世田谷シルク+おおのの 対談①

テーマ:
花組芝居の演出助手もやってらっしゃる、おおのの主宰大野裕明さんと年末に対談しました。
次の週に同じく楽園で公演をうつそうですが、以前私がいた山の手事情社に在籍していた大先輩三村聡さんも出演されます。是非ご覧ください。(堀川)


新春対談 世田谷シルク+おおのの 下北沢・小劇場楽園連続公演企画
『シェイクスピア×太宰×楽園』

世田谷シルク・堀川炎とおおのの・大野裕明(花組芝居)。
劇場を続けて借りてあったこともあり、知り合いだったこともありと言う事で、軽い気持ちで対談してみた。シェイクスピアと太宰治、ともに文豪を題材にしているのだが、いったいどんな芝居を作るのか?(同席者:世田谷シルク側・堀越涼、おおのの側・丸川敬之) 


―どんなお芝居なの?
大野:どう、稽古は順調?

堀川:2ヶ月ぐらい前からちょっとずつダンスとかやっていたんですけど、私が出演していた【ブラジル】の公演が12月21日まであったので、その間は、それまでやったダンスやらできてる台本をひたすら覚えもらってました(笑)。

大野:ハハハ、よくある。

堀川:で、23日から本格的にやってるんですけど、私の演出がダンスとか抽象的な事が多くて、

堀越:体使う系、体使う系(無駄に2回繰り返す)

堀川:その場で考えた事をやってみたり、今から曲かけるから、1エイトで椅子もってとか、2エイトではけてとか。

大野:今回のお芝居って、シェイクスピアの『夏の夜の夢』がモチーフになってるの?

堀越:なんでしょうね、原文も使ってますし、けど炎さんが書いてる部分の方が多いですかね。

堀川:『夏夢』が現代版だったらこんな感じっていう芝居です。ネットの会社をモデルに書いているんですけど、『夏夢』って魔法が出てくるじゃないですか?

大野:ホレ薬?

堀越:そう、そう。

堀川:でも、その魔法って今だとないじゃないですか、だからそれをインターネットとか、ネットワークとかに置き換えてるんですけど・・・、

大野:へェ。

堀越:まァ難しいですよね。シェイクスピアって魔法で片付けちゃったりするから、それを現代劇に置き換えた時にどうするよ、みたいな。

大野:そうだよね、確かに(笑)

堀越:大野さんの方は?結構自分で書いてるんですよね?

大野:基本的には太宰治の大河ドラマをやりたくて、太宰治の人生に、彼の作品を絡めていく感じ。文豪シリーズが旗印だからね。

(*大野は過去に、夏目漱石やら萩原朔太郎の人生と作品を絡めた、大河ドラマを創っている)

堀川:ああ、で、『走れダザイ』。

大野:でも今回はちょっと魅せ方を変えたくて。太宰治ってすぐ死ぬじゃない?

堀越:入水(じゅうすい)自殺。

大野:うん。だから太宰治が死なない方向に持っていけないかなァって。

堀越:え?じゃあ、わりとポップなんですか?

大野:あのね、結構コンテンポラリーダンスみたいな感じになってる(笑)。

堀川&堀越:えええーーー!

丸川:かなりポップだと思いますよ(笑)。

AD

コメント(1)