講演依頼はこちらの大津秀一オフィシャルページ

「お問い合わせ」からお願いいたします。






緩和ケアにかかりたい、緩和ケアを受けたいという

皆さんはこちらをご覧になって頂ければ幸いです。

こちらもご参考ください『緩和ケアの正しい探し方』


「がん終末期予後判断指針」(大津版)はこちら

「皮下点滴とその方法」はこちら

です。




人生という地平のはてに見つけた言葉。怒り、悲しみ、喜び、涙、笑顔、……たった1つの、自分だけの言葉。

”皆さんがいつか見つける言葉は何ですか?”

最新作
『「幸せな人生」に必要なたった1つの言葉』です。





「後悔」しないためには「決断」が必要なのではないか。一般書『死ぬまでに決断しておきたいこと20』 です。




 

緩和医療の易しい専門書である、一からの緩和医療の組み立て方を記した『世界イチ簡単な緩和医療の本』と、緩和医療で使用する薬剤について重要な順に率直に述べた『間違いだらけの緩和薬選び』です。



大切な方を看取るご家族、介護者の方に、看取りの仕方・心をお伝えする本『大切な人を看取る作法』です。




新版『死ぬときに後悔すること25』です。

(おかげさまで単行本版は25万部のベストセラーになり、以前テレビでも紹介されました


よろしくお願いします。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-20 00:01:40

1年ごしに そして温泉へ 大森1号館の37℃ ナトリウム・カリウム・ カルシウム泉

テーマ:ひと言
「死にたい」



外来で叫ばれたあの日。



しかしがんの方のうつ病は、投薬に反応して改善することが多いです。



その方もまさしくうつ病でした。


(※)「薬なんか飲んでも良くならない!」


「良くなります」


「絶対に、良くならない! 良くなるはずがない。薬に頼りたくない」


「今は、必要な時期です」


※に戻るを、何回も。


「……そこまで言うのならば……」



少しずつ、少しずつ。


表情が変わりました。


にっこり。


ん、これは今までなかった表情だ。


にこにこ。



外に出るのも億劫だったり、怖かったりしたのが、外出もできるようになりました。



病気になる前は、とても温泉が好きでした。



しかし病気は、皮膚病変もある乳がんです。



乳がんの方でも行ける温泉を教えたりもしました。



シルバーウィークはどうぞ温泉へ ピンクリボンのお宿


今年はこんな記事も報じられました 乳がん:手術痕気にせず温泉 入浴着に理解求めるポスター - 毎日新聞


それでも心配だったようです。


しかし、とうとうその日が来ました。


「そういえば……」


「どうしましたか?」


「先生、こないだ温泉入りました」


すっぽり入るのが大好きでしたから、本当はそうしたかった。


しかし貸し切りとは言え、半身浴に留めました。


「あれから初めて、温泉、入れました」もう一度。


笑顔。そしてうるうると。



「死にたい」「生きている意味がない」


そこから1年ごしにたどり着いたのは、「生きてて楽しかった」という瞬間でした。



実は、37℃のナトリウム・カリウム・カルシウム泉が両目からちょっと湧きそうでした。





setakanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み