Sax&Clarinet Player 瀬利優彰のBlog"Sound is great!"

瀬利 優彰(せり まさあき)
Saxophone,Clarinet奏者。
 東海地区を中心にライブ・イベント演奏やレッスン講師などの活動をしています。
 Serio(まじめ)のニックネームにもあるように、ミュージシャンの割に穏やかな物腰。
 でも、奏でる音はFatでRichです。

☆リーダーライブのお知らせ☆



瀬利優彰リーダーバンド


"Conjunto Serio"


2017年3月にLive予定です。


詳細後日!ご期待ください。


NEW !
テーマ:
世の中にはいろんな組織があります。


会社

学校

部活・サークル

○○委員会

○○協議会

○○連盟

などなど。


これらをまとめる人がしっかりしているかどうかも大切ですが、組織が何を目標にしているかが合わせて大切と考えています。

何となく、目的もなく日々を過ごすことが続くと、だんだん組織内の人々に不満がたまってくる。

最初はみんな高い志を持ってその組織に加入するので、温度差ができたら当然ギクシャクしてきます。

これを改善するには?という問いに、今日は一つの側面から考察。

外部の刺激が、ひとつ良いアクセントになると考えています。

これは何のことかと言うと、同じことか似たことをやっている組織同士がひとつの場所に集い、お互いがお互いを意識できること。

音楽の側面で分かりやすく言うと、発表会とかコンクール、フェスティバルなどのイベント事がそれに当たります。

自分だけの世界でなく、同じ(ような)ことをやっている他の団体や個人を見たり聴いたりすることにより、自分たちのことを改めて知ることができる。

できることなら、代表者がそういう場を用意するばかりでなく、組織に関わる一人一人が積極的にそういう機会を作ると、組織全体のモチベーションupにつながります。

その日々の積み重ねがまた、組織共通の

「大きな目標」

を作ることにつながる。

良いサイクルを生み続けるのは並大抵のことでは叶いません。

悪い方に流されやすいですから。

これは、噂や評判とまったく同じ。

ゲームと違って、都合良くやり直しできないのが人生。

高い意識を持って常に活発な議論が生まれる組織は、強いです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「├雑談」 の記事

テーマ:
2017年の年明け、1月6日金曜日に、

「ディズニー&ミュージカルコンサート」

へ出演します!





↑詳細です。

vocalに宮田あさみさん

pianoに金沢あきなさん

drums&percussionに三祢沢信さん

という、ベースレスの編成です。

同じメンバーで一度7月に豊田でやっていて、今回が2回目となります。

ピアノのあきなさんとドラムの信さんは普段から「みずとたま」というユニットを組んでいてコンビネーションは抜群。

歌のあさみちゃんとは1回目のライブで公式には初共演。素敵な発声から伸びやかな歌声を聴かせてくれます。

そこに私がサックスやクラリネットで入ります。

カワイ名古屋のブーレというコンサートサロンにて、17時開演と少し早い時間ですが小学生まで1,000円、中学生以上は2,000円でチケット販売しています。

ぜひお越しください!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も授業のゲスト講師として、出身大学でお話する機会をいただきました。

-文化を継承する「音楽家」という仕事-

そんなテーマで、自分の半生をお伝えしながら音楽家としての社会との関わり方を学生たちへのメッセージと共に、自分なりの言葉でスピーチ。

約400名の学生からコメントをいただいたので、一部抜粋します。

「瀬利さんの話を聞いて、有名な人やプロの人などでも、ただ才能があるだけでなくどこかで苦しい思いもしながら乗り越えてきてるということが良く分かりました。」

「音は自分をうつすので今までの経験が自分をいろいろ変えてくれるのかなと思いました」

「挫折やまわり道があってもあきらめない人に、夢は叶うんだと思った」

「今回の学生へのメッセージは音楽だけでなく自分の夢を目指すためにも必要なものだと思いました」

「失敗を恐れずに進んでいくことで、新たな目標を見つけることにつながると聞き、目標を広く持つのも必要なのだと思った」

「自分はいまやりたいことが多すぎて悩んでるけどまずはやってみてだめだったらそのとき考えることにした。出席して良かった」

「幼い頃から音楽をやっていて、プロになって何十年ですという方のお話よりも、挫折したり諦めた経験のある瀬利さんのお話を聞けたことで何だか勇気をもらいました」

「『違いを認める』カンタンなようでとても難しいものだと思う。」

「ミュージシャンと言っても『人』なので、色々な人がいてそれが音楽へと影響していてより一層音楽が面白くなると思うと音楽に限らず『人』って不思議だと感じました。」

「友達と関わるときや福祉の現場でもみんなそれぞれの個性があるから、それを尊重することも大切だと感じた。」

「人生1回あきらめてもふとしたキッカケでまたやりたいことをやれるんですね!」

「出会わなければいけない人には必ずどこかで出会って、自分自身が活躍する場は必ずあるのだと思いました。私もそういう場を見つけていきたいです。」

「逃げても良いという言葉を聞いて、心にゆとりができました。でも、その逃げた後が大事だなと思いました。」

「私は野球をしているが、打てる人もいれば守れる人もいる。守れる人がいれば攻めることができる人もいる。そういうチームが恐い。そして強い。いろんな作戦が生まれ、みんなが想像できない面白いことが生まれる。社会全般でいろんなタイプを必要としているのだと感じた。」

「自分は瀬利さんとは真逆の人生を歩んでいるなと身にしみてわかりました。何の波もなくただ平凡でした。良いか悪いかは別として、もっと波のある人生だったら楽しい人生になるのかと考えさせられました。」


などなど。


現役の学生たちの真摯なコメント、しみじみと読ませていただいてます!

ふとしたきっかけでご縁をいただいたこの機会を通して、1年生の皆さんには社会と関わるために必要なことを知ってほしいと思います。

最後まで真剣に話を聞いてくれた学生さんたちに、感謝です!




おまけ。



学生の時はほとんど縁のなかった研究本館。

当時と変わらない姿です。

ここと、



こちらも昔から変わらない講義棟。

この2箇所だけの往復なのですが、はっきりと学生時代を思い出します。

大学時代は比較的良い思い出が多かったので、懐かしいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「40年、体重が変わってないんです」

という人生の大先輩には憧れます。

その反面、若手ミュージシャンからは

「お年を召した」

と言われかねない年齢に差しかかってきました。

この歳になって、ようやくお酒のたしなみ方も覚えました。

自分の守備範囲でないところからの刺激をたくさんいただき、まだまだ音楽的に成長していることを実感します。

純粋さを保ちながら。

それが音楽家にとって、とても大切な部分ですから。

人生は、まだまだ続く。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Salon Partyと銘打った発表会でした。





会場はオープンして間もない、ラ・スース アンというお店でした。

ピアノはもちろん管楽器やバイオリンの音もしっかり生音で響くところが素晴らしい。

出演の生徒さんたちはコース料理と飲み物を楽しみながら和気あいあいと談笑して聴くスタイル。

私は...何もなしで皆さんの演奏を聴いてました。

演奏が上手く行かなかったとしても、次の音に向かっていけるか。

そして、空気感を作って演奏できているか。

そんなところを注目しながら、いろんな楽器の生徒さんの音を聴いていました。

私の生徒も2名出演。

100点とはいかないまでも、各自いろんな工夫を凝らして演奏に臨んでくれました。

年内の発表会はこれで最後。

2017年も、生徒さんたちの良い音を本番で聴けるよう、レッスンに励みたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
指導先の部活。

2学期も終盤を迎え、今月2回のイベント演奏を残すのみ。

3年生は受験勉強に専念するこの時期、来年夏の大会に向けた選曲の話題が出てきます。

今日は1回目の選曲会議。

顧問の先生と私とで数曲ずつ出し合って、みんなに聴いてもらい多数決で候補を絞る、というスタイル。

最終的には何が選ばれるのか?

半年かけて取り組む曲になると思われるので、適度に難しさがあるやり甲斐ある曲に決まってほしい、とひそかな願望。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年の今頃は何をしていたか?

そこで、1年前の自分の記事を引っ張り出し、リブログ機能をセルフ活用。

そう、妙に暖かい日だったのを覚えています。

昨年のこの日は、出身大学で講義をしてきました。

有り難いことに、今年もまた同じ内容の講義をお願いしますと依頼をいただいています。

7日の2・3限。

話す内容のボリュームと速度に注意して、有意義な時間になるよう工夫して臨みます!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2年前の記事、自らリブログです。

消滅してしまうと、強いとか弱いとか言えなくなります。

続けていくことの大変さはあるのでしょうが、財政難を理由に合併・消滅するクラブが今後出ないことを祈るばかり。

ブラジルでは先日、チームの遠征で利用したチャーター機が遠征先のコロンビアで墜落するというあまりにも悲しい事故が起きました。

それを受け、他のクラブが1年無償で選手のレンタルを申し出るなど支援の輪が広がるというニュースも。

日本でも2011年の仙台、2016年の熊本が震災に負けるなと日本中からエールをもらいました。

Jリーグは発足して20年以上。

サッカー文化は、一部の人々の名声や金儲けの材料に留まらず、日本国民に根付いていってほしいと願っています。

音楽文化と同じくらいに。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワタクシ、サックスだけでなくクラリネットも演奏しております。

証拠写真。





今日は名古屋市内で、クラリネットの出張レッスンを行いました。

Jazzならではの吹き方を、盛りだくさんのアドバイスと共に。

生徒さんからもたくさん質問が出て、意識の高さを感じます!

レッスン後、少し談笑する時間があって生徒さんがふと取り出した本がありました。




その名も

「クラリネット フェイク」

何より、600円という価格表記にびっくり!

...と思ったら、45年前の本でした。

どうやら借り物なのだとか。

今で言うと、2,500円くらいの価値なのかも知れません。

貴重な本と出会えました☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は1129(いいにく)の日。

ということで、焼肉を食べる方が多かったとか。

ワタクシ、何も考えてなくて焼肉店併設の定食コーナーへ行きまして。

なんと、そこで頼んだ定食は

カキフライ定食

やらかしました。

何か焼肉コーナーがすごく賑わってるなぁと思いながら、ビッグバンドの面白い曲はないかといろいろ探していました。

お店を出てから

「あっ、そうか!」

ってなったわけです。

時流をつかまねば。

音楽家にとって、大切なことです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)