イベントにて

テーマ:
あるバラエティ番組の一コーナーが面白いから会社の飲み会の席でやってみよう。

割とこうやって話が進むとこは多いだろう。

でも、果たしてそれが盛り上がるのか?

これはメンバーに依存するとこだろう。
我がメンバーでそれを言い出すのは当然リーダーである。

引っ張ってくれるのはありがたい。問題はそのネタである。

5人で
「もし自分がSMAPのメンバーなら誰?」
で各自かぶらないように答えたり
「おでんの具と言えば何?」
で全員が同じものを考えたりと、このあたりまではそれなりに盛り上がる。

しかし進行していたリーダーも酔ってろれつが回らなくなり、出題もグダグダになってしまった。
しかしメンバーは盛り上がる。

つまり。

リーダーの酔い方を見てるのが一番面白い。
AD

新人歓迎会

テーマ:
例年通りこの時期に行われる新人歓迎会。

普段外に出ている社員にとって自分の職場に配属されない限りこの場以外で新人をアピールできるところは無い。

例年通り、お寒い一発芸を各自披露するわけだが、昨年の世間流行が見えたりして別の楽しみもあったりする。

新人歓迎会とは言え、新人と直接話す機会は無い。話す気がない人が大半で、同期に久々に会える場だったりもするのでそっちが優先されている。

あとは、

ゲームの景品目的が大半
AD

手の打ちようがない

テーマ:
「このプロジェクトで後輩を育てよう」

うちのプロジェクトリーダーが当初言っていたセリフだ。

要員が少ない割には大きなプロジェクトでアサインされたメンバーも若め。
かなり危険なプロジェクトだが動いてしまったのだからしかたない。
若いメンバー主体で頑張るしかないのだ。

要件定義、開発スケジュール、仕様書作成などやることは山のようにある。

上の人間はそういった若いメンバーが作るものが問題ないかをひたすらチェックする日々ばかり。

その度にいろいろ指摘をし、時には注意したりでメンバーに危機感を持たせたりしている。

だが、

それに全く動じない人間もいるわけで、

・言われた事をやってこない
・納得できたフリをする
・定時ギリギリに進捗報告をして今日できることを明日に伸ばそうとする

仕方なしにちゃんと考えて仕事をこなして欲しいと注意してもレスポンスはイマイチ。


さすがに度肝を抜かれた一言。

「人に何か言われると何か逆らいたくなるんですよね~」

仕事頼む気がなくなった…

ある意味うらやましい

テーマ:

酔って記憶を無くす。


怖い反面、その場で何が起きたか記憶が無いので余計に気にする必要が無い。

大半は「記憶を無くしたくは無い」だろうが。


これを得意技としているのが我がリーダー


トシ


である。


先日新たなメンバーが配属されたので歓迎会が開催された。

トシはヨーやチャなどと同じ席に座り、とりあえず「ワイン」を注文。


「最近凝ってるんだよー」なんて言いながらジャンジャングラスを空にしていく。

徐々に呂律も回らなくなってきて何を話しているのか良く分からない状態に。

そして一次会終了。

偉い人達がいなくなっての2次会開催。

大体2次会というのは話す内容もムチャクチャでまさに無礼講と言える。


そこにトシもいた。2次会でも只管ワインを飲んでいる。

そしてズーーッと訳の分からない話をしている。うるさいくらいに。


当然そんなトシを良く思わない人間もいるわけで、あまり場の雰囲気は良くなくなる。

勢いに任せて皆でトシを追い出そうとしてみるが、中々そうもいかず。

結局そんな状態が続いたまま、お開きとなった。


問題はその後である。トシは動けないくらいまで酔っ払い、面倒担当のチャがトシを抱いて駅まで送っていくことに。


「いつものこと」と割り切って先に帰宅してしまったメンバー全員にメールがチャから届く。


助けてください


トシが乗らなきゃいけない電車を拒んで乗らなかったらしい。

それに巻き込まれたチャだが、チャは歩いて帰れる距離に家がある。

だがトシがそんななので、どうしたらよいのかわからなくなったようだ。

皆からは「ほうっておけ」「ゴミ捨て場に置いとけ」など、アドバイスにもならないことばかりの返事が届く。


しかし結果的にチャはトシに「ついてくるな」と言われたらしく、その後の行くえはわからなかったとか。


次の日も仕事だったが、全員欠勤だろうと予想していた。


しかし、


通常通りの出勤。


ヨソウガイデスなんてヨーがつまらないことを言っていたが、皆驚いていた。

どうやら近くのスパで一泊して、始発電車で一度帰ってから出社したようだ。


だが昨晩のことを聞いてみると、どうやら


2次会に行った事を覚えていないらしい。


何処の店にいたのか、誰と一緒にいたのか全く記憶になく、当然その場の雰囲気も知らない。

飲みの席なので、他の人も気にはしていないが、全く反省しようがないトシはどうなんだろう?なんて思いつつも

うらやましい体質だななんて思ったりもする。



予測した行動

テーマ:
「プログラミング終わったので検証してもらいたいんですけど…」

「見るけど、いつ?」

「今とかいいですか?」

「今!?それは無理だよ。見ないと作業止まるの?」

「そうですね…」

「じゃあ見るしかないじゃないか(怒」

とまあ、ウチの職場でたまに見かける光景。
明らかに自分のペースだけを考えての言動です。
作業にはある程度スケジュールが決まってるのでプログラミングとか一人で出来るようなものは良いですが、他の人を巻き込む場合は当然その人のスケジュールを前もって把握した上で時間を取ってもらわないといけません。

次に何をするかは新人でなければ分かるはずなので常に先読みしないと効率良く作業が進みません。

経験がものを言う部分もありますが3年もあればある程度見えてくると思います。

今回上の発言をしたのは今年で4年目になりますが…

「経験」は今まで仕事を一緒にやってた上司にもよるところもあり、はっきり伝える人とそうでない人といるわけで、
後者は
「俺を観察して感じろ」
だったり
「俺が全て管理してるから言った通りに動いてくれれば良い」

というタイプがいるのでそういう上司だと下は成長しずらいんですよね。

上司運+個人でどこまで先を考える事ができるか
この仕事に限ったことではないですが重要ですね。

趣味サッカー

テーマ:
ベェ、マサ、ヨーが大好きな海外サッカー。

今朝と明朝はUEFAチャンピオンズリーグのベスト4が決まる試合が行われている。

毎年決勝トーナメントが始まると8人で優勝チームを予想する。
優勝者には夕飯ご馳走というかわいいものだが皆割と楽しそうにやってる。

ちなみに
ベェ:バルセロナ
マサ:マンチェスターユナイテッド
ヨー:インテル

をひいきのチームにしてる為当然のように選択ししてたわけだがマサを残してバルサとインテルは早々と姿を消した。

今期のイングランド勢は勢いが違う。

ベスト4に
マンチェスターユナイテッド
チェルシー
そして恐らくリバプールも残るだろう

古豪復活と言うべきかはわからないがフットボールが生まれた国は今また輝いている。

当然ベェとヨーはそれを許せないみたいだ。

××の呪い

テーマ:
スナは形式上、うちの会社のメンバーとしてうちの職場におり実際は別の会社。

そのスナが今月で自社に戻ることとなりました。

正式には「戻される」になります。

もともと人との接し方に難があったのですが、それが業務にも影響した結果です。

それを告げられたスナは割とスッキリしているのかストレスから解放されたように元気に見えます。

話を聞くと実際思ってたこととやってたことが違ったみたいなので本人的にも良かったようです。

でも、

・もの凄いネガティヴ
・人の話を聞かない
・空気が読めない

これではどこに行ってもしんどいだろう…

戻されることを聞いて第一声が

「もうちょっと××の呪いをかけておけば良かったですね…」
(××はスナの好きなキャラ。)

絶句。

雑談に入る瞬間

テーマ:

業務中に雑談をするか。

見ての通り、ここのメンバーは雑談が他と比べて多い。


自分が息抜き程度にネットサーフィンをしてふと気になるニュースを見つけたとき。

会議から自分の席に戻ってきたとき。

メンバー全員宛にメールが来たとき。


もちろん集中して作業をするマサのようなタイプもいるが、何かのタイミングで雑談が始まることが多い。


きっかけはもちろん


リーダー

口癖3

テーマ:

そうですね。


チャの口癖だ。某番組風ではない。

チャに私の言っていることが「正しい」かを確認したいときは正解だと思うが

チャのしたことが間違っているのを指摘をしているのに、このセリフが返ってくる。


こちらは「分かっているのに何で間違えたの?」と言いたくなる。実際言ってしまうこともあるが。


チャの場合「はい」の代わりがこの言葉になるのだろうか。