☆30代 初めての一人暮らし☆

2012年初夏、
30代の私が人生で初めての一人暮らしを始めました。
一人暮らしを決めたいきさつや、始まるまで、現在の生活など、ゆっくりペースで書きためて行きたいです。

一人暮らしをこれから始める全ての年代のかたに、少しでも参考になれば、大変嬉しく思います☆彡


テーマ:
こんばんは☆
今日私の住むあたりでは、日中暖かで4月頃の陽気だったようです。
日が暮れると気温が下がり始め風も強くて、薄着で出掛けた分スカスカする寒さに見舞われました。
 
西の空高くに細い月が浮かんでいた。
もう1月も終わりですね。
梅の白やピンクの綺麗な花を見かけるようになりました。
梅の花を見ると2月がやって来たなと思います。
 
 
つい最近【おとうふやさん】という絵本を読みました。
 
大人の私が読んでも楽しかった!
豆腐屋に並ぶ商品がみな大豆から出来るのを見せてもらうために、男の子が近所のおとうふやさんに早朝から見学に行くお話しです。
こんな風に豆腐って出来るのかと私も思いましたし、読むと絶対にスーパーではなく豆腐屋さんの手作り豆腐が食べたくなります(*^o^*)
 
私は夜寝る前に布団の中で読み、
揚げたての厚揚げが食べたくてたまらなくなり、あまり好きではない豆乳も飲みたくなりました。
しぼりたての豆乳は温かいんですって、それが飲みたくて飲みたくて。
イラストもとっても魅力的で、豆腐屋さんの仕事や作業も判りやすく描かれています。
(次の休みに絶対に豆腐屋で買い物をしてみよう!)
と思ったのが1月上旬の頃。
その後ちゃんと行きつけのおとうふやさんが私にも出来ましたキラキラキラキラ
 
豆腐って冬は特にお味噌汁に入れるだけでした。
私は納豆やきな粉、枝豆も好きでよく食べるので大豆は食べていると思いそんなに豆腐も頻繁には買いませんでした。
 
お豆腐屋さんってどの町も少なめだと感じます。
幸い近所にありまして、休みの日の午後寄ってみることにしました。
すると、午前中はたしかにやっていたのに午後シャッターが閉まっていた。
(あれ、おかしいなぁ。。。)
とたたずんでいると、自転車に乗ったおじいさんが帰ってきて、私を見てすぐ謝りながらシャッターを開けてくれました。
 
おじいさんが一人でやっているお店のようで、休憩中だったみたい。
私は豆乳ともめん豆腐を買いました。
するとひょいっと丸がんもをひとつ食品ビニールに包み一緒にくれました。
おまけですキラキラ
 
「わぁ!!嬉しい!ありがとうございます!」
と大喜び。
でもがんもどきっておでん位しか食べたことなくて正直に、
「どんな風にして食べるとおいしいですか?」
と聞いてみました。
すると、ただフライパンで温めるだけでもおいしいよとの事。
(レンジでもいいそうです◎)
 
私はその時、キックボクシングの帰り道でおなかがすいていた。
帰ってすぐにお昼ご飯と一緒に丸がんもも食べました。
ジューシーでふっくら、とってもおいしかった。
食後また出掛ける用事があったのですが、
豆腐屋さんに再度寄り、丸がんもが最強においしかったと感想を告げ、
がんもどき1枚と丸がんも3つ買うと、またひとつおまけにひょいっと入れてくれた。
がんもだらけだけどとっても嬉しくなりました。
 
↑お豆腐屋さんの豆腐はこんなに盛り上がるほどびっちり大きなお豆腐。
豆の香りがしっかりしておいしい。
↓おいしさにびっくりしたのは豆乳も同じ。
IMG_20170130_204113804.jpg
 
スーパーの無調整豆乳はのどがチカチカしてそのまま飲むのは苦手でした。
豆腐屋さんの豆乳は、お豆腐の味そのものでした。
「おいしいー!」
って大感動をしました。
寒い日に温めて飲んでみた所、表面に膜が張って、
そうして湯葉になった部分を食べるとまた格別においしいんです!
 
そうして1月の間は何度もお豆腐屋さんに通いました。
結構遅くまでお店も開けていてくれます。
この間は店番しながらウトウト寝ていらっしゃって、私がとても和みました。
「こんにちは!」
と買いに行き、
「また来ますね!」
と帰ります。
 
いつもがんもやあぶらげをひとつぽいっと余計に入れてくれます。
【おまけ】に丸がんもをくれた事で、
私はあまり自分では買わなかったがんものおいしさを知り、お店のおじいさんは常連客が増えたみたい。
おまけに感謝しています。
 
 
1/30 今日は父がいよかんを私の部屋まで届けに来てくれました。
母から9時過ぎに父が行きますとメールで事前に知らせを受けていました。
9時5分頃父から電話があり、
「あと5分で着くからおりて来てくれっか。」
と言う電話で、いいよと言ったものの髪がボサボサで、慌てて髪を結んで下におりようとした。
すると階段から父のものと思われるせきが聞こえ、結局上まで来てくれた。
いよかんを手渡し去っていこうとしたので、慌てて冷蔵庫に冷やしてあったカフェラテをお礼に渡しました。
 
いよかんが12玉と、母からメモ書き手紙とお菓子と節分豆が入っていた。
 
節分豆を私の分まで買ってくれる母が大好きだけど、このお面もくれる所が面白すぎる。
おばからもらったというアップルパイは、賞味期限過ぎてごめんねと書いてありましたが全然大丈夫。
まるごとりんごのアップルパイおいしそう、早めに食べよう。
 
朝から寝具をベランダに干していたのですが、
父が帰ったあとベランダの方でバサっという音がして、見るとタオルケットが飛ばされて下に落下していた。
 
干した時は全然風がなくて、洗濯日和だと勝手に思いました。
きちんと天気予報を見なかったり、弱い洗濯バサミでとめた私が悪いのですが、楽しかった気持ちが急に終わってしまった。
 
一人暮らしが決まった頃、母が何故か買ってきてくれたタオルケット。
落ちた場所は小さな学生寮の敷地内。
施錠された門にインターフォンはあるけど、部屋番号を押さないといけなくて部外者が連絡を取れないようになっています。
何度も誰か通りかからないか上から見ていましたが、普段から出入りは少なく難しそう。
 
もし今日中に誰にも取ってもらえなかったら、拾われてゴミとして破棄されてしまったらと思うと悲しくて心配でならなかった。
母から買ってもらった物だからとても大事なのだ。
 
私は門の前でどうにか管理人に連絡出来ないか、もしくは誰か出て来てくれないか考え困っていた。
…すると学生らしい人が自転車に乗って、私のいる門ではない方向に行ってしまった。
でもすぐに戻ってきて、また部屋の鍵をあけて空気入れを取り出しました。
私には全然気づいていなかったので、
「すみませーん。」
と2回呼んでみると気づいてくれ、布団を落としてしまったと言うとすぐ判ったみたいで持ってきてくれました。
私は凄く有難くてお礼を言い、カバンにフルーツゼリーを持っていたのでせめてお礼に渡したかったのですが、かばんをガサゴソしている間にパッと走って門まで届けてくれた。
渡す暇もなく残念でしたが、お礼を言うとハイっと言って走り去りさわやかでした。
風が弱くても、今後は絶対しっかり止めて干します。
 
↑最近一番気に入っている強力洗濯バサミ。
【ジャンボピンチ】という名前でダイソーで4個セットで売っていて、今日は早速追加で買いました。
普通の洗濯バサミより大きめで硬く、しっかり止まるのですが、
物干し竿に毛布を掛けてもしっかり止まり、隙間もないのでとても安定します。
(はさんだ跡も付きにくいと書いてありました。)
 
タオルケットが戻ってきた後はほっとして出掛けました。
色々欲しいものを見てきたのですが、今日買ったものは目覚まし時計。
IMG_20170130_205759164.jpg
 
鳥のさえずりで起こしてくれるもの。
9種類の鳥のリアルなさえずりがします♪
実は以前母にプレゼントして、実家で母が愛用しているのですがずっと私も欲しかったのです。
 
明日からは野鳥に起こしてもらい、元気に出掛けようと思っています。
風は今も唸るような音をたてて強く吹いています。
寒暖差が激しいので、皆様も暖かくして眠ってくださいね。
 
…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
AD
同じテーマ 「一人暮らし」 の記事

テーマ:
こんばんは☆
1/23、24と両親の暮らす団地に遊びに行ってきました。
 
1/23は青空の広がる晴天で、冬の団地周辺を散歩するのを楽しみに感じていました。
実家に一泊なので荷物はとても小さいです。
仕事の時よりも小さなバッグに電車で読む本など荷物を入れ、歩きやすいヒールなしのパンプスをはいて部屋を出発しました。
 
北風がビュービュー吹いていて、晴天なのに恐ろしく寒かった。
風のせいだけでなく気温がとても低いみたい。
出発前に私は四角いバケツにて足湯をして来ました。
足がこんなに冷えるのは、暖房を入れない自分の部屋が寒すぎる為だと思っていたけど、外に出てみて今日は特別寒いのだとようやく気付いた。
 
駅付近の和菓子屋さんでおやつを買うことにした。
小さなお店で今まで気づかなかったけど、お客さんが出入りしているのを見て私も今度買ってみようと思っていたのです。
和菓子はとても小ぶりで上品な感じ。
大きさから言うと2つは食べたいサイズだけど、値段も上品で大福1個で恐ろしい値段だったので3つだけ買いました。
アルバイトの女の子はとても可愛くて優しそうな女性でした。
 
平日ですが、お昼の電車は混雑していた。
皆寒そうに上着やマフラーで口元まで保護して身を縮めて乗り込んできました。
いつも通り団地駅に近づくほどに電車はガラガラ状態になった。
 
最寄駅に到着した時、私はおなかがとても空いていた。
いつも仕事の日なんて、夕方にお昼を食べることもしょっちゅうだけど楽しい気分の時はおなかが正確に空くのですね。
良いところにサブウェイがあり、食べていくことに。
食べようとした時母からメールが届いていて、父が車で迎えに行こうかという内容。
(雨なんてちっとも降っていないのに何故?)
と思いましたが、風が強くて寒いからかと気付きました。
 
私は今お昼食べるところだし、散歩しながら行くので大丈夫と手短に返信をした。
まさに食べるところだったサンドイッチの写真も母に見せようと写真を撮りました↓↓
 
サブウェイのサンドイッチ大好き。
どれもみんなおいしい。
これはローストチキンにアボカドをトッピングしてもらいました。
スープは3種類あり、ミネストローネかグリーンスープというので非常に悩んだ。
どっちもおいしそうだから。
フードプロセッサーなどを持っていない私は、自分では作れないタイプのこのなめらかなほうれん草色のグリーンスープにした。
とろりとしてとても美味しかったです。
包み紙が雪の結晶模様で可愛いなと思いながら食べました。
 
おいしいお昼を食べて、再び外に出ると寒さが和らいだ気がした。
食事をすると体は温まる、山形の祖母もよくそう言っていました。
 
雲が出てきて陽がかげり始めました。
そんな寒々しい通りの冷たいアスファルトで、介助犬募金をしていてフワフワの老犬が居眠りをしていました。
とても可愛いので100円募金箱に入れると、
「触ってあげてください。」
と係りの女性が言いました。
 
寝ているところ、額や鼻筋を撫でましたが、全く動じず昼寝していて、
こんな風に悠々とゆったり構えている犬はかっこいいなと思いました。
小さな事を気にしないような、そんな人に私もなりたいけどなぁ。
「凄く大きいですね。」
と聞いてみると、体重40キロもあるんですって!!
高齢の犬だと思いますが、ずっしり太って元気そう、太い手足とひび割れた肉球がとても可愛く癒されました。
 
カメラを片手に持ち、ゆるやかな川を見下ろしたり、キョロキョロしながら団地に向かいましたが、出合ったのはキジバトだけでした。
(キジバトは臆病なので、カメラ向けなかった)
「寒いから鳥たちなんにもいなかったよ。」
と言いながら私は団地の両親の家の中に入りました。
 
母がコーヒーを淹れてくれたので、温めた牛乳をたっぷり足してカフェラテにした。
私はコーヒーはこんな風にして飲むのが一番好きだ。
買ってきたいちご大福はとっても小さくてごめんねと言うと、母は丁度いいサイズだといいました。
 
和菓子が大好きな父は何の不満もないようで、バクリと一気に平らげた。
私はちびちびかじりながら【白あん】なのが小洒落ていて嫌だ、などと発言した。
母は、
「いちごの色が映えるように白あんなのね。」
と言っていましたが、いちご大福はもっとふくよかに大きくて紫のあんがびっちりはいっているのが好きだなぁ。
 
おやつを食べ終えると、父が運転の練習に行くかと聞きましたが、
運転よりも断然散歩に行きたいと提案しました。
ちょっと風邪気味の母もきてくれる事になり、3人で散歩に出かけた。
寒いけど公園などを抜けながらゆっくり歩くのは気持ちがいいです。
↓プラタナスの木々には葉がなくなり、丸い飾りだけがゆれていました。
 
5分くらい歩くと寒さには慣れてしまう◎
公園の池には真っ白な白鷺がいた!!
 
 
日がのびて夕方の穏やかな明るさの中を1時間以上散歩して帰りました。
台所には土鍋が用意されていて、夕飯は寄せ鍋だと聞きました。
北風が強く吹き続けていて、こんな日のお鍋は最高だなと思いながら散歩も楽しめました。
お風呂がわくまで電気を消した3帖の団地での私の部屋で、座布団をまくらにして毛布を掛けて昼寝をした。
父がエアコンをつけてくれたので、ハワイのように暖かく気持ち良く眠った。
 
…その後、
風呂がわいたと父に即起こされ、
さっそく一番風呂に入った。
風呂の窓から藍色に暮れる空の色が見え、時刻はまだ18時前でした。
台所からは味噌のいい香りがし始めていた。
 
風がビュービュー寒そうな音をたてているのを、静かな風呂場で聞きながら浴槽に入った。
風呂場の排水管↓↓
 
上の階でどうやら洗濯をしているみたいで、この管から水の寒々しいせせらぎ音が降りてきて私は身震いした。
頭の上に水が降ってきそうなチョロチョロ小川のような音。
私は浴槽の湯を追い炊きで更に加熱しながら、風の音と水の音の寒そうな気配の中でもぬくぬく湯に浸かっている幸福感を味わっていた温泉
 
キッチンで換気扇をまわし父がたばこを吸いだしたようで、
屋外に排出された煙は風呂場の窓の換気の隙間から再び入って来たあせあせあせ
うぅ、ひどい(+_+)
折角いい湯だなという所だったのに全くもう。。。
 
 
夕飯のお鍋!
私もお鍋ふう味噌汁を一人暮らしで作る事もあるけど、具材の量が全然違うなぁと思いました。
タラ、えのき、しめじ、白菜、鶏肉、かき、ネギ、鶏団子、ウインナ、焼きとうふ、ほたて、エビなどが入っていて、汁をたっぷり飲みながら食べました。
柔らかくなった出汁用の昆布も美味しかった。
 
夕食後入浴も済ませた母は風邪気味で、眠たそうだったので少し一緒にDVDを見た後早めに寝るように勧めた。
「あなたも早く寝なさい、眠そうな顔している。」
と言いながら母が布団のほうに行ってしまって、ふとしみじみ考えた。
いつもだと今くらいに帰って来るなぁと。
いつも静かな団地、キッチンの窓を開けると↓↓
 
遠くの町の様子が明かりで見えたのでしばらく眺めていました。
音は聞こえないけど電車はスイスイ動いていて、スーパーのあたりも光が集中しています。
本当は私も早寝するのが大好きで、寝れるものなら私も毎日22時に寝たいなぁと思った。
今回は思い切り早寝をしてみようと思い、お茶セットを片付け歯磨きをして22時30分に布団に入った。
しばらくカメラの写真などを見ていたけど、23時には電気を消して眠りました。
 
 
昨晩早く寝たので、今朝は7時に自然に目覚めました。
おはようとふすまを開けると、父と母はキッチンで朝食を食べていた。
私も布団を片付けて食事を摂り、身支度を整えて、
9時から車の運転の練習に父と出かけました。
 
前回練習した時に、右折待ちをしている車の狭い横を通るのが怖くて待機していたら、
「何で行かねーんだよ。」
と父に言われ、
難しい時は待っていればいいと言ったじゃないかと言うと、
「ここは行けるから言ってんだよ。」
と言われ、
「やった事ないのにひとりで勝手にスーッと行く訳ないでしょっっ!」
などと私もつい言ってしまい、
まだしばらくはただクルクル町をまわっていたかったのに、割と毎度コースも変わり課題みたいのを出してくる父の運転教室を少し重荷に思っていました。
 
午前中1時間半みっちり乗ると、やはり乗っただけ毎回手応えがあります。
あちこちで道路の工事などしていて、ひやひやしながら走行したけど、自分の車の車幅の感覚が少しは判って来ました。
 
 
10時40分から母も誘ってまた散歩に出掛けました。
運転後の散歩はとても清々しい。
 
風もおさまり良く晴れていて、今日は本当にお散歩日和でした。
地面にどんぐりなどびっしり落ちていたりするので、
 
野鳥たちは地面の枯葉を掘り返して食べ物を探していました。
 
↑シジュウカラ。
すばしっこくて遠くからだと手ブレしてしまう。
残念ながら尻を向けたほうが綺麗にピントがあったなぁ。
 
公園の池は全面が凍っていました。
 
↑そんな氷の池に一羽の鳥がいて…、
ラッタ、ラッタと楽しそうに氷上を駆け回っていたのはキセキレイ↓
 
シャーベットだから、割れたらドボンだよ。。。
気をつけてね、心配だよあせあせ
 
綺麗な青空の下、販売機でココアを買って休憩に飲みました。
12時を少しまわった帰り道、広い芝生の作業中の柵の中↓↓
 
この木の幹の後ろ側で、斜面に腰掛けお弁当を食べている男性がいた。
天気も良くて、日がポカポカ、とても気持ちよさそうで、
いいね、おいしそうだねと母と言いました。
この空間は立ち入り禁止なんですけど、きっと作業員さんなんだと思います。
少しのんびりした雰囲気の団地周辺がいつも羨ましく感じます。
 
団地まで戻ってくると、団地の階段は家々のお昼ご飯のいいにおいがしていた。
時間を決めて食事を摂ったり眠ったり、
リズムがあるとメリハリつきますから、私も可能な限り生活を正していこうとぼんやり思いました。
 
昨日の土鍋の鍋の残り汁で、ごはんを煮込み溶き卵を加えて、グリルで焼いたお餅を加えたおじやがお昼ごはん!
 
私たちの部屋からもいいにおいが団地に加わったかなぁ(*^o^*)
昼食後また1時間運転の練習をして、
ヨーグルトをおやつに食べて私は帰りました。
 
運転はまだまだ緊張します。
だけど乗れるのって嬉しいとも思う。
 
私は緊張すると頭痛を起こす傾向があり、
昨日早寝して体調はとても良かったけど、帰る頃には頭が痛かった。
今日は合計2時間半も運転したので疲れたのだと思った。
 
建物にたどり着くと、
階段の上から誰かがトントンと降りてきた。
挨拶をしようと見上げると、大家のじいさんが居てひさしぶりに見掛けました。
 
入り口のチラシゴミ、綺麗になっていたもんなぁ。
掃除はとても綺麗にしてくれる大家さんです。
(滅多に来ないけど)
「お掃除ですか?ありがとうございます。」
と言うと、
「色々と、まぁね。」
と言っていました。
 
大家さんについて気になる事は、年々身だしなみがボロボロになっているなぁと思う。
頭はボサボサだし、服装も結構びっくりするような変な格好をしている。
初めて会った頃はきちんとしていたと思うのですが。
でも大家のじいさんのファッションの事は別にいいけれど。。。
 
私は部屋に戻り、掃除をしてから出てきて良かったとつくづく思い、
ロフトにあがり、クッションをまくらに40分ほどウトウトと昼寝をしました。
団地で寝たときのように気持ち良く、起きたら頭痛はずっと楽になっていました。
とっぷり日がくれた18時前、
昨日の今頃はお風呂に入っていたなぁと思いながらベランダから見ると、
藍色の空の端にオレンジ色が残り、右端に富士山も見えていました↓↓
 
冬の寒さは今が一番ですが、皆様も体調良く過ごせますように。
 
 
…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
AD

テーマ:

こんばんは☆

1月も半分まで過ぎてしまいました。

暖かな日の多い今年の冬もここ数日、真冬到来とばかり寒えこみが厳しいです。

 

↑これは2日前のベランダから撮った写真ですが、夕焼けではなく朝焼け

寒い分空気も澄んでいて空の色とても綺麗です。

夕方のようなオレンジが東の空に見えた朝6時ちょっと過ぎ、頭上の空には丸い月もくっきり、西側の空はまだ夜の闇のままのように見えました。

 

 

1/16の今日は世田谷ボロ市の開催日です。

毎年恒例で曜日は関係なく、1月15日と16日、12月15日と16日に開催されます。

いつもひとりで行っていましたが、今年はお友達が一緒に来てくれました。

 

思い出すとそんなに経ったかとたまげてしまいますが、

4年前の1月のボロ市、一緒に行く約束をしたのに、私が傷みかけの豚の角煮を食べたことにより食あたりを起こし発熱し行けなかった事がありましたあせあせ

 

4年を経て約束が果たせるのが嬉しくとても楽しみだった。

1才2ヶ月の男の子も来てくれて、3人でうきうきとボロ市会場に向かいました。

天気は快晴でも冷たい風がピューっと吹き付けます。

↓土には霜が降りていて、息も白いし本当に寒いんだなぁと感じました。

 

ベビーカーに乗ってスヤスヤ寝ている男の子はとても可愛かった。

寝ながら散歩したり、ぬくぬく暖かくボロ市散策出来るのが何とも羨ましい。。。

「いいなぁ寒くないし、歩かず楽ちんでいろんな所に行けて。そんな最高なのは今だけなんだからね。」

と、私は話しかけたりしましたたらーっ

 

ベビーカー押したり、食べたりしていてうっかり写真をほとんど撮らないでしまいました。

甘酒、たこ焼き、ロイヤルミルクティー、トマト煮込みを食べました。

 

 途中休憩もしながら、2時間以上は楽しく散策出来ました。

1つ200円のスイーツストラップは2つで300円なので、ふたりで買うと安かった◎

私はソフトクリームのストラップにした↓↓

IMG_20170116_214624374.jpg

 

 何に付けようか、まだ決まっていません。

 今年のボロ市でびっくりしたのは、【ご自由にどうぞ】という無料のものもあった事。

印鑑が無料のところには人だかりが出来ていました。

歩道の隅っこに置かれた箱、小さなキーホルダー類がいっぱい↓↓

 

 気づいた人は多くはないと思いますが、これもご自由にどうぞと書いてありました↑

 私が気に入ったのはライト付きのキーホルダー!!

 

 

 私は大喜びで友人に見せました。

友人が笑い転げており、

「これ、凄くいいの見つけた!」

と私が言ったら付近を歩いていた人が一挙にぶわっと箱のまわりに集まってきたんですって。

興奮していて気づかなかったよ。

 

ボロ市散策を楽しんだ後は、私の部屋に遊びに来てもらいました。

部屋で食べようと、大阪焼き、唐揚げ、ナムルセット、シャーピンを買いました。

 

昨年買っておいしかった七味唐辛子と、

最近何もおかずがないときにあると便利だなと感じている白菜キムチも買いました。

 

 

狭いところだけど、部屋に遊びに来てくれると嬉しい◎

シャーピン、大阪焼きを主食に、早速ナムルや唐揚げも小皿に盛り一緒に食べました。

 

空っぽだった唐辛子入れ、たっぷり補充出来て忘れず買えて良かった↓

 

買ったばかりの白菜キムチを小皿に出そうとしたら、白菜が長いままつながっていた。

私は切れていないなんて面倒だなぁと思ったのですが、友人に言うと、

「ちゃんと自家製で漬けているんだね、おいしそう!!」

と言ってくれました。

なるほど!

面倒なんて思ってしまったのに、おかげで良い面に気付けました。

まな板の上でザクザク切り、早速小皿に。

スーパーのと違って甘みより辛さがしっかり。

シャキシャキ、とってもおいしい!!

 

冷蔵庫の作り置きのほうれん草の胡麻和え、きゅうりの三五八漬け、キャベツ柚子皮和えも持っていくと、

「小鉢がいっぱい、凄いねスナックのママになれるよ。」

と言うのでゲラゲラ笑いながら食べました。

 

私達はお茶が大好きなので、

食事と一緒に緑茶とほうじ茶、食後には友人の買ってくれたマフィンをホットカフェオレをいれて食べました。

 

初めて来た部屋が珍しく、あちこち探検をしていた小さなお客様は、

テレビで【いないいないばぁ】が始まると全く動かず、張り付いて見ていて可愛かったです。

 

遠いところお子様も一緒に来てくれて、久しぶりに会えてとても嬉しかった。

いつもひとりで過ごすことのほうが圧倒的に多いけど、

今日はとっても楽しくて友達を大切にしようと改めて感じました。

 

真冬のボロ市は毎回とても寒いです。

今日はお風呂に入れる柚子も用意したので、風邪をひかないようにして眠ります。

 

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

AD

テーマ:
こんばんは☆
私は12月30日の仕事帰りに両親の暮らす団地にやって来ました。
その日は早出だったので団地には早めに行けるはずが、終業間際にミスをして結局遅くなってしまいましたあせ

急行電車での時間を、図書館で借りてきた食に関する書籍を読みながら過ごしていました。
お好み焼きやもんじゃ焼きの記述を読んでいると、もの凄くおなかがすいてきた。
私は最近【たこ焼き】が大好きで、近所でたこ焼き散策をすることもあるし、粉ものごはんが妙においしそうに感じる。

すっかりもんじゃ焼きが食べたくなった頃、電車は団地の最寄り駅に到着。
バスに乗り換え夜道を進みました。

バス停に降り立つと母がいてびっくり!
心配しないように到着時間の目安は言ってありましたが、
迎えに来てくれて、じーんと嬉しかった。

年末年始、先に姉夫婦も到着していてにぎやかな団地ですが、その夜姉たちは出掛けていて、団地には普段通り両親だけ。
父はもう寝てしまったそうでした。

いつも両親が寝床にしている部屋は、姉夫婦が使っている為、
玄関を開けると茶の間に幸せそうな顔をして眠っている父が見え、母と笑った。

私はおなかペコペコ。
昼食をとってから10時間も過ぎていました。
母と並んで歩きながら聞いた話では、
「今日の夕飯はちょっとくどいかも、ごめんね。」
と言っていました。
こってりごはんは何だろうと思っていると、
母がガスコンロで焼いてくれ、私の大好きな油揚げピザが出てきた↓↓


大きめのピザ、全部食べていいなんて嬉しすぎます(*^O^*)
それから、ナポリタンにはピーマンの肉詰めがのっていました◎↓↓


味が濃い洋食同士、というのがくどいの意味だったみたい。
なんかクリスマスパーティーのメニューみたいで嬉しく食べました。

母がお風呂に入っている間、
暖かいこたつでひとり夕飯を食べました。
まだ30日なのに、除夜の鐘の音が聞こえてきそうな程年の瀬の雰囲気を感じた静かな時間でした。


翌朝大晦日、
蕎麦打ちをする父のアシスタントをする予定でした。

母からエプロンを借り装備もバッチリなのに、今年も私は粉計りとそばの受け渡しという完全なるアシスタントを任命された…(>_<)


亡くなった祖母の蕎麦を、父が試行錯誤しながら再現し引き継いでいます。
蕎麦打ちは物凄く力仕事なのに、出来る量は少しずつで大変。
だけどいつか私も蕎麦打ちをしてみたい気もする。

「粉半分」
という手短かな指示が父から出たけど、なんの事やらさっぱり判らないたらーっ
母に聞いても判らないという。。。

蕎麦打ちをしている時の父はいつもに増して無口でちょっと怖い。
結局父に聞いて、
「半分は半分だよ⚡」
などと言われながら、蕎麦粉ではなく薄力粉のほうを半分ずつに分ける作業をした。

確かに昨年もこんな感じだったと思い出したけど、
こんな無愛想な蕎麦職人に弟子入りするのは怖いなぁ。。。


↑水分は水だけでこんな粘土みたいな蕎麦玉が出来上がります。
伸ばして細く切り↓↓


茹でたらお蕎麦になります◎
蕎麦を母が茹で始めた時、
お湯の量が少ないと、父が怒った。

母は、怖い怖いと笑ったりしていたけど、
「お母さん、お父さんあれ本気で怒っているからねあせあせ
と、ひそひそ告げてトラブルが起こらないように気を配ったたらーっ

お昼には、一通りの蕎麦が出来上がりみんなで出来たてを食べました。


↑白いのは蕎麦湯。
父はあっという間に蕎麦を食べ終え、
どんぶりの汁の残りに蕎麦湯を入れた↓↓


見た目豚骨スープのような、
男気溢れる〆のスープを飲んでいて、みんなに笑われていた。


午後遅くならないうちに、
私と父は蕎麦を世田谷区に住むいとこの家にも配達に行った。

昨年の大晦日もこんな良い天気で、
ドライブ気分でほのぼのしたので、今年も自ら配達を買って出たのだ。
「昨年配達したのがつい最近みたいに思えるよね。」
と父に言うと、
「おまえも去年行ったんだっけか?」
と言われた。
ギャッッ(>_<)
なんてこった、お手伝いしたのにひどいや。

いとこの家のインターフォンをならし、
「お蕎麦を持ってきました。」
と叔母に声を掛けると、
おばもびっくりしたような、裏返った声で、
「あらまぁ。」
と言いました。

お蕎麦を渡し、お餅を受け取った。
叔母は、
「お茶を飲んでいって。」
と言ってくれましたが父は、
「いらねぇ。」
と言ったのでお茶なしになってしまった。
叔母の家はポカッと暖かく何とも言えない良いにおいがするので、お茶飲みたかったなぁ。。。

本当にお届けしただけでしたが、年末ののんびりした雰囲気を車で行き来するのは楽しかった。
河原沿いにはジョギングや散歩を楽しむ人がたくさん居て、鳥みたいによく飛ぶ凧上げも見れて素敵だった。


私は今回だいぶゆっくり、1月4日に帰ります。
団地から仕事に行っており、姉夫婦は3日の夜に帰ってしまうので、みんなでワイワイ過ごせたのは休みをもらった大晦日だけです。

大晦日は配達から帰った後、
姉夫婦の車に乗せてもらってホームセンターに行ったり楽しみました。
ホームセンターで見ていたらたこ焼き器欲しくなってしまった。
私はフライパン型のしか頭になかったけど、
姉夫婦によると、関西のほうでは電気のたこ焼き器が主流なんですって。
小さめのもちゃんとあって、
「これなら私もくつろぎながら、座ってお茶飲みながら焼けるね!」
と言いました。
買うときは電気のにしよう◎


元旦の朝、
なんと一人暮らしの部屋から勤務先に行くときのままの時間で目覚ましがなり、目覚めてびっくり。
急いで支度しましたが、
水筒にお茶をいれたり、朝ごはんも母が用意してくれたので、ちょっとバタバタしましたが何とか大丈夫でした。
元旦の朝ごはん、おしるこ!!


なんと甘くておいしいのだろうと、
幸せな初ごはんでした。


4日も私はお休みで、
姉夫婦は帰ってしまうけど、お正月の散歩を楽しんでいつもの部屋に帰ろうと思っています。


元旦の朝間違えて書きかけを投稿してしまいました。
気づいた人が少なければ良いのですが、変な投稿してすみませんあせあせ


…それでは、またです♪
↓押して下さると幸せに思います☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

テーマ:

こんにちは☆

少し前まで毎年冬に一度体調を崩して寝込むことがあった私。

ここ2年程大きな風邪もひかず、寝込むことはありませんでした。

でも今私の周りでは体調不良が大蔓延。

自分は大丈夫だろうかと心配していた時、少しずつ私にも体調不良の影が寄り添ってくる気配がありました…。

 

この一週間程、毎日頭が痛くて我慢して過ごしたり頭痛薬を飲んだり。

一晩寝れば頭痛はおさまる事が多いのに、寝ても場所を変えてつきまとう頭痛は気味が悪いしどうしたかと不安になり始めていました。

 

12/17土曜日の事。

土曜のお休みなんて久しぶり!

天気も良いようだし、私なりに予定を考えて楽しみにしていた土曜日の朝。

目覚ましが鳴ると額のあたりがガンガンと痛み、ここ数日で一番強い頭痛が起こっていました。

幸いお休みの日だったので、目覚ましは止めてもう少し眠る事に。

 

冬の太陽も強さを増してロフトの中が眩しいくらい明るくなり、次に目覚めたのは10時過ぎだった。

頭痛は全然引いておらず、起き上がるのも辛かった。

ついに私も風邪を引いたのだと思った。

熱がある時のようなガンガンする頭の痛み。

もう予定は取りやめ、今日は横になって早く治さないといけないなと思いました。

 

私は前の晩に米麹の甘酒を作っていたのを思い出しました。

本当は朝早めの時間にもう一度火を入れて温度調整をし保温しておきたかった作りかけ。

その為に目覚ましを掛けていたんだったあせあせ

 

起き上がり台所で甘酒の様子を見ると、だいぶぬるいまま長時間放置してしまった。

温度計を差しながら火に掛け、もう一度保温容器にしまう。

あまり温度管理が出来ていない、ちゃんと出来るかな…?

米麹の甘酒は決して難しい事はないのだけど、温度を気にして保温するのが一番大切なのだ。

しゃがみこみながら甘酒の面倒をみて、洗濯機を回す事だけした。

もう本当に立っていられない。

いつも1本ストックしている経口補水液のゼリータイプと体温計を持って、

ヨロヨロとロフトに登り、今どの位熱があるのかと布団の中で測ってみた。

私の予想では頭の痛さから38度越えしていると思われたが、驚きの36度3分。

全然熱がないのに頭痛だけでこんなにしんどいなんて驚きですもんすたー

 

経口補水液はいつもうっかり賞味期限切らせてしまう。

今回のも7月までだったけど、私は横になりながらゴクゴクと飲んだ。大丈夫である。

寝ながら飲めるのでこれは本当に具合悪い時に重宝します↓↓

IMG_20161219_125019250.jpg

 

目を閉じるとまたすぐに眠ってしまった。

次に目が覚めたのは13:30、甘酒の事が心配になり目が覚めた。

私は食べ物を無駄にするのがとても嫌いで、どうしても失敗したり傷ませたりしたくありませんでした。

なんでこんな体調になる前日に甘酒を仕込んでしまったんだろうか…。

泣きたくなる。

 

洗濯機も回し終わって2時間以上経っていた。

私はまた時々うずくまりながら、鍋に温度計を差し木ベラで甘酒を丹念にかき回し、

温度を62度まで持ってくる。

本当はもう出来上がって良い時刻だけどもう一度保温したほうがよさそう。

なりきり甘酒職人としての意地で甘酒を保温し、洗濯物をまぶしすぎる晴天の南のベランダに出した。

 

昨晩から何も食べていないのに、今度は気持ちの悪さがやってきて苦しみ、

ボロボロ涙が出てきた。

一人暮らしなので、たまに本当に具合が悪い時とても心細くなる。

倒れてこのまま冷たくなって発見されるかもしれないと、弱っている時心の底から本気で思うのです。

手足が氷のように冷たくて、何も食べていないから冷えているんだと思った。

頭だけカッカと火照ってきていよいよ発熱しているのだと思った。

 

私は半分泣きながら布団に引き返し、布団の中で熱を測った。

…またもや36度3分!!

こんなに熱っぽくゾクゾク寒気までするのに、いつもより低い位だ。。。

(普段だいたい36度7分位)

 

つい先日買ったばかりの体温計は、測り終わるとメリーさんのひつじのメロディーで教えてくれる。

かなり大きな音で知らせてくれる体温計、楽しいと思って買ったのだけど、

具合の悪い時ビヤビヤした電子音のメリーさんのひつじは神経に障りうるさく、熱っぽいのに熱は一向に出ず私は気が滅入りまた眠る事にした。

寒くて冷えて眠れないので、下から電気アンカを持って来た。

そして食べれなくても甘酒なら栄養があると思って、

お鍋からおたま一杯マグカップに注ぎ、ロフトに上がった。

 

ちょっと大変だったけど、やっぱり甘酒は作って良かったのだ。

甘酒を飲んでも気持ち悪くなることはなく、電気アンカを布団に入れまた私はぐっすり眠った。

具合の悪い時は信じられないくらい寝続けられると改めて思いました。

 

再び目を覚ました時、

建物はシーンと静まり、あたりはもう真っ暗だった。

だけど夜中ではない感じがして、時計を見ると18時30分だった。

頭の痛さはほとんど消えていた。

そしてお腹がすいてこれ以上寝ていられないと思った。

 

おなかが空くなんて回復した証拠です◎

お味噌汁が1杯分とごはんはあるけど、もっと熱々のものが食べたくて、

味噌汁を鍋に掛け、白菜とネギの青いところ、生姜のすりおろしとたまごを加えて煮込みうどんを作ることにした。

 

↑心配した甘酒もなんとか無事出来上がりました。

立っているとまた気持ち悪くなりそうで、丸椅子に座って火の番をしました。

前に病院の先生が具合の悪い時にほうじ茶が体に優しいと教えてくれたので、

煮込みうどんと一緒に暖かいほうじ茶を飲んだ。

 

ハフハフ、夕食時に食べた本日最初のごはん、本当においしかった!

ほうじ茶も体に染み渡る優しい香りのおいしいお茶です。

ごはんは食べれたけど、まだ本調子ではないのが判りました。

本読んだり、テレビ見たりも無理な気がする。

もう一眠りすれば絶対もう大丈夫、

そう思って食べてすぐ食器も洗わずロフトに上がり、電気アンカとともに私はまた眠りました。

 

22時半に目が覚めました。

(イカン、寝すぎた!!)

ちょっとギョッとしましたが、一日はもう終わりに近づいていた。

だけど体調は驚くほど良くなっていて次の日もきっと会社に行けそうだとひと安心。

さすがにもう眠くなかったので、

翌日以降のために作る予定だった味噌汁や弁当を作り、お風呂にも入った。

翌朝起きた時にはすっかり元気になって休まずに済んで良かったです◎

 

 

今回は頭痛のみで病院にも掛かりませんでしたが、

病名を付けるなら一体何だったんだろうと今も判りません。

でも体調不良をおこす引き金になった出来事が前日にありまして、

毎回食あたりなど情けない理由で寝込みの体調不良をおこす私なのですが、

今回は、寒い中福引きの長蛇の列に並んだ事だと思うのです。

 

勤め先の付近の商業施設で年末の福引き抽選会を行っていました。

お昼を外食する方達は着々と福引券を集めていて、

もうすっかり弁当派になった私は福引券を一枚も持っておらず、いつも遠巻きにいいなぁと羨ましく思っていました。

 

12/16は福引きの最終日だったようで、会場はとても混雑していたようです。

勤め先で昼間、

「誰か福引き券要る?今日までで混んでるけどしたければ。」

と声が掛かりました。

私は目を輝かせ一度周りを見ましたが、誰も欲しがっていなかったので大喜びで、

「私欲しいです!!」

と飛びついた。

福引きが大大大好きなのだ(*^o^*)

すると、休みのかたのデスクにある福引券ももったいないという事で、

電話をかけて確認までしてくれて私に2回分の福引き券補助券が回ってきた◎

嬉しい、帰りにやっていこうと幸せな気持ちになりました。

 

何と14回分の福引き券を所持しておられるかたもいて、そのかたは最終日にしようと思っていたそうなんですが、休憩時間にあまりの長蛇の列に諦めたとおっしゃっていました。

そしてその福引き券を私にくれるというのです!!

いくらなんでも3000円で一回なので、

42000円も飲食や買い物した福引き券を恐れ多くてどうしても受け取れなくて、なんとか時間を作ってやってきたほうがいいと勧めたのですが、

福引き最終日に終了に間に合うように並べるのは、その日早出だった私しかおらず、いいから無駄にするよりはと頂いてしまったのです。

嬉しいやら、恐れ多いやら…、でもやっぱり嬉しくてキラキラ

仕事が終わってから長蛇の列に並びました。

 

特賞などはもう出払っていて、でもまだいくつか商品は残っているようでした。

ハズレはティッシュではなくてうまい棒。

「きっと全部うまい棒で戻ってくるんでしょ。」

なんて不吉な事を言われても、

「そんな事は無い、アタックくらいは当たるはずだ。」

と意気込んでやってきた私。

 

その日も日中頭痛に耐えられずに頭痛薬を飲んだのですが、

ちょうど切れてきたのか45分程並んで待ったその時にまた頭が痛み始めました。

だけど16回も福引きが出来るなんて夢のようです。

 

いよいよ私の番がまわってきました。

「16回どうぞ、時計回りにゆっくり回してください。」

と言われスタートすると、わくわくする気持ちと反比例に出るわ出るわの白い玉。

白いのしか出てこない。

私はぞっとした。

でも16回もあるからと、なんとか気持ちを盛り上げて回し続けましたが、見事に続くOnlyホワイト。

15回目まで来た時に、

「ど…、どうしよう!!」

と止まってしまうくらい恐ろしかった。

 

もし自分の福引き券であったならば別にいいのです。

こんなにたくさんの福引き券、私は全く投資していないのに頂いてしまって、誰かの不吉なうまい棒の予言が今現実の物となろうとして…、

最後の1玉ももれなく白いのが出てきて私は呆然とし絶望した。

スカ16連発を達成し、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。。。

 

袋にごっそりうまい棒詰めてくれるお姉さんとお兄さんが、

「できたてだよー!」

と新しい束のうまい棒の袋を開封しながら、笑わせるために、

「アチチ、アチチ出来たてだ!」

とコントをやってくれたので、一瞬アハハッと笑ったものの、

一つも外さずスカを引き続けた事は結構なショックとなりました。

 

私はうまい棒の山を持ってソローッと仕事場に戻った。

ミーティングで集まっており、部屋に誰も居ないのを知っていたから。

机の上にうまい棒を置き、紙にペンで【ごめんなさい…しくしく】と書いて置いて帰って来たのでした。

 

土曜日の体調不良は、寒い中並んだ事で自分でスイッチを入れてしまった気がします。

頭痛も毎日続くなら、疲れたとか眠いとかサインだったのに普段より寝不足気味だった私は体調管理が甘かったなととても反省しています。

 

今日はお休みで、体調はすっかり元気。

だけど今日こそはしっかり休養しようと、のんびり過ごしておりました。

良い天気で、布団も干せたので気持ちもすっきり。

皆様も年末に掛けて風邪など引かないように気をつけて過ごしてくださいね。

 

…私も一本もらった景品のうまい棒、

シュガーラスク味なんてあるんだと、知りませんでした。

 

甘そうだけど、私にはまだほろ苦い思い出でまだ食べれない気がしています。

そしてうまい棒はたぶん甘くないやつのほうが好きです。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

 


テーマ:

こんばんは☆

寒さが定着して空気も澄み渡り、空も星も綺麗に見えクリスマス飾りのように輝いています。

寒い今の時期、おなかもすぐに空いて、温かい食事が毎食待ち遠しいです。

 

秋頃からずっとお米を【ミルキークイーン】に変えたいなと思っていました。

以前は普通に見かけたのに、近所のどこのスーパーでも見つからない。

売っていないのでこれまで2回もミルキークイーン購入を見送りました。

 

今回は絶対ミルキークイーンを買うぞと思い、思いつくスーパーをまわりましたが本当に売っていない。

部屋の米も無くなってしまい、ネットで買うか、高くても百貨店ならありそうで、どちらかにしなくてはと考え始めていました。

 

…ミルキークイーンを知ったのは昔々実家暮らしの頃。

たまに母が買ってきてくれて、甘みがあってもち米のようなおいしさはほかのお米と明らかにタイプが違うと思いました。

一人暮らしを始めたばかりの時、友人が自宅で精米したミルキークイーンを引っ越し祝いにくれた事があるのですが、

その時久しぶりに食べたミルキークイーンも私の心を鷲掴み。

もっちり甘いお米は、大したおかずがなくてもパクパク幸せに箸が進むおいしさでした。

 

 

昨日の昼間会社でお弁当を食べながら、隣駅の滅多に行かないスーパーに電話を掛けてみる事にしました。

私が遅い時間に食事を摂っていたので、私以外誰も居らず話す相手もいない、考える事は米の事ばかりだった。

図書館から借り持ってきた本は面白くなくはずれだったので、私は大そう暇でもあったのです。

 

無いだろうと思いつつ問い合わせると、

電話のかたは売り場に確認してくださりなんと取り扱っているとの事!!

私は大喜びでお礼を言い、後ほど必ず買いに行きますと告げ電話を切りました。

 

21:30のスーパーで、ミルキークイーンを受け取った時はとても嬉しかった。

重さもなんのその。

5kgの米をバッグに詰め、楽しみな気持ちでいっぱいで歩いて帰りました。

 

帰り道、私の住む集合住宅と似た古び方をした建物の前を通ると、

建物の外壁にクリスマス飾りのパネルが掛けられていました。

電飾は無いけど、建物にとても似合ったシンプルな飾り。

通る人々に見えるように施されたささやかな飾り付けは、振り返って何度も見てしまうほど温かな感じがした。

大家さんが建物と季節感を両方大切にしているんだなと感じた。

古い建物はとても嬉しそうに見えました。

 

 

今朝は楽しみでたまらなかったミルキークイーンを雑穀を混ぜて炊きました◎

弾力と甘みがしっかりあって本当においしいキラキラキラキラ

寒い季節に特にぴったりで、朝ごはんがおいしくなりそうです。

 

 

今日お昼には、両親の団地に行きました。

連休では無くて、今回泊まらないのですが、

両親の年賀状をパソコンで作成したので届けに行く事にしたのです。

泊まらないので、お昼頃ちょっと行きますねとだけ連絡しておきました。

 

寒いけれど青い空が澄み渡りさわやかな日曜日、団地に向かう電車に乗りました。

いつもみたいに泊まっていけたらいいのになとつい思ってしまいます。

駅から散歩しながら行きたかったのですが、

父が駅まで来てくれる事になり、車であっという間に到着しました。

母からのメール情報によると、

父はおなかが空き過ぎて、しびれを切らして迎えに来ただけだそうですたらーっ

 

「お昼ご飯何だろう?」

と車内で父に聞くと焼きそばだそう。

作ったのではなくて、午前中に買ってきてくれたのですって。

 

スーパーの焼きそばとチャーハンのお弁当、おいしくて父のお気に入りなのだとか。

ラードの香りがして本当においしかった。

何より、こたつでごはん食べるのっていいな。

 

お宝鑑定団をゲラゲラ笑いながら見て食事を食べていると、

「お前今日は車乗んのか?」

とぎくりとする事を、父が言いました。

運転の練習よりも、天気も良いし私は散歩に行きたかった。

一応乗ると返事しましたが、

運転しないつもりで来たので、急に緊張して来ました。

 

昼食後、1時間運転に行きました。

天気が良くて、少し傾き始めた太陽がとても眩しい練習時間でした。

無事に乗ってしっかり練習終わるとほっとしました。

 

部屋のこたつに戻り、おやつには焼き芋と緑茶をいただきました。

父は競馬中継を真剣に見ており、

3連単が当たったらしいのですが配当がクソみたいだとかいつまでも悔しがっておりました。

 

16時になって両親と散歩へ。

母は忙しくして疲れないかと心配してくれましたが、

車運転しながら、後でこのあたりの道を散歩したいなと思っていたのです。

競馬中継終了後は夕暮れが進む時間です。

一応競馬当たったのに、

父はなんだかシオシオと私と母の後ろを歩いていました。

 

紅葉の木々の葉はほとんど落ちてしまいました。

紅葉の時期は短いですね。

16:30という時間はいつもだととても暗く感じますが、

こんな風に広く見える空の下だと西の空の余韻がいつまでも明るく届きます。

 

↑いよいよ暮れてきて、川面の光った水の道が綺麗だった。

このあと帰る予定だったので、散歩もいつもより短めのコースを歩きました。

団地に着くと丁度最後の西の明るさが消える所でした。

 

 

17:30、帰る頃には真っ暗になりました。

突然来たのに、母は一食分のお惣菜の冷凍などたーくさんくれました。

いつも本当にありがとう、お母さん。

 

しなび気味のみかんまで、何でもたくさん持たせてくれてありがとう!!

母は駅で行っている福引きの抽選券もくれました。

なんと4回も福引き出来るそうなのです。

 

福引き大好き!

帰る前わくわくと福引き会場へひとりで行きました。

並んで待っている間、1万円の商品券を当てた人も居ましたが、

10回以上まわして全てポケットティッシュだった人も居ました。

私はどうだろう??

 

楽しい福引きはどうしても何か当たる気がしてしまう…。

キッチン用品が当たりますようにと心底願ってまわしたら、全てハズレ玉が出てきた。。。

チーン。。。

お母さん、せっかくの福引き券がごめんよぅー。

 

少し忙しかったけど、楽しい日帰り旅行みたいな1日でした。

次に遊びに行く時には年末、楽しみにしていようと思います。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

こんばんは☆

朝からお昼位に掛けて、部屋に居ても外を歩いても、あちこちで落ち葉掃きをする音がします。

季節は冬へと移り日暮れがとても早く焦ってしまうほどですが、夕方のオレンジ色が綺麗だなぁとベランダから眺めました↓↓

 

 

↑私の暮らす集合住宅の階段からこんなオレンジ盛りの木が見えるんですよ◎

鳥も嬉しそうにこの葉の中に潜り込んでいました。

 

2つ前の記事に、小さなプランターに大好きなパクチーの種を蒔いたけれど芽が出ないと書きました。

がっかりした私は2週間後、手持ちのスイートバジルの種と100円ショップで購入したレモンバームの種も蒔きました。

ハーブ類はせめて10月頃まででないと発芽が素人には難しいそうです。

生レモンバームティーや、ハーブ風呂にしようと楽しみにしていた私は、

毎日穴があくほど土を見つめて居たけど何も変化なくまたもやがっかり。

 

同じく100円ショップで購入した二十日大根(ラディッシュ)の種を蒔きました。

ラディッシュなら真冬と真夏以外はだいたい発芽するそうなんです。

種まきして、お水をあげ、朝晩観察していました。

すると、たったの2日目でなんと発芽してくれたんです!!

朝出かける時にはただの土でしたが、仕事から帰宅して夜も少しだけお水をあげようとしたら…↓↓

 

「芽ーーー!!」

部屋でひとりごとを言わない私が叫んでしまった。

たったの2日で早速芽が出たのです。

名前の通り成長が早いそう。

とても嬉しかった。

上の写真2枚は左が帰宅した時、右は眠る前。

2時間程で少し伸びたように見えました。

 

今は丁度20日くらい経ったのですが、まだまだ小さめ。

IMG_20161205_203341173.jpg

 

寒い時期は成長もゆっくり目なのだそうです。

いつか食べれるかなと思いつつ、もしうまく実らなくてもとても癒されたからいいのだと思っています。

 

3つのハーブの芽が出なかった時、苗を買ってきたらとアドバイスをもらったりしましたが、

二十日大根の種から芽が出た時、植物を育てる喜びと楽しさはここなのだと少しだけ判った気がしました。

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

一人暮らしを始める直前に新調した自転車が、

錆びつきが目立ち恥ずかしく、鍵が掛けにくい、スタンドも動きが悪いなどの症状が1年以上前から気になっていました。

早いものでもう4年半も乗った事になります。

 

ずっとカレンダーに自転車が欲しいと書き込んであった私。

このたび自転車を新しくする事にしました(*^o^*)

これまでいつもホームセンターやディスカウント店で自転車を買っていた私。

今回もホームセンターに見に行きました。

自転車購入すると古くなったのを1台引き取ってくれるので、嬉しいサービスだなぁと思いました。

 

ところが、あまり心ときめかなかった。

同じシリーズの色違いが並んでいたのですが、シリーズ名のロゴがデカデカとしつこく車体3箇所に表記されていて、

(このマークがなければいいのに。。。)

なんて思うと、値段は申し分なくてもどうしても嫌になってしまいますたらーっ

 

ようやく他にぱっと見て色合いが可愛いと思った自転車がありましたが、

それはママチャリ型で、子どもが後ろに乗った時の足がタイヤにぶつからないように安全の網みたいのまで付いている。。。

これも私には不要なオプションすぎてむなしい。。。

自転車買い換えて帰るつもりだったのでがっかりしてしまいましたが、気に入らないものを買うのこそ良くない。

一旦その日は帰ることにしました。

【↑フリルみたいな/寒椿】

 

 

自転車屋さんで購入するとなると、私の場合自転車を手放す所から始めないといけません。

小さな集合住宅で、余分に自転車置くスペースなんて1台もない為です。。。

 

私の住まいの周辺には何故か自転車屋さんが多くて、私の知る限りで徒歩10分以内の所に4軒あります。

すぐには買えないので遠巻きに…、チロチロと各店の自転車を見て回りました。

そんなに高くないし、色も形も素敵なのがたくさんありました。

これなら大丈夫、自転車屋さんで買えばいいです。

 

自転車の廃棄は粗大ごみになり、インターネットで回収日が選べます。

最短の日で申し込んで、あとはコンビニで粗大ごみ有料シールを買って当日朝指定の場所に置いておくことになります。

(自転車置き場にしました。)

 

廃品自転車は、16インチまでが300円と私の地域では決まっているようです。

アホウな私は16インチってどのくらいのか判らないけど、自分のはそんなに大型ではないからこれだろうと思い選択し申し込みましたたらーっ

実は16インチって子どもの自転車だそうで、

私は700円の回収料金を支払わなければいけなかったのです、ちゃんと調べなかった為に間違って登録してしまいましたあせ

前日に気づき、電話で問い合わせて変更してもらいました。

きちんと届け出を変更しないと、700円分のシールを貼ってあっても持って行ってくれないそうです、危なかったもんすたーあせあせあせ

自転車は廃棄に結構お金掛かるなぁ。

※センターまで持ち込むと大人用も300円の料金で済むそうです※

 

 

自転車回収の日は土砂降りで、ゴミシールがはがれないか心配になるような天気でした。

習い事に行き、お昼に戻ると私の定位置に自転車がなくなっていてひどくさみしい気がした。

用事があって再び夕方まで出掛け、夕方になって2軒にしぼったどちらかの店舗で自転車を買おうと思っていました。

 

17時ちょっと過ぎ、そんなに遅い時間ではなかったけど、その日はどちらの自転車屋さんも閉まっていた。

定休日なのか、暗くなると店じまいなのか判らないけどガビーンと雷に打たれた気持ち。

自転車がなくなり不便でそしてさみしい。

歩いて食材買いまわりをする事になりました。

 

 

次のお休みの日、

身支度して即自転車屋さんに行きました。

家から2番目に近い自転車屋さん。

本当に古くて、でもあったかい感じのする小さな店舗です。

私が行くと、店先の裏側で小学生の男の子とお母さんがお礼を言っており、自転車の空気を入れてもらったようです。

 

私は店先のシンプルなシティーサイクルが気に入りました。

お店のおじいさんを呼んで、2種類の自転車のどちらかが欲しいと言うと、

26インチと27インチだそうで、

「あなたくらいの体格だと27だとちょっと大きいかな。」

と教えてくれました。

 

色も迷いますが、汚れの目立たない黒にする事にしました。

おじいさんが自転車を店内に運んでくれて、私も中で待っていて下さいと案内されました。

ラジオが流れていて、ストーブの冬のにおいと自転車のタイヤのにおいがして、

お店のおじいさんがペダルを取り付けるキコキコという音がしました。

 

小さな店内には自転車がびっちり。

並んでいる物、飾ってある物もあり、小さい子の為の自転車も種類豊富で可愛らしかった。

もう少し高いのを選ぶと、オートライト機能や変速ギアの付いた素敵な自転車もある。

でも今の自転車置き場は屋根もなくて、

大事にするけどいたみやすいし、毎日乗るわけではないので今回は一番シンプルで最安値が何より魅力なのだと自分に言い聞かせるようにぼんやり考えていました。

 

大きな招き猫がどーんと構えており、壁には自転車整備の賞状や古い安全ポスターなど貼ってありました。

何となくここで買ってよかったなぁと思いました。

防犯登録をしてもらっている間、

早速手荷物をカゴに入れてみたり、自転車に乗ってみたりした。

自転車にはお店の可愛い小さなロゴシールが貼られていました。

 

お店の入り口に何十年もそうして売られていたと思われるキーホルダーがありました。

3色あって、どの色も在庫が山ほどあるレトロな一品。

↓↓なんだか欲しくなったので買いました。

 

チューブみたいなキーホルダー、おそらく昭和から値段変わらぬ200円丁度。

おじいさんに100円玉二枚渡すと、鍵にセットもしてくれました。

タイヤの空気も満タンにして、自転車のコンディションはバッチリに整いとても嬉しい買い物となりました。

ほんの時々車も運転し始めている私、自転車走行中も車のように安全確認をして大事に乗ろうと思いました。

 

今まで変速ギア付きの自転車に乗っていましたが、新しい自転車ギアなんてなくてもスイスイ軽々とても快適で、嬉しい気持ちでそのままスーパーに行った曇り空の日でした。

 

 

…ところで今日は何と、鶏の唐揚げを自分で作ってみました。

大好きな鶏唐揚げ、母作の冷凍してあったのを先日食べたらおいしくて、

もっと食べたいなぁと自分でも揚げてみたのです。

 

小鍋で、サラダ油なかったのでごま油で揚げました。

唐揚げは面倒そうな気がしていましたが、油ハネもせず面倒な手間もなくまた作りたい!

揚げたてを、ふーふーとして2つもつまみぐいするおいしさと言ったら、やみつきです(笑)

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

 


テーマ:

こんばんは☆

両親の暮らす団地に遊びに行きたくて2連休を調整しました。

11月21日、22日の2日間、初日は雨降りが残念でしたが、

私の住むあたりでは見られない秋の彩りが綺麗で、心が豊かになるような紅葉が見れました。

 

 

21日(月曜日)

一人暮らしの部屋を出発して曇り空の昼時、電車に乗り込みました。

今にも降り出しそうな天気でも、窓から見える秋色に染まった山や木々の景色は綺麗だった。

背中側の窓を振り返れば、すすきがふわふわと揺れ風景の中に流れて行きました。

 

団地の最寄り駅に到着すると雨が降り出した。

小さな傘を持っていたし、レインブーツだったので小雨ならばと歩いて団地に向かいます。

 

↑色づいた木が公園に見え、紅葉しているなと嬉しくなった。

木々の葉がどんどん舞い落ち、蜘蛛の糸にひっかかってクリスマス飾りのように、空中に風でクルクルと回っていた↓↓

 

 

 

↑レインブーツで草むらも歩いた。

ザクザク、ザワザワ、歩くたびに音がして、

木々が傘になり気づかなかったけど、ザーッと音がしたのは本格的に降り出した雨の音だった。

傘を閉じても木々の下では大丈夫で雨が叩きつけているのは外の道だけだった。

 

 

↑この季節、赤い実いろんな種類があるのですね。

歩道の楓はマイペースに変化している様子でミックス色のもあり↓

 

 

↑真紅に染まった楓もありました。

↓松と楓のはっきりした色同士も素晴らしい◎

 

雨でも散歩しながら来て良かった。

いつもより少し早く団地に到着。

そこまで寒くはなかったけど、玄関を開けると見慣れたコタツセットが茶の間に見えて、

「わぁ、コタツだ!」

と喜びました。

 

今回洋菓子のお店でおやつを買ったのですが、3つ違うものを購入してみました。

私が選んで買ってきたのだから、私はどれでも大丈夫なのに父も母もなかなか選ばない。

母は、

「お父さんにまず好きなの取ってもらったら?」

と言うのでそうする事にした。

↓上から時計回りに、チーズのパン、バナナマフィン、アップルパイ

 

 

↑皿の横の落ち葉は、団地に着いた時、私の服にくっついていたものです葉っぱ

父に3品の説明をすると、

「好きなの食えよ。」

と笑っているだけだった。

 

茶の間の父の目の前に置き、

台所に戻り柱に隠れどれを選ぶのか見ていると、コーヒーをいれながら母がゲラゲラ笑っていた。

父は皿をずいーっと中央に戻したので、

「もぅークリボーせっかく選ぶ楽しさにしたのに、違う種類のなんてもう買ってこない!」

と私は言いました。

 

この中で、

バナナとチーズのは同じくらいの値段ですが、アップルパイは2倍以上の値段でした。

(大きさも各同じくらいで、おいしそうなので買ったので値段の事は秘密にした。)

 

結局母が、アップルパイとチーズのパンを選び父と半分こして食べると言った。

(えっ?!半分こなんてそんな楽しそうな事しちゃうのもんすたー

と思いつつ、いいよと言い、

2種の味を楽しむ両親の横で、私はひたすらバナナマフィンを食べたのでしたたらーっ

 

 

おやつの後に車の運転の練習をしようと思っていたのですが、

朝から頭が痛かったし雨だったのでやめる事にした。

教習所でもそんな風に教わりましたし、体調に心配のある日はやめたほうがいいのですよね。

 

↑今度はピスタチオをぼりぼり食べながら、盛り上がっている大相撲九州場所を観た。

↓コタツテーブルの隅に、どう見ても簡素なおもちゃのパトカーがあった。

 

これは何か母に聞いてみると、

(母も今父に運転教わっているので)ハンドルとタイヤの向きの感覚をつかみたくて、こんなおもちゃを買ったそうだ。

「うちの車と全然違う、何でパトカーなの?」

と私が笑うと、

トイザらスのミニカーはとても高いし、高くてもタイヤは左右には動かず100円ショップのものと変わらなかったそうで、100円のほうで買ったそうです。

種類がパトカー幼稚園バスしか無かったそうだ。

 

雨は土砂降りに変わり、どこにも行かずこたつでのんびり過ごしました。

夕食前お風呂から上がると、ナポリタンみたいないいにおいがした◎

母がテレビで見て真似して作ってみたという、油揚げを生地にしたピザでした↓

 

前日の残り物という、おいもの天ぷらもフライパンで焼いて1つつまみ食い用にくれました。

ほおばると、甘くておいしくて口からホコホコと湯気が出て熱かった。

夕食は、油揚げピザ、サツマイモ天ぷら、ポークソテーキラキラ

 

 

何だかファミレスみたいな洋食達に、和風セットを付けたみたいな夕食、おいしそうで大喜び。

↓ポークソテー大きくておいしかったなぁ…!

 

 

22日(火曜日)

曇りの予報は間違いだったかのように、雲ひとつ無い快晴。

↓もうすぐほっそりした枝だけになるメタセコイヤ、葉は毛糸のように見えました。

 

9:30から父に車の運転の練習の指導をしてもらいました。

まだまだ緊張してますが、だいぶ落ち着いて運転出来るようになってきた。

交差点で父は毎回のように、

「そんなに何度も見ねぇでさっさと行け。」

とか、

「後ろなんて見ねぇでいーんだよ!」

などと必ず何か言ってくる。。。

私は、

「見ないよりいいでしょ!」

だとか、

「後ろじゃなくて巻き込み見てるの!!」

などと私なりの意見を言った。

すると、

「おまえ、おれのほう見て文句言うなよな。」(=前を向け)

と言ったので笑ってしまった。

本当ですね、スミマセン。。。

 

後の父の補足によれば、

・大きな交差点は信号があるのだから、左折時右の横断歩道はチロッと一度見れば良い。

・ただし、信号のないテー字路(T字路)はある程度気をつけて慎重に。

ごもっともなご意見であり、

私の場合バカみたいに交差点でキョロキョロしているのだそうだ。

私は父がテー字路っていうのもおかしくて笑い続けました。

 

 

1時間運転したら団地に戻り、母も誘って散歩に出掛けた。

運転練習後にすっきりします(*^o^*)

 

太陽の下から見る紅葉は、色彩パレットのように輝きました↓↓

 

↓誰もいなかった広場、葉と影の様子が何とも秋らしい◎

 

 

↑おはよう、ガビチョウ。

個性的な目元が可愛いガビチョウは、外来種とされていますが鳴き声は美しく、人間をあまり畏れません。

公園でひと休みして、缶のホットカフェラテを飲みました。

 

 

 

↑プラタナスの葉はカサカサになって、

↓落ちるのを待つばかり。

 

 

↑カラフルな変化途中の紅葉楓の下には…↓

 

↑落ち葉の絨毯も赤い箇所とオレンジの箇所があったり素敵なものです◎

↓木々の中を進んでいくと、

 

 

↑しいたけ発見!!

父が食べるというので、もぎ取りましたが、ナメクジが付いていないか不安でした。

そして雨を吸い込んでどっしり重く湿っていたので、雨上がりのしいたけ狩りは少々気持ち悪かったなぁたらーっ

 

左:21日/右:22日に撮影した、同じ木の紅葉です。

天気により色合いが違って見えるのか、一晩で赤みが増したのか自然はすごいなぁ↓↓

 

 

↑たくさん歩いて、しいたけのおみやげ付きで帰宅し、

餅入りうどんと、りんごがお昼ごはんでした☆

食後にまた1時間、緊張しつつ運転の練習をして、

いつものひとり暮らしの部屋に帰ってきました。

 

雨と暖かさのせいで紅葉が遅い上、色づく前に散る傾向の紅葉でしたが、やっぱりとても綺麗だった。

楽しかった2日間の休日。

また明日から元気に過ごそうと思っています。

 

明日あたりからいよいよ寒さが始まる地域も多いようです。

暖かくして、皆様も季節を楽しめますように。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

 


テーマ:

こんばんは☆

日が短くなって来ましたね。

日が暮れる前に戻るつもりで出かけたのですが、

思いの外夕暮れは早くやってきて、洗濯物とシーツが暗くなったベランダでむなしげに私の帰りを待っていました。

 

日中ベランダから見える様々な家で、布団など大きな物をポカポカと太陽に当てていました。

(小春日和、みんな一緒だな)と思ったのですが、

暗くなってみると、見える家々にもう洗濯物は無く、こんな時間にだらしなく取り込むのは私だけだった。。。

 

実家の頃、

「寒い季節は昼過ぎには取り込まないと冷たくなって露も付くし干した意味がない。」

と父がよく、自由気ままに布団を干す私に言っていました。

取り込むとシンシンと冷えていて、本当だなぁと思った。

(晴天の日に風に当てる事が出来たから、いいのだ。)

反省しつつ、そう思いなおし洗濯物を取り込んでいると、真下のベランダにも干したままの布団がありました。

下の階の方は男性ですが、ひとりだけ仲間がいたと心の中で笑いました。

 

この秋勤務先で、お世話になったかたが退職しました。

私が困っている時などいつも親切に教えてくれた女性で、

私はささやかに、暖か肌着のプレゼントをしました。

 

すると先日ちょっと顔を出してくれたついでに、

「これ今日の夕飯にして。」

と袋に入ってまだ暖かいコロッケとメンチを私の席まで届けに来てくれたのです。

吉祥寺さとうのコロッケとメンチ!!

 

滅多に吉祥寺に行かないですし、いつも行列していて食べた事ありませんでした。

しかもその日の夕食は、ごはんとサラダしか冷蔵庫にないという日だったので本当に大喜び。

幸せな気持ちで残りの時間を過ごし、大切に持って帰りました。

 

そのかたはおそらくコロッケ類がとても好きみたい◎

以前もファミリーマートの【ガツコロ】という明太子とチーズ入りコロッケがおいしいよと教えてくれたんです。

教えてもらった日に、その時すぐに買って帰りました。

ファミチキも大好きなので、ファミチキとガツコロ両方買いました↓

 

コンビニのお気に入りメニュー情報、とても参考になります。

夜遅くでも暖かいコロッケが買えるコンビニはありがたいなぁ。

 

それにしても、ある日の夕方風のようにやって来て、

「今日の夕食にして。」

と頂いた瞬間の嬉しさがこの先も忘れられなそうです。

私もこんな風に相手が本当に喜ぶ、センスのあるお土産選びが出来るようになりたいなと思いました。

そんな事があって私もコロ助のように、最近コロッケ、メンチが特別に大好きです。

 

 

野菜がまだまだ高いですね。

家の近所の八百屋さんではパクチーやピーマンがいつもとても安く買えるので最近よく購入しています。

もともとパクチーは好きなのですが、昨日はこんなお弁当にしてしまいました↓

 

ごはんの上に鶏ハムをのせて、ごく簡単に作ったドレッシングを掛けるだけなんですけどさっぱりさわやかでおいしいです◎

 

①鶏ハムはとても安かったスーパーの鶏肉に生レモン汁で下味を付けて、

ラップでキャンディーみたいに真空状態にグルグルと密閉し輪ゴムで左右をしっかり固定する。

 

②沸騰した湯の火を止め①の鶏肉を入れ、蓋をして湯が冷めるまでそのまま余熱調理にします。

※私は一緒に赤ピーマンも隣に沈めておきましたが、赤ピーマンはラップにくるみレンジで1分でも柔らかくなります。

赤ピーマンはフルーツみたいに甘みがあっておいしいです。

 

③好きな厚みにスライスして鶏ハム出来上がり。

 

市販のサラダ鶏は皮なしが多いですが、私は皮好きなので取りません。

ラップの代わりにジップロックでもいいのですが、浮いて来やすいのでその場合はなにか陶器のお皿などで重石にして鍋に沈んでいるように工夫したほうがいいです。

 

ドレッシングは、

パクチーの茎、赤ピーマン、長ネギを刻み、

りんご酢、ごま油、すりゴマ、黒砂糖、醤油、鶏ハムの汁少々、レモン汁を入れて混ぜました。

 

パクチー料理は嫌いなかたも多いと思います。

私の姉に教えたら、おいしそうだけど、パクチー嫌いだからなしでしてみようかなと言っていましたヨ。

たしかに鶏ハムと他の野菜やハーブでも、何でもおいしそうです。

ピーマンは赤いのが断然おいしい気がしています。

 

ごはんがたくさん食べれて、下にもっちりおいしい鶏ハムの隠れている丼ぶり弁当。

この鶏胸肉で作る鶏ハムは、全くパサつかずしっとりもちもちしておいしいので、

鶏ハムだけでも是非作ってみてくださいね。

冷蔵庫で4-5日は大丈夫です。

 

2年前に私はパクチーの種を分けてもらったのをつい最近思い出しました。

小さな小袋に入ったパクチーの種、

簡単に栽培できて、困るくらい増えるともらった時に聞いたもので、

私も早速100円ショップで、小さな受け皿付きプランターと土を買ってきました。

 

↑こんな立派なセットが200円で買えて凄い!

売り場には野菜の種もたくさんありました。

私は手持ちのパクチーの種だけ撒いてみましたが、

様々な野菜の種を見ていたら、他にも育ててみたくなりますね。

 

もう種まきして2週間経ったのですが、

キッチンの窓辺でサンサンと日を浴びているのに、全然芽が出ません。。。

私は植物育てるのあまり向いていないみたいだなぁたらーっ

 

早く食べれるようにならないかなぁと日々土を見つめて来ましたが、

芽すら出ない。。。

悲しいなぁ。

 

他の育てやすいハーブなどの種を撒いてみようかと思い始めています。

もうひとつ、スイートバジルと書かれた古い種があるんですけども。。。

 

 

 

11月15日、明日は七五三ですね。

スーパーのチラシに千歳飴の事が書いてあり気づきました。

先日原宿方面に用事があり、明治神宮に行ったのですが可愛い被布を着た女の子を私も見ましたよ。

着物って可愛いですよね。

 

そしてその時に明治神宮内で可愛い木も見つけました。

何だか小人や妖精の為の階段みたいで、最上階には何があるのかなと思ってしまう素敵な一枚になりました↓↓

 

 

自然っていいなと最近つくづく思います。

来週は両親の住んでいる団地にまた遊びに行こうと思っています。

紅葉が見頃かな、木の実は一日中音をたてて降るように落ちているかなと楽しみにしています。

綺麗な景色が撮影できたらまた載せますね。

皆様寒くなる季節元気に過ごせますように。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

 


テーマ:

こんばんは☆

17、18日と両親の暮らす団地に遊びに行ってきました。

秋景色の散歩が楽しみで、今回は運転の練習をさせてもらう事になっていたので、

出発の日、雨がザブザブ降っていてがっかりしてしまいました。

 

長靴をはいて傘を持って団地行きの電車に乗り込みました。

雨が降り続く景色の中、柿の木の見事な実りの一帯のとても心に残った景色がありました。

農園のような敷地にオレンジの丸い実たくさん、間も無く色んな用途に使われるのでしょう。

 

今回は運転の練習のためいつもより少し早めに団地の最寄駅に到着しました。

雨は止んでいて歩いて団地に行こうかと思いましたが、運転の時にとても気を張るでしょうから今回は迎えに来てもらおうと思いました。

 

父に電話を掛けると、長くコールしても出ない。

トイレかな、寝てるのかなと思い一旦切ろうと電話を耳から離した。

するとようやく父が出たようで、何かしゃべってる声がする。

もう一度耳に当てると、

「どこにいんだよ。」

と父が言っていた。

(今回父に車の運転教習をお願いするため、)

ふざけて【送迎車一台お願いします】と言いたかったのですが、駅の周辺には人が多かった為、

結局普通に迎えに来て欲しい場所と時間だけを伝えましたたらーっ

 

20分後に迎えに来てもらう事にして、その間におやつを見に行きました。

和菓子にしようか洋菓子にしようか、

今回いろいろ目移りしてしまい、店を出てから猛ダッシュで戻り待ち合わせ場所へ。

4分遅れてしまったので、

「遅れてごめんね。」

と言うと特になんの返答もなかった…。

 

車に乗るとまた雨が降り出した。

私は4分位ダッシュした為の額の汗をタオルで拭きながら道路の様子を見ていた。

駅周辺道路は天候のせいか少し混んでおり、

免許取ったのは5年前でその後一度も運転したことない私、本当に今日乗れるだろうかと考えると緊張してきたぬけた魂

「いい教習コースはありますか?」

と父に訊くと、困ったような顔して笑っただけだった。

 

団地の玄関を開けると、母が迎えてくれました。

おやつを渡して、運転の前にまずは早めのお茶の時間になりました。

 

↑ナッツのいっぱい乗った焼き菓子。

大きいけど薄くて固いもので、ひとり一枚食べても重くなかったです。

食べた後は、

持ってきた教習所の教本を眺めていました。

母がかなり興味深そうに本をのぞきこみ、

「今のはこんなに判りやすいのね、カラフルでアニメの絵もあって!」

とびっくりしていた。

アニメではないんですけど、漫画のイラストで確かにわかりやすく見やすい教材です。

 

↑それから私は若葉マークも忘れずに持ってきた。

(自動車学校卒業時にくれましたキラキラ

先日父に聞いてみたら、若葉マークを今の私が貼るのは違反だと言っていました。

ネットで調べてみると、昔は免許取得後1年経過後に貼るのは違反だった事もあるそうですが、現在は運転経験の浅い人が貼っても大丈夫なのだそうです。

 

頑固な父はダメだというかと思ったけど説明すると、

「ああそう。」

と言い、貼って良い事になった。

あぁ、よかった。。。

こんなに心強いお守りは他に無い。

 

15時に私と父は外に出た。

母は頑張ってきてねと送り出してくれた。

どんより空の上で、雨は何とか降らずに曇りのままで居てくれてました。

 

父が運転し、私が助手席に乗って車は団地を出ました。

私は今日のコースを1周説明してくれるのかと思っていましたが、

そうではなく、1分後いよいよ座席を交代する事になった。。。

 

若葉マークは2枚もらったのですが、

もう一枚は吸盤式で使いにくそうだったので一人暮らしの家に置いてきてしまいました。

私は前に貼りたかったのですが、父は後ろに貼れという。

先生(父)の指示に従う事に。

…父はナンバープレートの横に初心者マークペトリと貼り付けたけれど、向きが逆だった

(父さん、それじゃスペード♠みたいだよ。。。)

と思いおかしくてたまらなかった。

でも笑っている場合では無い、私は今から緊張の中に飛び込むのだ。

 

若葉マークを貼り終えた私たちを、歩道を歩いてきたご婦人が歩調をゆるめてニコニコ見ていた。

もしかしたら、お子様に運転教えたのを思い出しているのかなぁ。

ニコニコ笑顔は、頑張ってネと言っているようで少し安心しました。

 

運転席に座って、座席とミラーを合わせいよいよ出発。

40キロでも結構早い、私の目は泳ぎまくりとてつもなく怖かった。

どうしても左により気味になり、何度も父に指摘された。

「もっと中央に寄れよ。」

「だって怖いんだもん。」

というと、

「おれのほうがこえーよ!」

というのでかなり笑いました。

確かに、すみません。。。

真ん中の感覚は少しすると判ってきて注意されなくなりました。

 

とてもゆるやかな同じコースを6周まわったそうです。

私は必死すぎて何周したかなんて判らなかった。

最後の1周のところで雨が降ってきた。

必死な私にとってはワイパーはとても目障りな物のように思えました。

 

遅いなと思っていた母は、台所の窓から外を見て、

私が運転しながら駐車場に入ってきたのを見ていたそうです。

私が車外に出た時には窓に母の姿はなかったけど、何とか初日の教習?を終え、安心しすっきりした私は無人の台所の窓に向かって手を振り、体操しながら部屋に戻りました。

 

 

部屋に戻り、母にどのあたりを走ったのか聞かれて道を思うと、

いつもよく歩いている散歩コースだと気付いたのですが、走行中はあの公園だとか、ネコのいる場所だとか思う余裕は無かった。

母に説明しながら、そういえばいつものよく知っているおだやかな道だったと再確認しました。

 

母が、

「実はねずっと秘密にしていたんだけど、お母さんも運転教わっているのよ。」

と言ったのでびっくり仰天。

母は結婚前は車運転していたのですが、それ以降は全くした事なかったそうです。

私や姉に言うと、母はうっかり者なので心配するだろうと思って言わなかったとの事。

4月から出来るだけ乗って、父に指導を受けているそうなのですもんすたー

全然知らなかった、しかも4月から。。。

 

だけど私は母が車好きなのも知っているし、

半年もかけて少しずつ乗っていたなんて良かったなと心から思いました。

「同じ教習所(父の生徒)だったんだねぇー!!一緒に頑張ろうー!」

と言い母と笑って握手しましたが、父は背を向けてテレビを見ていました。

 

今思うと確かに道理で、

父は教え方も的確で判りやすかったし、怒鳴られたりするかと思ってたけどそんな事はなかった。

私が運転するのも母はあまり心配してなかったのはそういう訳だったのか。

母は運転した日をカウントして手帳に書いているそうで、90回乗ったそうです。

母が運転していたなんて、最近一番のびっくりニュースでした。

 

運転後ゆっくり入るお風呂は、鈴虫の演奏付きでとてもいいお湯でした温泉

10/10は父の誕生日だったので、お祝いで母が駅でお寿司を予約しておいてくれました。

夕飯はお寿司と、あと↓↓

 

唐揚げと、山形の芋煮です(≧▽≦)

芋煮大好き、おなかも空いていたのでおいしかった◎

ごはんの時は、母と私の運転の話をしてゲラゲラ笑いながら食べました。

母は最初本当にヨロヨロと進んでしまって、

初日のスタート直後にパトカーが居てギロっと見られたり、

父に怒られた運転の数々の場面を教えてくれました。

 

私は今日に限った事ではないのですが、

車のドアをついバンっと強く閉めてしまう癖があります。

おそらく以前の父のハイエースのドアは力が必要だったので、今でもパワフルに閉めてしまう。

この日も3回くらい、静かに閉めろよ、と怒られたんだよと夕食中に話をして、

夏の終わりから私はキックボクシングを習いに行っているので、

「最近筋肉が付いちゃって…、ごめんなさいね。」

と言うと、父も母も笑っていました。

 

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

 

今朝目覚め、ふすまを少し開けて光を見ると、曇りの予報でしたが晴れていそうな気がして、嬉しくなってすぐに起き出しました。

快晴で青空が広がっていたのです。

 

朝ごはんを食べ、身支度も整えました。

9時から教習をお願いしていたからです。

9:10に父と家を出ると、リーンリーンと鈴虫の合唱が響き渡り、濃い青の空を駐車場から見上げました↓↓

 

 

午前中の運転は1時間丁度くらい。

昨日と同じコースを走りました↓↓

 

↑(お昼前、散歩の時に撮りました)

運転コースは本当に教習所の路上コースのように走りやすい道です。

一晩寝たら随分落ち着いて運転できるようになり、心に余裕も出て目も泳がなくなりましたあせ

 

こんないい天気、散歩にも行きたいので1時間運転して、母の待つ団地に帰ることにしました。

父がコーヒーを買おうと言い、セブンイレブンに私の運転で行きました。

団地でコーヒーを飲みひと休み。

母が、

「教習後のコーヒーはおいしいでしょう。」

と言いました。

セブンカフェのアイスカフェラテは本当においしいキラキラ

必死ではなく運転できるようになってきた、と報告すると母も喜んでくれました。

 

10時半から両親と散歩に出掛けました。

鈴虫合唱隊は団地だけではなく、町全体で爽やかに鳴いていた。

 

空気は涼しいけど日差しがとても強かった。

↓だけど木々の道はしっとりしていました。

 

母が可愛い巣箱のかかった木を教えてくれました↑

 

↑赤とんぼと、さくらんぼみたいな赤い実は【そよご】だと思います。

 

↑イチョウの木は黄緑色の爽やかな色ですが、

このイチョウ並木はとってもクサイ。

「くせーの踏むなよ。」

と父が言い、足元にはジャム状に潰れたギンナンが落ちていました。

 

↑【ヨウシュヤマゴボウ】と言うそうで、毒があるらしいです(知らなかった!)

紫色の茎がホースみたいに太くて毒々しい?

 

↓秋らしい景色がいっぱいの中【あじさい】がありました。

ハート型でとっても可愛かった。

 

 

 

 

 

↑公園のアスファルトの道を【コジュケイ】というコロコロ丸っこい鶏がゾロゾロ横断していきました。

いつも集団行動な鳥なんですが、こんなにたくさん居るのは久しぶりに見た。

たまに自転車が入ってくるので、無事に渡り終えて良かった。

おどかさないようにかなり遠くから見ていました。

散歩から帰ると、お昼近くになっても空の青さが変わりませんでしたキラキラ

 

12時10分に団地に戻り、母としゃべりながらパスタを茹でました。

 

私が午前中運転に入っている間ミートソース作ってくれたのですって!

母のミートソースは玉ねぎたっぷり、そして私の分は大盛りだなぁ!

 

お昼を食べて、13時10分から午後また運転に行きました。

階段のところで、

隣に住む妖怪みたいなじいさんにばったり会い、こんにちはと挨拶した。

妖怪じいさんは運転練習の私に興味を持ったのか、

駐車場から出る私たちの車をいつまでも高い団地の窓からジロジロ見下ろしていました。

 

午後は交差点や合流のある道にも挑戦して、少しずつ慣れてきました。

先生(父)も助手席であくびをしていたので、

少しは安心して乗っていられる感じになってきたかなと思ったりもした。

 

私の運転教本と若葉マークは母にも是非使ってと団地に置いて来ました。

決して調子に乗らず、私も母のようにコツコツ運転の実践を学びます。

 

また近々団地に遊びに行く予定です。

秋の過ごしやすい今の季節、どうぞ皆様も楽しめますように。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。