武道館公演が記憶に新しいUNISON SQUARE GARDENは、昨年の秋からツアーを敢行してきたが、いよいよそのツアーの大詰め
ファイナルはかつて、「CIDER ROAD」のレコ発だったNHKホール
しかも今回は2days開催である
この日は初日だが、昨年の武道館を見ていないため、見るのは1年ぶり

ステージに「UNISON SQUARE GARDEN」とバンド名が書かれたシールが青い光で照らされるなか、いつものイズミカワソラの「絵の具」をSEにメンバーが登場すると、

「僕が今日も旅に出る理由は 多分君には言えないけれど 届くなら let me sing, let me sing 誰にも触れない歌をずっとね」

と、斎藤がアカペラで歌い「さわれない歌」からスタート
前回見た「Catcher In The Spy」のレコ発も、同じように聞かせる曲で始めていたが、この曲はいわばプロローグ
UNISON SQUARE GARDENの世界が始まる、そんな1曲に感じる

この時点では田淵はあまり動いていないのだが、「kid,I like quartet」になればエンジンがかかったかのごとくステージを駆け抜け始める
そこは、流石田淵
「日本で一番見切れるベーシスト」

ここ最近、あまりセトリに入っていなかっただけに「コーヒーカップシンドローム」は懐かしさを覚えるが、「天国と地獄」でそんな余韻はぶっ飛び、

「今夜も 駄々騒ぎ」

のように田淵は片足ずつ上げるアグレッシブなパフォーマンス
ライブハウスだろうがホールだろうが、ユニゾンがやることはいつも同じ
ただ良いライブを届けること

「久しぶりのNHKホールだけど、この感じ暖かいなあ」

と斎藤が呟くと、そのアンサーとして「きみのもとへ」では満場一致のクラップヘンズ
シングルの中でも特にシンプルな「流星のスコール」をかき鳴らすと、

「新曲を持ってきました」

とまだ未発表の新曲を披露
ユニゾンらしいロックチューンで早い音源化が望まれる

そのままソリッドなロック「シュゲイザースピーカー」の爆音がホールに鳴り響き、「夜桜四重奏 ~ハナノウタ~」の世界観を連想させる「桜のあと (all quartets lead to the?)」、「マスターボリューム」を彷彿させるような新たなイントロで始まった「オリオンをなぞる」とほとんど休みなくキラーチューンを連打
昨年からツアーを行っているため、仕上がり具合は完成形に近いが、このNHKホールで初めて見たときはこんなに進化するとは想像もしていなかった
また、アグレッシブなパフォーマンスを展開する、スピッツの田村、RADの武田よろしく暴れるタイプのベーシスト、田淵にどうしても目が行ってしまいやすいが、見るたびに手数を増やす鈴木のドラミング、音源を忠実に再現する斎藤のギターとそれぞれのスキルも高い
この数年で次々と新進気鋭のバンドが現れているが、スリーピースでここまで来たのはWANIMAを除くと彼らだけだろう

昨年からも始まったツアーも今日を除くといよいよ残り1本ということで、斎藤がこのツアーを振り返り始めるが、

「山口では田淵の友達、山口くんの事を話したんですけどファーストキスの相手らしく、ショックで音信不通に(笑)、香川県では昔貴雄が「ライブは心を開く場所」って言ってパンツを履かずにライブしていたことを暴露(笑)、名古屋では僕が「ウォーキングデッド」にはまりすぎてしまった結果、田淵くんがゾンビにしか見えなくなってしまい、どうやって殺そうか考えていました(笑)。で、このツアーも色々あったんですけど、改心のできだったのは和歌山でマネージャーが気を使ってくれて、みんなで温泉に行ったんですけど、田淵くんが歴史を重んじる人みたいで、パンツを履かずに着物を着て(笑)、思い出に写真を撮りまくっていたんですけど、ほとんどが田淵君のたぶ◯んが映っていました(笑)UNISON SQUARE GARDENのMCは、メンバーの暴露話、メンバー弄り、そして下ネタで成り立っていて(笑)、昔はかっこいいことを言っていたんですけど、いつのまにこんな感じになっていて、メンバーに怒られたらどうしようと思っているんですけど、その時は和歌山の写真をTwitterに投稿するので、みんなで拡散してください(笑)よろしくお願いします‼」

と完全試合を成し遂げくらいの傑作

「楽屋ではあんなに話しかけてくるんだけど、本番になったら全く話さない(笑)」とは本人の弁だが、昔は普通に話していた
CDJ13/14辺りからあまり話さなくなったような気がする

「こんな感じで良い?じゃあ曲やります‼」

と田淵と貴雄に確かめてから少年時代のあるあるを歌詞に、斎藤が間奏でホイッスルのような音を再現した「チャイルドフッド・スーパーノヴァ」は、「JET CO.」の曲を連発した「桜のまえ」でも演奏していないだけに歓声は大きい
昔の曲を今でもこうしてやってくれるのはありがたい(それに比べて「お人好しカメレオン」の不遇っぷりときたら…)

この日、唯一のバラードであり圧倒的に音数が少ない「夕凪、アンサンブル」はBPMが最も遅くじっくり聞かせる名曲
打ち込みを使うことはあるとはいえ、可能な限り3人で世界観を構築するのがこのバンド
それだけに、必要最低限までに肉体を切り落とし、最軽量までに音を少なくしたこの曲が新鮮に聞こえてくる

リリース当時、「なぜこれがカップリング!?」と思った「誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと」といえば、リリース前に「これをカップリングにするのはもったいないよなあ」と話していたが、それはまさしくその通りで、ベストアルバムに収録されていなかったら、コアなファン以外は目につかなかったかもしれない
このバンドのカップリング曲は、そういう曲ばかりで「ピストルギャラクシー」しかり、「スノーリバース」、「ノンフィクションコンバス」とカードで例えるならば、ウルトラレア級の名曲を平然とカップリングにぶちこむ
だから、ワンマンで普通にカップリングをやって来ても全然驚かない

この後演奏された新曲「パンデミクス・サドンデス」もかつてのカップリングで、ここNHKホールでも演奏された「ラブソングは突然に ~What is the name of that mystery?~」をグレードアップさせたもので、既にオンエアもされているが、この曲ですらカップリングとして収録される可能性は大いに高い

「お待ちかねの貴雄鈴木ショー‼」

と斎藤が叫んで、貴雄が例のごとく自慢のドラムテクを見せつけると、1度袖に下がったメンバーが戻り、石板にも似たような背景をバックに「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」で踊らせると、この日一番待たれていたであろう「シュガーソングとビターステップ」ではバンドのロゴがチューリップのように光輝く

田淵がスピーカーをジャンプして乗り越えた(テンポがかなり速くなった?)「場違いハミングハード」から、「フルカラープログラム」の続編、「プログラムcontinued」がラスト

バンドはこれからも続く、そんなことを匂わせて早くも本編が終了

場繋ぎ的なBGMを経て、前回のツアーのオープニング「黄昏インザスパイ」を演奏すると、

「ライブってやっぱり楽しいよね。僕たちのライブには余計なものは何もいらない。良い曲をみんなの手の届くところに届けるだけ、これからもこんな感じでライブをしていくのでまた来てください、今日はありがとうございました‼」

と斎藤が話し、「箱庭・ロックショー」からやはりこれがラストじゃないとしっくり来ない「ガリレオのショーケース」では、貴雄のドラムソロを誰もがイメージしていたが、今回はソロはなく貴雄は服を頭に被ったまま演奏
更に田淵はマイクスタンドを突如動かし、リンボーダンスを始めるは、イナバウアーをしながらコーラスするはやりたい放題
おまけに斎藤と田淵でそれぞれ異なる楽器を弾き、最後は恒例のバク転からベースを放り投げ、見事キャッチ
斎藤が「バイバイ‼」というなか、田淵はスタッフにベースを押し付け、貴雄は「いつまで被っているんだよ‼」と突っ込みたくなるほど、被ったままでお辞儀をしてステージを後にした

この3年で変化したのは、MCが斎藤だけになったということ
以前見たときは貴雄が仕事あるあるで斎藤が踏切の音を鳴らしながらそれに合わせて叩いていたけど、今回はそれはなし
田淵は田淵で「ガリレオ~」でステージを一周して初めて見に来た客が仰天したのが今でも思い出す(密かに期待していたけど)

けど、変わったのはそれだけ
いつどこだろうと、ユニゾンはやることは変わらないし、かっこいいロックバンドのまま
僕らが尊敬するロックバンドは今日もただ良い曲を演奏するためにライブを行っている

セトリ
さわれない歌
kid,I like quartet
コーヒーカップシンドローム
天国と地獄
きみのもとへ
流星のスコール
新曲
シューゲイザースピーカー
桜のあと (all quartet lead to the?)
オリオンをなぞる
MC
チャイルドフッド・スーパーノヴァ
夕凪、アンサンブル
誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
シャンデリア・ワルツ
パンデミクス・サドンデス※新曲
徹頭徹尾夜な夜なドライブ
シュガーソングとビターステップ
場違いハミングバード
プログラムcontinued
(encore)
黄昏インザスパイ
箱庭ロック・ショー
ガリレオのショーケース

ここ最近、ユニゾンのライブを見るたびに新規と元からのファンの間で温度差が生まれてしまい、楽しいはずなのにストレスがたまるそんなライブが多かった
見るたびにストレスが溜まり、ライブハウス公演は敬遠、以前ここに怒りの記事を掲載してしまうほど楽しめずになっていってしまった

ただ、今回のホール公演はビックリするくらいストレスを感じなかった
合唱も嫌と感じるほどじゃないし、サークルもないから完全な一対一の空間
僕のなかでユニゾン熱が完全に甦られることができた

どうやら、FC限定で神奈川公演をやるらしいが、日程次第でFCに加入してライブに行くのもいいかもしれない





AD