講演依頼・取材依頼・コメント依頼(緊急も含めて)はこちらの大津秀一オフィシャルページ 「お問い合わせ」からお願いいたします。(※ 私の勤務先へのお電話・FAXでのご連絡よりもお問い合わせフォームからのメールでまずはお願いいたします)






【専門分野】

◯主としてがんの患者さんの痛みの緩和(軽減)

◯がん患者さんの痛み以外の心身の苦痛の緩和

◯がん・非がんを問わず終末期医療・ケアの実践

◯医療用麻薬(モルヒネ、オキシコドンなど)の使用


臨床医なので、上記の現場の実際を理解していることと、執筆・講演活動を通して「一般の方に上記をわかりやすくお伝えすること」も得意分野と言えると存じます。



緩和ケアにかかりたい、緩和ケアを受けたいという

皆さんはこちらをご覧になって頂ければ幸いです。

こちらもご参考ください『緩和ケアの正しい探し方』


「がん終末期予後判断指針」(大津版)はこちら

「皮下点滴とその方法」はこちら

です。




最新作
『「幸せな人生」に必要なたった1つの言葉』です。







緩和医療の易しい専門書、一からの緩和医療の組み立て方『世界イチ簡単な緩和医療の本』と、緩和医療で使用する薬剤『間違いだらけの緩和薬選び』です。



大切な方を看取るご家族、介護者の方に、看取りの仕方・心をお伝えする本『大切な人を看取る作法』です。




新版『死ぬときに後悔すること25』です。

(おかげさまで単行本版は25万部のベストセラーになり、以前テレビでも紹介されました


よろしくお願いします。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-06 06:00:00

「救えるはずの患者を救えない」 子宮頸がんワクチン副作用「問題」はなぜ起きた? 記事 ノセボ効果

テーマ:医療

よくまとまっている記事だと思います。

 

 

「救えるはずの患者を救えない」 子宮頸がんワクチン副作用「問題」はなぜ起きた?

 

 

私が拝読して思ったことは2点。

 

 

①子宮頸がんワクチンの報道にあったような論調の激変(リンク記事参照)は、良くあること、と感じたこと。

 

 

医療系の話題だと、イレッサ、タミフルなどもそうだった記憶があります。

 

 

過剰に上げて、のちマイナス記事が多くなるというもの。

 

 

「冷静な判断」「良い点と悪い点をみて」というのは記事としてのインパクトが弱くなるため、という側面もあるのではないかと思います。私も含めて読む側が賢くならないといけない、という印象。踊らされないことが大切です。イメージで判断しないことも重要でしょう。

 

 

②一般の方はあまり知らないだろう「ノセボ効果」を解説してくれていることも有り難い。

 

 

「ある薬なり、注射を悪いものだと思いながら飲んだり、接種したりすると、本当にネガティブな効果、副作用がでてしまう」(記事を引用)こと。

 

 

緩和領域でよく使用する、「医療用麻薬(モルヒネなど)」「ステロイド」「抗うつ薬」「抗精神病薬」などはいずれもノセボ効果が起きやすい薬剤です。

 

 

特に医療用麻薬などは、飲んだ瞬間にノセボ効果が出て、拒薬に至る場合などもあります。薬物の濃度から考えて「瞬間的」ということはありえないのです。

 

 

ただ患者さんからすれば「実際に起こること」なので、非常に難しいです。

 

 

頭から否定すれば、医師患者関係が揺らぎます。しかしそこで「そうですね」と流してしまうと、「この薬でこのような副作用が起きた」ということが定着してしまって、本当に必要な時に使いにくくなってしまいます。

 

 

薬嫌いの患者さんも少なくないですが、進行がんの苦痛症状は、あふれる情報に惑わされずに、必要な薬剤を複数組み合わせて使用することが非常に大切なのです。

 

 

ただその時に、過不足ない説明や、良好な医師患者関係がないと、「救えるはずの患者を救えない」となってしまうのは、がんの苦痛症状緩和に関しても同様です。ノセボ効果は手強いです。

 

 

頸がんワクチンの問題も、記事中の先生のような様々な努力やアプローチのもとに、解決してゆくことを願うばかりです。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み