☆30代 初めての一人暮らし☆

2012年初夏、
30代の私が人生で初めての一人暮らしを始めました。
一人暮らしを決めたいきさつや、始まるまで、現在の生活など、ゆっくりペースで書きためて行きたいです。

一人暮らしをこれから始める全ての年代のかたに、少しでも参考になれば、大変嬉しく思います☆彡


テーマ:
こんばんは☆
満月がベランダからくっきり見えます。
近辺の建物の照明が消える頃になると更に輝きを増して、
まっすぐに伸びる月の光は眠気を忘れるほど綺麗です。


5/20(金)の事なのですが、
台東区上野の東京都美術館へ【若冲展】を見に行ってきました。
江戸時代の絵師【伊藤若冲】

開催期間は2016年5/24迄。
間もなく終わってしまいます。
伊藤若冲は鳥が好きだったそうで、絵を見ると鳥好きなのが伝わり私は嬉しくなります。
描く植物や動物の曲線が生き生きしていて、にわとりや野鳥の登場する絵が特に大好き。
美しい作品を間近で見るのを楽しみにしていました。

母から、
「平日も3時間も待つそうだよ。」
というニュース情報からの知らせを受けてがっかり。

ホームページで混雑状況が確認出来るのですが、平日でも3-4時間待ち続きのようです。
そこまで長時間立って待つと、昔の朝礼の時のように気分が悪くならないか心配でした。

開催が終わりに近づき、
伊藤若冲の最大規模のこの展示会を見なかったら絶対に後悔すると思いました。
5/20の私のお休みは展示会を見に行く事だけを目標に、
どんなに混んでいてもヘトヘトになっても、直筆の絵を間近で見る日にしようと決めました。

金曜日当日、行列は覚悟で朝行く事にした。
美術館の開館時間は9:30分。
私が美術館付近に到着し、若冲展の列に並び始めたのが9:00でしたが、その時点ですでに210分待ちの表示でしたよ。
210分とは…3時間半!!!
以前のツタンカーメンの時も相当並びましたがそれ以上。
若冲展、展示の規模も大きいけど、混雑も最大級だなぁ。

もし混雑を知らずに来て3時間半待ちだったなら、
しょんぼりしながら上野動物園に行くと思うのですが、今日の目標はとにかくひたすら並び若冲先生のにわとりを間近で見る事。
(時計は見ない、残りの待ち時間を考えない)
↑この事を心に据えて並びました
(^_^;)


有難かったのは午前中は曇り空で、空気もひんやりしていた事。
暑くなく、列の周囲の緑も綺麗だったので頑張れました。
圧倒的に年配のかたが多く、杖をついて並んでいるかたもいました。
並びながら思った事は、ご年配のかたというのは苦境でも愚痴をあまりこぼしません。
「こんなに混むとは読みが甘かった。」
「こんなに並んだのは初めて。」
ひどすぎる長蛇の列に幻滅しつつも、明るいトーンの声はどこやら楽しそうに感じます。
(自然と良い捉え方ができるのはいいな)
周囲から聞こえて来る会話を聞きながら思いました。

私は黙々と持参の本を立ち読み。
長い行列の場所によっては、時々上野動物園から動物の鳴き声が聞こえて来たりしました◎
遠足の子どもたちが通りかかると、年配のかたは特に目を細めて喜ばれます。
私は草むらに大カラスが来た時に楽しく観察しました。

行列の導線上に何箇所か、美術館のかたによる特設給水所がありました。
体調確認の声かけしながら巡回くださる方もいて、それも安心できて良かった。
私は水筒に入れてきた緑茶を飲んでいました。
待ち時間も半ばにさしかかった頃、アメを食べようとしたら、
地面に落っことしてしまった
ヽ(*'0'*)ツ
貴重な私のホイミ効果のあるキャンディー!!
2個しか持ってこなかった貴重なアメ。。。
私はつくづくなんでこんなにドジなんだろうか。


ようやく地下階の入り口が見えて来ましたが、
私の立ち位置から前方のテントの先もずっと人垣が出来ており、ここから下に降りられるまでがまだまだ長い。
そしてようやくの入館後も、チケットを提出するまで室内で更に30分程並びます↓


時計を見ると、
並び始めてから展示室到着まで4時間が過ぎ、13時になっていました。
朝たまごかけごはんとキリチーズしか食べてこなかったから、おなかが非常にすき、
嬉しかったけど気分的にはここまででヘロヘロにくたびれた。


館内も混み合いちびちび進みます。
展示室に入ると疲れは消滅し、とにかくワクワクしました。
実物の絵は写真とは全然違う輝き方をして、見に来て良かったと目が潤むほど感動。
鶏(にわとり)が素晴らしく…!
野鳥達もとても可愛らしい。
植物と動物も生き生きしていて、極楽のような世界が広がっていました。
掛け軸などこんなに大きい作品なのだと迫力を感じ、絵の具の凹凸、江戸の時代の文字や紙、墨などの質感も目で見る事が出来ました。

520円で音声ガイドを借りる事が出来ます。
これも借りてみて良かった。
解説を聞きながら見る事で、絵や歴史の知識の乏しい私には見応えが増しました。
2時間半ほど展示をしっかり見てきました◎

行列にいくら疲れても家で休めばいいのだから、見たいものを見た方が心の栄養になるのだと自分に言い聞かせ今回出かけました。
見に来て良かった!
実物を見た嬉しさ、きっとずっと忘れないと思いました。


↑自分用に図録。
母と姉にポストカードセットを購入☆

16時頃美術館をあとにすると、
↓行列の様子は一日中変わりなしの様子で210分待ちのままでした。





☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


私のひとり暮らしの生活の中の事では、
つい数日前、同じ建物のどこかの玄関を叩き続ける人がいて、とても怖いと思いました。
玄関ドアをおそらく蹴ったり体当たりしているみたい。
下のどこかの階だと思います。
ややボロめな建物なので玄関体当たりなどされると、それはもう、建物全体に衝撃が伝わってくるかのようです。

かなり遅い時間まで延々と玄関を叩いていて、
ピンポン、ピンポーン、とインターフォンの連打のメロディー音もかすかに聞こえる。
お金などの取り立てなのか、恋愛トラブルなのか、何だかよく判らないけど、無関係の私はひたすら怖かったです。
怖すぎてどの部屋なのか見に行く事もしませんでした。

入居したばかりの頃も下の階でケンカの騒々しさがあり怖かった事があるけれど、
いつもは静かで平和な建物、トラブルは身近に存在するようにも思え、怖いなぁと身が引き締まる気がしました。
何だったのかは謎のままです。
どちらのキングコングだか知らないけど、玄関ドアにやつあたりするのはやめてくれ。。。


明日からまた月曜日。
日はまだまだ伸び、夏に向かっていますね。
私の大好きな花タチアオイが咲き始め、
見かけるたびに嬉しいなと思っています。
綺麗に咲いたら写真を撮りますね。


…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆


にほんブログ村
AD
コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
母の日に丁度良いところでお休みをもらえていたので、
1日過ぎの5/9に両親の暮らす団地に遊びに行き、本日の夕方帰って来ました。

団地に出かけた5/9は、昼過ぎから雨の予報。
日が暮れるまで持ちこたえてくれないかなと願っていました。

家を出る少し前母からメールが届き、今にも降りそうなので駅まで車で迎えに行こうかという送迎バスのお知らせでした。
私の所も両親の団地周辺も天候はほとんど同じようです。
支度をしながら外の様子を時々見ていると、灰色の雲が集まりついにパラパラ降り始めていました。
お昼ご飯を食べ、傘をさし雨の中出発しました。

電車の窓から空模様を見ると、もう雨があがるのは難しそうな天気。
車内は混んではいなかったけど蒸し暑かった。
母に15時に団地の最寄駅に来てもらえるように車を頼み、
(あーあ、今日も明日も雨の予報だなぁ…。)
と思いながら到着までは本を読んで過ごしました。

15時に駅の外に行くと車はもう到着していて、
「ありがとう。」
といいながらドアを開けると、ニコリともせず特に返事もない無愛想な運転手(父)が居た
たらーっ
(※↑いつもこんな感じなので別に何とも思いません
あせあせ

雨は結構降り出しており、私は黙って雨と町の様子を眺めていた。
正面の草むらからぶち模様の猫が出てきたので、
「あ、猫だ!」
と言うと、無口な運転手の目線は猫を探していたので、
「あれだよ。」
と教えてあげると、
「本当だ。」
と父が言いました。
無愛想な父は動物が結構好きである。


特に寄り道せず来てしまったので、今日はお土産のお菓子を買わないで団地に到着してしまいました。
母に今回は何にもお菓子持ってこなかった事を伝えると、
「あらそっかぁ…、なんて言っちゃ悪いわね。」
と笑っていました。
おせんべいなどはいつもあるので大丈夫との事で、お湯を沸かしコーヒーを淹れてくれました◎
茶の間のテレビは先ほどまで父が見ていたらしい大相撲夏場所を映していた。

相撲を見ながらコーヒーを飲み、海苔ピーパック(煎餅)を食べ、
母の日のプレゼントを渡しました。
ノンワイヤーの肌着セットと、母がいつも愛用しているDHCの洗顔石鹸
どちらもとても喜んでくれたけど、どちらかというとオマケだった石鹸を殊更喜んでいました。
父が、
「ああ、石鹸か。」
と言い、石鹸を近日中に買う予定を父も知っていたほど、母は石鹸を欲しがっていたそうです。


【DHC・マイルドソープ】
似たような石鹸が他にもあって、
母が長年使っているのはこれだよなぁと、少し心配しながら買ったのですが間違っていなくてホッとした。

母がこの石鹸にまつわる爆笑エピソードを教えてくれました。
今年のお正月の事↓↓

姉夫婦も団地に泊まりに来てくれて、ある日の夕方姉の夫が入浴をしたあと、
「いつもは石鹸かボディーソープかどちらを使っているの?」
と母が姉の夫に尋ねると、
「ボディーソープです。」
と姉の夫が言ったそうです。

団地のお風呂場にはボディーソープもあったけど、少し奥に置いてあったので、ボディーソープどこにあるか判ったかしらと母が尋ねると、わからなかったそうで、姉の夫は石鹸で体を洗ったらしいのです。
母がボディーソープの場所を教えてあげた時、今日はこれで洗いましたと姉の夫が指差した物は、母の大事な洗顔石鹸だったとの事…!

私は母とゲラゲラ笑い、
「男の人って浴用石鹸と洗顔石鹸の区別も付かないのねぇ。」
と笑ったら父が、
「わかんねぇよ。」
と姉の夫の肩を持ちました。
「透明で綺麗と思って使って、洗い上がりはしっとりでいいなと思ったんじゃないの。」
と姉の夫らしい面白い出来事でみんなで笑いました。
母はボディーソープの場所を教えて、洗顔石鹸なんだという事は言わなかったそうです
(*^o^*)


お茶の後、いつもなら3人で散歩に出掛けるのですが傘が必要な天気でした。
いつもなら傘さしてでも散歩に行きたがる私なのですが、少し疲れ気味で眠くなっていました。
この春から茶の間には母の念願のソファーを置きました↓↓


私はこのソファーにタテに寝転び、ベランダ外の雨模様を恨めしく思っていたので、そのうち寝てしまった。
深くは眠っておらず、大相撲の音声も聞こえていたし、
時々足先をピラピラと動かし、目をつぶっているだけで寝ていませんというアピールもしていたけど、やはり真相は寝ていたんだと思います。

気づくと16時半になっていて、もう散歩には遅い時間になりました。
おまけに母が毛布を掛けてくれたものだから、ヌクヌクと快適すぎて散歩には行きたくなくなっていました。
のんびり過ごし、こんなにしげしげと大相撲を見たのは初めてだ。
夕飯は何か母に聞いてみると餃子ですって!!ヤッター◎
あんなに煎餅食べなきゃよかったなぁと思いつつ、餃子は大好きだからいくらでも食べられる気もしました。

17時半頃、
郵便物を見にポストに行くと母が言ったので、外の空気を吸いに私が行ってくる事にしました。
郵便物を回収して、また階段で上がってきます。
天気が良ければまだまだ明るい時間、古い古い団地の雨の外階段はこんなに薄暗く建物が更にボロく見えます↓↓



↑玄関前の景色はどんより空でした☆


↑今回こんな靴を履いてきました。
実家暮らしの頃に買った布の靴。
アウトレットで買って値段も安かったのですが、
リボンを足首に巻くこの靴、可愛いと思って買ったのに3回くらいしか履いた事ありません。
柔らかい靴だし、スニーカー感覚で履いてきました。
可愛い靴だと母が褒めてくれました◎


入浴前に茶の間で餃子包みをしました。
大判の厚手の餃子の皮、もっちりしておいしいですよね。
大判だとビッグ餃子になるし、厚手だと破れないのでジューシー餃子になりますよ◎
↓私の包んだ1袋分。
ひとつだけ、スライム型の餃子を作りました
スライム


私がお風呂から上がる頃、母が餃子を焼き始めていて、
私も餃子焼くの結構好きなので、最後の一皿分を担当させてもらいました◎
両親は茶の間で餃子を食べ始めている中、
私がお湯を入れたりじっくり焼いていると…、


「食べながら焼けば?」
と母が味見用餃子を持ってきてくれました。
うーん、自家製餃子は本当においしい◎
蓋を取って水分を飛ばし…↓



↑ちょっと焦げ目にムラがあるけど、出来ました。


↑母の筑前煮と一緒にたくさん食べ楽しい夕食会でした。
餃子は両親だけだとそんなに食べれないので、私が来た時によく作ってくれるそうなのです。
みんなで包んだり焼いて食べると楽しいですよね。

お盆に姉夫婦が来た時にも餃子にしたら喜ぶんじゃないかと話すと、
姉夫婦も餃子大好きなので、相当たくさん包んだり焼いたり大変かなんて話になりましたが、
父が材料たくさん全部切ると言い、一番張り切っていました。
多くは語らない父ですが、家族みんなの事がとても好きなのだなぁとしみじみ思えました。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


5/10 8時に起きると空は曇っているけど明るめで散歩に行けそう!
昨日行けなかったので、散歩の時間が出来て良かったです。
10時過ぎ、
前回行ったのと同じ河原の散歩道まで再び行ってみる事にしました。

歩き出した頃、急に太陽が出てきて暑いほどだった。
どの道も微かな香水みたいな花のいい香りがして、終わりかけではありましたが、ツツジの香りのような気がします。
↓菜の花は春の間ずっと綺麗な植物でした。


「菜種が出始めたな。」
と父が言いましたが、私はどこから油が採れるのか小学校で習った気もするけど良くわかならなかった。
「ギザギザした所よ。」
と母が、先端の先のほうをちょんとむしりました。


↑これは夕方私の部屋で撮りました。
もうしおれてしまいましたが、
ギザギザしたこの部分が伸びてきて、もっと大きくなりサヤが白く、種が黒くなると油が採取出来るのだそうですよ。


↑↑たっぷり降った雨がまだ残る河原の散歩道。
川沿いの道はバラの花の綺麗な民家やお店がいくつもありました。
もうバラの季節なのですね。



途中でジュースを買い、
↓今回はこんなまっすぐな川を眺めながら休憩しました。


両親はアイスコーヒー、私はオロナミンC。
曇ってきたけど降らなくて良かった。


まっすぐな川を見下ろすと、
いつも誰かが餌をあげるのか、大きな鯉がゆらゆらと橋の下に集まって来て、反対側の橋の下にはカモが楽しそうに水中を散策していました。
なかなか真上からカモを見ることがないのですが、


ツチノコ型で可愛いなぁ。
再び歩き出すと、水面近くの細い枝先にカワセミが居るのを母が見つけてくれました↓↓


河原沿いの道をこの後もずっと進み、途中から私と母は川近くの大型スーパーへ買い物に行き、
父は更に歩き団地に引き返し、車でスーパーまで迎えに来てくれました。

みんなそれぞれに、お昼に食べたいお弁当を買う事にして、
父は迷いなく【あさり飯弁当】
私も迷いなく【ネバネバ丼】
母はあれこれ迷って、揚げ物弁当風のを持ってきましたが、私のネバネバ丼を見て、
「お母さんもヘルシーでおいしそうなネバネバ丼にしようかしら。」
と言い、ネバネバ丼に変更になりました。

3時のおやつも好きなもの買う事にして、
私は吹雪まんじゅう。
父は茶色っぽいまんじゅうが食べたかったのか、かりんとうまんなんて変なものを手に取ったので、黒糖味のはこっちだよと教えてあげると、黒糖まんにしていました。
母はおやつコーナーを楽しそうに一列見てから、あんパンを買っていました。


ネバネバ丼を食べ、
またゆっくり昼寝をして、3時のお茶を頂いてから帰ってきましたよ。

夕方私の部屋でテレビを付けると、
昨日と同じ時刻、大相撲が映し出され、なんとかなり前のほうの席に林家ぺーさんとパー子さん夫妻が相撲観戦しておられました。

いつ見てもご夫婦は楽しそうで仲が良く、微笑ましい!
私の両親もこの先も元気で、2年目になる団地の生活で楽しみを見つけて欲しいなと思ったのでした。


…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆


にほんブログ村
AD
コメント(25)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
今日はGW中の平日でしたね。
近隣では商店街でお休みのお店があったり、
私の住む建物も旅行などに行かれている方も多いのか、いつもより人の気配が薄く静かな月曜日でした。

私の部屋は冬には暖かでいいのですが、
外の気温よりも年間通じて温度が高めになります。
今日は暑く感じて半袖で過ごしました。


今日は平日だけど、習い事も休講でやっていないので、
9時まで寝てゆっくり起きました。
寝すぎたのか頭が痛くて、特別な用事もないので午前中はお茶ばかり飲み、録画した番組を見ながら、小学校の時から使っている裁縫箱を取り出し針と糸でワンピースの繕いをして、私って本当に地味だよなぁとしみじみ思った。

NHKの【みんなの体操】でテレビと一緒に体操したり、ぼんやり過ごしました。
体操で血流が良くなれば頭痛は治るかと思いましたが、朝食食べても体操しても治らなかった
たらーっ

あっと言う間にお昼になり、
昼からは出掛けようと思っていました。
一応平日ですから、電車に乗って百貨店までぶらり行くのもいいなぁと思っていたその時…。

顔まわりの髪を編み込みしているとメールが届き、勤務先のお友達からでした。
(詳細は書きませんが)
明日私が出勤した時に怒られる可能性があるという速報。
ピシャーンとカミナリに打たれたようにショックで出かける気力はなくなってしまった
(^_^;)

(全くなんて休日なのだ…)
しょんぼりもしましたが、
速報をもらったおかげで心の準備をして行けますから、しっかりお礼のメールを送りました。

午前中は太陽が輝いていたのに、
お昼から私の心の空模様と同じどんよりした天気になってしまった。
ベランダからぼぅっと外を眺めていると↓↓


(あっ!!オナガだ!!)
オナガは顔が真っ黒で、名前の通り尾っぽが長く、野鳥の中では大きいサイズです。
少し離れた戸建のおうちの屋根に居ました。
屋根を歩くとペタペタ足音が私の所まで聞こえてとても可愛い。

どんな気分の時でも、外の景色を見れば少し心が落ち着くし、
鳥が好きなので、しょんぼりしていても鳥が来ると、きっと私は目が輝いている気がする。


↑この部分に雨水が溜まっているらしく、2-3羽やって来て皆真っ逆さまになってお水を飲んでいたので笑ってしまった。
私もオナガのようにたくましく生きるのだ。
オナガの尾っぽは水色で綺麗だなぁ。


遠出はやめる事にして、少し片付けをしたり、珍しく昼間からトイレ掃除もしました。
最近私が便利に使っている、掃除のおすすめを紹介します。


↑今まで様々使ってみましたが、セブンイレブンで売っているこのコロコロが本当に使い勝手が良くて大好き◎
コロコロって、各社が出していますが、今までずっと使いにくかったのです。

カーペット用で強力粘着と書いてあるのに、付箋ののりかって位粘着が弱かったり、
すごくめくりにくかったり、めくる時に何度も縦に裂けてしまったり。
このセブンイレブンのは素晴らしく良かった。
すじ塗り粘着とありますが、これが本当に良い感じ。
一枚一枚が厚手で、素材がとても切りやすくミシン目以外で切っても、髪の毛がたくさん付着していても曲がりにくい。
なくなったらまた絶対セブンイレブンで買おう♪
とってもおすすめです。

それからもうひとつ、
ユニットバスの私は髪が排水に流れないように100円ショップのグッズを使っていました。
↓ダイソーのこちらに買い替えたらとても良かったのです
キラキラ


柔らかいシリコーン製品です。
今までのはプラスチック製を使っていました。
(他にもスポンジのものや、シートタイプも見た事があります。)

他社のプラスチック製は、お湯の栓を抜いて排水口に置くと、浮き上がって来る事があった。
なので私は片足で押さえながら風呂の湯を流しつつ、シャンプーをしていた。
でも足で押さえるといつの間にか排水からずれてしまっていたり、反れて髪が流れてしまう事も。

ダイソーのこのシリコーン製のは、
ペラペラに柔らかくて、排水口に張り付きズレません。
(もう足で押さえなくていいんだ!)
足で押さえる必要がないなんて、何と画期的なんだろうと嬉しくなった。
商品は手前に出っ張っているように見えますが、
排水に置くと反対側にくぼむので、髪の毛が勝手に丸まり小さくまとまって、あとはぽいっと捨てるだけ◎
こんなに便利なのに100円!!
これもとってもおすすめです。
(ユニットバス以外でも、金網のない空洞の排水口に適していると思います。)


私の部屋には今珍しく切り花が飾ってあります↓↓


花瓶はトマトジュースが入っていた空き瓶をとっておきました◎
前回の休日にダイエーに行ったのですが、お花がとても安かったのです。
ガーベラ2輪で98円だったんですよ☆

それから、とても面白いアイデア抜群のコーナーがありました。
レトルトカレーが本棚になって売っていたのです↓↓


この写真だけパッと見ると、本当に本みたいでスーパーとは思えない
あせ
カレーの本棚、面白くて素敵で長らく見入ってしまいました。
こんな風に並んでいると、背表紙の部分にカレーの名前が書いてあるし、本みたいに各種引き出してみたくなりますね。

自宅にあるバーモントカレーを使い、
今日の夕飯をカレーにしました。
カレーにするとごはんがいっぱい食べれますし、月1-2回くらい作ります。


↑ごはんが220g位、大盛りカレーおいしかった。
鶏ひき肉と豚コマ肉で作りました。
6皿分に、いつもにんじんを2本入れます。
カレーのにんじんがとても好きです。

明日から祝日続きと週末なので、
どうぞ皆様も楽しい5月になりますように
(*^o^*)

…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆


にほんブログ村
AD
コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
とても暑かった為か、ベランダの外では春蝉が鳴いていたみたいです。
昨日両親の暮らす団地に遊びに行き、今日の夕方帰って来ました。
良く晴れさわやかな気候の2日間で嬉しかった。

昨日家を出る時、日傘か帽子か服装にとても迷いましたが、
両手が自由だと歩きやすく写真も撮りやすいので、5分袖のワンピースに日焼け防止にアームカバーをして、帽子を被って団地に向かう道のりを歩き始めました。

ハイキングコースみたいな道が多い団地までの道のり。
あちこちに細ーい糸を伝って小さな芋虫がゆらゆらしていたり、
春によくいる小さい虫の群衆が空気中そこかしこにモワモワ飛んでいた。
(日傘にすれば良かった…!!)
日傘ならアームカバーなしで涼しく歩けたし、虫を避けて歩くにも便利です。
暑がりながら歩き、日傘を持ってこなかった事を後悔しました
たらーっ


↑団地の入り口の木々も見渡す限りの新緑で、間を抜けて吹く風が気持ち良かった。
玄関を開けると、解放されたベランダから風が通り涼しく感じた。
部屋ののれんが夏用の透け感のあるものになり、こたつも片付き、それだけで随分涼しそうに見えました。

私は家を出てくる直前、
洋服に迷い、出発前寝具を洗うかで迷い、2冊の本どちらを持っていくかで悩み、帽子と日傘を決めるのにも脳内会議が始まり…。。。
そんな調子でいつも以上にグズグズして結果お昼ごはんを食べる時間も失い腹ペコだった。
団地の駅に到着すると、お腹がすいているのでパンをおやつに買おうと思いました。
選んだのは母も大好きだというデニッシュ生地のあんずのパン。


下にカスタードクリームがたっぷりです。
母がお湯を沸かしてコーヒーを淹れてくれたので、丁度中継していた東京オリンピックのエンブレムの表彰式を見ながらおやつの時間になりました。

その後、両親と散歩に出掛けました。
団地に到着した時、台所のテーブルに空のトレイが置いてあったので、
(夕飯は何だろう?)
とずっと思っていました。
餃子を並べるためのお皿かなと密かに予想していたのですが、散歩に出る直前えりんぎだけちょこんと乗っていた。
=餃子ではないみたい。


母に夕飯何か聞いてみると、
「焼肉よ。」
との事で、最近ずっと焼肉が食べたかった私は大喜び◎
「そんなに喜んでもらえるなんて。」
と母がびっくりしていました。


↑秋になれば真っ赤になる楓、今は若い緑が揃いました。
散歩の時刻は16時頃から。
夕方になり少し曇って来ましたが、暑すぎず歩きやすかった。
公園一帯は花の甘い香りが充満していて、つつじかと思いましたが、


↑小ぶりだけど藤の花も風に乗っていい香りがするのだと母が教えてくれました。


↑木々も地面の草もスクスク伸びているようです◎


↑斜面の緑地には西洋タンポポが星のようにキラキラしていました。
デニッシュパンがお昼代わりだった私はまだ少しお腹が空いてた。
だけど焼肉がとても楽しみで、散歩もウキウキ歩きました。
「ヤッキニック、ヤッキニック!」
と言いながら腕を振って坂道を歩くと、
「いっぱい食べてね。」
と母が言いました。


母は散歩中に団地での近況を教えてくれました(*^o^*)
同じ棟につい先日小学生の子がいる家族が引っ越してきて、最近よく子どもの明るい声がして嬉しい事。

先日父と散歩に出かけた時、途中スーパーでウーロン茶と焼酎を買う為、ほんの5分位父に入り口で待っててとお願いしたのに、
父は待たずに勝手に帰ってしまい、半分持ってもらおうと重たい飲料を買ったのに母がゼイゼイ言いながら一人で持って来て腹がたった話など…。

町を大きくぐるっとまわり散歩をして帰ってくると、
八重桜がたくさん花を落としていました。
ふわふわと柔らかく、この花のかたまりのまま落ちてくる桜。
花の様子も手触りも、お花紙で作った花のようだなと懐かしい気持ちになりました↓↓



夕食の前にお風呂に入りました
温泉
↓その時もう台所のトレイには、焼肉用の野菜が並んでいました◎


団地のお風呂はそんなに広くなくて、バランス釜のお風呂。
曇りガラスの窓が一つあるので、外の空の色を見ながら入浴出来る所が大好き。
日が驚く程伸びたので、
18時過ぎても窓の色は空色で、18時半ごろ藍色に近づいて行きました。

正方形の浴槽は狭くて、私の部屋のユニットバスのほうが足が伸ばせる長さはあるみたい。
だけど深さは団地の風呂がしっかりしており、お湯は首まで届き全身浴出来ます。
私はいつも…、
髪を洗い→湯に浸かり→体を洗い→湯に浸かり→顔を洗い→湯に浸かり→出る
という流れ。
しつこく湯に浸かる、これがたまらぬ風呂の醍醐味。
座って体が洗えるのもいいです。
今となってはこの理想的な入浴の形、
団地に来た日や時折銭湯に行く時など、年に数える程なんだなとしみじみ思いました。

でも
普段のユニットバスも嫌いではありません。
掃除もとても楽ですし。
ユニットバスでは、
初めゆっくり浸かり→洗髪→体を洗い→顔を洗い→出る、という流れです。

いつも団地からひとりぐらしの部屋に帰宅すると、その日だけ団地のお風呂が懐かしくなります。
(浴槽が独立しているといいよなぁ。)
と思うのですが、1日だけですぐその気持ちも消えちゃいます。


…お風呂から上がると、鉄板に牛脂を塗るいいにおいがしていました。



母がスーパーで買ったというお肉には↓↓


プラスチックの野菜が同封されており、
こんな変なもの初めて見たので私は笑いました。
本物のサンチュ1枚だけでも添えてくれたほうがずっと嬉しいのにねとみんなで笑いました。

焼肉とってもおいしかった◎
「あんまり食べなくて残念。」
と母に言われてしまったのですが、とんでもない!!
ものすごく食べたのです
普段の倍以上の満腹度合い。
私は野菜も大好きなので、野菜もいっぱい食べたのです。
母はきっと私に肉ばかりたんまりと平らげるイメージを持っていたのかも…
たらーっ



今朝も団地には鳥の声が響き、暑くなりそうなくっきりした青空でした。
10時20分くらいから両親と散歩に出掛けた。
【河原の散歩コース】私は初めて連れて行ってもらいました。
住宅街を抜けて歩くと、


↑ポピーが広がる緑地帯があったり、


↑暑くて乾燥した畑に葱坊主が並んでいました。
↓どっちの道を歩こうかなぁ。



↑横道の先は細い小径になっていたり、
ゆっくり散策したら楽しそうで、植物もいろいろ楽しめそうです◎
↓足元にはポコポコ綿毛のタンポポ。


見えてきた河原のコースには、向こう岸ハナミズキが白とピンク並んで綺麗でした↓



途中の自動販売機で買ってきた飲み物を、河原の近くの木陰のあるベンチで飲んで一休みして帰りました。
私が買ったのはオロナミンC。
父と母は冷たいコーヒーを飲んでいました。
↓葉のシルエットが素敵。



木の下は涼しい◎
まだ蚊もあまりいないので助かります。

父は河原道をもう少し散歩して帰るとの事で、
私と母はひと足先に帰り、お昼のパスタを茹でたりしました。
お昼ごはんは、ミートソーススパゲッティ◎


暑かったですが、綺麗な景色や空気の中歩くと本当にごはんがおいしい。
3人ともペロッと食べました。
お昼のあと眠くなり、
ベランダに干してあった私の毛布を取って来て、太陽のポカポカ毛布を掛けて1時間近く昼寝をしてから帰ってきました。

いつもこんな風にたくさんご馳走になり、母の惣菜のおみやげもたくさんもらいとても嬉しく感謝でいっぱいです。

…団地に来る時、2冊の本どちらを持ってこようか迷った私は、結局両方持って来ていました。
所が結果どちらも全く読まなかった。。。
私というのは、そういうアホウな所が満載にある女なのだ。

5月にも団地に来るのを楽しみに、
また明日から元気に過ごしたいと思っています。
皆様も素敵な連休になりますように。

…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆



にほんブログ村
コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
春雨の日が続き、もう4月の中旬となってしまいました。
今朝は昨晩からの雨が弱く残っていましたが、午後からは薄く太陽の日差しが届く時間もありました。

今日は休みの1日を過ごしたのですが、
最近の雨の日々には、満員電車の圧力を再確認したのです
たらーっ

4/7は早出だった為、かなり混雑する時間帯の電車に乗り込みました。
どのドアも乗り込む隙がないけど、どうにか一番最後の乗客として乗り込む事になった私。

最混雑時間にドアの閉まる位置に立ったのは人生初めて。
よく車内の中ほどから、
サラリーマンのかたなんかが、ドアの天井に手をつき踏ん張ってどうにか乗り込むのを、
大変そうだなぁとこれまで眺めていたけど、私もそれを体験した。

①どうにか足を車内に乗せ、ドアの天井に片手をつき何とか踏ん張る。
②ドアがゆっくりと閉まってくるので、細くなり挟まれないようにドアをかわす。

後ろ向きに乗り込むと、中からはね返すようなで押し出されそうになります。
それを、上に手をついて踏ん張る訳なのです。
腕は究極の圧を支えブルブル震えるし、窮屈で雨で蒸し暑くとても大変だった。
しかも!!
電車が動き出したとたん、身の回りにゆとりの空間が出来た。
もう乗り込まないように、発車間際はおしくらまんじゅうシステムで圧迫されるなんてひどいものだ。。。
もうラッシュ時にドアセンターにならないように気をつけたい。
一駅だけでしたが、かなりの筋力が必要でした。。。


昨日の出勤時間も、降りそうな天気でいつもより電車が混雑していました。
私は苦しいとかはなかったのですが、カバンがかなり圧迫されていたのは覚えています。
お昼の時間に気づきました↓↓


ゆでたまごがメタメタにクラッシュされていた
あせ
混雑の圧力おそろしや…。
お弁当箱の上にポンと乗せてあったのです。
丸いたまごの形が好きで、こんな風にしてしまって可哀想だったと心底思いました。



今朝は朝起きてすぐ、いちごジャムを作りました。
作るのを楽しみにしていたのです。
前回キウイジャムは失敗気味でしたが、今回はおいしく出来ました◎


3日前の休日、ジャムを作るつもりで近所の八百屋でいちごを買ってきました。
ところが帰宅してからひどく頭が痛くなってしまってその日は作れませんでした。
そこで再び休日だった今朝、起きてすぐに作る事になったのです。

私は今回砂糖のパワーにとても感激しました。
完熟のいちごは通常すぐに傷んできてしまいます。
一晩だけそのまま冷蔵庫に保管しましたが、
翌日に洗い、ヘタを取り水気を拭き、砂糖まみれにして再び冷蔵庫へ。



↑8時間くらいでこんなに水分が出てきます。
粉末黒砂糖を使ったので、黒蜜いちごみたいになりました。
いいにおいがして煮込む前からおいしそう◎

本当はこのくらい水分が出たらもう煮始めていいのですが、
更に24時間、このまま砂糖漬け状態で眠っていてもらう事にしました。
休みの日に楽しんで作りたいので、全体をしっかり混ぜ再び冷蔵庫へ↓↓


↓今朝のいちごは水分が更に出ていましたが、特に傷みが出た様子もなかった。


砂糖が劣化を防ぎ保存に役立ってくれたのだと思います。
とても嬉しかった。
鍋に移し火に掛け、アクを丁寧にとりながら煮詰めて行くだけ。



↑いちごを煮るなんて変な感じ
(*^o^*)
↓焦がさないように煮詰めたら出来上がり◎



黒砂糖×いちごは色の相性も良いみたい。
ジャム作りが好きになりつつあります。
お菓子作りが無理な私でもジャムは簡単に出来て楽しい。
300gのいちごに黒砂糖150g使用しました。
(※砂糖の量はいちごと同量~半分の重さでいいそうです)


2瓶くらい出来るかと思っていたのに、出来上がりはたったの1瓶!
いちごジャム、夕食後にヨーグルトに掛けて早速食べてみました◎

水あめ風にトロミが付いていて、おいしい!!
すごく濃厚で味が濃くて、いちご一粒でヨーグルト3口くらい食べられます…。
…という事は少し煮詰めて濃縮しすぎちゃったのしょうか。
ジャム作りは、フルーツを選ぶのも煮込むのもとても楽しかった。
また絶対作りたいなと思っています。


最後に少しだけ、
最近もまだ特訓を続けているサバ味噌についてです。
先週も一度サバ味噌を作りました。


同じように作っているつもりでも、
なかなか煮汁の味などが一定になりません。
煮魚ってなんて難しいんだろう。。。
その上、吹きこぼしてしまったので↓↓


カルメ焼きみたいな、しつこい吹きこぼれの掃除が大変だった。
おまけに、
今回のは見た目は綺麗だったけど、あまりおいしく出来なかった。
味の染みかたがいまいちで…。
トホホ…。
サバ味噌特訓用の菊正宗ももうなくなってしまいました。
いつかサバ味噌の達人になれるだろうか。
別にそんなにサバ味噌が好きな訳でもないのですが、
もはやムキになっているかも
たらーっ

以前焦がしてしまった事もあるのですが、
味噌が濃くてサバ味噌の仕上がりはその時のが一番おいしかったのです。
失敗が少なく、なるべくいつでも味が決まるように、
【サバ味噌】今度は違うレシピでも作ってみようと思っています◎


…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆


にほんブログ村
コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
昨晩からしっかり雨が降り、
目覚めると雲に覆われた薄暗い暴風雨の朝でした。

花粉症の薬の為に耳鼻科に行きたかったのですが、かなりの悪天候だったので午前中は作り置きおかずなど作りながらのんびり過ごしました。
図書館で借りた本に、簡単でおいしそうなお惣菜のアイデアがたくさん載っていました。
簡単なものを少しずつ作ってみるのが楽しい。
今朝は【大根の香りづけ】というのと【鮭のゆず風味焼き】というのを作りました。
どちらも松村眞由子先生のレシピです。

【大根の香りづけ】
・大根の上の部分5cm(200g)
・塩
・酢
・ゆず茶か柑橘系マーマレード

①大根を5mm位のいちょう切りにして、塩小さじ3分の1を振り10分ほど置き、水気をしぼる。

②ゆず茶もしくは柑橘マーマレード大さじ1、酢大さじ1.5、塩少々をまぜたつけ汁に20分以上つけて出来上がり。

スーパーのポリ袋で漬け込みました↓


私はりんご酢を使いましたが、強い酢の味は苦手な私でもおいしく食べれました◎
冷蔵庫で1週間ほど日持ちするところも嬉しくたくさん作りました
(*^o^*)


今日は買い物に出掛け、昼食が夕方になりました。
母が先日実家で持たせてくれた冷凍牛丼を温め、
感謝、感謝でありがたくいただきました。
今朝の大根づけを早速一緒に食べました↓↓


玉ねぎたっぷりの牛丼がじーんとおいしくて、作りたての漬物もさっぱりしておいしかった。
私はゆず茶を使いました。
韓国のお土産にもらった残りで、1回分ずつパウチになっているものなんですけど…、確実に2年以上前にもらったものが残っていました。
個装のパッケージに賞味期限が書いていません。
封を開け少し味みたら、変わらず美味だったので大丈夫と思いました
あせ



鮭のゆず風味焼き
・鮭3切れ
(以下・漬け汁)
・砂糖小さじ1
・しょうゆ大さじ1
・酒大さじ1
・ゆずこしょう小さじ1

①漬け汁の材料を丈夫なポリ袋に準備する。

②食べやすく2-3等分に切った鮭を①に入れ、20分以上漬けておきグリルで両面こんがりと焼くだけで出来上がり☆

※私はグリルがないので、フライパンで焼きました。
明日のお弁当に入れましたよ。
(いつもお弁当を夜に作っています)
↓ゆず風味の鮭はとてもお気に入りで、作るの2度目です☆


冷蔵庫で4-5日くらい日持ちし、冷凍も可能だそうです。
私は焼いたあと、1個ずつアルミホイルに包み冷凍もしました◎

下準備の際スーパーの鮮魚コーナーにあったビニール袋が、
厚手で透明でとっても便利でした!


お弁当にこだわらず、日々の便利なおかずになってくれる惣菜です。
簡単なので私にも出来て嬉しいひとときでした。


…前回の休日に、味付けたまごを作ろうとした事がありました。
だけど殻をむく時にくっついてデコボコたまごになってしまったんです。
その時、あーあと思って、その場でひとつ食べてしまいました。

綺麗にむけなかったけど、ゆで具合は私の好み通り。
黄身が固まっているけど、まだ濃いオレンジをしたやわらかくおいしい状態。

キッチンでゆでたまご立ち食いをしたその時、
茹でたてのあまりのおいしさに、すっかり茹でたまごファンになってしまった。

もともと卵は大好き。
たまごかけごはんを朝食べる事も多くて、茹でたまごは、サラダ用などに作るのみでした。
そのまま食べるとこんなにおいしいなんて!!

翌日からお弁当と一緒に茹でたまご1個持って行き、おやつとして食べています。
私の茹でたまごファン歴は、2016年4月から始まったばかりですが、
板東英二さんに共感出来るくらい現在茹でたまごが大好き。
殻だって、急がずに、メタメタにヒビを入れてゆっくりむけば綺麗にむける事が判りました。
今朝も4個茹でました。


黄身が中央に来るように、お水から火にかけコロコロと菜箸で時々混ぜています。
ステンレスの鍋を利用で、
ひたひたの水で沸騰後、弱火にして7分加熱。
その後水に取りしっかり冷やす方法で作っています。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


これは今日の写真ではないのですが、
4/1に用事があって渋谷に行った時のハチ公前の様子↓↓


待ち合わせのいつもの風景も、桜を囲んで人が集まるとお花見大国の日本の素敵な景色だなぁと、駅の窓から眺めていました。
同じく4/1の近所の桜です↓↓


今日の午後は雨も止み、曇り空でしたが傘のいらない天気になりました。
↓遊歩道のタンポポにてんとう虫がとまっていて、春らしい写真が撮れました。


てんとう虫、しょっちゅう部屋に入ってくるので好きじゃないですが、黄色いタンポポと絵になりますね。



2015年あたりから、食材費がどんどん上がってしまい、多い時は25000円を超える月も出てしまいました。
以前は食費を節約して12000円くらいに収めるように頑張っていたのです。

無理をせずに、2万円は超えないようにしてみようというのが3月の目標でした。
1月→25066円
2月→21051円
3月→19380円
となり、無理なく食費が抑えられたのでホッとしています。
もう少し節約出来るといいのですが、何をどのくらい買っているか見てみたくなり、3月のレシートをまとめてみました↓↓

***3月の食費での買い物全て***
・きゅうり 6本
・長ネギ 4本
・きゃべつ 1玉
・赤ピーマン 3個
・赤パプリカ 2個
・オレンジパプリカ 4個
・トマト 1個
・ミディトマト 2袋
・三つ葉 1袋
・にら 3袋
・にんじん 6本
・ごぼう 2袋
・ほうれんそう 1袋
・にんにく 1個
・なす 2本
・玉ねぎ 2個
・長芋 1パック
・ホワイトセロリ 1袋
・セロリ 3本
・しめじ 3袋
・キウイ 5個
・りんご 4個
・バナナ 1袋
・いちご 1パック
・納豆(3個入り) 8パック
・木綿とうふ 1パック
・たまご 3パック=16個分 
・白いりごま 1袋
・あぶらあげ 1袋
・味付のり 1袋
・黒砂糖 1袋
・徳用ブラックサンダーミニバー 1袋
・バーモントカレー大 2箱
・ヨーグルト(450g) 10個
・牛乳(1リットル) 4本
・天然水(200ml) 1本
・オレンジジュース(200ml) 1本
・ドリップコーヒー 2袋
・鬼ころし(180ml) 1本
・菊正宗(900ml) 1本
・緑茶茶葉 1袋
・ティーパック緑茶 2箱
・ツナ缶 1個
・魚肉ソーセージ 6本セット
・ピーナツバターコッペパン 1個
・鷄もも/かた/胸肉 各1パック
・しらす 1パック
・調理済ししゃも 1パック
・調理済さばの塩焼き 2パック
・調理済いわしショウガ煮 1パック
・かつお刺身 2パック
・いわし 2尾
・サバ半身 2パック
・鮭切り身  3切れ
・まぐろたたき 1パック
・コンソメ 1袋
・柚子胡椒 1本
・米5キロ 1袋
・発芽米2キロ 2袋


…書き出す手が疲れた。。。
いつも金額だけ控えたらレシートすぐまるめて捨ててしまいます。
こんな風に詳細まとめてみたのは初めてで、おもしろかった。
酒は料理に使っているもので飲んでません(笑)

割引や見切り品でお得に買ったものも多いのですが、たくさん食べたのだなと思います。
食生活のかたよりなんかもわかるので、
時々チェックしてみるのもいいかなと参考になりました。



朝の忙しい時間、時々こういった失敗をしてしまいます↓


(3/30)ドリップコーヒーを振りまいてしまいました
ぬけた魂
マット洗ったばかりだったのに、アホウさ加減に気が滅入ります。
横の引き出しの中や、その下の床にも入り込んでいるだろうと思い、
帰ってからしようとこのまま出掛けた私。
家を出たらもう、ドリップコーヒーの事はすっからかんに忘れてしまって、疲れて帰って来た夜に、2度目のがっかりを味わいました。

しかも掃除機で吸い込んだら終わりと思ったのですが、
泥んこみたいに色移りしてしまったので、結局また洗ったのでした。
出かける1時間以上前から起きてはいるのに、日々朝はドタバタ。
(のろまなので)もう少し早く起きようと毎日のように思います。


…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆


にほんブログ村
コメント(25)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
28日(月)から一泊で両親の暮らす団地へ遊びに行ってきました。
お花見出来る頃を予想して、1ヶ月以上前から休み調整していたのですが、桜予想は残念ながら少し外れてしまいました。
まるで桜を見に来た外国からの旅行者の気持ちように残念に思いました。


でも嬉しい事には、
かなり激しい雨が降るとされていた予報の雨が遅れ、夜になってから大雨が降った事。
昼間は曇ったり青空が見えたり、不安定ながらも春の景色を楽しむ事が出来ました。

秋に落ちてきて、雨の日も雪が降ってもずっと地面に散らばっていたドングリ。
割れて育つ様子を初めて見ました。
↓堅い殻で実を守り、腐らずに春が来るのを待っていたんですね。





大雨の可能性があったので、穏やかに歩けるだけでとても嬉しかった。
小さな丘の道ですれ違うのは鳥だけで、藪に小枝にあちこちに鳥がいて、嬉しそうにぴょんぴょん飛びまわっていました。
ホーホケキョとうぐいすが美しく鳴いていたけど、うぐいすは姿を見せない鳥なのでどうしても見つける事が出来ませんでした。
丘の頂上の原っぱでようやく人を見かけました。
背中の曲がったおじいさんがたったひとり、ゲートボールの特訓をしていました。
ボールを3つ持って頑張っていました。


団地に着くと、父も母も茶の間で高校野球を見ながらこたつに入っていた。
父がセブンイレブンでホットコーヒーを3つ買ってきてくれたみたい。
両親は丸いクッキーを食べコーヒー飲み始めていたので、
私も手を洗って、自分は持っていないので実家で体重を計り、お茶の輪に加わりました。
前回の散歩での鳥の写真などをプリントして持ってきたので、お茶を飲みながら見ました。
お茶を飲んだあと夕方から1時間半程、両親と一緒に散歩に行きました。
夕飯はおいしい海苔があるそうで、手巻き寿司と鶏の唐揚げだと歩きながら母が教えてくれたキラキラ


散歩から帰ると、私の寝床でもある3畳の狭い部屋で座布団を枕にして毛布を掛けうとうとと昼寝をした。
母が夕飯の準備をする、冷蔵庫を開けたり食器を並べる音が、眠りながら懐かしい生活音として聞こえていました。

お風呂が沸くと一番風呂を勧めてもらいましたが、
母が伊予柑の皮をカラカラに干した入浴剤を持たせてくれました。
柑橘のいいにおいがして、昔お弁当など包んでくれた懐かしいハンカチに包まれていました。
静かな浴室でゆっくり温まっていると、
茶の間でニュースを見ている父と、台所の母がニュースの話題で時々喋っているのがほんのり聞こえてきます。
両親はいつもこんな風に、夕食前の時間を過ごしているのだなとほのぼのしました。
浴室の曇りガラスの窓が、水色から紺色に変わり日が暮れていった。
お風呂から上がると雨音のように揚げ物の音がして、唐揚げのおいしそうなにおいが充満していました
(*^o^*)


手巻き寿司、鶏の唐揚げ、豚汁です。
中央の緑のプラスチック皿、これは私が一人暮らし始める前日に買ってきたお寿司がのっていたお皿。
母は捨てないで取っておいてくれたみたいで時々登場します。

唐揚げも豚汁も母の味だなぁと思うとじーんとおいしかった。
味噌汁は具材のバランス、だしの味わい、味噌の濃さ、そういうのがいつもぴたりと決まるのが素敵だなと思います。
母のバランスがあって母の味となる。
100の味噌汁があったとしても、私はこれが母の味だとわかる自信があります。
自分で作った味噌汁も一応おいしいと思うけど、母のと全然違う味がします。
いつか私も自分の味が確立するといいなぁ。
夕食を食べながら、
父がある日の散歩でたぬきを見つけた、らくらくフォン撮影の動画を見せてくれました。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


夜のうちに大雨が降り、風が強く吹いていました。
3/29今朝目覚めると暖かくて快晴の散歩日和でした。
桜を見ながら歩き、お昼は和食ファミリーレストランで昼食をとることに決まっていました。
いつも散歩の時にはシャツとジャージズボンの父が、
「おしゃれして行くか。」
とひとりごとを言いながらセーターと柔らかいズボンにはきかえていました。
服はとても似合っていて、私はとても嬉しくなりました。
姉に送ってあげたく、おしゃれ姿の父や、散歩中の両親の様子も写真に撮りながら歩きました。


桜は本当にまだポロポロとしか咲いていません
あせ


↑このしだれ桜は樹齢も歴史がありそうで、満開になったのが見たかったです。
だけど町中に鳥の声が響き、どこかでブーンとミツバチの羽音が聞こえ、花の香りがする空気の中を歩くのはとても気持ちが良かった。


↑アスレチックのようなコースを抜けると菜の花畑が広がった↓


私はこれも菜の花かと勘違いしたのですが↓


これは畑の白菜の花と父が教えてくれました。
収穫しないで育つとやがてこんな風に花が咲くのだそうです。


↑桜も綺麗ですが、透き通るような空の青さがさわやかでとても綺麗だった。


桜は開花が始まったばかりでしたが、たくさんの人が見に来ていました。
屋台は全く出ないので、ゴミもなく綺麗な桜並木周辺です。


↑きっとカモも人間の食べ物ではなく、川の生物を捕まえているんだと思います。
元気に嬉しそうに川に潜っていました。
耳に水入らないのかなぁ?
羽根があぶらっこくて、全然水にぬれない撥水加工なカモが羨ましい。

和食ファミレスで私たちはお蕎麦をたくさん食べました。
おなかいっぱい食べて、景色を眺めながら帰り、
団地の3畳部屋にて座布団枕でまた昼寝をしました。
トロトロ寝かかっていると、母が今朝ベランダに干してくれた私の毛布を掛けてくれた。
綺麗な青空で干した毛布はポカポカしてとても幸せに昼寝が出来ました。


少し寝不足続きの時に、実家でのんびり過ごさせてもらい元気になりました。
またいつもの日々を過ごし、来月も遊びに行きたいと楽しみにしています。
皆様もどうぞ桜の季節を楽しめますように。


…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆


にほんブログ村
コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
今日は私の休日でした。
とても待ち遠しかった大切な日で、部屋のおんぼろ給湯器を交換してもらえる日。

仕事の日より早起きし雑務をしておこうと思っていたのに、何と寝坊してしまった。
眠りの底にいた私にも鳩時計の声が聞こえ、9回も鳴いたので飛び起きました。
ナンテコッタ!!
起床予定よりすでに3時間も経過しています。

とても慌てて、
洗濯機を回しながら、脱いだパジャマも放り込み、
鍋に火をかけながら顔を洗い、化粧水つけながら、時々鍋をかき混ぜに行った…。
お昼まで2時間パソコン教室の予約をしていたので、遅れて到着になると電話だけ入れ、
あとは多少開き直って、食事もしたし、髪も編み、洗濯物も急いで干してから出かけた。

30分も遅れて到着してしまって、受付で謝り、
「さっき起きたんです。」
と正直に言うと、
「そんな感じの声でした。」
と言われ、私も笑ってしまいました。

Excelと図形で絵を描くシェイプアートというのを気分のままに交互に受講しています。
寝すぎたか頭が痛くて、勉強したくなかったので、1時間半お絵描きにあてる事にした。
集中して楽しく描けました。
見本を見て、真似して描いて技術を学んでいる所ですが、今日はこんな観覧車の絵を、三角、台形、六角形などの図形を変形させながら描きました↓↓


お教室が終わったら、急いで帰り部屋を片付けなくてはいけない。
14時から業者さんが来ることになっていて、もれなく大家のじいさんもやって来る。
昨晩気になるほど散らかっていた部屋を、
(早起きして片そう、早起きして味噌汁なんかも作っておこう)
と考え、散らかったまま寝てしまったのです。
交換工事で大家さんが来たりするときっとひどく疲れるから、朝のうちにお味噌汁も作ろうとまで考えたのに寝過ごしてしまいました…。

とあるスーパーで今日はバーモントカレー(大)が159円の特売価格で売られるのを私は知っていました。
部屋も急いで片付けないといけないけど、私はスーパーまで自転車を飛ばした。
工事のあとではバーモントカレーがなくなってしまうかも知れない。
最近なかなか安くならないのだ。
本当にカレーだけを2箱購入し、また必死に自転車をこぎ、なんとか約束の1時間前に帰ってきました。
すぐに掃除開始して、人が来ても恥ずかしくない程度に部屋中を整頓しました。

14時過ぎにまず大家のじいさんがやって来たので、交換をよろしくお願いしますとあいさつしました。
大家さんは業者さんが来るまで建物の清掃をしているようでした。
まもなく業者さん2人組が新しい給湯器を持ってやって来ました。
すぐ着手して、スムーズに作業を進めていました。

私はどこに居ようかと落ち着かなかったけど、
机に向かい図書館で借りたお弁当おかずの本をパラパラ見ていました。
時間が足りずお昼を食べれなかったので、おなかすいたなぁと考えていた。

本当は早起きして洗濯を済ませ、業者さんが来るまで洗濯物を取り込んでおく予定だったのですが、寝坊によりまだ乾いていませんでした。
給湯器と反対側に洗濯物はまとめて干して、ブランケットで隠しました。

付け替え工事が開始してすぐに、
「マットみたいの干していましたか?風で飛ばされちゃったみたい。」
と言われ、たしかに落ちた音が聞こえました
あせあせ
真冬用のカーペット↓↓


ノルディック柄の可愛いものは、母が買ってくれたのです。
私がサイズを間違えたから小さいんですけど、冬のあいだここに座ったり寝転んだりするとポカッと暖かい。
給湯器の出し入れで汚れないように、ベランダの手すりに干していました。
もう暖かくなってきたし、今日このまま片付けてしまう予定だった。

落ちたのは真下ではなく、風にあおられ、近隣の寮施設のゲートの中に落ちてしまった。
コンクリートの地面の下ですが、厳重な警備で入れない所なのです。
母から買ってもらった大事なラグマットが…。
汚れる前に取り戻したいし、心配でいてもたっても居られなくなってきた。

しばらく机に向かっていると、
気配がして見ると大家のじいさんが部屋に上がり込んでおり、また例のスリッパをはいていた。

【☆頼む、ユンケル皇帝液】(2015/04/11の記事)

↑以前に書いたエピソードなのですが、
大家さんのスリッパは結構汚れたスリッパで、いつも持参で部屋にあがる時はくのですが、そのまま外通路や他の階へまでも平気で行ってしまうのです。
昨年4月に、外も歩いたそのスリッパで上がらないで欲しいとはっきり言った事がありました。

…私は母のマットの事で気を揉んでおり、少しピリピリしていた。
大家さんがソロリと入ってきたのも、スリッパを性懲りもなくはいていた事も気に障り、
つい感情が怒りに変わってしまいました
あせ
「すみません、前もお願いしたんですけど外も歩くスリッパで上がらないでください。」
と言ってしまった。
「これは室内履きだよ。」
と大家さんは反論しました。

きっとまたスリッパで上がろうとするんだろうなと想像出来ていたんです。
だから私には対策がありました
ぴかっ!


↑健康診断の時に、使い捨てで用意してくれる不織布スリッパ!!
(画像は、じいさん使用前です※)
検診後に持って帰って来ていました。
大家さんが来る時には、スリッパはきたいならこれを私の部屋ではいてもらおうと思いまして、裏を拭いて保管しておいたものです。
はき替えてもらいました。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 


先日の3連休中に、半年近く空室だった私の隣りの部屋に新しい住人が入ったようなのです。
引っ越しは私の仕事の日に行われたようで、全く知りませんでした。
仕事帰りの22時頃、部屋で夕食を食べていると、
私の玄関の前に誰か来たような物音がして、びっくりしてドアスコープから覗いてみると、鍵を開けて隣りの部屋に入って行きました。

(新しい人が決まっていたんだ!)
と、とにかくびっくり。
確実に20才前後と思われる、とても可愛らしい女性ふたりが室内に入りました。
お友達が来たのか、一緒に住んでいるのか判らなかったけど、
派手な子ではなく、ふんわりした可愛らしい女の子ふたりでした。

もしあのふたりで住んでいるのなら、なんとなく嬉しいななんて思いました。
今のところ静かなお部屋みたいで、玄関や戸をあけたりする音はする事があるけど、他は何の生活音も聞こえません。

今となっては、私らしくアホウな出来事なんですけど、
丁度隣りが来たと思われる日の次の日、私の休日でした。
(もしかしてあいさつに来てくれるかもしれない。)
と勝手に妄想を膨らませ…
ぽわーん
朝起きるやいなや、一応いつ来ても出られるように身支度をしていたんですけど、特にあいさつには来なかったです(^_^;)


…私は給湯器の交換作業がまだ続く中、
どうやって寮施設に入ってしまったマットを取ってもらったらいいか悩み、心配で、寮施設の前でウロウロオロオロしたりしていました。

大家のじいさんも、給湯器の工事を見張りつつ、
時々外で電話したり、用事のある住人の部屋を訪ねたりしているみたいだった。

落し物をしてしまった寮の管理人さんに連絡するにはどうしたらいいだろうと思いながら、一旦私の部屋に戻ろうとした時、
入り口のところで隣りの女の子と、大家のじいさんが話していました。
私はこの子がお隣りの子だとすぐ判ったので、目があうとすぐにニコッとしました。
同じタイミングで女の子もニコッとしてくれました。
レースのトレンチコートを羽織った、優しそうな可愛い女性です。

大家のじいさんが、ポストの鍵を女の子に預けている所でした。
なぜ入居と同時に部屋鍵と一緒に渡してあげなかったのか、大家さんらしい意味不明さです。

女の子の言葉のイントネーションと、大家さんが呼びかけた名前を聞いて、
中国の子なのかな、という事が想像できました。
留学生かも知れません。
だけど私はこの女の子だったら隣りに住んでくれるの嬉しいなと思いました。
女の子は、
「私たちふたりで住んでるけど鍵がひとつしかないです。」
とじいさんに言いました。
やはりこの間の女の子がきっと一緒に住んでいるみたい。
どちらの子も優しそうな、ふんわりした感じがしました。
じいさんは、
「あぁ、コピーすればいいから。」
とだけ言いましたが、
じいさん!ちゃんと丁寧に教えてあげないとダメです、全くもう。
駅にも合鍵のお店ありますし、コピーすればいいとか、セブンイレブンでコピーとるんじゃないんだから、と呆れてしまいました。

私も大家のじいさんに用があったので、近くに居ましたが、
じいさんが鍵を探している時など、
私と隣りの女の子は言葉は交わさなかったけど顔を見合わせてにっこり笑った。
いつかばったり会う事があったら、あいさつしてお話ししてみたいなと思っています。

それから、私がじいさんに話しかけても良さそうになったので、
マットが近隣の寮施設に飛ばされて困っている事を告げると、
「取ったらいいじゃない。」
という返事だった。
取れるなら取りますけど、警備ばっちりの寮で、インターフォンも見当たらないから困って相談しているのに。
落し物は大事な母に買ってもらったラグマットなもので、
そうなるとすぐ私はキッとなり(←私の悪い部分です)
一瞬大家のじいさんを睨みつけてしまった気がします…
たらーっ

じいさんは、
「あー、わかったよ、ちょっと待ってね、後で行くから。」
と私に言いました。
私はもう一度中国の女の子に会釈して、部屋に戻りました。


ベランダでは給湯器工事が相当に大変そうで、ドリルでガガガが、ゴゴゴゴと本格的な工事をしていた。
私はラグマットを思いしょんぼりし、おなかがすいてたまらなかったので、レンジでマグカップいっぱいに牛乳を温め机でぼんやりしながら飲みました。


大家のじいさんが戻ってきて、
「マットも工事のおじさんに取ってもらうから。」
と無謀な事を言いました。

私の部屋はベランダが2箇所あります。
給湯器工事は南のベランダ、
もうひとつの西のベランダからマットがよく見えるので、私は大家のじいさんにも第2ベランダからマットの位置を見てもらう事にした。

…すると!!
なんとタイミング良く、寮のかたがひとり丁度ゲートを出る所だった。
私はとっさにベランダから下に向かって、
「すみませーん!」
と呼びかけたけど、女性はすたすた歩いて行ってしまう。
隣りに居たじいさんも、
「そこの下を歩いている人!すいません!!」
と珍しくナイスな感じで呼び止めてくれた。

見上げた女性に、
「ごめんなさい、本当に申し訳ないんですけど、マットを取っていただけないでしょうか。」
と伝えました。
女性がまさに、なんだこのマットという感じでよけたばかりのマットです。
「急いでいるんで。」
といいそのまま出て行こうとしたので、
「困っているんです、ただ門の外に置いといてくれればいいので!!」
と私が叫ぶと、
女性は数歩戻り、マットを掴みゲートを出てくれた。
「ありがとうございます!!」
と言うと見向きもせず、もう行ってしまいました。
私は慌ててマットを取りに下に降りました。
大家さんのおかげでもあるので、大家さんにもしっかりお礼を言いました。

マットがすぐに戻ってきてくれてとても嬉しかった。
よく叩いて持ち帰り、もう一度しっかり留め天日干しして、次回の冬に備えて仕舞う事が出来ました◎

給湯器工事は大変そうで、合計1時間半くらい掛かりました。
古い給湯器を取り外すと、雨水がいっぱい出てきてびっくりしました。
新しい給湯器は雨水たまらない構造になっているそうです。
新しくなって安全、とっても嬉しい!!


新しい給湯器のリモコン、しゃべるんですよ
(*^o^*)
【お湯の温度を40度に変更しました。】
など、女性の音声で案内してくれて、キーを押すと♪ピロン♪コロンとか可愛い音がします。
私の部屋の中で一番現代的な備え付けになり、
音声付きなのが、何だかロボットと暮らしているみたいで嬉しい!!
大家さんありがとうございます、本当に大切に使いますね。

業者さんがふたりも来てくれていたので、
ユニットバスの水道の不調も見てもらうことにしました。
シャワーとカランの切り替えがうまく行かなかったり、水道もしまりが悪かったのです。
その点は大家のじいさんに事前に言ってありましたし、今日もう一度言うと、
「じゃあおじちゃんに今見てもらうから。」
と言うので、その異様な業者さんを示す、おじちゃん呼ばわりに驚いてしまった。
中国の女の子に、簡単な日本語で話しかけるうちに、その感覚が染み付いてしまったのかしら。
私は別にいいですけど、目の前にいた業者さんも、気色悪いじいさんだなと思った事でしょう、きっと。

工事もまもなく終わる頃、
トントントントンと鉄の玄関扉をノックする音がして、慌てて出てみると、
お隣りの中国の女の子でした
スマイル
「大家さん、これ、スリッパ!」
と女の子は、
じいさんの薄汚い、焼いたワッフルみたいな生地と色をした例のスリッパを、
足裏面をあわせて、ばっちいのに手に持って私の部屋まで届けてくれたんです
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
何とまぁ、いい子なんでしょう!!
学校に行くそうで、そのまま外出されて行きましたが、私はその誠実な様子に感激しました。

…今日は給湯器が新しくなり、その素敵な風貌とリモコンの楽しさが今とっても嬉しいです。
隣りの女の子も雰囲気が判り、優しく良い子だと思います。
その事もとても嬉しかった。
私しかようやくいなくなった夕方、カレーを温めて遅いお昼ゴハンを食べた16時でした。
空にはふんわりした雲が浮かんでいました。


最後に、
途中何度も外に出たりした大家さんのスリッパの脱ぎ方↓↓


不織布で脱ぎにくいにしても、これはちょっと…、
蹴っ飛ばすように脱ぐからこうなるのです。
わんぱく小僧なら許せるけど、大家のじいさん、困ったじいさんなのでした。。。


…それでは、またです♪
↓押して下さると幸せに思います☆


にほんブログ村

コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
雨が音をたてて降り始めています。
20日はお昼近くから太陽が曇り空を払いのけ、午後は快晴で過ごせました。
春に伸びてくる植物の中でつくしが好きです。
子どもの頃からつくしを滅多に見た事なくて、今でもつい探して歩いてしまいます。
つくしは見つけられなかったけど、


↑黄色い群れは目を惹き、目の前がパッと輝きました。


何の花だろうと思いましたが、クローバーに似た植物【カタバミ】の群れの中に咲いていて、これはカタバミの花なのですね!
本当に可愛い花で、ミツバチも来ていました↓↓


少し離れた所には本物のクローバーじゅうたんも出来ていました↓


日焼け予防に帽子を被り、散歩しながら向かったのはスーパー。
肉派の私は最近、一生懸命魚を食べるようにしています…。

勤務先での健康診断の結果が先日届きました。
基本の検診の他に、自費でオプションも付けられたので、これまで測った事がなくて気になっていた骨密度というのを+1000円にて受けてみたのです。
骨折はした事無いですが、
カルシウム足りてるか考えると、魚の骨が好きではないので骨にはあまり自信がなく、結果が届くまで心配していました。
結果は↓↓


ギリギリ!!
*マークが私の骨密度だそうで、緑/黄の境目の部分に居ますが、
緑=異常なし/黄=要指導だそうです
あせあせ
*マークを縦のラインで見て、
上の黒い実線が同年齢の人の平均値との事で、私の骨は平均以下

結構ショックでしたが、自分の骨の現状を知れました。
骨密度、高性能体重計では測れたりするみたいですが、簡易検査も含め本当に一度もした事なかったのでオプションで受けてみて良かった。
測定は超音波という方法で、
くるぶしにジェルを塗り、あとはマシンがくるぶしをグリグリとして1分もせずに測定は終わります。
さいわい痛くも何ともないけど、こんなんで1000円なの?!!というあっけなさでした
(^_^;)


…骨密度の結果もあって、もう少し魚を食べようと思っているのです。
刺身だとほとんどカルシウムは摂れないそうなので、小魚とか焼き魚などを小骨を含めて食べていくのがいいみたい。
前回の休日に、サバ味噌を作りました。
サバ味噌はこれまで作った2回とも失敗して、上手に作れるようになりたい料理です。
人生3回目のサバ味噌に挑戦した先日3/17は、
慎重に準備をし、分量もしっかり測って火のそばを離れずに調理したけど、
煮詰める最後のあたりでうっかり焦がしてしまった!!


↑汁気が充分あるけど、片寄ってしまって隅のほうが焦げたのです。
蓋を開けた時に焦げた臭いがして、やってしまった、とがっかり。
途中までは今回はちゃんと出来ていると思っただけに悲しかった。
そんなに難しい料理ではないのに毎度出来ず…。
気分的には号泣したくなったのでした
たらーっ


↑火が強かったのか少し焦げ、身も少々硬くなってしまったけど、意外にも味はとてもおいしかった
甘辛い味噌だれがサバ味噌のおいしさで、骨を外しながら所々の小骨と一緒に食べました◎

今日スーパーではサバの切り身がとても安くて、
先日作ったばかりだけど、また作ってみようと今日もしつこくサバを購入。
今回は何度も何度も蓋を開けて見たり、鍋もしょっちゅう揺すって焦げないように慎重に作りました。


↑【サバ味噌・4回目】
身がふんわりと柔らかく煮えていて嬉しかった!
でも味噌だれは、前回焦げた時のほうが濃く煮詰まっておいしかった。
同じ分量で作っているのに不思議。
やはり火加減と煮詰め具合なのですね。
前回と今回の中間くらいだなぁなんて、なんとなくコツも掴めそうな気がしています。

サバを煮立った煮汁の中に入れた時…↓


閉じていたヒレが熱によってなのか、ピラーっと手をあげるように立ったので、
熱いよーと言っているように見えて、驚いてしまいました。
焦げても、例え少し失敗しても、絶対に大切に食べなくては。
お肉もお魚もいつもそんな風に思います。


今日はサバ味噌を作る前にもう一つ手作りしてみたものがあります
(*^o^*)
【キウイジャム】なのです
キラキラ
前回実家に遊びに行った時に、おば(母の妹)の手作りジャムをひとつわけてもらいました↓↓


↑もう全部食べてしまったのですが、これがおばのキウイジャム
キラキラ
ちゃんと瓶が真空状態になっていたし、
この綺麗な色、そして甘酸っぱくてとろみがあるおいしいジャムに心を貫かれました。
毎日夕食後に食べるヨーグルトに掛けて食べましたが、おいしくて仕方なかった。

食パンをあまり食べないので、ジャムって普段あまり買ったりしません。
だけどいつも黒糖で食べていたヨーグルト、こんな風に手作りのゴロゴロフルーツジャムにしたら果実もデザートになっていいなと思いました。
キウイは初心者でも簡単にジャムにできるそうなので、私も早速キウイ5個買ってきました。

ちょうど見切り品コーナーにキウイが5個ありました。
半額になっていたし、ジャムにするのにお得で嬉しい。

いろんな作り方がありますが、砂糖とキウイを煮詰めるだけというのが最もシンプルなジャムレシピのようです。
私が作った方法は、
①キウイ5個をサイコロ状にカットする。


②砂糖をまぶし1時間ほど時間を置き、キウイの水分が出るのを待つ。
(砂糖はキウイの重さ半分~同量くらい・砂糖が多いほど日持ちする
私は黒糖にしてしまいましたが、上白糖やグラニュー糖でいいと思います。


③↑水分のしっかり出たキウイを鍋で煮詰める。
焦げたら台無しなので、弱火でコトコト煮る。

④↓アク取りをしっかりするほど綺麗な色のジャムになるとの事です。
それでもキウイジャム作りは、酸と熱の化学反応でどうしても色が変化してしまうそう。


④その後汁気が少し残るくらいまで煮詰めて出来上がり◎
汁気を完全になくすと焦げるので注意。
キウイはつぶさないほうが食感もおいしい。
とろみは冷めた時につくそうです。


…アクだなんて邪悪な呼び名ですが、
ジャム作りだと果汁と砂糖のおいしいそうな泡で、すくって捨てるのもったいなかった…☆

私の作ったキウイジャムは…。。。
おばの美しいジャムとは比べものにならない仕上がり。
すごく頑張って作ってみたのに↓↓


黒糖で煮詰めた事もあるのですが、
うーん、見た目が、大学いもの瓶詰めみたいになっちゃった。
どうしてこう私は、全然難しくない料理が上手に出来ないんだろう。
キウイたくさん使ったのにと、また号泣したくなる…、けど泣いていません。

見た目も大学いもみたいなんですけど…、
果肉を実際に食べると、本当に干しいもみたいな食感、何故??
おばジャムはトロッとしてゼリーみたいでプチプチして最高においしかったのに。

失敗してから、あれこれ調べてみて何となく原因がわかりました。
砂糖が少なかったかも知れません。
(120gしか入れなかった)
私の場合きっとすぐ食べ終えてしまうので、1週間くらい持ってくれれば充分だと思ってしまいました。
その為砂糖を少なくしてしまい、結果とろみもほとんどつきませんでした。
本来砂糖をある程度たくさん入れる事で、とろみと保存に役立つそうです。
それでも結構砂糖入れたように思ってしまいますが、
食べてみると酸味のほうがずっと勝り、すっぱめのキウイジャムになりました。


ジャム作りもアレンジしたり、奥深さが楽しそうに思います。
洋酒入れたり、レモンやすりりんご入れたり楽しめるそうですし、
瓶の煮沸消毒と真空処理などすると手作りでも相当長期保存できるのだそうです。

おばのジャムは目がハートになるおいしさでしたが、
自分で作った、芋っぽい食感のも、私っぽい味がして悪くはないです。
ジャム作りもまた必ず挑戦したいと思っています。

私のように砂糖を極端に減らしたりしなければ、
上記の作りかたでちゃんとジャム出来ますので、ぜひ作ってみてくださいね。


↑歩道のわきで静かに揺れる、
白くてフワフワしたユキヤナギも綺麗でした。
もう桜が咲きそうですが、雨が今のうちにたんまり降って桜が長持ちするといいですね。

…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆


にほんブログ村
コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは☆
窓の外を見るたびに1週間ぶりの晴天はまぶしく晴れ渡り、寝具を干したかったと思いました。
私の休日は昨日だったので、1日中本降りの寒い1日だったのです。

昨日のお昼頃、習い事から徒歩で帰り道。
いつもと違うコースを傘さし歩いていると、遠くに見事な花垣を見つけました。
私の背よりずっと高く、花垣はおそらく2m以上。
強い雨の中一面に綺麗に咲いていた↓↓



花びらがフリル状になっていて、春さざんかの種類でしょうか。
目が覚め、心が明るくなるような鮮やかな赤だったのです。
とても気に入ってしまった。
蕾もまだあったので、見頃なうちに次は晴れた日に写真撮りに行きたいです。

もう少し歩いた先では、
土砂降りの中、スズメ達が大群で会議をしているような賑わいが聞こえた。
でも電線などには姿が見当たりません。


↑何でもない木に見えますが…、
この葉の中にスズメがごっそり隠れていて、雨宿りの木なのですね。
寒くても大雨でもスズメたちは楽しそうでした◎
私は雨ばかりでがっかりしていましたが、歩いてみれば楽しいものが連続で見れたのでした。

…綺麗だった花垣の様子など、昨日文章に書こうと思っていました。
寒かったので夕方から銭湯に行き、相当長湯をして帰ったら眠くなってしまい、何も書かずに寝てしまったんです。


最近月2回位、時々銭湯を利用しています。
寒ーい日や、土砂降りの悪天候の時によく行く事にしています。
雨の冷たさと寒さをこらえて歩いて行くと、
お風呂屋さんって温かみのあるすごくいいにおいがするのです。
せっけんの香りの混じった、お湯や蒸気のにおいのように思います。

待合の大相撲春場所の映像もなかなか良かったし、
床暖房なのか、脱衣所に向かう足元はニットのタイツをはいていてもぽかぽかしました。
良い雰囲気の中で外の寒さをすっかり忘れてしまうし、帰り道なんて全く寒くないんです。
悪天候の日の銭湯は、普段ユニットバスの私の時々の楽しみ
onsen*キラキラ
とてもおすすめですよ◎



もう季節は春になってしまいましたが、
私の部屋の壊れそうな古い給湯器、大家さんと交渉して交換してもらう事になっていました。
交換する事が決まったのは、もう昨年の秋の事。
その後また連絡しますと言われたまま、連絡は永遠に来なかった。。。

私の住む建物は管理人はいません。
大家さんは別な地域に住んでいて、かなり高齢で変わり者で困った大家さんです。
給湯器の事うやむやにされているのは何とも腹立たしかったのですが、
仕事ではないですが、つい最近までこなさなくてはいけない課題が私にもあり、
(給湯器動いているから、もう少し頑張ってもらおう)
と思いながら過ごしてしまいました。
給湯器が古いまま、ついに春になってしまったんです。

真冬と真夏は滅多に清掃にも来ない大家のじいさん。
大家さんを今年に入って一度も見かけた事がありませんでした。
一度だけ、会社から帰ると共通通路の床に輝きがあり清掃してくれたらしい日がありましたが、もう大家さんの姿はありませんでした。

その後あまりにも清掃に来ないのでだんだん、
高齢のおじいさんだし、もしかしてどこか具合でも悪くしているのだろうかとそんな風に思ったりもした。

…ところが前回の休日、
私が買い物から帰ると階段を掃除するじいさんが居てピンピンしていた。
しかも腹が立つ事に、私が一応こんにちはと声を掛けると、
「あぁ、あなたのあれね、直すやつえっと…。」
というのが返事代わりだったのでした。
「給湯器ですか?」
というと、
「そうそう、もうね業者に連絡済みだからあとはあなたの都合のいい日に設置しましょう。」
ですって…!!!

相変わらず調子のいいじいさんだなぁと思うのですが、
私に余裕がなくて、設置工事を催促しなかったのも本当ですので、替えてくれるのは嬉しいし何も言わない事にしました。
その後部屋で工事の日の希望を考え、じいさんに告げると、
その日は用事がある、他はどうかと散々言われ、結局じいさんの都合にあわせムカムカしてきたけど、なんとか第3希望日に決まりました
(^_^;)
ようやく、もうすぐ私の給湯器替えてもらえます◎

久しぶりにやってきた大家のじいさん。
私の隣室が今空室ですが、どうやら自力の工事をするためにやってきたようなのです。
業者のクリーニングもずっと前に色々していたようですが、何かをしたい目的があるみたいで、
やってきたその日、お昼過ぎから何と23時半過ぎまでじいさんは隣室で何らかのメンテナンスをしていました。

ガタガタ、バタバタ、何か収納の張り替えでもしているような音。
何だったのかは良くわかりません。
時々ドターンと、まるでじいさんごと落下したような音がして、大丈夫かと思っているとまた作業の音は再開しました。
振動や騒音を発しながら、それが結局23時40分まで。
その非常識さにびっくりしますし、元気な高齢者だなぁとつくづく思います。。。

おまけに驚いた事に、翌日も仕事から帰ってくるとまた大家のじいさんは隣室メンテナンスの続きをしに来ていた。
2日目はギコギコとのこぎりで何かを作っていて、鍵をかけ去って行ったのが23時50分くらいだったと思います。。。
つくづく感覚の変な大家さん。
だけどそんな大家さん所有の建物の一室を気に入って借りているのだから、
ある程度うまく受け流していかなくてはと思います。
給湯器が新しくなったら、また写真を撮ってご報告しますね
(*^o^*)


昨日のお昼、うっかりしてしまいごはんが炊かないとなかったので、
近所に住む父の姉であるおばさんからおすそ分け頂いた【かき餅】を食べる事に↓↓


青のり、里芋、ゴマなどを練り込み薄く切り、小正月の頃に父の田舎のほうで作るお餅なんですって。
おいしそうだし、栄養もありそう。
かなりたくさん頂いたのですが、このお餅は揚げ餅専用なのだそうです。

だからこんなに、タイルのようにカチカチに硬いわけだなぁ。
私実は一人暮らしの一口コンロで、揚げ物なんて一度もした事ありません。
だけどこのお餅なら揚げればすぐ食べれるので、鍋に浅くオイルを入れて、揚げてみました…☆
初・揚げ物は、おせんべい!

あっという間にきつね色以上になってしまって、
温度とか火加減とか難しいものですね
あせ
ぷくっと割れれば出来上がり、焦げてしまい見事に茶色くなりました。


でもこんなお昼も楽しかった!
おせんべいとスーパーの見切り品バナナでごはんにしました。

初揚げ物は鍋で揚げた為か、全く油はねせず、
少量の揚げ物なら、これからもこんな風にやってみたいと思いました。
不思議な事に揚げ餅は、
揚げたてよりも、温度が落ち着いてからのほうがサクッとしておいしく感じましたよ。

…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆


にほんブログ村
コメント(19)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。