• 11 Oct
    • 10月11日、震災から4年と7か月 編んだもんだら入荷しました!

      3連休の、まっただなかの2日目。10月11日の今日の大山は、むっちゃ寒かったですーー。仕事帰りに、宮城から届いたお荷物を受け取りに行ってきました!!荷物の中身は、こちら↓ ↓  編んだもんだら!!水揚げされました!!今回の新顔君は、こちら。なんとカッパです↓               そして、エイです↓!!編んだもんだらってなに?って方は、こちらをご覧ください~。セレンがしている、東北復興支援活動の1つです。鳥取、島根エリアで、販売協力店さんに委託販売をお願いしたり、チャリティバザーに販売出店したりとサポートをさせていただいております。初入荷のエイと、カッパさん、超かわいいーです。エイは、コースターやランチョンマットにもつかえます。大判のエイもあるのですが、今回は入荷できずだったのでまた次回に~。編んだもんだらのお仲間、にゃんダもんだら(アンブレラグリッパー)も、限定1つですが入荷していますーそして、なんと、編んだもんだらのパンフレットもでき上っていました。今まで、チラシのみでしたが細やかに、丁寧に紹介されたパンフレットもついてきました。とっても分かりやすいですし、被災地を身近に感じさせてくれる、デザイン、内容になっています!!編んだもんだらは、1こ、500円(税別) です。現在、残念ながら島根の販売協力店さんが居なくて、絶賛大募集中なのですが。鳥取では、下記の4店舗で販売していただいております。◎ 子己庵(境港) 現在在庫なし、10月19日に納品予定です。◎ きっちんハウスおひさま(境港)  在庫あり、同じく、10月19日ころに納品予定です。◎ ナチュラル雑貨やハレル屋 (境港)  在庫あり、10月下旬納品予定です。◎ お米と野菜のお店 ねこ (倉吉)  在庫あり 10月下旬に納品予定です。セレンがイベント出向しているときに、販売することもありますのでイベント会場でみつけてやってください。イベント出向先などは、このブログで随時アップしてお知らせしてまいります。または、主宰プログラムの参加後に、直接商品を見ていただいてお買い上げしていただくこともできます。お声かけくださいませ。1家に、1つ、編んだもんだらさんを!!どうぞ、編んだもんだらさんと出会ってみてください。被災地の作り手の女性たちとつながってみてください。よろしくお願いしまーす!!

      7
      テーマ:
  • 26 Feb
    • セレンの東北復興支援 編んだもんだら水あげ!& WEの活動報告展のお知らせ

      震災後から、セレンがお世話になっている、活動を支援している団体(当初RQでしたが、そこからさらに分割しています)東北の女性たちの自立支援をしているNPO法人ウィメンズアイ 「WE」の活動報告展のお知らせです。(以前の団体名は、東北復興支援団体RQW)活動展は3月20日~23日の春分の日の3連休をはさんだ日程で開催予定です。お近くの方、この時期にお江戸に上京する方、ぜひ足を運んでみてください。展示会の詳しいご案内は、こちらをご覧ください。南三陸じかん ~三陸わかめまつり~http://womenseye.net/archives/2484-------------------------そして、編んだもんだらも、水あげされて。鳥取に産地直送で、届きました!!今回は、50個、水あげしましたよ。昨年の秋、ケネディ駐日大使の訪問&購入で再び話題となり注目をあつめています。新聞記事からのイラストを転載します。↓セレンからも直接購入できますが、米子市四日市商店街の あをん さん境港の 子己庵 さん  そして 同じく境港の つぶつぶランチサークルおひさま主宰の岩本裕美さん宅毎週水曜日に安来駅で開いている、まちこさんの朝市 (※日曜日の朝市にはまちこさんの出店はありません)に納品しておりますので、この4か所でお買い求めいただけます。他にも、販売協力してください店舗、催しなどありましたらお声かけください。ヒラメさん↓ ニューカラーです。そして、新登場のこれ↓なんでしょう?わかりました?答えは、ウニです!!そして、こちらも新商品の、サンマです!!↓このウニやサンマも上記4か所のどこかで、ひっそりおりますので、見つけてみてくださいませ。セレン環境教育事務所 の HPは こちら一人で活動しているには不似合いなくらい立派なHPですが(笑)、ご覧ください~★プログラムへのお問合せ・お申込みフォームは こちら

      テーマ:
  • 11 Feb
    • もうすぐ3年、まだ3年 2月11日そして、3月11日へ

      2月11日。メールマガジン 東北マグ の配信日です。↓http://www.mag2.com/o/touhoku/2014/0211.htmlもうすぐ3年、まだ、3年。人それぞれに、感じ方、とらえかたのちがう、時間感覚。距離感。来月で、3年。311に何かしようとか、こうしようっていうビジョンは、あんまりないのですが。今まで、続けてきた支援活動を、ずっと続けていくということだけ。セレンがしていることは、編んだもんだらの販売協力店をふやすこと。個人で販売活動をしていることくらいの、ささやかなものですが。少しずつ、少しずつ、人と人、地域と地域、仮設住宅にすむ女性たちの新しいお仕事として、続けていけるように、小さなご縁をつなげていけたらと思っています。そろそろ、編んだもんだらを注文します。発注個数をいくつにしようか、迷ってます。とりあえず30個くらいと思っていますが、イベントで販売したい、311に何かしらを催すので展示販売したいという方がいらしたら、まとめて購入しますので、お気軽にお声かけくださいませ。共同仕入れ、購入しましょう♪編んだもんだらは、ケネデ駐日大使も、昨年の秋に来日の際に東北に訪問してくださり、お土産にと50個購入してくださいました。大使館のクリスマスツリーの飾りにも使ってくださったりと、好評です。今、また、ケネディ駐日大使の効果もあってか、注目を浴びています。

      4
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 1月11日 2年と10カ月

      1月11日。ぞろ目で、1が3つ並んで、なんだか縁起がいいような~感じです。和暦では、12月11日。昨日のブログでもアップしたのですが、セレンの旧暦誕生日。今年は、今日とかさなりましたが、毎年、毎年新暦のどの日とあたるかは不規則なので毎年、1月11日が旧暦の12月11日というわけではございません。今年は、こんな月の流れ、リズムなのですね。そして、今日は、東北のあの災害から2年と10カ月。あっという間に、もうすぐ3年になろうとしている。1年、1年が、短いようで長かったけれども。もう、3年前の出来事になろうとしているのが、なんだか不思議で。そんなに昔のことになってしまったの?もうそんなに時がたってしまったの?って不思議な気持ちになります。つい最近の出来事のようにも思っていたのに。。。セレンが活動を支援しているWE(以前はRQW)も、そうですが。トキの経過ともに、状況や環境が変わって、支援のかたちも変容していっています。その変容とともに、セレンができること、続けられることを模索しながらいます。この東北マグという、メルマガもそう。毎月11日に、届けられるから、思い出せます。メルマガ登録しなくても、サイトでも一般公開されているので、みれるのですが、メルマガ登録しておかれることをおススメします。毎月11日を思い出せるきっかけになるので。↓http://www.mag2.com/o/touhoku/2014/0111.html東北復興支援グッズのあんだもんだらも、引き続き、あをんさん、子己庵などで、継続販売中です。もちろん、セレンから直接購入もできますよ~。お声かけください~。     

      テーマ:
  • 11 Dec
    • 12月11日 震災から2年9カ月

      「編んだもんだら は 希望の大使 」 ケネディ大使 東北の仮設住宅&編んだもんだらの作り手のお母さんたちをご訪問 ↑河北新報さんの記事より 先日、震災から1000日を迎え、そして、今日12月11日は、震災から2年と9カ月を迎えました。 現在も約28万人の方が仮設住宅や移住などで生活をしておられます。 数字だけで見ても、復興への道のりはとんでもなく長く感じます。 日常を続けているとあまりに遠すぎて、忘れ去られそうな折にとてもうれしい出来事がありました。すでにニュースなどでご覧になっている方も多いかなと思いましたが、震災があってからは、11日という日付は、セレンのなかで何かしら節目になっていまして。今日12月11日に、WEから来た情報を、ブログでもご報告いたします。。以下、私が活動支援をしている復興支援団体WE(RQW)からのメールを一部抜粋して転載します。今も、セレン窓口で、編んだもんだらの販売協力店舗探しやイベントなどでの活用などの営業を細々とですが継続しています。現在も販売協力してくださっている店舗さんにおきましては、この情報をうまく生かしていただいて、引き続き販売協力をしていただけたら嬉しいです。【現在、山陰地域で編んだもんだらを販売してくださっている、復興支援協力店さんは以下です】◎ あをん (米子市四日市)◎ 子己庵 (境港市上り道)◎ つぶつぶらんちサークルおひさま。岩本宅(境港市夕日が丘)◎ 須田商店(松江) 在庫は要確認◎ 蓮歩(松江) 在庫は要確認◎ ねこ(倉吉市、自然食の飲食店です)以下 一部抜粋して、転載いたします。※RQWからWEに活動名称が変わりました。  ◆◆◆編んだもんだらは希望の大使!ケネディ大使がWE(RQW)が活動してきた南三陸町中瀬町地区仮設を訪問してくださいました。◆◆◆米国政府と米日カウンシルが主導する「トモダチ・イニシアチブ」によるNPOスタディツアーにWE代表・めぐちゃんが参加したご縁から、大使着任後初の被災地訪問でWEの活動の現場に足を運んでくださいました。大使をお迎えしたのは、南三陸町志津川中瀬町地区仮設。中瀬町地区の二次避難所が、登米の鱒淵小学校にできたころからの長いおつきあいです。タコのエコたわしが生まれたのもここでした。集会所の大きなテーブルを囲んで、大使ご夫妻。めぐちゃん、中瀬のお母さんがた5人、佐藤区長で30分以上に渡って震災の時の体験や、編み物のこと、編んだもんだらのことなどについて温かい雰囲気の中で深いお話ができました.後日、大使は就任スピーチの折りに両手にミニタコとミニマンボウを持って「希望の大使」と呼んでくださったのです! 中瀬町のみなさんも、南三陸町のみなさんも大使の訪問を心から喜んでくださったようです。 トモダチ・イニシアチブのホームページにも載せていただきました。 http://usjapantomodachi.org/ja/「編んだもんだら」は現在、コンテナおおあみの「さざほざ事業部」が現地での生産管理、販売を行っています。 http://sazahoza.jimdo.com/編んだもんだら/ 現在、タコ、イカ、マンボウ、ヒラメ、メカブ、ウニ、ホヤ、ホタテ、サンマ、ツバキ、そして筑後川マラソンのキャラクターとして作ったカッパの11種類。 通信販売は、直接さざほざのほうで取り扱っています。 info@sazahoza.kontena.jpWEでは引き続き首都圏近郊での販売会を行うとともに、販売店舗、顧客の開拓などで販売支援を続けていきます!!!西日暮里の東京連絡事務所でもご購入いただけます。毎週木曜日午後が活動日です。◆◆訪問時エピソード WE代表めぐちゃんより◆◆ 編んだもんだらが、単なる商品ではなく、エコフレンドリーでおかあさんたち自慢の三陸海産物であり、編み手と買い手の双方向のコミュニケーションを結ぶツールであることを紹介し、買い手から送られてきた沢山のメッセージを貼り出していたのも見てもらいました。大使からはこの可愛いエコたわしはわたしと同じく「Ambassador(大使)」ですねとコメント下さいました。時間を少しオーバーして30分ぐらい話した後に、大使が編んだもんだらを8個選んでご購入。大使からおかあさんたちにマグカップをプレゼント、区長とわたしは大使館の特別メダルをいただきました。記念撮影と町から大使へのプレゼントがおわり、1時間ほどの訪問が終了しましたそしてメディアには出ないところでの編んだもんだら購入のやり取りもありました。せっかく持ってきた商品が売れ残らないように、でもメディアや関係者も買えるようにと大使が50個を買い取ってくれました。なんと大使がスピーチの中で編んだもんだらを"Ambassador of Hope"と紹介してくれました。(スピーチの動画は、ニコニコ動画のプレミアム会員になれば視聴できますよ!) http://live.nicovideo.jp/watch/lv160539433コンテナおおあみで話を聞いたら、テレビを見た歌津寄木(うたつよりき)の編んだもんだら編み手のおかあさんたちも大喜び、全国各地で編んだもんだらを売ってくれているショップや個人もとても喜んでくださっているそうです。注文も入っているようです!でも少し時間がたったら、大使館広報などにはウィメンズアイの名前も出ますので楽しみにしていて下さいね.P.S. みんなが集めてくれた記事リンクです。REUTERS-KYODO "Kennedy chats with a tsunami survivors at Nakasemachi temporary housing complex in ... http://news.yahoo.com/photos/kennedy-chats-tsunami-survivors-nakasemachi-temporary-housing-complex-photo-141437774.htmlSunHerald"Kennedy in Japan tsunami zone, highlights UStieshttp://www.sunherald.com/2013/11/25/5144646/kennedy-in-japan-tsunami-zone.htmlEmbassy of the United States Tokyo/Japan "Ambassador Kennedy Visits Tokyo on First Trip in Japan" http://japan.usembassy.gov/e/p/tp-20131125-01.html"Kennedy in Japan tsunami zone, highlights USties"http://www.kansascity.com/2013/11/25/4648385/kennedy-in-japan-tsunami-zone.htmlFNN"ケネディ駐日米大使、宮城・南三陸町の仮設住宅を訪問(ビデオ) http://www.fnnnews.com/news/headlines/articles/CONN00258481.htmlCNN "CNN Caroline Kennedy tours disaster zone" http://edition.cnn.com/video/?/video/world/2013/11/25/japan-caroline-kennedy-tsunami-tour-penhaul-pkg.cnn&video_referrer=http%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fl.php%3Fu%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.cnn.com%252Fvideo%252Fdata%252F2.0%252Fvideo%252Fworld%252F2013%252F11%252F25%252Fjapan-caroline-kennedy-tsunami-tour-penhaul-pkg.cnn.html%26h%3DEAQEkgy16%26s%3D1NHK "ケネディ大使石巻の小学校訪問 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131125/k10013325311000.html河北新報"ケネディ氏、仮設で交流 勇気や団結力を心から賞賛 宮城" http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131126t13022.htmキャロライン・ケネディ駐日米国大使ツイッター https://twitter.com/CarolineKennedy

      テーマ:
  • 11 Jun
    • アクリルエコたわし

      今日、東北の震災から、2年3カ月。セレンの東北支援活動は。RQWの活動を地方から、サポートすること。これまで、山陰各地でのRQWがプロデュースする復興支援グッズの販売拡大に協力していました。この6月、RQWは、NPO法人の認可をうけて、NPO法人WEMENS EYE という団体に変わりました。http://rqwomen.net/↓http://rqwomen.net/archives/1514これからの活動内容も、名称変更にともない、変わってゆくのだと思います。被災地の状況に合わせて、ニーズにあわせて。できる支援活動をこれからも続けてゆくこと。被災地にかぎらず、女性支援という活動も加わってくるのだろうなと思います。被災地の変化に、柔軟にこちらも動いてゆこうと思います。また、新たな活動などが分かれば、ブログでもお知らせしてゆこうと思います。じつは、こちらの気仙沼のバラ。この東北復興支援グッズも、ハマナカ毛糸さんのご協力のもと販売活動を続けてきたのですが。新しく、小椿が登場したこともアリ、販売が今ある、在庫で終了となります。 セレンでもっている在庫も、あとわずかなのですが。先日、新しくカフェをオープンするという知人のところへお手伝いにいった折に。この気仙沼のバラをプレゼントして、店内の清掃に使ってもらいました。キッチン油で汚れた白いタイルの壁も、このアクリルたわしでみるみると、落ちてゆき。。。あらためて、このアクリルたわしの威力を実感!! この、左右の色のちがい、わかりますか~?左は、アクリルたわしでおとした 白い壁。右は、油汚れで変色した同じ白いタイル。ビフォアーアフターです。洗剤を使わずして、この威力。素晴らしいです。こびりつきの激しいところは、重層を洗剤にしてつかいました。バラの形のデザインも、こすりやすく、扱いやすいのだろうと思います。東北復興支援グッズという、名目で販売協力店をさがしたり、セレンでも直販したりしていますが。今後は、このアクリルたわしの製品の素晴らしさで、一つの商品として販売を継続していくこと。フェアトレード的な見方で、東北の仮設住宅に住む女性たちの新しいお仕事の1つとして、支援していけたらと思っています。今まで、農業や漁業でお小遣いを稼いで家計をたすけてきた女性たち。農業や漁業でのお仕事がなくなってしまった今(再開するにしても、長い年月がかかります)その変わりとなるあらたなお仕事として、復興支援の寄付ではなく1つの商品として、デザイン&機能などの面で、販売店を広げてゆくことと。お客様にも選んで買ってもらえるように、してゆきたいと思いながらこれからも活動を続けていこうと思います。気仙沼のバラは、ひとまず終了となりますが。あんだもんだらと、新商品の小椿は、販売を続けています。ぜひ、このアクリルエコたわしの、威力を実感してみてください。環境にも、ヒトにもやさしい、簡単にできる環境活動でもあり、東北支援活動でもあります。あんだもんだら、気仙沼のバラ、などの アクリルエコたわしの販売協力店はこちらです。◎ 境港市 子己庵◎ 境港市 岩本裕美さんち つぶつぶお料理教室&つぶつぶランチ会◎ 米子市 あをん◎ 米子市 あわや◎ 安来市 まちこのあさいち◎ 倉吉市 自然食レストラン ねこ◎ 倉吉市 てぬぐい工房 らっぷ◎ 松江市 須田商店◎ 松江市  自然食レストラン 蓮歩 

      テーマ:
  • 20 May
    • 5月23日は京都へ。

      今週は、2泊3日で出張に行ってまいります。東北の復興支援活動で関わらせて頂いている、RQW。6月からは、ウィメンズアイ (WE)に団体名が変わります。と同時にNPO法人化されます。これまでの、2年間の活動報告と、これからの支援、活動の在り方についてお話を聞きに行ってきます。鳥取からできる支援の形も、また、現地の状況やニーズに合わせてゆるやかに、変則的にではありますが。続けていけたらと思います。関西近郊のかた、京都にお住まいのかた。気軽に、ご参加ください。報告会といっても、片っ苦しいものではありません。和やかな交流会になるかなあと思います。現地で、こんな活動をしている人たちがいるんだなあってことを知っていただくだけでも、ありがたいのです。士らナよりも、知るってことだけでも。このきっかけをうまく活用していただけたらと思います。RQW報告会↓http://rqwomen.net/archives/1555お知り合いの方などで、京都や関西近郊の方がいらしたらご紹介いただけたら嬉しいです。

      テーマ:
  • 29 Apr
    • 今日は「森のあそびば」@上の台緑の村にいます。 

       4月29日は、本日。いつも、畑のお手伝いや。畑系プログラムでお世話になっている。西村まちこさん主催のイベントがあります。上の台緑の村(安来市伯太町にて)↓ 「森のあそびば」という植樹をテーマにしたイベントです。http://matsue.mypl.net/event/00000115293/こちらのイベント会場で。東北復興支援グッズの販売コーナーが設置されます~。そちらにて、セレンが関わっています。RQW(6月からはNPO法人WEに変わります) での東北復興支援グッズ、編んだもんだら さんたちも登場します。森の中でのイベントで、海のものたちが水揚げされちゃってます~。ぜひ、お手にとって、お気に入りの東北の海産物をお土産にしてやってくださいませ~。アクリルたわしなんですが、たわしにするには、もったいないと。お人形や、小物入れ、キーホルダー?などであそびで使ってもらっていたります。あきたら、最後に、たわしで使って、楽しくかわいく洗い物や、お風呂掃除で使ってくださいませ~。ちなみに、イベント会場では、ゴミはお持ち帰り頂くようにしています。飲食ブースも多いので、マイ箸&マイコップ、マイ食器(お皿やお椀など)を持参されると喜びます。ご来場、お待ちしております~。  編んだもんだら売りながら、セレンの手つくり虫よけスプレーも販売しちゃおうかなと準備しております。毎度、恒例の夏に向けての定番商品ですが。はっか油の虫よけスプレー作りに来てください。または、買いに来てくださいませ。

      テーマ:
  • 28 Jan
    • サンシャイン水族館で、編んだもんだら水揚げ中

      少しだけ、落ち込んだ朝。早い時間から、嬉しいメールが届きました。昨日まで、東京都内の神楽坂にてRQWの活動展示会が、行われていました。その活動報告のメールをいただきました。昨年の12月から、ぐるぐるまわるご縁の御蔭で、サンシャイン水族館さんにて編んだもんだらの販売がはじまっていたのですが、1か月ほどの間に、200個以上も販売してくださったとのこと。↓http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/aquarium/news/n0710.htmlhttp://rqwomen.blogspot.jp/2012/12/blog-post_17.html期間限定の3月までの販売だそうなんですが。できたら、定番商品になってくれたらいいなと、期待しています。今は、復興支援ということで、チャリティ的なイメージが強いので。復興支援という気持ちでご購入いただけることが多いのでありがたいことです。でもでもね、編んだもんだらは、復興支援がきっかけではありますが、支援とかという形から少しずつ変化していくと思うのです。支援から、職業へ。現地のお母さんの職業として成り立つために、将来的には、一つの商品として流通してゆく形を目指しているのです。(と以前、RQWから聞きましたが、今はまた変化してるかも)全国にある水族館につながってゆけたらなあ。漁業で栄えている観光地、港町にもつながって行けるといいなあと思います。鳥取にも、境港市という港町があるので。(きたろうの観光地でもありますが)お魚繋がり、漁業繋がりでひろがっていってほしいなあと思います。セレンのところにも、手持ち在庫がまだありますので。購入したいなあという方、お声かけください。行商しに行きます。また、販売協力店さんも、随時募集中です。ご紹介いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします~。 

      テーマ:
  • 09 Jan
    • 編んだもんだら水揚げ中

      昨日は、倉吉に蜜ろうクリームの納品もかねて、編んだもんだ君たちの納品をしてきました。クラカフェさんでは、気仙沼のバラを置いてもらっています。クラカフェさんがあるパープルタウンの近くの自然食のお店、「ねこ」さんでも編んだもんだらのシリーズを中心に販売協力してもらっています。白い壁にかけて、素敵に飾りながら販売してくださっていました~。感謝です。気仙沼のバラは、今ある在庫が終わったら、新商品に切り替わります。著作権を使わせてもらって作っている関係で、バラのデザインのものからオリジナルデザインのものへと移行するそうです。今も少し在庫を持っていますが、小椿という、少しこぶりですが、髪飾りやブローチなどに使えそうな素敵なモノができました。セレンでは、小椿も編んだもんだらシリーズも、在庫を持っていますので直接セレンからの購入もできますので、お声かけくださいませ。  そうして、お正月の元旦に、ホープタウンさんでの抽選会でも編んだもんだら君たちがたくさん水揚げされました。4等の商品です。そして、もうひとつ、五等にミニだこさん。実は、元旦の抽選会と、その翌日の福袋でも入れてくださったそうです。お正月から、たくさんの方々に東北のお母さんたちの心が届いてくれたかなあ。。。と思います。現在の販売協力店さんです。倉吉市内  クラカフェ(パープルタウン内)        自然食のお店 「ねこ」        てぬぐい工房ラップ (赤瓦1号館内)米子市内  自然系雑貨のお店 「あをん」        自然食品やケアをしているお店 「あわや」境港市内  つぶつぶ料理教室主宰 岩本ゆみさんち。        民間の子育て支援ルーム ここあん松江市内  須田商店さん(八百屋さんのような小さなお店ですが、かわゆいです。)        蓮歩さん(飲食店)以前のブログ記事をご参考に~。http://ameblo.jp/seren-daisen/entry-11393727466.htmlそうして、安来でも、まちこ農園の西村まちこさんにも販売協力をして頂いています。まちこ農園に畑のお手伝いにいったりすると出会えると思います。または、毎週水曜日の安来駅の朝市などでも野菜と一緒に販売していると思います。販売協力してくださるお店、まだまだ探しています。責任もって続けていきたい活動なので、自分自身が続けられる力というかエネルギーのなかでじっくりしっかり支えてゆきたいと思います。お魚関係のお店や施設、おはな関係のお店や施設でも。これからの季節は、卒業&入学シーズンや、バレンタイン、ホワイトデーのシーズンでもあるので。そういったところで、バラや小椿が景品やプレゼント、ノベルティなどでも活躍してくれるといいなあと期待しています。ぜひお声かけくださいませ~。

      テーマ:
  • 12 Dec
    • 竹葉さんのマクロビランチと編んだもんだら

      松江の須田商店さんと、真智子農園さんと。 竹葉さんで、ランチ会。東北復興支援グッズの受け渡しもかねて。 松江は、須田商店さんにお願いしていますが。須田商店さんからのご紹介で、蓮歩さんという飲食店さんにも置いていただけることになりました。まだ、行ったことがないので、いつか蓮歩さんにも行ってみたいです。蓮歩さんはこちら↓http://ameblo.jp/rena-78-po/先日、水揚げされたピチピチな子たち。入荷しました。 昨日、11日で震災から一年と9ヶ月。仮設住宅での冬は二年め。今月の東北まぐはこちら↓ http://www.mag2.com/o/touhoku/2012/1211.htmlこれからの季節。冬の手仕事、アクリルタワシ作りが一番盛んに作られる季節です。 今回も素敵な子たちが入荷しましたよ。随時、販売協力店さんの元へ納品してゆきます。セレンからの個人購入もOKです。 お気軽にお声かけくださいませー。 今回の新商品は、小椿さん。 気仙沼のバラでおなじみの、はしかみ地区の仮設住宅のお母さんたちの、新商品が入荷しましたー。 これからの季節の花。花の少ない冬に、ぱっと明るくなる黄色と赤系の椿の色が、鮮やかです。 冬の東北、被災地の新たな手仕事。顔がみえる、つながる復興支援。クリスマスのプレゼントや、お歳暮などのお礼にいかがですか?

      テーマ:
  • 04 Dec
    • RQW山陰支部(自称) 東北被災地復興支援 「編んだもんだら」販売協力店のご案内

      RQW山陰支部と勝手に自称して、活動を続けております。RQWとは?↓http://rqwomen.net/東北&被災地復興支援グッズの山陰での販売&イベント出品のお手伝いをしています。今、取り扱っているのは、RQWのオリジナルプロデュースの「編んだもんだら」と。階上地区(毛糸のハマナカさん公認)で作られている気仙沼のバラの2シリーズの商品をもって営業活動しています。どのシリーズも、タグに製作者の御名前が記してあって、RQWにメールやお手紙を送ると直接作り手さんに届けられるようになっています。一人ひとりの方と、顔がわかる支援、直接繋がりあえる支援ができます。売り上げの一部(材料費、タグ代などの広告材料費などを差し引いた額)が、作り手さんの女性たちに支援として届けられます。作り手さんの女性たちは、主に仮設住宅にすむ20代~80代の女性たち。家屋の被災はなんとか免れて、自宅で過ごしている方もいますが、被災された女性たちが地域ごとでグループを作って集まり、作っておられます。9月から始めた山陰での販売&イベント出品。現在は、下記の店舗&施設にて販売協力して頂いています。この2カ月弱の間で、倉吉市内にも拡充しました。【米子市内】◎あをん (自然と一緒に楽しむ暮らしのお店) http://blog.zige.jp/awon/ ◎あわや (自然食品などを取り扱っているお店) http://yonago-fm.info/awaya.html http://blog.zige.jp/awaya/【境港市内】◎子己庵 (民間の子育ち支援センター&大人の方も集う古民家空間)http://cocoraku.exblog.jp/◎つぶつぶランチサークルおひさま(雑穀料理の教室やランチ会などをされている方です)http://tubutubu-ohisama.jimdo.com/おひさま/【倉吉市内】◎ねこ(玄米と旬野菜の自然食のお店)http://www.ncn-k.net/nekogenmai/◎クラカフェ(鳥取県中部のアンテナショップ)http://www.apionet.or.jp/kurashiyoshi/shop/kaitai/kura-cafe.php◎薬膳食堂&てぬぐい工房 らっぷhttp://blog.zige.jp/kusukusu/kiji/484895.html【松江市内】◎須田商店(住宅地の中にある小さな商店。とても素敵ない場所)http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/omis_shimane/view/20101105/1288959004イベントなどの出向では、◎せいしん幼稚園のチャリティバザー にて出品◎木次町のベジマート にて出品◎子己庵で催される「どまーけっと」 にて、出品。◎米子市内のショッピングセンター、ホープタウンさんでの「介護福祉フェア」にてhttp://hopetown-yonago.com/【今後の予定】新春のイベントにて出品予定@ホープタウン松江市内さらに拡充予定画像は、クラカフェさんでの販売の様子↓ セレンも随時、在庫を持ち歩いていますので、参加されたプログラムの終了後にお店を開くこともできます。直接購入もできますので、お気軽に御声かけくださいませ。被災地と繋がる、あなただけの支援、ぜひ楽しく買って、かわいく使って、被災地支援を一緒にしましょう♪よろしくお願いいたします。

      テーマ:
  • 11 Nov
    • 11月11日 震災から1年8か月

      この土日は、各地で様々なイベントが催されています。グルメ、まんが、地域の文化祭、講演会、神話博最終日、などなどなど。各種いいろあって、イベント梯子をされる方も多いのではないでしょうか?大いに、楽しみましう。でも少しの時間、東北、被災地に思いをはせる時間を持ってみませんか?忘れ去られそうな、被災地のことを、少しだけ思いだしてみませんか?先日、こちらのブログ記事でもアップしましたが、再度のご案内です。http://ameblo.jp/seren-daisen/entry-11393727466.htmlセレンが支援していRQWの復興支援グッズ、鳥取県内でも少しすつ販売協力していただいております。もしもよろしければ、足を運んでみてください。今日、11月11日だけの単発での出品は。子己庵のドマーケットに、編んだもんだらたちが、販売されています。また、ショッピングセンーホープタウンの「介護福祉フェア」のイベントの景品としても。気仙沼のバラ、編んだもんだらのお魚シリーズが、登場しております。ぜひ、遊びに行ってみてください。また、通常営業での販売も、ブログ記事にあるように。あをんさん、あわやさん、ねこさん、薬膳食堂めぐりさん、クラカフェさんで販売していただいております。ぜひ、御手にとって、買わなくてもいいので。被災地に、東北のことを思い出していただけたらと思います。そんなきっかけになってくれていたら、嬉しいです。東北まぐ!という、メルマガがあります。毎月11日に届きます。今日、登録したら11月分も読めますよ。↓http://www.mag2.com/o/touhoku/2012/1011.htmlイベントや休日を楽しみながら~~、ちょっとだけ、東北のこと、被災地のこと。身近な自然災害にたいする準備など、すこしだけ、考える、うごく時間につながれば好いなあと思います。今日は、島根に行ってきます。2時45分ころ、思い出せたら黙とうしたいなと思います。この時間を忘れちゃっても、思いだしたときに、祈りをささげたいなあと思います。    

      テーマ:
  • 10 Sep
    • RQW東北復興支援活動。鳥取での販売支援はじまりました。

      セレンの東北復興支援活動。少しずつですが、動いています。繋がってゆきます。前回の、鳥取でも販売始めますの記事から。途中経過報告です。 明日で9月11日。1年半が立とうとしています。昨年の今頃はたくさんの復興支援や寄付などの活動がありましたが。今ではほとんどなくなってしまいました。どんどん忘れ去られ、風化されてゆくと、もう、遠い昔のことだったりしてすんでしまったこと。終わったことだと思い込んでしまいますが。東北ではまだ、なにも終っていなくて。震災からの再生を一生懸命取り組んでいます。東北の被災地はまだまだ支援の手が必要です。仮設住宅にすむ、女性たちの生活支援、地域のコミュニティの再生へのきっかけに。ぜひ、このアクリルエコたわしを通じて、東北と繋がってみてください。息のながい、復興支援活動にご協力、お願いいたします。米子市内での販売協力店さんをご紹介します。米子市四日市商店街の中にある「あをん」さんにて、海産物シリーズの「編んだもんだら」を販売協力していただいています。マンボー、ひらめ、めかぶーが水揚げされてますよ。洗剤いらずのエコたわし。これで海や川などの水をきれいに返しつつも東北と繋がってみてください。  気仙沼のバラシリーズ。バラのアクリルエコたわしは、米子市内の博愛病院ちかくの自然食品関連のお店「あわや」さんにて販売協力していただいています。http://www.yonago-fm.info/awaya.html境港市内では、いつもお世話になっている。子育ち支援空間「子己庵」さんにて販売協力していただいています。http://cocoraku.exblog.jp/16759439/こちらでは、バラと海産物シリーズと両方です。↓  同じく、境港市ないのご自宅で、雑穀をつかったお料理教室やピースフードの活動をされている「つぶつぶランチサークルおひさま」 の岩本さんちでも取り扱っていただいています。http://tsubutsubu.jp/learning/iwamoto.htmlそのほかにも、倉吉市内、松江市内にも広げて行けたら。。。。と思っています。販売協力店さん募集しています。またチャリティイベントや、ノベルティなどでの活用も大歓迎です。バラのシリーズはお勧めです。使ってみたいな、販売協力したいなあという方、ぜひご連絡ください。もちろん、セレンから直接購入もできますので、プログラムに参加したついでなどでお買い求め頂けたら幸いです。プログラム参加しなくとも、米子市内であればどこかでおちあえますので、気軽に声をかけてもらったら、行商をしにまいります(笑)たとえば、職場内で。会社の社員さんにむけて車内販売したい。ママサークルの活動でも紹介したいなどというのでもアリです。お気軽にお声かけください。RQWが支援している活動、「編んだもんだら」と「気仙沼のバラ」についてはこちらのHPをご覧ください。 http://rqwomen.net/andamondaraRQWについて↓http://rqwomen.net/about

      2
      テーマ:
  • 01 Sep
    • 東北復興支援グッズの販売、山陰でも始めます

      ちょうど、1年前の今頃は、東北の地で復興支援のボランティア活動をしていました。あれから、1年。ようやく、ようやく、ここ、鳥取でもできる支援の形をつなげることができました。今年、6月に福島に行く途中、再び訪れたRQの東京事務所。RQWの活動に少し参加しただけでしたが、そこからきっかけを頂いて、7月は、大阪堺市にお手伝いにいき。そうして、RQWが支援している、東北復興支援グッズを鳥取、山陰で販売できる運びとなりました。やっと、やっと、ここまでこれたよー。ということで、昨日、届いたグッズたちをご紹介。9月1日は防災の日、防災月間でもあります。震災から1年半。去年の今頃はたくさんの支援活動やチャリティイベント、募金活動などがありました。でも、今は、どうでしょう?震災の記憶が風化しつつあります。被災地の人たちは、自分たちのこと、東北のこと、あの時の思いがどんどん忘れ去られていくことに不安を覚えています。現地にいけなくとも、できる支援、続けられること、繋がれることを、することで、あの時のことを忘れないように、風化しないように、そんなきっかけになればと思い。ここ、山陰でも、今から。今、このタイミングで、始めようと思います。今日から、「あわや」さんでの販売も始まりました。セレンが窓口となって、商品を仕入れ、販売協力してくださるお店、イベントの提供しています。買い取り販売をして頂いています。山陰に限らず、このブログを見た方で、興味ある方はご連絡ください。RQWの窓口を紹介します。今、あわやさんにおいていただいているのは、こちらのバラたちアクリルたわしですが、ブローチや髪飾りなど、お好みで自由に使ってください。350円です。タグやチラシなどの製作費と、材料費(毛糸代)を差し引いた額が、作り手の女性たちに届きます。気仙沼市のはしかみ地区の、仮設住宅に住む女性たちが作っています。 このバラについているタグには、作り手さんのお名前が書いてあります。 RQWを通じて、作り手さんにメッセージやお手紙を届けることができます。      そうして、こちらは、東北の海で水揚げされる、海産物をモチーフにした     RQWのオリジナル商品、あんだもんだら のシリーズ。こちらも、アクリルたわしなのですが、お人形、アクセサリーとして使って頂いたり、小物入れとして利用することもできます。今回は、ヒラメとまんぼうと、めかぶが入荷しました。こちらは、どれも500円です。バラ、同様に、材料費とタグやチラシなどの製作費を除いた金額が作り手さんにお仕事として、支援という形で届きます。こちらにも、作り手さんの名前が書いてありますので、RQWを通じて、作り手さんにメッセージや手紙を送ることができます。ぜひ東北と、宮城の仮設住宅に住む被災者の女性たちと直接繋がってみてください。          このアクリルたわしは、他にもイカやタコもありますが、今回は3種類。ヒラメが大きいです。マンボウは小さめ、めかぶが一番使いやすいかも。                 ↑めかぶーです。現在、販売協力店は交渉中です。あわやさんが第1号となってくださいました。決まり次第、随時、販売協力店や、催しなどをご紹介していきます。イベントなどでのプレゼントやノベルティとしての活用も大歓迎です。(とくにバラさんは大歓迎)バラは、植物園やフラワーパークで、販売やイベントでの利用ができないかと調整中です。海産物シリーズは、水族館やお魚屋さん、海産物のお土産屋さんなどで登場できないかなと考えています。山陰以外でも、ぜんぜんOKですので、うちでも、取り扱いたい、販売してみたい。イベントなどで使ってみたいというかた、ぜひ、ご連絡ください。ご相談に応じます。

      テーマ:
  • 13 Jul
    • 堺&大阪

      東北復興支援ボランティア@ワールドカップ大会と、クライアント先との営業打ち合わせを終えて。 堺市&大阪出張から帰路につきます。 フラィングディスクも、取引先さんへの突撃訪問も。 みんな刺激的でした! ワールドカップの記念ディスクか、チャリティディスク、欲しかったけど完売で、残念。でも、メーカーさんのオリジナルデザインのを買ってしまいました。 鳥取でフラィングディスク始めますよ(笑)真新しいオフィスビルの中にある、クライアントさんの事務所はモダンな空間で。圧倒されました。今、ちょっとね。面白い事業に取り組ませていただいてるのです。担当者さんの直感で、引き寄せられました。本当に、ご縁とはこういうコトを言うのだなと思いますです。もすこしして、みえる形になってきたら、またお知らせします。スッゴい楽しみ。 さて。明日からはだいせんの森に戻ります。 明日から三連休ですが、ビジターさんからのツアーオーダー入らずです。とほほ…。 明後日、日曜日の午後はあいてます。オーダーツアーお待ちしてます。 夕方~夜にかけてのアウトドア系女子会、ヒメボタルナイトハイクもまだまだ参加者募集中ですよ。お待ちしてます~。 そうして連休最終日の16日もあいてます。オーダーお待ちしてます~。今のだいせんの森のおすすめは、コアジサイ&ヤマアジサイの森。 雨だからこそ合羽着て入る、水に滴る鮮やかな緑の森がおすすめです。 お待ちしてます~。

      テーマ:
  • 12 Jul
    • フラィングディスク

      日本対カナダ、アルティメットの女子。 初観戦中。 ルールはよく分かんないけど。 ラグビーとバスケットをまぜた所に、独特のルールが在るらしい。 夕暮れの空を眺めながら。 今日も楽しくよく頑張りました。

      テーマ:
    • 強風のワールドカップ大会

      強い風でディスクが流され、テントはバタバタ押されてますが、大会はずんずんすすんでます。 試合を遠目に見ながら、まったりブース出店中です。 たこさん、バラさんいかがですか? 鳥取に買って帰りますよー。

      テーマ:
  • 11 Jul
    • アルティメット&ガッツワールドカップ会場にて

      堺市のワールドカップ大会会場にて。東北復興支援ブースがRQWの他にもいくつか一緒に出展しています。。気仙沼ミサンガやピースボードさん。 知ってる限りの英語を駆使しながら、売り子してます。 オーストラリア、フランス、ドイツの選手が買って下さいました。 みんなキュート。もっと英語話せれたらなぁ~としみじみ痛感。 来年はハワイに語学留学だな。長年の夢をそろそろ実行に移したいな。国内でも良いから、英会話勉強しよう。 明日も楽しみ!今夜は英語の勉強です。

      テーマ:
  • 09 Jul
    • 東北のタコを売りに

      今週は、東北のたこを売りに大阪に出張です。 ↑セレンの取引先の営業と打合せもかねはいますが、メインはこれ。(被災地の東北は気仙沼の仮設住宅にすむおかあさん、おばあちゃんなど女性たちがアクリルたわしを作っています。気仙沼のしづかわ地区はタコの産地なので、タコのデザインのアクリルたわし、そして、バラのアクリルたわしなど、地域の特産品をデザイン化したものを作って販売する支援活動を続けているのが、RQW(被災地女性支援センター)なのです)RQW↓の出店のお手伝いです。http://rqwomen.net/大阪の堺市にて、フリスビーのワールドカップ大会があるのです。 アルティメット&ガッツ ワールドカップ↓http://wugc2012.org/japanese/この会場内に、東北復興支援の展示やブースが集まります。河北新報の写真展示、ピースビートや気仙沼ミサンガなどの支援団体さんのブースなど。そして、この大会は入場無料なので、観戦もできちゃいます。7月7日~15日まで開催していますので、ぜひ、見に来てください。セレンは、7月11日~13日の間大阪出張して12日は、終日RQWのブースにおります。11日は、午後の半日、12日は午前の半日います。大阪近郊のみなさま、ぜひ遊びにおいでくださいませ。世界大会に出場する選手にも知ってほしい、見てほしいということで4ヶ国語表記でのタグが付いています。売り子するのですが、英語の勉強、できてないけど…何とかなるのかなぁ(笑) 鳥取の皆さまには、このタコさん、ほしいなあって方には、セレンが立替して、買って持ち帰ることもできます。たこは、500円バラは350円です。ほしいなあ、って方は、連絡ください。在庫がたくさん余りそうなので、買って頂けると嬉しいです。バラの画像はこちら↓RQWのブログより画像使わせて頂いてます。今日、明日で、もろもろ片づけて・・・・いざ大阪へ~。

      テーマ:

プロフィール

せれん

性別:
女性
血液型:
A型
自己紹介:
◆岐阜県出身。 ◆山と川を自然のフィールドで子供時代をすごす。小学生のころ、堤防工事による桜並木...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
179144 位
総合月間
108430 位
スローライフ
927 位
アウトドア
1405 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。