、この年になると、
私に対して“タメ口”をきいてくるのは、今の学生だけである。
「ねぇ~先生さ~。…ジャン」。
ある意味、新鮮。
そんな奴は、他の仕事での関わりの中ではいるわけが無い。
それもまた、自分が驕り高ぶらない為にも良いのかも。


何はともあれ、金八先生!頑張ってちょーらい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クロスカントリー選手の指導

テーマ:トレーニング関連
2004-10-12 00:38:07
今日は、明治大学のクロスカントリー選手のトレーニング指導を行う。

まもなく海外遠征を控えているので、
本人の要望もあり、
海外での長期滞在の為、コンディショニング維持の方法などを
実際のトレーニングを交えて行う。

ところが、終了後、
「もっと追い込まれるプログラムかと思ってました」。

そう、先日同じ明治大スキー部の、複合(コンバインド)の選手の指導をした時、
吐く寸前まで追い込んだので、それを聞いて覚悟して来たらしい。

まあ今日は目的が違うからねぇ。
それならそうと早く言ってくれりゃ良いのに。

別に苦しいトレーニングが全て良いトレーニングとは限らないが、
持久系はやはり、この時期はかなり追い込む必要が出て来る。
また、一人ではいくら厳しくしようとしても、所詮限界がある。


ということで、
時間も無かったので、ウェイトトレーニングを1種目だけ、
負荷の掛け方をテーマに、予定量の半分ほどで行った。
こちらが目論んでいるトレーニング量の半分で、既に嗚咽状態に。
ま、マンツーマンでの指導経験が少ないからねぇ。


結局は「メニュー」と「プログラム」の違いがここに有って、
やるべき種目やインターバル時間が羅列されているのが「メニュー」
「プログラム」とは、注意点やその時の動き方によって、
指示をしたり、状況によってインターバル時間を変えたり…。
その他もろもろの臨機応変な応用が必要になる。
表情や息遣いを見ての、微妙なコントロール。
要は実際の「やり方」が問題なのだ。


そういう意味では、
最終的には、厳密な意味での「プログラム」の消化となると、
理想は「パーソナル」にならざるを得ない。
もちろん一人でも可能だが、
疲労困憊の中で、なかなか自分で冷静な判断は下せないのが現実だ。


さて、そこでこの選手には、
「分かりました。本気なら来週、再度覚悟して来なさい。」
と言っておいた。


笑顔で「ハイ!」と言っていたが、どうなることやら。


それはそうと、
今日は私が仕事で関連している施設でトレーニングを行ったのだが、
体育の日イベントで、様々な催し物が行われていた。

私は仕事の都合で、トレーニングを終えて先に施設を後にしたのだが、
この選手は残って、少しクールダウンをしていた。

そのうち「筋肉番付」のようなイベントが始まり、
この選手が飛び入り参加して、何と優勝してしまったらしい。
賞品の「プロテイン」を受け取り、喜んで私にメールしてきた。


そりゃそうだろう。
毎日、あんだけトレーニングしてんだから。
相手はたまにフィットネスクラブに通う一般人。
単なる、弱いものいじめじゃないか。


まあ、本人喜んでたから、良しとするか。

でも、賞品、少し俺にも分けてよね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。