講演依頼・取材依頼・コメント依頼(緊急も含めて)はこちらの大津秀一オフィシャルページ 「お問い合わせ」からお願いいたします。(※ 私の勤務先へのお電話・FAXでのご連絡よりもお問い合わせフォームからのメールでまずはお願いいたします)






【専門分野】

◯主としてがんの患者さんの痛みの緩和(軽減)

◯がん患者さんの痛み以外の心身の苦痛の緩和

◯がん・非がんを問わず終末期医療・ケアの実践

◯医療用麻薬(モルヒネ、オキシコドンなど)の使用


臨床医なので、上記の現場の実際を理解していることと、執筆・講演活動を通して「一般の方に上記をわかりやすくお伝えすること」も得意分野と言えると存じます。



緩和ケアにかかりたい、緩和ケアを受けたいという

皆さんはこちらをご覧になって頂ければ幸いです。

こちらもご参考ください『緩和ケアの正しい探し方』


「がん終末期予後判断指針」(大津版)はこちら

「皮下点滴とその方法」はこちら

です。




新作
『死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33』
です。
¥価格不明
Amazon.co.jp




 新版『死ぬときに後悔すること25』です。

(おかげさまで単行本版は25万部のベストセラーになり、以前テレビでも紹介されました


よろしくお願いします。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-27 00:01:00

軽量級 ヘビー級の一打に、心底ノックアウトされる

テーマ:ひと言

「先生、何年目なの?」

 

 

60代の患者さん。

 

 

「17年目です」

 

 

「えっ!? 見えないねえ。本当に?」

 

 

「そうですか? 見えないですか?」

 

 

「見えないね、ははは」

 

 

医師としては、それは必ずしも喜べないこと。

 

 

そう言えば、先日、ある初対面の患者さんのご家族も

 

 

「以前・・・・・・確か昨年でしたか? NHKのクローズアップ現代で見た時より痩せましたか?」

 

 

「あっ、そうかもしれません。少し減量しました」

 

 

「それに伴い少し若返ったのでは?」

 

 

というコメントを頂戴しました。

 

 

皆さんよくご覧になっているのですよね。

 

 

そんな、風貌も実体重も軽量級な(本当に軽いかどうかは秘密です)私に、その60代の患者さんはこう仰いました。

 

 

「先生、自慢して良い?」

 

 

目がきらきらされて、患者さんのほうが若人のようです。

 

 

「もちろん、どうぞ」

 

 

「実はさ、◯◯と△△と☓☓なんだよ、私」

 

 

「えーっ! それはすごい!」

 

 

という輝かしい成し遂げられた事々。その後、真面目なお顔で、けれども穏やかなそれで、

 

 

「だからね、先生。やることはやったよ、私は。

 

 

全部やった。だからね、もうやらなくちゃいけないこともないの。

 

 

家族もね、良い家族。本当、悔いはないよ。

 

 

やるべきことはやったからね」

 

 

ずしりと重いヘビー級の一打です。

 

 

人生に正々堂々と、真正面から対峙した60数年の重みが、その言葉に表現されていたのです。

 

 

 

私の仕事はーもちろん誰の仕事だって実はそうだと思いますがーとりわけ一期一会の仕事です。

 

 

まるで人生の総括をされるようであったそのひと時、「また来てね」患者さんのその言葉に、私はそれからも足しげく通うつもりでしたが、突然の急変が待っていました。

 

 

彼とまとまった会話を交わしたのは、それが最後となってしまったのです。

 

 

ただ、「やるべきことはやったからね」のひと言は、そのさらりとした言葉の中に、生きた人生の重みは確かにこもっていたと感じました。

 

 

そしてそれを聴けて、良かったと思います。あの時うかがえたからこそ、聴けた言葉でした。言葉も一期一会です。

 

 

見送った時は、穏やかなお顔でした。「悔いはない」はまさしくその通りなのだろう、人生の与えられた仕事をやり切られたのだろう、それを感じる表情でした。

 

 

軽量級の中にも、軽いフットワークはそのままで、それでも生きてきた重みをさらりと言葉に乗せることができ、届けることができる。

 

 

階級がはるかに違う、ヘビー級の重い重い一打に心底ノックアウトされて、今一度それを誓いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース