出雲大社横の、命主の社の巨木↓ 被災した皆さまへのお見舞いの気持ちを込めて。。。

情報がまとまりしだい、随時、加筆更新しています。
鳥取県中部の応援ツアー情報を追記しました!

====
※私がこういった情報をとりまとめているのは、地元の方も、県外からお越しになる観光の皆さまにも、安全第1での行動を慎重に取っていただくためでもあります。
これから紅葉シーズンから忘年会、年末年始のスキーシーズンを迎える大山エリアにて、誤解や風評被害による影響が出ないようにするためにも正確な情報を出していきたいと思い取りまとめをしています。各自の判断にもなりますが、行けるところ行けないところをちゃんと情報を把握したうえで、安全に観光を、生活を、イベントなどの催事を楽しんで頂きたいと思います。
被災した倉吉エリアでも、大きな風評被害にならないことをを祈って、情報をアップします。
====

10月21日(和暦長月の21日)の午後12じすぎと、14時過ぎとで
鳥取県中部を震源とした大きな地震が発生しました。
地震が発生した日の夜は、オリオン座流星群のピーク・極大の夜でした。。。
余震の不安はまだまだ在りますが、月が昇る前の夜空を眺めて、ほんの少しでも、不安な気持ちが、避難中のみなさま、私たち、皆が心やすらいでくれたらいいなと思います。

せれんの自宅兼事務所がある鳥取県西部・米子は大きな被害がなく、ライフライン、生活は、平常どおりです。
ただ、発生からの1週間は、余震や2次災害も含めて、十分、気をつけていかねばならない状況でしたが、西部は少しずつ落ち着いてきましたが、中部エリアでは、まだ余震はおこっておりますが、地震から1か月ほどがたち、少しずつ落ち着きを取り戻しています。ブルーシートで覆われた屋根が目立ちますが、普通に観光して遊びに来れますよ。

ライフラインも交通も、通常通りです!!

以下、情報をまとめました。随時、加筆修正しています。

====
【鳥取県中部を応援する、お得な復興応援ツアー情報】
三朝町の取り組みがハンパなくすごいです!!

1万円の宿泊割引クーポンがもらえるキャンペーン実施中です。
楽天トラベル ↓
http://travel.rakuten.co.jp/movement/tottori/201611-2/?lid=topC_feature_dom19
じゃらん ↓
http://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0620329901/

また、ANAの航空チケットとセットになったお得なクーポンも登場しました!!
らくてん ↓
http://travel.rakuten.co.jp/movement/tottori/201611/
じゃらん ↓
http://www.jalan.net/discountCoupon/CAM4139549/

★☆★そして、目玉はこれ!!大阪ー三朝 間の高速バスが往復1000円です!!
平日限定ですが、これは使ってほしい!!ぜひ、この機会に三朝温泉にきてみてください。
もちろん、三朝を起点にして、鳥取県西部の大山エリア、東部の砂丘エリアにも足を延ばしてみてくださいませ!!
http://spa-misasa.jp/news/2156.html

====
【災害復旧ボランティアの募集の情報】
倉吉、湯梨浜、北栄、三朝で、ボランティアセンターが立ち上がっています。
詳しくはこちら↓  倉吉は県外のボランティアの受け入れを始めました!
http://tottorivc.jp/  11月3日~専用サイトが立ち上がりました。

11月12日頃を目安に、現在、湯梨浜、三朝のボラ活動は落ち付いて行きました。
倉吉と北栄は、ボランティアを募集しています!!まだまだ、ボランティアの手が必要です!!


セレンのボラ活動リポートです。
※10月23日湯梨浜町のボランティアセンターと、倉吉市立図書館にボランティアに行ってきました。

こちらのブログ記事にて、ボランティアレポートをアップしています。
※10月24日 ホクエイ町のボランティアセンターにて、災害支援のボランティア活動してきました。
こちらのブログ記事にて、レポートをアップしています。
※10月28日、三朝町にボランティア活動に行ってきました。
こちらのブログ記事にて、レポートをアップしています。

また、ニーズの多い屋根のシートハリについては、県外からも専門職【大工さん、建築関係】のボランティアの受け入れを創めています。
http://ameblo.jp/seren-daisen/entry-12214227353.html
倉吉&北栄では、県外の方の一般ボランティアも受付をはじめました。他2地域は、県内方のみを対象にしています。
上記、サイトの記事をシェア、転載して頂けたら幸いです。

=======

【鳥取県中部の地震による被害情報】
★主に、倉吉市内、倉吉市役所周辺や、古い街並みがある白壁土蔵群のあたりの被害が出ているようです。
そして、周辺の北栄町、湯梨浜町、三朝町でも、古い建物や土地の地盤がゆるいところなど、ピンポイントで被災されているようです。

こちらのサイトにて、鳥取県中部を中心とした、災害対策会議などの被害速報など定期的に更新されております。
↓参考にしてください。毎日1回、情報が更新されています~。
また、ふるさとのうぜいによる寄付金、そして義援金の受付も始まっています!!

http://www.pref.tottori.lg.jp/261100.htm

★災害被災地特設応援ページというサイトで、被災した方々を支援するための情報が

集約されています。こちらも参考になさってください。
http://www.pref.tottori.lg.jp/261207.htm

それぞれ、カテゴリに分かれて情報がアップされています。
☆被災された方むけ↓(り災証明など)
http://www.pref.tottori.lg.jp/261285.htm
☆応援したい方むけ(ボランティア、ふるさと納税による寄付、義援金の受け付け)
http://www.pref.tottori.lg.jp/261282.htm
☆鳥取県に行って、遊んで支援しよう!!観光情報など
http://www.pref.tottori.lg.jp/261283.htm

====
【観光施設情報】
現在、鳥取県内のほとんどの観光施設は通常営業しています!!!
http://www.tottori-guide.jp/808/809/20282.html
高速道路や電車などの交通アクセス面では、、被災を受けず、普通に鳥取県に遊びに来れます!!!
風評被害にまけずに、カニをたべに、紅葉をたのしみに、鳥取県へ遊びにおいでくださいませ!!
※倉吉・未来中心のみ、安全が確認されるまで、閉館しています。そのため、館内にある20世紀ナシ記念館も休館中です。
===

【大山周辺の登山情報】
★今後の余震や、雨などで、地滑りや落石や、倒木による崩壊などの2次災害も予想されますが、お山など、ヒトケのない自然の中にに行かれる際は、十分にご注意ください。ちょっと様子を見に行ってみようなどの気楽な気持ちでいくと2次災害をまねくことにもなります。様子を見に行く、、、などといって単独で出かけたりしないようにしましょう。とにかく、慎重に行動しましょう!

★大山~蒜山エリアの登山道周辺の情報を、こちらのブログ記事にてまとめました。
http://ameblo.jp/seren-daisen/entry-12212340577.html

せれんが所属している、中国山岳ガイドの事務局のKさんからメールを頂いたのを転載しています。
Kさんが中心となって、林野庁のパトロールのTさん、山岳グループ岳のみなさん、モンベル大山店の店長さん
その他、山を愛する、大山を熟知した、エキスパートのみなさんによって、情報が集まりました。とても、感謝しています。
大山山麓の紅葉シーズンからスキーシーズンへと移り変わっています。
江府町のサイトでは、2~3日おきに紅葉情報をアップしてくださっています。
大山登山ではなくても、ドライブや散策などで、いつもどおり、大山を楽しんで頂けます!!
冬のスキーシーズンも、お待ちしております。

===

【安心トリピーメール加入のお誘い】
★そして、これを機に、鳥取県民のみなさま。

安心トリピーメールの登録を、していない人は、この機会に登録してみましょう。
道路情報や交通情報など、自分でほしい情報を選べば、随時、速報が入ってきますので、便利です。
↓安心トリピーメールの登録サイトはこちら
http://www.pref.tottori.lg.jp/toripymail/

また、こういった取り組みは、それぞれの都道府県の自治体でもされているかと思いますので、
まだ登録をしていないかた、明日は我が身とおもって、今後のためにも、登録しておきましょう。

===
【セレンの自主企画・復興応援ツアー】
★鳥取県中部の復興応援ツアーを企画しました。
中部の自然を満喫して、食べて、買って、温泉に入って、遊んで、そして周囲の方にも
広めてください。11月3日、11日、26日に開催します。詳しくはこちら↓
http://ameblo.jp/seren-daisen/entry-12215228302.html

====

★また、セレンが加盟登録している、日本エコツーリズムセンターさんより。
今回の地震後、いち早く、災害支援・応援のご連絡を頂きました。エコセンは、東日本の震災当時、RQという復興支援団体を立ち上げて、活動を続けてきた実績があります。詳しくはこちら
現在はRQ災害教育センターという名前で災害支援を専門に活動しています。

「物資やボランティアの必要性、
セレン様がなんらかの活動を行う際のバックアップをすることが可能ですので何かありましたらご連絡下さい。」とのことで。
今後、支援が必要であれば、いつでも連絡くださいと、心強いメッセージを頂きました。ありがたいです。今後の被害状況にもよりますが、必要であれば中部エリアの被災地とつないでゆこうと思います。

===

地震大国にっぽんです。

今回は、熊本に続き当地、鳥取県中部に地震が発生しましたが
どこにでも、誰にでもありうることです。
セレンも十分に注意していまいりますが、みなさまも、これを機に、御自身の防災対策などを
振り返って、互いに十分に気をつけて参りましょう。

一人で活動しているには不似合いなくらい立派なHPですが(笑)、ご覧ください~
お問合せ、プログラムのお申し込みは こちら


AD