Sax&Clarinet Player 瀬利優彰のBlog"Sound is great!"

瀬利 優彰(せり まさあき)
Saxophone,Clarinet奏者。
 東海地区を中心にライブ・イベント演奏やレッスン講師などの活動をしています。
 Serio(まじめ)のニックネームにもあるように、ミュージシャンの割に穏やかな物腰。
 でも、奏でる音はFatでRichです。

瀬利優彰の出演情報はこちら をご覧ください!


NEW !
テーマ:
奈良で見つけた、レトロなポンプ。

現代では目にする機会がほとんどありませんが、この原理が管楽器を吹くうえでは重要なのです。



動画では良く分からないと思うので、少し解説を。

ポンプを早く押しても、水はちょろっとしか出ません。

ですが、一定の力をかけ続けてゆっくり押すと、長い時間水が出ます。

管楽器奏者にとって、息の入れ方を後者のようにできると、音も安定するのです。

キーワードは

ノンターボ

ストレスフリー

とでも言いましょうか。

力の伝え方が正しかったら、必ず感じていただけるはずです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


少し遠いけど、自分にとって重要な場所。

何かというと、芸事のお参りです。

やっと行けました。

3年ぶりくらいかな。

神々しい朝の光に包まれました。

これからプチ観光です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Conjunto Serioでイベント出演した時の写真です。

ノリタケの森のレストランで

「浴衣でMoet Chandon」

というイベントがあり、その時にメンバーも浴衣を着た写真。

4年の歳月とは早いものです。

Conjunto Serioもメンバーが変わったり加わったりで今は6人編成。

そして、次回のライブがまだ決まっていません。

また、ラテンジャズでイベントなどを盛り上げたいね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


琉球ポリゴンでのリハーサル。

午前中にやるところが、このバンドらしいです。

沖縄民謡にいろんなアレンジを加えるこのバンド、リーダー奥村さんのアレンジセンスが何よりの聴き所でございます。




詳細は、こちら!

ぜひどうぞ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


THE WIZでのセリカルライブ、終了!

お昼にスコールが降って、どうなるかと思ったお客様の入りもいざ始まってみたらいい感じに入っていただいてリーダーとしてはホッとしました。


お店の方で作ってくれた画像。

最近女性ミュージシャンが活躍してますが、そんな時代に男ばかりの編成でお届け。



スタンリー・タレンタイン特集ということで、彼が吹き込んだ作品の中から

"Up at Minton's"

"Easy Walker"

"Sugar"

"Cherry"

の収録曲を中心に演奏。

スタンダードやファンキー路線はここからセレクト。


今回の特集で外せなかったこと。

それは、

「ソウルジャズ、ブルースに留まらずブラジル音楽やポップス等も取り入れる」

ということ。

なので、バカラックの曲なども選択。

前半で、

「アストラッド・ジルベルトとテナーサックス奏者と言えば、スタン・ゲッツですね。」

という話をしたところ、1st Set終了後即座に流れてきた店内BGMは

"ゲッツ/ジルベルト"

でした。さすが!

1st Setはスタンリーの活動初期にあたる、1960年代の曲を

2nd Setでは1970年代の曲を

それぞれ中心にチョイスしました。



帰りは夜更けに。

デカいデカいビルを横目に帰りました。



4年ぶりくらいに会った、素敵なお客様から花束までいただいて、感無量です。

お店の方からも

「かっこよかったです!」

「またやってください。」

「男らしい!スカッとするね!」

と好意的なコメントをいただいたので、再演あると思います。

次のこのカルテットの演奏予定は、

10月26日(水)の13時30分から開演の

「まちの音楽家コンサート」

会場は、港文化小劇場のホールです。

平日昼が都合良い方、是非お越しいただけたら!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


名古屋ガーデンパレスのティーラウンジ

"ARBRE"

にてJAZZ LIVEでした。

ベース大久保健一さん、ピアノ/ヴォーカルの森谷ワカさんとのトリオ。




店内のあちこちに名盤のジャケ写が飾ってあって素晴らしい雰囲気。



名古屋ガーデンパレスの一角で行われるイベント。中に入ると以外にゆったりスペースです。

今日はLatin Jazz多めの選曲で、ノリ良く演奏終了。

また出たい!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


写真は、ニューヨークが世界に誇るオペラの殿堂、メトロポリタン歌劇場。

2年前に行きました。懐かしい。

ここで見たオペラ"La Boheme"は、主役はもちろんエキストラの一人一人までが一切無駄な動きなく、本当に躍動感溢れるものでした。


そんな話から急に、自分が教える時の話。

世の中には

「楽器や音楽を教える先生」

は星の数ほど存在します。

その中で、個性を出して人に認められるようになるにはどうするか。

僕が一番大切にしていることは

「怒ることを極力なくして、人の印象に残る教え方をすること」

です。

音楽の真に楽しい部分を伝えて、それを理解したうえで演奏に臨んでもらう。

怒ったりきつい物言いをすることで相手をコントロールするのは避けたいんです。


なぜって?


コントローラーがなかったら、ゲームはできませんよね?

それと同じで、コントロールする人がいないと何もできない状態になってほしくない。

ステージに立つ一人一人がみな、自立した考えを持つ主役であってほしいから。

それがベースになって、まとめるべきところをまとめていきたい。


僕は小学生時代の担任に執拗にいびられて、とてもつらい5~6年生時代を過ごしました。

また、中学3年で転校を余儀なくされ、人格を全て否定されるかのごとくいじめに遭いました。

そんなつらい時期に、すっと心に入って感動をさせてくれたもの。

それが音楽だったのです。

感動する音楽は、優しく温かくそして美しい。


だから、誰か一人に支配されてみんなの個性がなくなる演奏や、打算が見え隠れするような演奏に、それはあまり見出せないんじゃないかと考えています。

相手を尊重しつつ、印象に残ることを教える。

それには何が必要か。

今の自分にはまだまだ分かったとは言えないので、日々模索しながらレッスンや学校指導を行っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


いよいよ明後日に迫って参りました、瀬利優彰のリーダーライブ!

まだまだお席の予約受付中です!

ストレートアヘッド~フュージョンまで、幅広く活躍したテナーサックス奏者、スタンリー・タレンタインの特集です。

ホームページでも記事書いてます。

"セリカルLiveのお知らせ!"
https://serisaxcla.theblog.me/posts/928672

ぜひぜひ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
vocalist、宮田あさみさんのblogをこちらでもシェアします!

宮田さんのきれいな歌声に、何度となく感性を刺激されました。

譜面にらめっこからもうちょっと脱却できたなら、もっと合わせられる自信があります。

次回がほんと楽しみ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)