瀬里奈の水槽

全てを月の夜に捧ぐ、

作詞作曲
うたピアノ
瀬里奈

NEW !
テーマ:
私たち冬眠をすべきじゃないでしょうか、

暮らしは便利で餌の不都合も無いけれど体は鈍感で非常に生きづらい
死にやすい、と言うべきかもしれない

例えば
私の寝室は室温が0度以下になる
歯の根は合わずこめかみがぎゅうぎゅう痛み靴下を履いているのに指先の感覚がなくなる、髪まで冷えて頬にかかると避けずにはいられない「このまま寝てしまって大丈夫だろうか」と

思った5秒後ぐらいに寝てるんですよね

これが「死にやすさ」、氷点下でも眠ることに慣れてしまっている。
そのせいでこないだ泥酔したとき「ちょっとだけ」という謎の思考で路地に倒れこんで20秒くらい目を閉じました。危なかった。

屋内でも油断は出来ず、
化学繊維で出来た厚手のワンピを着た時、裾がパリパリと汚れていて 何がついたんだろう?と一生懸命ふきんでぬぐっていたのですがしばらくして
「あっ ちげーこれ すげえ焦げてる」
と気付きました。

着替えは石油ストーブの前でするんですよ
ヒーター↓じゃないよ

こっちね↓ストーブね


これ知ってる?家にある?
赤くなってる部分、演出じゃないから。火熱だから。
よく全身に燃え広がらなかったよね。

このように
「凍えているのに眠ってしまう」
「服の裾が燃えたことに気づかない」
ということから考えるに、
『冬の心体は命に関わるほど鈍感』というのが分かるわけで
提案します 人類冬眠計画!

冬眠計画ー!



……


はーあ
春が待ち遠しい

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

あなた「しか」見えない

あなた「だけ」見えない

の日本語の違いを海外の方に説明するときどうしたらいいんだろうか、

という妄想をしていた@京浜東北線(私は日本語しか喋れない)。

 

なんでこんな即興的な妄想をしていたかというと、

電車に乗った途端今世紀最大の尿意に襲われ、

トイレに行ったら終電は行ってしまうというギリギリの状態だったからだ。

気を紛らわせてなんとか横須賀中央駅まで辿り着かねばならない、

そう思っていた。

 

横浜駅近くで席が空いた

隣にいい男が座っていた。

クールでセクシーな人、どこか危険な雰囲気をまとっている。

下心満載で深く鼻呼吸をすると薄くマリンの香り、

やっぱりな、絶対香水をつけてると思った。

妄想の相手を冒頭の海外の方から彼に切り替える。

 

アウトローの男と知り合うなら場所はコンビニだ、

あそこには天上・地上・地下のラインが無い。

ポパイとか、少しマイナーなコンビニならなおいい。

そういうところは、店員がろくに客の顔を見ないから。

 

関内あたりで一人暮らしを始めた私は毎晩2時ごろコーヒーと煙草を買いにいく。

同じ銘柄の煙草を買う人がいるな、と彼を意識し、毎晩顔を合わせることで近所に住んでいるのだと察する。

ある日出入り口の灰皿で彼が煙草を吸い始めたので、私はすかさず「すみません、火をお借りできますか?」と声をかける。もちろんポケットにライター入ってるけどな!

(余談だけど電子タバコ・アイコスの流行で"火を借りる"という文化は無くなってしまうのだろうか?それはとても寂しい。別に私が毎回逆ナンパとしてこの手法を使っているというわけではなくて。)

「ああ」とか「はい」とか適当な相槌から彼の声の質を伺いたいと思うけれど彼は黙って火を差し出し、「どうも」という私に瞬きで見逃すような軽い会釈を返す。

それのなんともどかしいことか。

声を知るということは即ち中身を知るということである。骨と皮に守られる内臓の形を響きから想像するのだ、そしてその声の先には心の形もある。

彼が頭の中だけで浮かべるあんな言葉・こんな言葉は全てそのピッチで紡がれている。きっと明日も会えるだろうから焦ることは無いけれど、聞きたい。せめて、ため息だけでも知りたい。あれも個性がある、異性を呼ぶフェロモンが吹き付けられた、極上の「声」である!

 

と思っていたら現実に隣に座るその人がペットボトルを取り出した。

これ聞けるんじゃないの?

飲み込んだあとの軽いため息聞けちゃうんじゃないの?

横須賀中央までの妄想の糧のため、聴覚を彼の喉元に集中したら、

 

 

「ピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨ」(←高速)

 

 

まれにペットボトルの飲み口から発生するキュートなピヨピヨサウンドが

私と彼の静かな沈黙にまあまあ長い時間響き渡った。

クールアダルトデンジャラスな彼との妄想は強制的にシャットダウン、

豊かな液体のイメージのみが頭を支配し横浜駅に到着、

私はトイレに駆け込んだ。

 

 

 

 

というわけで終電を逃したためこのブログは横浜の漫画喫茶から更新しています。

始発まで3時間 これ書いてたら20分潰せました。

お付き合いくださった皆さんどうも有難う、寝ないように頑張るわ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

11/26、終演後に共演の松浦湊さんがハグをしてくれた、
「私たち頑張ったよね、私たちよくやったよね」と。

当日を迎えるまで壮絶にピアノと向かいあった、下書きに思春期のメンヘラ娘みたいなツイートが山ほど溜まって、当日は朝から震えが止まらなかった。

おかざき真里さんの漫画「サプリ」で「努力が評価されるのは義務教育まで」という言葉がある。
ここ何年もその言葉を唱えてきた私は一人でひっそり瓶ビールの打ち上げをしようと決めていたけれど、思いがけない湊さんのハグで長編フェスは優しく終わった。確かな同志の言葉だった。

下北沢SEED SHIP
月原晶子さん企画「Once Upon a Time」
演者が1曲30分の長編を披露する異色のライブ。

当日も言えなかったどうでもいいことをここで告白させて頂くと企画名をずっと「ワンス・ウェポン・ア・タイム」だと思っていました。
一回きりの兵器を使う時
みたいな
違いました〜

私は「ギャンブラー」という作品をやらせて頂きました
警官が伊勢佐木モールで
押収品したルーレットを持ち闊歩していた
その画を見たとき ギャンブルの曲を作りたいと思いました

私の中でキーとなったのは
・この日しかやらない
・長編といえども「曲」
この二点

一つ目に関しては「一度聴けば分かる」シナリオにすることで

二つ目に関しては構成を
1A,1B,1サビ,2A,2B,2サビ,大サビの
王道ポップスらしくすることで
かなえました

今後のライブの予定は
12月28日(水)に高円寺U-hA
絵と一緒に歌います

待っています

26日に居てくれた方本当に有難う
諸々費やしたのです、私はあの日誰かに聞いてもらえていなかったら
とんでもないことになっていた

おやすみん


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。