『あおみの』ブログ

【快適な釣行のため、釣行前は嫁への撒き餌をしましょう】
釣りとコーギーのセラ、競馬予想などまとまりの無いブログ。。。

 馬ご訪問、誠にありがとうございます馬

   うお座ランキング参加していますうお座


    わんわんポチお願いします!!わんわん


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
          にほんブログ村

テーマ:



『釣った魚にエサをやらない』




これはやっぱり正しいのだろう。





1:エサやって効果あった人の割合

2:エサやらずに虐げられている割合

3:エサやっても虐げられている割合





このブログの中年層の

読者層へヒアリングしたら、

3:がAbe、

2:がフランケン、

1:が公安対象

の支持率くらいの割合だろう。




時代遅れの1をすることなく、

長い者にも巻かれることなく、

この2週間は、フランケンスタイルを貫いた。








特にコレと言った策 を出さずに




『釣りに行きたいの私だ!』 


『釣り禁止、感じ悪いよね』



と、シュプレヒコールをあげてみた。







『ライアンとともに戦う!』


と、野合したりした。





『私は行けないから、ライアンに託す!』


と、マーニャ統一候補も出したりした。





「はやくぅ~音譜

 深海魚ぉ~音譜

  釣ってきってヨゥ音譜



と、ラップ調に、

SEALDs子どもの力も使ってみた。





・・・・・・・




どこぞの政党の現実社会では、

新井式回転抽選機のように、

カラカラ空回りしてるだけのようだが




※たまにクロいのが出る。







オイラはこの方式で、


2期ぶりの政権2週間ぶりの釣行を勝ち取った!






前回同様、23時に家出発車











2時前到着。



今日は、メヌケ船も出るようで、

先日乗った大型船は既に人が一杯。




もうすぐシーズンオフだからね。


ロジカル買ったらジギングで乗りたいなぁ~


しかし、メヌケ船の方々の電動リールは超デカイ。


メヌケ船の前に止まってる車も高級車が多い。


やっぱり、敷居の高い金持ちの釣りなんだろうなぁ~







アカムツ船は・・・





4隅には既にクーラーが置かれてる。




まぁ、ライアンは、


『結果(釣果)にコミット』


すると言ってたので、ALLレンタルのエサ。


だから、船長の近くでOK。


ジギングはミヨシなんで、席はどうでもよい。




1時間ほどの仮眠ZZzz....







ムクリ目





さぁ、がんばろう!






メヌケ船が出て行った10分後、


4時出港~~~船










エサ師 9人  ジグメン 2名



今日は、カンネコ根まで行くようだ。


約1時間。




海はナギナギ。





これなら船底で「くさったしたい」

のように寝れるな・・・






おやすみなさい・・・






・・・・・・



エンジン音が小さくなったころ、


丁度目覚めた。


「そろそろなんで準備してください」


のアナウンスでミヨシへ・・・





「140mから」






とりあえず、ミヨシ2番のエサ師の流れを見る。


う~~ん、

流れてなさそうだ。


「流れてねぇなぁ~」

とお隣さんと会話してる。



250gからにしようかなと思ったが、

いつものスパイキー300gを選択。



エサ師の底取りを確認してから、

右前に、ちょいと投げる。



ウィィ~~~ン・・・



何か食ったようで何人かの電動リールがONされる。



オイラのジグが着底するより、

魚の確認のが早い。



エサ師に上がってきたのはドンコ。

東京湾より格段にデカイ!!


左舷では、ヒラメの顔したカレイ。

ライアンの隣がサバ。


左舷の3番目はタラ!

こんなのも釣れるんだ


右1番から見える範囲でアカムツは上がってない。



そんな感じで見てたら、


ボフッ!


って、感触で着底。







「その場に置いておく」



アカムツジギングの極意で、

そのまま見せて食わせるらしい。


今日はそれを実行してみる。




「アカムツは臆病な魚。急な動きでは逃げてしまう。

 急に立ち上がる砂煙に大半は驚いて逃げる」



アカムツジギング指南10にはそのように書いてある。




でもエサ師がまわりでボフボフやって

水中ライト使って

キラキラビーズも付けて

ホタルイカの付け餌をガンガンシャクって、

そんな中でジグがピタっと止まってていいのか?





でも、まぁ、

いろいろやってみよう!






ゆっくりロングジャーク

で、ピタ。



ちょいテンションフォールでピタ × 3



3ピタ目が竿が下がった状態。


つまり、7.8fをてっぺんまで上げ、

3分割のフォールで、

真下まで落とす。





これが前回釣れた、

あおみのフォール!!



※流行らないかな・・・







隣のジグマンは・・・





おっと~~!!

いきなりロッドがブチ曲がってる!!




超デカそうだ!!!!







・・・・・・





で、上がってきたのは、

70オーバーのヒラメ!!

ドテッ腹、4本フック!!


さぞ重かったろうに・・・




こんな140Mにヒラメいるんだな~





・・・・・・








エサ師がポツン、ポツンと、

ユメ、ソイ、沖メバルを上げてる。


「これはアカか?たたいてるぞ!」


と毎回声がするが、たいていソイだ。







と、ライアンの竿がブチ曲がる!


そして、

ゴグンゴグンとすごい引きだ!!





「お~~、こっちはアカか~??」


船長が見に行く。





で、上がってきたのは、デカソイと、

40cmはありそうな沖メバル!



早々にライアンはお土産GET!!




この段階で、見える範囲で1匹も魚かけてないの、オイラだけ・・・ショック!



昔はジギングはいつも1番だったのになぁ~。。。









テンションフォール ピタ。


テンション・・・  グイン






オリャ!!




乗った~~





まきまき・・・







すぃ~~~~






バレタ汗







今日はフロントをシングルにした。

なんとな~く、

バラシが多いかもって思ったら、

1発目からバラしてもーた






・・・・・・





ものの30分もしないウチに、

エサ師も無反応に・・・



朝イチの10分だけ盛り上がった。




やはり、潮は流れて無いようだ。









20分ほど移動。






テンションフォール ピタ。


アタリナシ・・・






隣のジグメンと会話。

先々週も乗ってた人です。


朝イチのヒラメ後アタリ無いそうだ。






スパイキーはヒラヒラするから、

フリーフォールの方がいいか??






フリーフォール!!!


糸ふけ出して~の~


ジグを感じたら、ゆっくり上げる。




糸ふけ出して~の~





・・・・




ジグが落ちない!!




マキマキマキマキ おりゃっ!!




ググン!






   フワっ・・・・






くぅ~~・・・(><)




フックシステム変えたいが、

今日はフロントフック全部シングル。



修行だ、修行・・・






10回くらい誘ったら1回底に落とす。





底は砂地。




ユメカサゴは期待できないな・・・







さっきの2回は何だったんだろ?

カサゴ系のガツガツ感はないから、

ドンコか沖メバルかな・・・




エサ師もドンコしか釣れなくなり~



移動・・・





ここもドンコ風呂。

サイズがちっさくなったぞ・・・



移動・・・









そして、ドンコすらあがらなくなる

移動・・・












今日は、厳しそうだぞあせる





・・・・・・





『常連が寝だすと、その日はダメ』



これ、あるある。




時はまだ7時前。


「150Mから~」


船長のアナウンスが入ってから、

エサ付けて落としてるしょぼん





『常連がタラタラやりだしたら、その日はダメ』




これも、新あるある  だろうな・・・




って、ところで、


テンションフォール中に、


ゴゴゴン、グイン!








おりゃ!!


おりゃ!!


おりゃ!!





青物バリ3フッキング!!






・・・・・







乗った。

今度は大丈夫だろ!


って、結構重いぞ。




ゴンゴンしてる!!


ひょっとしてアカムツちゃん!?




「結構、引いてんねぇ~ 赤かな?」


右2番のエサ師の方も期待してる!





まきまき



まきまき・・・


重いだけで叩かなくなった。



アカムツじゃないか・・・






・・・・・・



「クロいな、でもデカイよ!」




と2番の方。

ホントだ。黒い。


って、こりゃ抜けれん・・・


タモってくれました。









ソイ 1kg半くらい


とりあえず、ボーズ回避ヽ(゚◇゚ )ノ



やはり、カサゴ系は、

食いつくというか、

ガツガツ系だ。


アカムツのアタリってどんな?



アカムツ用 「置いておく作戦」 に変更。



あおみのフォールの間に、

そのまま5秒くらい置いておく。


しかし、アタリなし。





今度は10秒くらい置いておく。


やっぱりアタリなし。





今度は、もう、そのまま宙に浮かして

小刻みにプルプルとシャクってみる。


タバコ1本吸うくらい、

宙でプルプルしてみたりする。



これは、『宇宙遊泳』 と名付けよう!




・・・・・・





『宇宙遊泳』は楽チンだ。



左脇にロッド挟んで、

左手のカニカマ食って

右手のチューハイ飲むビール




・・・・・・




って、もうこれ、


ジギングになってねー!




やめよう、宇宙遊泳・・・




・・・・・・





なぎ~



なぎ~










今日は

マジ釣れてねーぞ!!










1流しエサ師ゼロ!


ってのが何回もある!







流し変えて、


エサ師半数ロッドIN


こりゃ、ついにきたかぁ~??



って、全員ほっそいサバ!!





何回か場所を変えるも、


本当にポチ、ポチ、ポチって、


エサ師に上がるくらい・・・


多分、一人2~3匹?

ドンコ含めて・・・


・・・・・






時はすでに9時過ぎ・・・





そして、


猛烈なサバ地獄スタート!!





エサ師に上がってくるのは、

ほっそいサバ!!



ジグはアタリ皆無!!

サバにすら相手にされん・・・




エサ師は、どーにかしようと、

ほっそいサバを切り身にして、

アカムツ、その他を狙ってるが、

サバの切り身にもサバ!!






で、そのサバを切り身にして・・・




で、ほっそいサバ!!







で、そのサバを・・・・











????










おおぅ!!!


アタリがないのでガン見してるけど


気の毒になってくる程の


ほっそいサバの無限ループ


に突入してるぞあせる








・・・・・







船長約40分の大移動を決断












他のアカムツ船?も来てる。







と、ここで、ようやく!


まさに、開始6時間目!!


やっとのことで、

アカムツが1匹上がった!!

(25cmくらいだけど・・・)






左2番のエサ師!!


おめでとう!!







みんなやる気MAX!!!



オイラも頑張る!!!



あおみのフォ~~~ォオル!!!








ググン!





このパターンはアカムツだろっ!






おりゃ!!!







ゴゴン、ゴゴン!







サバじゃない、何か


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!









ゆっくりマキマキ、




ゴン、ゴゴン、ゴゴン!


ソイとも、沖メバルとも違う引き?




ゆっくり・・・・マキマキ・・・・



ゴゴン、ゴゴゴン!!







ニコニコニコニコニコニコ



















ふわ・・・・






またバレた~!!!










o(TωT )











今日、3回目!!!






クソー!!!


そのままもう一回落とす!!!







テンションフォール・・・・




ググン!!




今度は鋭くおりゃっ!





・・・・・・





ぷるぷる   ぐん



ぷるぷる   ぐん




さっきと違うね・・・・



あまり暴れずあっさり上がってくる


これはアカムツじゃない(でしょ)






・・・・・・







パンダメバル 30cm弱

※船上写真なし




・・・・ヤッパリネ













「おぉ~~!  赤いかぁ??」


「あ~、メバルだぁ~・・・」






「コラぁ!鳥! エサくうなぁ~!


 あぁ~、フッキングしたぁ~~!」






「あかん、サメが出てきたぁ~~!」







・・・・・・












ボフっ てなるから砂地なのに、


たまに沖メバル & サバ ⇒ サメ





2匹目のアカムツが上がった気配は船中どこもない。


多分、さっきバラしたのもデカメバルかな?

そう思うようにしよう。


誰かがアカムツが釣れたら、

さっきのバラシが悔しくてしょうがないからさ。




・・・・・





で、底物のアタリがなくなり・・・



しばらくすると恒例の・・・



無限ルーーーーープ!!






変わったことと言ったら、

サメに食われる人が多くなったくらい





と、ここで、

着底1ジャーク目に何かがHIT!!





ガツガツっ、 ブルン!






う~~ん、サバではない、


それほど大きくない何か。




着底即だからユメカサゴかな~





まきまき




まきまき



・・・・・










グイン!!



ジィ~~!!












はい!


魚、変わった~~~~!!!










ジィ~~~~!!





ブッツリドクロ







FB 300g  死亡






・・・・・・



「サメが多いから移動しま~っす」



・・・・・・










「今日はここが最後ね~」







時は既に11時過ぎ。


最後のチャンスに掛けます。





周りは鳥が旋回、

たまに刺してていい雰囲気!



おっ!!!


今、飛んだのマグロですよ!


マグロ!!!






遠目だが、向こうのアカムツ船では、


赤っぽいのが上がってる!!





・・・・・・・・・





しかし、現実は甘くない・・・





何か変わったことと言えば、


サバが太くなったこと、


ジグにも食うようになったこと、


この2点。






そう、


ほっそいサバの無限ループから、


太っといサバの無限ループ


になったことくらい。






オイラにも

着底前100Mラインでブルブルビックリマーク


1本だけ太いサバをクーラーへ。





ここのポイントもほどなくして、

ループ ⇒ サメ コースへ。




まぁ、今回は太っといから、

オマツリが多いし・・・



右2番、3番、4番の人は既に閉店。







今日はダメだね






じゃぁ、オイラも最後の1投~~





『ブルブル』




ん??





今度は50Mくらいで食ってきたぞ。


感覚からは、

「ほっそいサバ」

であることは間違いない。




まぁ、ほっそいサバも1匹持って帰ろうかな!



まきまき


まきまき




オレンジラインがリールに巻き込まれる。

残10M。


おう!

ほっそいサバが見えてきた。


さっきまで釣れてたヤツだ。




・・・・・





と、

ボケっとサバを見ていたら、

船尾方向から、

真っ黒な巨大なカタマリが高速で通り過ぎた!!

その瞬間サバが消える!!

瞬時にロッドがひったくられる!!







ビャ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



って、キャタリナがフルスロットルで逆回転!


2k弱のドラグなんてお構いなし!


ってロッドとラインは既に一直線!





さっきのサメなんて目じゃない

強烈な突っ走り!!









寿司ネタ





キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!









よ~~し!!!


ゼッテー捕ってやる!!!



この、















PE1号と

リーダー5号で!!










・・・ムリダロ・・・








永遠に出続けそうなライン。

いったいどのタイミングでロックかけるんだ?


すでに300mはいってしまった。

キャタリナはやせ細る。

ビャーからジーに変わったけど、

まだ出る。

永遠に出ていきそうだ。


巻くのもめんどくせーけど、

ラインも高いので、どっかで切れてくれねーかな~


ジグ帰ってこないかな~




・・・・・





ちょっと、ドラグ締めてみよう!











カチカチカチっ!!











ブッツン









ヤッパリネ






左右均等になるように、丁寧に巻く。
何回巻いたかは数えてない。

おれは100までしか数えられない。


接続部から切れた。

まぁ、PEが返ってきたからヨシとしよう。



Ovo 300g  死亡






「は~い、今日はここまでね~」




・・・・・・









ただいまーーーー






しばし、船長とお話



やはり今日は他の船もダメダメだったみたい。



船中 アカムツ 1匹・・・




先々週は群れの第一波だったが、

火曜あたりから少なくなったらしい。


そして今週あたりから、サバも多いし、サメも多いし、

ってことで、中盤はお土産ねらいで、

アカムツとソイ、メバルが釣れるところに行ったようだ。











ソイは、まだ生きてた。

スゲー生命力だ!!!




アカムツ狙い 3回目




未だ姿見ず・・・・







せっかく中深海が面白くなってきたが

関東方面、特に相模湾の中深海は、

これから船が出なくなる。

キハダ船に変わるから。


ここのメヌケ船も6月いっぱい。

ちょっと中深海にハマりかけたのだが





・・・・・







白い恋人もGETできず、

さて、来月はどこに行こうかなはてなマーク













なんなら、



南伊豆キンメ  


いっちゃう??




※同乗運転手募集中!









・・・・・







夜、船宿のHPを見てみた。




「メヌケ船、食いポツポツ

  TOP6匹!2番手5匹!」




アカムツ船・・・


出てなかったことになってら(笑












でわでわ     ('-^*)/




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:




今日の記事は長ぇ





覚悟してお読みください

時間のない人は最後だけお読みください


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












白い恋人事件により、


あまり家に帰りたくないあおみの。






金曜日に釣り仲間と飲んだ。






【釣師が磯丸にいったら負け組】






そしたら、この題名の話になった。





まぁ、最近はオフショアばかりでもあり、

もともとぶっ飛び君くらいしか

ジャンプライズ社(以下J社)製品は使ったことが無い。


且つ、ぶっ飛び君は3匹買って、

3匹で合計10投で全部ぶっ飛んだくらい


相性が悪い






「なんか、モメてるらしいよ」





そんなブログをチラホラ拝見するも、

まぁ、どーせ釣れてるJ社社長に対する、

僻み妬み嫉みなんだろーな~って思ってた。







で、周回遅れ(3周くらい遅れ?)の金曜日。






「またその話かぁ~」


って思ってたんだけど、

例の件とは違った視点らしい。




なので、

問題提起をしているブログと、

それに対するJ社社長の見解をipadでみた。


実はそれまで、何をモメてるのかすら知らなかった。






で、以下は、

とある商社連中(オイラ達)の

あくまで磯丸水産の中での共同見解である。










・・・・・・・・・・・・・








うん!  なるほど!







一言では言えないけど、


これは、


『最悪の応対』


であると言える。







最悪だと感じるところ



① メーカーなのに、協議会の存在を知らない

   (と取られかねない)


② 他社比較批判の提起


③ 内容意図を吟味ぜすの返信






①は、率直に一メーカーとして代表及び、

側近者が知らないということで驚きです。


「協議会に入ってないからOK!」


かと思ったら、知らずにやってました。

って、知っててやってるよりタチ悪いです。




②は、最悪。

小学生と変わらない。

本心は違うようだが、

「だって、●●ちゃんだってやってるもん」

と大差ない。

現に他の人もそうコメントしてた。


このJ社のコメントは、多数のファンに

言わせることに意義がある。

自分で書き込んではダメだ。



③も、一責任者としてどーなのか。

コメントから1時間足らずで返信。



これは、

相当頭の回転が速いか、

相当頭に血が上ってるのか、、、









・・・・・・・・・・・・・・・・









仲間内の話では、

J社のガバナンスは不明だが、

もしJ社が、このレッドオーシャンで

コメントにあるようなCS向上を掲げているとしたら、

100点満点で20点な回答。





オイラに給与を払ってくれてる会社でもないので、

今後J社がどうなろうがどーでもいーのですが、

一経営者として、事業の継続をするにあたり、

ステークホルダーへの影響を考えるとあまりにも稚拙で、

幼稚な回答だなという話をしてた。





でも、おかげで、

ネット上における応対方法って、ものすごく大切だと学べた。



弊社もネットではバッシバシたたかれる。

(ブラック企業なんでね・・・)




だから、応対にはマニュアル作ったり、

他へ延焼しないように、最新の注意を払いつつ、
回答を考えながらやる。





まぁ、



人のふり見て、我がふり直せ





ってことなので、勉強させてもらった






・・・・・・・・・・・・・・







事業というのは利害関係者によって業績は左右する。

これは個人事業主であるプロ選手も同じ。




J社社長はいくつなんだろう?



20代のイケイケベンチャーではなさそうなので、

もうちょっと色々勉強したらいいのにな。

モラルとか、コンプライアンスとか、CSとか。




釣りの勉強に重きを置いているのなら、

それ以外を教授してくれる人とかいないのかね。

全部一人でやらなきゃいけないってことはないから、

業務委託でご意見番とか雇えばいいのに。


ちょっと前のめりすぎの応対と、

「ステークホルダーにとって、最適に近い回答ではない」

が全員一致の見解だった。







顧客対応の基本は、

『どう言ったか?ではなく、どう伝わったか?』


である。










これ、高校生の時にコンビニで買ったPHPに書いてあった。


松下系の本って、結構しっかりしたことが書いてある。


事業経営者のあるべき姿、取るべき作法、


PHPは25年経った今でもオイラの中では教科書である。





今回は、まさに、

「言ったことと伝わったこと」

「言いたいことと伝えたいこと」

が一致していないのではないだろうか。









世の中、2:6:2の法則があると言われる。














ここでいう

収益性(高)はファン、

収益性(中)は観覧者

収益性(低)はアンチ

を指す






100点の必要性は無いとしても、

少なからず6のうちの半分くらい、

つまり、50%には

『伝える』力、『伝える』方法が必要だ。


後ろの2はほっといていい。


今回は、6の半数をファンに近づける応対ではない。

少なからず、『伝わって』いない。





と、生ビール飲みながら話をしていたのである。



※あくまで商社目線








・・・・・・・・・・・・・・・・・







でもね、メーカーって大変だよ!!







粗利率も低いし、価格競争に巻き込まれる。

そして、

本当のメーカーになるなら資本投資が多くかかる。


J社のBSを見たわけではないが、

調達はデットファイナンスであることは容易に推測できる。

レバレッジを効かせるためには、

それ相当の価格を付けなければいけないが、

売価を上げれば6の客は離れ、

原価を抑えれば品質に響くので、

2の顧客が離れる。


ユーザーターゲットを2に絞れば、

ロットが減り、OEMの場合は原価が跳ね上がる。

なので、売価ではなく、原価率の設定のほうが

相当な決断と葛藤があるに違いない。




ただでさえ、日本のメーカーのROAは低い。

ニッチマーケットで勝負をしている釣具業界なら、

独自商品の差別化以外、生き残るすべはない。


なので、商品の差別化の優位性を前面に押し出して、

販売する手法は企業の戦略としては正しい






よって、今回の表記は、


ルール内でもあり、全く問題ない 


と思われる。






誤解を招く・・・

なんたら・・・

かんたら・・・




6の半数を獲得するためなら、

中小企業は戦略として、

商品の差別化の優位性

を前面に突っ走るべきである。


なので、上から目線ではあるが、

中小企業の表記としては、なんら問題ないと思われる。




どう伝わったか?


であるが、この表記で、

JAROレベルだとは思わない。





今回の問題は、 『その後』 であると考える。





戦術。


メーカーの戦術はアフターくらいしか無い。

というか、それしかできない。


ただでさえ、商社が引き起こした問題も

かぶらなければいけないメーカー。


顧客対応方法こそ重要戦術。



アンチもファンも、頭の中に残るのは、

戦略でアピールしたい商品ではなく、

戦術で起こしたアクションである。





商品=ロッド    買う人は上方の2


アクション=コメント  見る人は中層の6以下






自己が自信を持って名付けた(?)

フレーズを、撤回するかのようなコメントは、

上位の2(ファン)や上位の2予備軍の人すら離れさせる。






閲覧者が多い発言者に対しての対策なら、

YahooやGoogleの誹謗中傷対策を使うなり、

SEO対策や上位検索対策に資本を投資する方法もある。







・・・・・・・・・・・・・・・







まぁ、

銭金儲けじゃないのかもしれないが、

継続して納税し、社会貢献をすべき事業主として、

がんばってもらいたいものですね。





オイラも20年前は事業主。






事業主って大変だ!!

(だった。)



【事業主】


株主代表訴訟やらなんやら・・・

登記住所(家)には「金貸しますよ」とかなんかんや・・・

まぁ、それは毎日、いろんな書類が入ってくるからワケで・・・



そんな、中小企業の事業主。

中小企業が日本の税金の屋台骨を支えてる。


しかし、どんな企業でも

出資者がいて、

ユーザーがいて、

従業員がいる。





大企業と中小企業の考え方の差もあるかもしれないが、

案外、中小企業から学ぶことって多い。





ウチにも戦略子会社が地方にある。


地方へは、血気盛んな若者社長が就いている。


そんな血気盛んな社長たちの顧客対応は今回と似たようなもんだ!


対応履歴見てて呆れることも多い。

「アホかコイツ・・・」なんてのもたくさん。

勉強不足で差別文書送ってるヤツラとかもいる・・・





だから、月イチに集めて、いろいろ研修とかする。









そうだ!




今度、このネタを会議で宿題として出してみようかな。




こういった投稿にたいして、どう回答すべきか。


この場合、ユーザーにとって最適な回答は何か。


この場合、組織代表として最適な回答方法はどう。


そもそも、コメントすべきかどうか。


最適な終息の方法と時期。







中小企業は、ランチェスターでいう弱者の法則。


ウチも間違った方向性の差別化戦略になっていないか、

もう一度見直す、いい機会になった。






様々なところにヒントが落ちてる。

だから、オイラはネットサーフィンする。

そして、それを給与支払い元である、

勤務先の向上に使えないかと吟味する。


なぜなら、ステークホルダーでもあり、

株主でもあるから。





趣味も仕事も日々勉強











・・・・・・・・・・・・・・・・・・










まぁ個人意見として



オイラが外磯で狙うなら、南房アジか伏字かな!

コッパをわざわざ狙って釣りはしない。

外磯でコッパを釣ろうとも思わないし、

コッパ釣行記も書かない。

釣れてもクチブトかオナガか区別がつかんし、

コッパ釣って喜んだのは小学生のころだったから。



コッパも、オキアミだって食いたいから、

ささっと出てきて食べちゃうことがあってもいいじゃん!

大目に見ようぜ!

そのうち、大きくなれば

相手なんかしてくれなくなるんだから。


そうそう・・・

公正取引クロダイ師の件が書いてあったが、

クロダイ師はエサトリのコッパに対して、

1匹1匹相手にしない。

狙いはクロいの一本で、小さいグレーは興味ない。



なので、その狭間で、

コッパは撒き餌食ったり、

オキアミ食って釣られてリリースされたりして、

大きく成長していくものです。







え???






何の話だって・・・?


違いますよ、

たとえ話じゃないんですよ


やだなぁ、、、、











釣りの話ですよ!







釣りの・・・・





















『どう言ったか?ではなく、どう伝わったか?』









Σ(゚д゚;)









皆さんには、どう伝わりましたか?


って、纏まらない話になってしまったが、


つまりはだ。







『商品は、買う人の自己責任』







自分で判断して買うものでしょ。

いろいろ見て、調べて、買えばよし。

買って、ダメなら売りゃいい。



買う前からあーだ、こーだー、

問題提起するもいいんだけど、



おおげさ?誇大表示?

それだったら、波崎の船の

5キロのワラサ!

と並んでる同じサイズのアイナメのデカサにビビるけどね・・・




It takes two to tango







・・・・・・・・・・・・・・・・・






さて、

自分は買ってからモノ申すタイプ。

なので、買ったヤツにモノ申してみる。













その1

『膝に効く!!』








オイラは野球と走り幅跳びでヒザを壊してる。















効かねーよ!

冷静に考えたら、

口から飲んだものが、

なんで膝に行くんだ?


他にも関節あるのにな。







そもそも世■谷育ち じゃなくて、


地方の工場


で作ってんじゃねーかよ!

























その2

『禁断の加工!

 今年はこれで20ヤードUP!』
















3年連続買ったけど


300ヤード飛ばないぞ!



って、10年連続で買ったら


ロングホール、1オンじゃねーか!






















その3

『飲むだけで大きくドキドキ
































看守が大きくなったのは


胸じゃなくて・・・・






























態度 だよ!!








結婚数年後から、

態度がデカクなる、 ヨメ革命!!





そして、手取りが上がったのに、

小遣いが変わらないという、特殊構造!!





だれか、最先端技術で、

この謎を数値化で解明してくれませんかね?














出逢ったころは■カップ

パットが詰まった■カップ

脱がしてビックリ●カップ

産後の瞬間■カップ

今では家ではノーカップ













おしまい

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


勘違いしてほしくないのだが、


今回は料理の記事です






・・・・・・・・・・・・・・







数日前の話。








・・・・・・・・・・・・・・






『釣れたからシンク片付けといて』



「めずらしービックリマーク りょうかいっすビックリマーク





・・・・・・・・・・・・







こんなメールのやりとりをしたのに、

帰宅したら洗い物はされてなかった。


それどころか、昼のチキンラーメンの

食い残しビロビロ伸び麺が、

シンクに散乱している。


釣りから帰ってきたが、

アホ看守はいなかった。

そして、シンクは上記有様。



どうやら子ども連れて、

またセカンドストリートに、

着もしないタンスの肥やしを物色に行っている。



約束も守れない、

ダメ看守にはお仕置きが必要だ。











お仕置きダベェ~










「お仕置き」で画像検索すると、

エロい系ばかり出てくるのはナゼだ??


そしてなぜかメンズモノが多い。


世の女性はメンズモノのお仕置き系が好きなのか。


スマホで見るエロマンガ読者の70%は、

20-40代の女性である。(クリックするらしい)

DLの時間は24時以降が多い。

ダンナ子どもが寝静まった後、

コソコソDLするのは、思春期の中学生並みだ。



世の女性は男性よりエロイ。



あくまで、弊社の統計による。










まぁ、それはいい。






お仕置きの方法だが、

前回の釣行ではGETできなかったが、

今日の獲物には必ずいる。



そのアイツを食わせてやる。

















「コンバンワ」























まぁ、絶対いるだろう。



ノドクロカサゴなんか、

絶対1匹目から出てくるに違いない。






・・・・・・・・・・・・・









ホラ、出てきた。







ノドクロカサゴ4匹中、2匹から出てきた。


まぁ、1匹はサメにあべしっ!られたので、

そもそも頭が無い。


確率的には2/3。

66.7%だ。

高確率だな。

そのうちの1匹は、オスもSETだ。




沖メバルとイシナギにはお留守だった。


気持ち、居なかった1匹の方が、

スタイルは良かった気がするし、

そいつの肝はデカかった。





看守はコイツの存在を知らない。


多分、「おいしいよ!」って言えば食べる。





いや、

「船長から貴重なモノもらった!」

って言わないとダメかな・・・




「これが深海のキャビアだ!」

って言うと食うかもしれない・・・





な~んてことを思いながら、

差し出すタイミングと、

調理方法を考える。




生食が一番お仕置きに向いている。




しかし、無害とのことだが、

ひょっとしてコイツ自身が別の寄生虫に

侵されてるかもしれない。



看守は、ガン保険には入っているが、

医療保険は入っていない。



生命保険は入ってるので、

ポックリ逝ってくれれば粗利が出るが、

テトロドトキシンでもないので、

苦しむ期間だけ医療費がかかる。







3分ほど考えたが、

まぁ、今回は『揚げもの』として提供してみる。







・・・・・・・・・・・・






帰ってきた








「ごめんねぇ~あせる 

 忙しくて片付けできなくて・・・」


※戦略的にしてるところがウザイ




「あぁ、別にいいよ。」



「うわぁ! たくさん釣れたね~ビックリマーク



「そう!いい船だったよ!

 そして船長から奥様に!って、

 珍しいものもらったから後で食べてね」



「何々?? 何があるの??」



「俺も名前忘れちゃったけど、

 今の時期にちょっとしか採れないんだって。


 白い恋人 って言ってたかな?


 1人分しかないから後で食べてね!」



「へぇ~!おいしそう! 楽しみ~~ラブラブ







・・・・・・・・・・・・・


そりゃ、おいしそうだ。


ってうか、国民の99%は食べたことがあるのでは?



・・・・・・・・・・・















とっさに出たのは、『白い恋人』だった。


白い勾玉 白いダイヤ 白い宝石 


いろいろ考えていたが、


なぜか、よく聞く単語を口走ってしまった・・・






看守は、これを想像したのか・・・?







・・・・・・・・・・・・







さて、

宿主達を料理したので・・・






沖メバルの煮付け




まぁ、うまかった。


日曜日に、マルエツで1匹860円だった。


結構するんだな・・・










ノドクロカサゴの煮付け



これは、相当旨かった。


1号機も2号機も、

こっちの方がウマイと言って、

ほぼ1匹分を食ってた。


オイラは1口しか食えなかった。









お刺身




右のピンクがノドクロカサゴ


左上がイシナギ


左下の白身が沖メバル





ノドクロカサゴ


まぁ、旨い。甘いし、ねっちょり来る。

これは日本酒が合いそうだ。





沖メバル


まぁ、マズイ。水っぽい。

1号機も一切れでやめた。

グルメな2号機は吐き出した。

やはりメバル系は煮つけに限る。




イシナギ

スンゲーウメービックリマーク

これには驚いた!

即座にエラ抜きして、処理したので、

足が早いと言われてたけど、

驚きの旨さだ。


脂の乗ったスズキの食感でありながら、

脂が無い。

なのに、広がるこの甘さ。


これはもう、皆さん、イシナギ釣りに行こう!









イシナギのアラ煮





ウメーー!!!


なんだ、この旨さ、ダシ!!


おいおい、

イシナギスゲーぞ!!

プルプルだぁ!!!!!!



コラーゲンたっぷり!!!




ドンコ汁より断然こっち!!


(冷蔵庫で冷やしたら、煮凝りがスゴかった)










唐揚げ




あべしっ! と、刺身取った後のを唐揚げた。

まぁ、二度揚げしたので、骨までカリカリだ。


ただ、煮つけの方がいいことは間違いない。






と、前回のブログの目標だった、


サメの食べ残し


は看守が食った!!!!








やった!!!


目標達成だ!!!!








・・・・・・・・・・・・・・









お腹いっぱいになった1号機と2号機は、

2階へと遊びに行った。


戦いごっこの2名は、しばらくは降りてこない。









チャンスタイム


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!












「さぁ、


 白い恋人だよ(笑」






※俺はこの時、少しニヤケていたのかもしれない








「へぇ~・・・ 変な形だね。 これが白い恋人?」


「そうだよ! カメノテ の仲間なんだ!(ウソ


「確かに、甲殻類っぽいね!おひとつどうぞ!」


「いやっ・・・あせる 俺は港で食べたから!」 


「あ、そう! じゃ、焼酎が車にあるから取ってきて。


 それ飲みながら食べる。 今のうちにお風呂洗ってくる。」


「ほいほいぽ~~音譜










・・・・・・・・・・・・





























あぁ~~!!!!





















食われた・・・・orz













「パパ! チビグソクムシ、カリカリしてるね!」




「チビグソクムシぃ~~??」




「そうだよ!こいつ、ダイオウグソクムシの子供!」










・・・・・・・・・・・












私に何食わせようとしてるのむかっ


って、子供に何食べさせてんのむかっ
















・・・・・・・・・・・













「  し、  白い恋人  ・・・・」












・・・・・・・・・・・















サブタイトル


【快適な釣行のため、釣行前は嫁への撒き餌をしましょう】





白い恋人という撒き餌すらできなかったので、

次回釣行は、相当先までお預けになりそうです。











おしまい

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:




ブログには書いてないコト。






実は今年のとある日。


一人釣行でヒラスズキを釣った。


65cmくらいだった。









その、3分後、


ぶっ飛ばされて、


冷たい海をドンブラこっこした。





運よく、血は1滴しか流れてないと思う。










だから、


もう、磯には行かない。








恐いからというものあるが、


まぁ、子供もちっさいし、


おっきい離れた子供もいるし、


看守も若いし。







なので、ロッドもウェットも処分した。







まぁ、行かないとは言ったけど、


しばらくは行かないようにしようと、


ロック系のセットは処分した。







冬になったら、また行くかもしれない。


時期がたったらまた行くかもしれない。







まぁ、ヒラと着く名前の3種の魚は、


全て釣ったので、一番危険な磯は卒業です。







記事は、備忘録として下書きに保存してある。


書いてから1か月たったが、


まだ、下書きのままだ。










皆さんも安全釣行で・・・








釣りって遊びだしね!



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:








1kgクラスだと、¥14,500もするらしい。



1匹釣ったら元が取れるな。



2匹釣ったら粗利が出る。



3匹釣ったら、


タカヤスさんの店に売ろう!













なんてことを考えながら・・・




【2回目 中深海ジギング】









23時に家を出て、

マーニャを拾って波崎へGO車









橋を渡ってJARO船の反対側へ。


到着は2時過ぎ。4時半集合なので、





大漁祈願の乾杯。


そして就寝・・・(@ ̄ρ ̄@)zzzz








・・・・・・・・・・・・・・










コンコンコン









窓ガラスをたたく音で起きる。




「受付お願いしま~っす!」





スキンヘッドのおっちゃんが立ってる。













おいおい、まだ3時半だよ・・・



うっすら明るくなってきた波崎港。


明かりがともった仁徳丸の前には軽トラ。


船上には2~3人の人。






「全員集まったので、早目に出ますね!」





慌てて受付をし、着替えて乗り込む。




今日は5人らしい。(少なっ!)





左右ミヨシで、スロージガー2名。


右大トモにエサのおじいちゃん。


そして、あおみのとマーニャ。





右舷側から乗り込むので、


めんどくさいから2名並んで右舷同間に陣取り。



しかし、この仁徳丸はデカイっ!!


見ただけだけど、山正丸よりデカくない?




このサイズを5名って、贅沢だぁ~にひひ






荷物を積み終わったら、いきなり出船(笑




4時には出港!  早い!!




白浜だと「忘れ物ない~?」って聞いてくれるけど、


ここはサクっと船が出ちゃった!














オイラ スロジギ

マーニャ エサ釣り(ALLレンタル)





スロジギが釣れなくても、

マーニャのエサでお土産確保という、

全く持って邪道な組み合わせである。。。











利根川を超えて、1時間くらい走るとのこと。

今日は河口は荒れてない。









キャビンの中。




車のシートが固定されていてリクライニング。


先頭のイスは見覚えがある、アルファードの座席!




これは座り心地いいぞ!!!



こんな感じで、1時間の休憩~・・・・


おやすみ~~











・・・・・・・・・・・・・








ダッパン、ダッパン波



ビュオ~~台風





・・・・・・・・・・・・・





沖に到着。


ウサギが飛んでる。


てか、風強い。たぶん8M以上ある。



結構揺れてる。携帯も圏外だし、

周りに陸地は見えない。






「船、ちょっと回すから準備してね~~!」










さぁ!


修行のスタートだ!










ジグマン2名は、即座にロッド持って構えます。


オイラは、マーニャのエサの仕掛け作り。






「じゃぁ、120Mから!」







と、ここから船長がマーニャの相手をしてくれる。



なので、オイラも釣りスタート!





まずは、様子見で250g。




Xestaの大人のオモチャ(by 看守)





サーーーーっ



うっガーン


流される・・・チト軽すぎるか?



4オンスのメジャクラで、

ロングフォールジャーク。




すい~~・・・フリーフォール



前回のアカムツ船では、ジャークが激しすぎ?

と思ったので、

ゆっくり目のジャークでフリーフォール。



右舷ジグメンは、ショート目のジャークで

フーワっ、フーワっと誘ってます。



左舷のジグメンは・・・

と見ると、

既に沖メバルを釣ってます。

30cmくらいあるかな!



沖メバルデカイ!!

そして使ってるジグがデカイ。

SPYの赤金400g?500gくらい?



どんなジャークをするのか盗み見します。


左舷ジグメンもショート目です。


自分もショート目に変更。




フワっ、フワっ フワっ  フリーフォール。






底が取れないあせる



さっき、落ちてく時に気づいたけど、

途中ですごくゆっくりになった。



多分二枚潮で、80Mあたりでラインが浮いてる??



右舷ジグメン何かHIT!



上がってきたのはユメカサゴ(ノドグロカサゴ)。

20cmくらい。




使ってるルアーはガーキーのシルバー。

見たところ、300g以上はあるな。。。





ちょっと250gでは軽いので速攻回収!!!




ぐるぐるぐる・・・・




巻きながらトモ方面を見ると、

大トモのエサのおじいさん、

ダブル掛けだけど、2匹目はなんとアカムツだ!!

(小さいけど)





おぉ~~!!


テンションあがる~~!!



と、マーニャの電動リールも回収に・・・


こっちは、ユメカサゴのダブルっ!!






おいおい!


開始10分で、


ボウズ、オレだけ??







焦る~~~しょぼん





ここで、スパイキーブルピン300gに変更。





うん。これなら底が取れる。


フワッ  フワッ  フワッ  フォー~~ル


フワッ  フワッ  フワッ  テンションフォー~~ル





・・・・・・・






左右ジグメン。ユメカサゴ追加。


オッチャン。ユメカサゴ追加。


マーニャ。ユメカサゴ追加。




完全な出遅れですショック!




やっぱり、7.8フィートでフワフワはうまく動かないのかな?


ってことで、ロングフォールジャークで、ヒラヒラ作戦に変更。



ゆっくりジャ~~ク、テンションフォ~~ル

ゆっくりジャ~~ク、フリーフォ~~ル



1/8巻きで底中心に誘います。




ゆっくりジャ~~ク、テンションフォ~~ル



ゴツゴツゴツ・・・



オリャっプンプン


グイ~ン





乗った~~~ビックリマーク




ゆっくり巻きます。


まぁ、120Mくらいなんで、

それほど修行って感じじゃないね。



ときどきググン、ググンとするので、

「ひょっとしてアカムツ??」

なんて期待しながら巻いてくると・・・







ユメカサゴ 30cm弱くらい




まずは1匹目確保ニコニコ




旨そうだな(゜ρ゜)


こりゃ、刺身が取れる。

桶にポイっ!!





因みにユメカサゴ。


目玉も飛び出ませんし、

桶の中でも元気いっぱいだ。

なので、巻いてくる間もそれなりに元気。


よ~し、続くぞ~~!!!


と、思ったのだが、エサ師もアタリが止まり移動・・・



「はい、ここは140M。底は流れてるよ」


とのことなので、今度はメタルウィッチ6オンス、

ガーキー390gに変更。


さっきより100gも重くなったので、

底が取りやすい。


めげずにアカムツ狙いで、

フ~ワっ フ~ワっ の 1/8巻き。

フリーフォール。


風が強いので、サミングをしないと、

着底スグに糸フケがパナイです。




フ~ワっ フ~ワっ  ぐぐん!



オリャっプンプン



ピクピクピク・・・



うん。なんか魚ついてる!



巻き巻き・・・  巻き巻き・・・




ちっさ・・・  20cm




ジグと同じ大きさだ。

でもカラアゲにするために確保!!!!!





・・・・・・・・・・・




「アタルのに、かからない~~!!」


アタリがあったら、ロッドを下げて追い食いさせた方が良いとのこと。

船長は、マーニャにつきっきりでいろいろ教えてくれる。



左右ジグメンもユメカサゴを1~2匹釣ってる。

しかし、どうやらオイラと同じくサイズが小さいようで、

そのままリリースしてる。



潮も動いているので、大き目の魚を狙うため、

ちょっと底を切って誘ってみよう。


着底後1Mは持ち上げ。

そして、ロングジャークとフリーフォールで、

遠くの魚からもジグを見せるイメージ。



10回くらい誘って見せつけてから、サミングしながら着底。


着底寸前で、




ゴツゴツゴツ・・・







オリャっプンプン






おおう!

こいつは、最初に釣ったのと同じサイズに間違いない!!




狙い通り!!



ジグの動きをイメージし、

その通りにHITしてくるとと楽しい~~ビックリマーク





   巻き巻き・・・・   ピクピク



   巻き巻き・・・・   ピクピク



   巻き巻き・・・・   ピクピク




  ゴイ~~~ン!!




急に、ロッドが持って行かれるあせる


ドラグは2kgくらいで設定したのかな?


ビ~~~~~~!


と、キャタリナLDから1.2号が出まくります。






完全に魚が変わってる(笑




ドラグを締めて、魚を確認してやろうにも、

ライン切れでジグロストが怖いので、

そのまま耐えます。



耐える。耐える。



ぜんぜん止まらんぞ・・・・





「サメにやられたね~」



船長の言う通りです。


心のどこかで、サメじゃなくて、

イシナギか巨大アラが食ってくれて、

そのうち止まってくれると信じてる。

もしくは、マグロが食ってくれてる。

(なわけ無い・・・)




と、急に軽くなった!



おや?


軽くなったけど、ロッドに抵抗はある。


魚はまだついてるようだ!!



ラッキーニコニコ



また、サメに取られるといけないので、

高速巻き巻きで回収~~~~





おっ!!



魚ついてる!! よかった~~




・・・・・・・・・・・






あべしっあせる



頭に食いついたようで、

顔は破壊されてる・・・






針が折れてる・・・・・




ってことは、サメにフッキングされてたんだ。

で、針が折れたおかげで魚は回収できた。



まぁ、サメの食いかけだが、身の部分は無傷。



日頃、1号機の食べ残しを食べてるので、

今回はサメの食い残しを食べてもらおう。




看守にね・・・







相変わらず風が強い。


エサ組は移動しながらポツポツ。


ジググループはパッタリと止まった。








マーニャの桶には元気なカサゴ。


後半戦はちょいと深場170Mラインへ行く。


メタルウィッチにovo450gを付ける。





シャ~~~~~・・・・・・ブッツン





ドクロ




意味不明な高切れで、

ライン100Mと、ovo450g紛失・・・


どうやら、リールの内側にラインを巻き込んでたらしい。

どうりでさっきから巻きが固かったワケだ・・・


完全に巻き込んでいるのでキャタリナLDは死亡・・・


メジャクラに戻し、スパイキー300gに戻す。




さすがに、ちょっと疲れてきたので、

スパイキーはヒラヒラ系なので、

ロングフォールジャークに戻す。


7.8fで、フワっとフワっとは曲がりすぎる。


しかし、この流し、

エサもジグメンも全く当たらない。



ウ~~ン・・・・むっ




ってところで、


『新型!あおみのフォール』


を試してみることに・・・



すると・・・・  ジグが落ちない・・・・




オリャっプンプン


グ~~ンビックリマーク






久々キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!




うん


これはカサゴじゃないね。


途中から完全に元気がなくなる。


引かない代わりに重い。





沖メバル 30cm




おぉう!

デカイなぁ。


煮つけにしたら旨そうだ(゜ρ゜)






新型!あおみのフォ~~ル!!



ピタっ


オリャっプンプン







グ~~ンビックリマーク









またキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!




調子こいて早巻きしたら、目がでちゃった


「マーニャ、しゃくって降ろすときに、

 こうしてこうしてこうしてみなよ!」




と、やりかた伝授。

電動リールでうまくできるかな・・・?



ってところでマーニャにもHITビックリマーク




「あ~~ん!  ちょっと大きいかも~ドキドキ


(変な想像はしないでください)





久々のダブル?と思って上がってきたのは・・・




コアラ 45cm


いいなぁ~

オレもアラが欲しい~~あせる






新型!あおみのフォ~~ル!!





ス~~~



ゴイ~~~ン







オリャっプンプン


ジ~~~~・・・・


ドラグが緩すぎ?


ネガカリした??


いや、これは魚でしょう!


ちょっとドラグ締めて、

スローピッチのロッドだけどポンピングしちゃう!!!




と、急に重くなった・・・あせる


オマツリはてなマーク



いや、マーニャは上げてる。

右舷ジグメンと絡まってる気配はない。


煽って~~~ マキマキ。


うん、巻ける。

そして、ちょっとビクビクはしてる。



でもすごく重い。


たまにラインが出る。

が、30回くらい巻いたころから、

ラインはでなくなった。


「タモいるね。ネガカリじゃなさそうだね」

と船長。




「岩かも・・・ でも魚だと思うんですけど・・・」


かすかに効いてみると、ピクピクはしてる。

うん!魚なのは間違いない!!


でも、なんだろう・・・?



みやざきさんが釣ったカガミダイ?

でも、これはどう考えてもペラペラな魚じゃないぞ。


本来であれば、スローピッチ用のロッドは、

巻き上げの力で巻いてくるもの。


PE1号 リーダー4号。


ガチガチ綱引きするには波も高いし、

どちらかと言えば、ロッドのしなりに頼りたい。


メジャクラの安竿だし、

折れたらそれでもいいや!

ってことでポンピング。




煽ってクルクル巻き




煽ってクルクル巻き




 

重いだけの何か 




を海底170Mから巻き上げる





・・・・・・・・・・・





『おぉ~~、黒いぞ、アラじゃないか?』


と、タモでスタンバイの船長。





ん?




『イシナギだ~~』






あらあら、、、、アラじゃないのか・・・

(オヤジギャグ)


で船長がタモにイン。









イシナギ 65cm 

家で計ったら2.8kgだった。






大物GET!!


ヤッタゼ!!








重いのは当たり前で、

フロントフックは右の胸鰭、

リアフックは左の眼の下。



まぁ、ほぼ真横で上がってくるんだからね・・・





・・・・・・・・・・・・・・・






イシナギは足が速いので、


ソッコーエラを落としてクーラーへ。




このサイズなら刺身がウマイとのことなので楽しみだ~ニコニコ





・・・・・・・・・・・・・・




その後もフォールで1匹追加。




周りがぱっとしない中、パターンを掴んだ。



そして!!


題名にもある、アカ●ツを・・・








マーニャがエサでGET!!

















足がついてる











手もついてる











正面から











そう、



アカムツ



ではなく、



アカグツ(笑







これは珍しい!!


きっと持ち帰ったら1号機は大喜びだ!


そして食ったら、これも大喜びだ!!


めったにない経験だ!!!








・・・・・・・・・・・・














威嚇のために、フグみたいに空気を吸うから、

桶に入れると浮かんじゃう。


しばらくすると、空気を吐いて沈んでいく。


そして桶の中で歩いてる・・・









ダメだーーーーー!!





カワユスラブラブ








「この子、萌ぇますよね・・・」











そうなんだよ、マーニャ


コイツ・・・かわいいんだよ







これを食するなんて、俺にはできない・・・











できない・・・・




できない・・・・




できないハズ・・・・!!!













・・・・・・・・・・・・・・





















・・・・・・・・・・・・・・










と、南房総磯の猛者

「さいたマン」さんのブログだと、

こうなってしまうだろう・・・・










しかし、

萌ぇ萌ぇあおみのは、

萌っと空揚にしてしまおう!

やさしく海に帰したのであった。






沈んでいく姿・・・




胸鰭テコテコ動かして、ものすごくカワイーよ





ってことで、12時で沖あがり



荒れていたので、

港まではたっぷり2時間かかったけど、

ゆっくりリクライニングシートで寝てきた。







・・・・・・・・・・・・・・・







竿頭は、

途中船酔いで1時間寝てたマーニャ

ユメカサゴ10匹に、アラ1匹



仁徳丸のシールをもらってた。




オイラは、

ユメカサゴ4匹

沖メバル 3匹

イシナギ 1匹



他のジグメンは、みたところ4~5匹くらい。




まぁ今回は、よく釣れた方かな・・・




今日は、

ロングジャーク、ロングフォール

に分があったようだ。



船長に聞いてみた。






「アカムツ1匹だけでしたね~」


「今日のポイントはほとんどアカムツいないよ!」


「え???」


「え??カサゴ五目って聞いてたから・・・」


「アカムツはポイント違うんですか?」


「ぜんぜん逆。」


「・・・・・・(T▽T;)」


「なんだ、言ってくれれば・・・。


 明日はアカムツで出るのにね~」







ってことで、次回はちゃんと、


「アカムツ五目でお願いします」


って伝えよう・・・








予約が無い場合は、

初めの予約の人の狙いモノになるシステムらしい・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・・






さぁ!


捌くぞーーーーーー!!!














サメパワー





リアの2本もひん曲がってる・・・






これでも、PE1.2号 リーダー6号が切れないんだから、

いやはや、結束さえしっかりしてたらちゃんと持つのかな?


それとも単純にシャウトの針が弱いだけか・・・







・・・・・・・・・・・・・・・・・・






しかし、仁徳丸は良かった!


船もデカイしキレイだし、

とっても丁寧に教えてくれてた。

ちょっと遠いけど空いてたし、

ゆっくり寝れるのもいいね!!


翌日日曜日は、アカムツ釣れてたな・・・






次回は、ちゃんとアカムツ五目に乗ろう!







ってことで、


『サメの食い残しを看守に捧げる物語』


は後程・・・・













でわでわ 




('-^*)/

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:





先日のサバジギング・ドンコジギング


アカムツジギングでGETしたサバ。











時期的に、サバ味噌って感じでもないから、

みりん干しにしようと、

冷凍庫から取り出した。


















(もう一枚の写真はスケスケオパンツが写っていた)








こうやって、ゴマを振りかければ、

なんとなく、店で売ってても違和感なさそうだ。









本来であれば、

釣ってすぐやるのだろうが、

いかんせん、海なし県のため、

処理するには釣ってから、

船上1時間、車上2時間の


合計3時間がかかる。






まぁ、捌いてしまって、

冷凍庫に入れてたから、

実際はこの状態になるまで、

1週間かかっている。




ただ、冷凍期間は除外。


なら、6時間以内に日に当たってる計算だ。











南向きで日当たり絶好の2階ベランダで、

1日くらい日に当ててみる。








『深海サバはマズイ』







そうかもしれないが、

日干しにすることでアミノ酸が激増!



きっとオイシイに違いない!!!



















見た目だけは上等な代物だ。











「うわ~~! おいしそう~~」


2号機がつぶやく。






と同時に食いついた。









ちょっと、みりんがキツイかもしれないが、

それなりに旨かった。










グルメな人生5年生が平らげたってことは、


調理次第でなんとかなる


ってことだな。












これで、外道釣っても安心だ(笑







しばらくアカムツ釣れる気がしないしさ!



行くかどうかがビミョー・・・





おしまい


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:





先週は、わが社の決算発表だった。















増収増益なのだ。









この図式は、まさにオイラそのもので、

脱税節税やら、

費用飛ばしサイトの延長やら、

架空計上サイト前倒しやらで、

利益を押し上げる。






皆さんはご存知無いかもしれないが、

大多数の営業の皆さんの頑張りも、

この限りなくグレーな施策よく洗練されたアカウンティング 

のおかげで、数Vくらいならソッコーで押し上げれる。






座組みがしっかりしていればOKだ。




しっかりしていなくても、

世の中から注目されていなければOKだ。




わが社はあまり注目されていない














座組みがしっかりしていないとこうなる。




※注目もされてるしね











座組みがしっかりしてなくても、

世の中から注目されていなければ、

そのうち忘れられる。



※みんなが使うプリカロンダリング








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






さて、増収増益なのだが、

いつまでたっても給与は上がらない。


というか、ここ数年、

オイラの給与は1円も上がってない。


それどころか、ボーナスすらまともに出ない。


アベノミクスの影響が庶民にまで潤わないのは、

政権の問題ではなく、

企業の問題であることは、

このオイラが証明できる。




すべて、オーナーの懐に入るだけ。






『低所得者は時間で稼ぎ、

 高所得者は仕組みで稼ぐ』










どこかで見た。












なので、低所得者であるオイラは、

時間でお金稼ぎ、

時間をかけて釣りに行く。






だから今回、

ちょっと、高所得者のマネをしたくなり、

仕組みで勝つために、

高級食材釣りに出かけた。







時間をかけずに、

自宅から車で5分だ。















車の後ろで仕掛けを作る。





Tシャツは、ハマーン・カーンドキドキ










年末から乗ってるこの車は燃費が悪い。




まぁ、コレだからな↓










燃費は悪いが、

アルハイほどではないが広いのと、

イカツイのでちょっと気に入ってる。









【今日のタックル】


ロッド:DAISO製 TAKEZAO 3.1f

ライン:DAISO製 TAKOITO 3/4ヒロ

ルアー:DAISO製 ATARIME 1$

     DAISO製 SAKIIKA 1$








水深0.5Mラインを探る。




















最初のひと流しはアタリがない。







ポイントを変更する。








すると・・・・










ガツっ!!




グイ~~ン!!





と、ロッドが入る!!















特定外来種:AKG キター










フックが無いため、

水面下でバラした。








バラすと、食いが遠くなるので、

しばし休ませる。











ガツっ!!




グイ~~ン!!













特定外来種:AKG キター








同サイズだ。



さっきと同じやつのような気がする。。。














ガツっ!!




グイ~~ン!!











特定外来種:AKG キター










サイズアップ!!








ぜんぜんウレシクネー

















ここは外道ばかりなので、


ポイント変更。















ここは水が澄んでいて、


ちょっと流れている。






ベイト(特定外来種:KDYS(メダカ))を確認!






これなら本命が釣れそうだ。










着底したと思われるATARIME。


ラインがスーっと走った!





ゆっくり効きアワセ。

しっかりと食い込ませる。





これだけ食い込ませれば、

ごぼう抜きしても大丈夫。



水面下で獲物を確認し、

ブッコ抜き!!!












本命GET!!




外来種:AZ キター






サイズ:8cm



まだ、若者だ。色も赤くない。












ラインがもぞもぞ・・・




そ~~っと、ビシっ!!







バラシ軽減のため、

基本的には網で掬いましょう。








本命GET!!




外来種:AZ キター





サイズ:8cm



まだ、若者だ。色も赤くない。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











本日の釣果(オールリリース)



特定外来種:AKG 

 甲長:5~30cm

 5ヒット 5バラシ


外来種:AZ

 全長:7~8cm

 4ヒット 2バラシ











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







30年前、

オイラは外来種:AZをよく釣りに行った。


家のちかくのほったらかしの田んぼや、

その田んぼの横の川とか、

絵の具のような工業廃水が流れる川とか。





こうゆうちっさいヤツは、

水が比較的きれいな所とか、

流れ込みの近くにいた。



もっと赤くて、デカイのは、

ドロの所や、深いところに沢山いた。



そして赤くて大きい個体は、

『マッカチン』と言って、

釣った大きさを競ったものだ。




平成も25年が過ぎ、

『マッカチン』 は、

ペットショップやフランス料理で需要がある。



築地だと、泥抜き『マッカチン』は1匹500円以上。

今の時期だと1000円の時もある。




キロ単価1万円




ハタ類やキンメダイより高級だ。






何年か前に、

違法漁具で年間1000万稼いだ男が逮捕されたが、

市場価値は、30年近く前と大違いである。






でも、今、全国的に『マッカチン』は少ない。




田んぼや小川が減ったのと、

特定外来種:AKGが食っちゃうから。





30年前、

いらない生き物だった『マッカチン』が、

よもや、希少動物の一種となり、

高級食材となるとは、誰も思わなかったではないだろうか。




30年前、

祭りの露店で売られてた、

特定外来種:AKGがここまで猛威を振るうことは、

誰も予期できなかったではないだろうか。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












さて、


このブログの読者様は、


日頃、時間で稼ぐ


を頑なに遂行していると思われます。









そんな皆様へのヒントが今日の記事です。






ここはひとつ、





仕組み




で稼ぎましょう!!













逆説的に、


今、いらない特定外来生物:AKGを大量に保有し、




30年後に

一発当ててみませんか?













「そんなワキャね~よ!」


って皆が思うからこそチャンスです!!











「でも、AKGはちょっとなぁ~・・・」





という、アナタ!!!













釣り人生での最多釣果を誇るコイツなら、




『高級食材』




に化ける可能性が高いと思いませんか??







さぁ、今こそ、


老後の年金のため、冷凍保存しましょう!!











・・・・・・・・・・・・・・・・・・






















今週末も、皆様に、福(フグ)がありますように








おしまい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





5/8の話










看守の数少ない趣味の


ほったらかし 家庭菜園。


猫の額くらいしかない庭でよーやるわ







雑草ボーボーになるか、


トマトの木に占領されるか、


今年はどっちだと思っていたが・・・









俺様が改革することにした。









去年、1号機と植えたイチゴ。


今年は3つ実がなった。






 

当然オイラの分はなかった。




ずいぶん赤い。







これに気をよくして、


いきなり、発掘作業が始まった。









身長にあわないスコップと、


時間がかかりそうなスコップ











看守と同じで、効率性 が悪い。


変なところが似てしまって将来が不安だ。








看守という生き物との生活は、


2種類2回目だが、


なにゆえこの生き物は効率が悪いのか?








文献によれば、


DNAが素晴らしすぎて、


あっちも!こっちも!になるかららしい。








本当か??







単に自分のくじ運が悪いだけだと思いたい。
















ウルイ(オオハギボウシ)




GW中に、小沢王国から

一株もらってきたが、

『私が植えるから触らないで!』

と言って、3日間玄関で過ごした、

かわいそうなヤツだ。



そろそろ水分が枯渇してきてかわいそうなので、

効率の悪い作業人をどかして、

穴を掘って植えた。







さっと、茹でて、しょうゆマヨネーズで食べる。


GW中に、小沢王国で食べたが、

自分は、さっと塩茹でが好きだ。





少しネバっとするところがいい。


酒のつまみにもなる。














アスパラガス(キジカクシ)





GW中に、小沢王国から

一株もらってきたが、

『私が植えるから触らないで!』

と言って、3日間玄関で過ごした、

かわいそうなヤツだ。



そろそろ水分が枯渇してきてかわいそうなので、

効率の悪い作業人をどかして、

穴を掘って植えた。




 ※さっきも見たな、このくだり









既に採って、食ってしまった株だから、


生えてくるのは小さいだろう。









でも、アカムツジギングから帰ってきたらこうなった。



















コイツ、成長ハエー!!








まだだ。


まだ食わない。








口だけ番長看守のことはほっといて、


俺は、この2種類の食材を育てることにした。







このペースなら、今週には食えそうだな・・・










と、思って、今朝見たら、











めちゃはえとるやんけ!!!




大小合わせて8本くらい。





でも、さすがに1回採取した後なので、


栄養が無いのか、細い。






アスパラは、ちゃんと取れるまで時間がかかるらしい。


日光を浴びて、根っこに1年かけてパワーを蓄えるらしい。






と、いうことは、これは食わずにこのままにしとけばいいのかな???









誰か教えてください。











いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



最近は、あたたくなり、


草も少しづつ生えてきた。






朝露もなくなり、


草も湿ってない。






この辺りはダニも少ない。





もう少しすると、


バッタ風呂になるけど。












ドドっ  ドドっ  ドドっ




フリーにすると、いつもの奥の荒廃地へ走っていく。







自転車で走るよりも、


自分のペースで走れるから楽しいらしい。









家の前の森まで約50Mは全力疾走。








途中、1回振り返り、


オイラがちゃんといるか確認する。








そこがカワユイ








なぜか、土の所でゴロゴロする





浦和競馬場の時は、


一面芝生だったが、ここは違うので、


背中が汚れるんだけど・・・













菜の花が無くなったので、


新しい『食える草』を探し中













シロツメクサ


の葉を毟って食べるようになった。












そういえば、セイントネイチャも食ってたな。





まぁ、馬なので当たり前か。










家の前の他人の土地は、


たまに誰かが自転車で通ってる。










セラは今年で8歳。




そろそろ、ゆっくりでいいので、


長時間のお散歩をしないと、


この2~3年で足腰が弱くなるからね。






避妊してからというもの、


食欲旺盛になって1kgは太ったかな。





最近は、自転車で走っててもバテるのが早くなった。


自分と一緒で、加齢なのでしょうがない。





シャロンのおかげで気持ちは若いが、


カラダの衰えは少しづつ浸透している。





2歳以降、

全くと言っていいほど、病気をしていない。


健康体なのは良いことだ。








あと、何年こんなふうに走れるかな?


と思ったが、ケセラセラ。






なるようにしかならない。






今は、ただ、この時を楽しもう!!










・・・・・・・・・・・・・









って、この後さぁ、


森の中からキジが出てきやがって


キジも飛んで逃げればいいのに、


森の中に走って逃げてくもんだから、


セラが森の中に入って行っちゃって、


出てこねーもんだから、


会社遅れたじゃねーかよ!!










【本日の遅刻理由】


犬が逃げたから









新卒っぽい理由ダネ・・・








いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:




前回の4回目は、寝坊だからノーカウント!!


正真正銘の今年4回目の釣行記録だ!!











土曜日に、


マーニャと波崎に行く予定だったけど、


急遽、マーニャ親族に不幸があり、


またまた勇者の一人旅・・・









ちょいと波崎まで一人ではつまらない。


東京湾から出る船もあったので、


金沢港へ・・・・・・車









結果は・・・












と、なったかどうか・・・・















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









お家を出たのは・・・





4:25 !!




南房総のヒラメハンターが、





「俺の番だぞ! 俺の番だぞ!


  徹底的に、俺の番だぞ!」





と、横一列でサーフに向かってを送っている時間。







東京湾、中深海の、


サバジギング、ドンコジギングに向かうオイラ。


(あぁ! もう、結果が言っちゃった!!)







ひょっとしたら首都高渋滞かもしれないから、


早目、早目のご出動。







日曜午前5時前の首都高。


そうは言っても夜中より車多いな。






今日は一人釣行なので、


撮影はいつものエクトプラズムさんにお願いしている。





運転中のスマホ操作は、




















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













ついた。




6:00



早すぎだ。


明るいうちに港に着くなんて不思議だ。


そりゃそうだ


前、船に乗ったのは3月だから。


あの日は、朝6℃だったな。


あったかくなったもんだ。5月だから当然だ。








そして全員そろったようなので、


7:20に出港~~~船











ジェットコースターに、





「絶対釣るぞ! 絶対釣るぞ!


  徹底的に、絶対釣るぞ!」




と、を送った。










今日は12名。



ジギンガーは右ミヨシ。




常連さんが多いのか、わきあいあいとしてる。

小心者のオイラは、どちらかと言えば、

殺伐として、カマってくれないほうがいい。

一人の時ならなおさらである。


ただ、この船はエサ船でもあるので、

「まぁ、今日もみんなでガンバロー」

って感じだ。





「先週は、ジギングがアカムツ2匹釣ったよ」


右2番の常連さんが話かけてくれる。




おいおい、それはプレッシャーだよ~・・・あせる












40分ほどして・・・



どこだっけ??



走水の先かな?







『80M試すから、準備して~。ジグの方はちょっと待ってね~』


とアナウンス。




時計を見るとちょうど8:00。




『一斉に落として~~、はい!!』




どうやら、2~3名初乗船者がいるようだ。

(まぁ、オレもだけど・・・)





80Mかぁ~

ジグ軽いのにしようかな~


とバッカンをさばくってたら、


『ジグの人お名前なんだっけ?』


船長が真後ろにいた。


「あおみのといいます」


『1回目、2回目は、ちょっと様子見るから、

 ちょっと我慢しててね~』






おおうビックリマーク


わざわざ操舵室降りて、説明にきてくれる。



ジグにもやさしく、親切だな・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・・







『やっぱ、まだ入ってきてないな、

 

 次行くから上げて~~』





ものの、15分で見切りをつけた。


近くに、同じ金沢港のアカムツ船がいたが、


時、同じくして久里浜沖へ・・・








『はい、ジグも準備して、120M!』







【今日のタックル】



その1


メジャークラフト GKJ-B78/4LF

キャタリナ 20h

PE 1号600M リーダー 磯用フロロ 5号



その2


メタルウィッチ MTGC-686 SF

キャタリナ LD20H

PE 1.2号800M  リーダーフロロ6号



ジグ:200g~390g 8本


ディープライナー(フレック、ビブ)

SFC

2wayスパイキー

Xestaスリッピー

プログレス など・・・








まずは、メジャクラにスパイキーを付ける。




【100m超えのジグは動かない】





いろんなところに書いてある。


なので、基本はフォールで釣る釣りに専念する。





今日は北風。


よって、ミヨシからポイントに入っていくので、


エサ氏投入後、10秒ほどしてから前方20Mくらい投げる。






ボチャン




『あおみのさん、ジグは250-300g使ってね~』



船長に向かって、


3本指  OK  OK 


とサイン。





『300ね、りょうか~い』






ア・イ・シ・テ・ル のサイン よりわかりやすい








ほとんどトモ側に流れない。


どうやら潮は動いて無いようだ。






カラーで水深を確認したが、


始まりがオレンジで、着底はブルー。


まぁ、130M弱といったところ。








 ウィ~~ン・・・







大▲のオ◎チャよりも力強い音が周りで響く。


エサ師たちには、即座に何かが食ってるようだ。







ちょっと風が強いが、頭のてっぺんまでゆっくり上げ、


ロッドを真下へ下す。


ロッドにジグの重さを感じるまで約3秒。




メジャクラの4番は4番にしては堅いのか?

それとも潮が効いてないのか?



200gの時とジャークの重さは変わらない。

よく、こんなんで80gのタイラバつけてたな・・・




イメージにすぎないのだが、

スパイキーは、ヒラヒラ・・・と不規則にフォールしているに違いない。



ネガカリも恐れず、1/16回転で、

ジックリ底をネチネチ・・・





海底は、そうやらドンコ風呂のようだ。


ミヨシから見渡す限り、ミヨシ側もトモ側も、

黒っぽい20cm位のが上がってる。


ポイポイポポイと捨てるので、

カモメが拾ってく。






ジャーク × フリーフォール


たまに、ジャーク × テンションフォール






「これは、ドンコじゃないぞ~」


左ミヨシ側の人がウィ~~ンする。





「あ~、やっぱり白いか・・・」


上がってきたのは白ムツ×2







白ムツでもいいから釣りたいなぁ~







???










3秒以上たったぞ???









おりゃ!






グイン グイン







なにか食ったにひひ







『お、ジグにもきたね~』






船長も見てくれてるようだ。







キャタリナ 20h は87cm。




さぁ、がんばれ!


150回巻くか~~~







「お! 赤いのきましたか?」


「いや~、プルプルしてるからサバだと思います」


「回りは誰もサバ釣ってないので赤いかもしれないよ!」




内心、赤いのを期待するけど、

まぁ、あれだ。あれ。





いくら深いと言っても、この微妙なバイブレーションは、

やっぱサバだろうな。





【アカムツは、最後まで抵抗するので、口切れしないように丁寧に巻きましょう】





いろんな指南書に書いてあるので、


ひょっとしたら を期待して、1秒1回転ペースで巻く。



サバなら横走りするけど、横に走らない。




ひょっとして・・・・














ひょっともしない、


サバ40cmくらい







まぁ、最近魚持ち返ってないので、

コイツは食卓に並んでもらおう。




オイラがサバを釣ったからなのか、

周りのエサ師もサバだらけになってきた。




やはり、ミヨシからポイントに入るので、

ミヨシのジグマンのプレッシャーはキツイあせる





「早くアカムツかけてくれよ」



との、無言の視線を感じる・・・










『ダメだなぁ~ 移動するよ~』







・・・・・・・・・・・・・・・・








『ちょっと深いよ。 180M。落として~』






さっきと同じく、エサ師の後に前へぶん投げます。







おおう、今度は確かに深いぞ。


それでも、300gあるから底取はできるな。






ミヨシ側のエサ師には、2~3匹白ムツが上がる。

真ん中より後ろはドンコしか上がってない。





『潮が動いてないから、


 魚入ってくるまでちょっと粘るよ~』




通常のジギングとは違うので、入れ直しはしない。

また、ロングフォールジャークなので、

上げるときは両手を使えるから片腕だけ疲れることもない。




上げては落とし、


落としては上げる。




やはり、ここでも海底はドンコ風呂。


赤色の魚はいない。





ジャーク × フォール・・・




ジャー・・・




 ガガガっ!




 グイン  グイン!!







さっきと、アタリも違うから、


アカムツ来たか~~~ニコニコ




ジャークで食ったからサバじゃないかも~~ニコニコ





巻く。


とにかく巻く。


さっきより重い!


そして暴れてる気がする!





巻く。


とにかく巻く。





さっきと同じ重さになった・・・



プルプルになってもた・・・・・・


















・・・・・・・・・・・・







やっぱ、サバだわ(笑













そして、周りもサバが釣れ始める。


サバを集めるジグマン。あおみの。




サバ連れてくるんじゃねーよ




そんな視線を感じる・・・










赤いのは船中ゼロ匹・・・








『今日はアカンなぁ~』




『移動するよ~  上げて~~』














移動の度に、蓄光する。





さっき、170Mラインは巻くのがつらかったので、


メタルウィッチ 1巻116cmにもジグを付ける。









『アッカンなぁ~』



『移動するよ~  上げて~~』









・・・・・・・・・・・・









『おらんなぁ~』



『上げて~ 場所変えるよ~』








あちこち移動すること数回、

水深120Mのところで、

やっとエサ師にアカムツ25cmくらいのが上がる!!





時は既に10時半。


活気づく船内!!







ディープライナー 300gに変更。


オイラも気合を入れてジャーク ×フォール





スパイキーよりも若干、引き重りするな。


そして、フォールも約2.5秒。 ちょっと早いか。








ジャーク × フォール




ジャーク × フォール




ジャ・・・



???






なんか、重くなったぞ。





ロッドできいてみると、かすかにプルプルしてる。


なんか付いてるみたいだ。






巻く。



巻く。




ノドウロカサゴを期待して巻く。










・・・・・・・・・・
















背中にブっ刺さってたわ


ここもドンコ風呂か・・・








サバだと、1号機は喜ばないけど、

こんなヘンテコな形の魚を持って帰れば、

1号機も喜ぶだろう。


そして、ドンコ汁でも作ろうと、クーラーへ。





「ドンコよかったらどうぞ」



右2番の方からもドンコ貰った。











『アタらんから、もう一回深いとこ行くよ~』










たま~に、ロッドが大きく曲がってると思いきや、

オマツリだったり、


ドンコ3匹掛だったりと、

ぜんぜん盛り上がらない船内。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・







その時、歴史が動いた!








急に潮が動き始めた12時ごろ、



ポツ、ポツと白ムツが上がったと思いきや、


左ミヨシ1番、2番、3番、


右ミヨシ2番でアカムツが上がる!


サイズはMAXで35cmだが・・・






『ジグ、がんばって~。


  前側は上がってるよ~』








そして、この180mラインでさらに潮が動いた。


トモ側のエサ師はオマツリを繰り返す。



船は前に進んでるが、エサ師の仕掛けもトモに流されてる。



それではということで、メタルウィッチに390gを付ける。





ボチャン








おぉ~~~



いっきに右に流れる~~~







潮が効いてきたようだ。


完全に、隣のエサ師よりトモ側にラインが行くので、

一旦スプールを止めて真下に持ってくる。


そして、まっすぐに近くなったら再度フリーで落とす。





着底




ラインは200Mちょいは出てるか・・・







ジャーク × フォール


ジャーク × フォール




メタルウィッチのバットが弱いのか、

潮が速いのか、

ジグが重いのか、


390gのロングジャークがつらい・・・ガーン



そして、バットが曲がりすぎるから、

思ったよりもジャーク幅が短い。




ジャーク × フォール



ジャーク × フォール


ジャーク × フォ



・・・・・








落ちない・・・・・







オリャ!!!!









ゴイ~~ン







重た~~い







『どう? ジグ、アカムツっぽい?』



船長、見てますね~~(笑






サ・バ・カ・モ・ネ





オイラは人間なので、テールランプは付いてない



首をかしげてボディーランゲージ









なんせ、このロッドで初めての魚。

そして、魚は200M先。

掛けたことのない魚の引きはわからない。


ただ、ロッドが違えど、

かけたことのある魚の引きはわかる。










・・・・・・・・・・・・・・・









サ・バ・デ・シ・タ









 みりゃわかるって





・・・・・・・・・・・・・・・








そして、恒例のサバ祭りへ突入。


サバがかかるので、トモ側はオマツリ状態。







なんだか、サバ集客機と化すジグマン。









それでも、粘ってジャーク × フォールをすると、


ゴ~~~ン


と一気にロッドが入る!




ネガカリ・・・・か、、、




ラインが巻けない。




今日のドラグは2.5kg。

トモ側のオマツリに巻き込まれるのはゴメンなので、

キュッキュと締めて、垂直に引っ張る。




あれ??



巻ける・・・





そして、じゃっかんプルプルしてる??


ひょっとして魚??


だとしたら、結構なサイズ??







巻く。


なんとか巻ける。




にしてもスゲー重い。





ツライ。


スゲーツライ。









正体を突き止めてやる!!






未来予想図では、


メヌケとか、アブラボウズとか、アラとかも釣るんだから、


その時のための修行だ!!










がんばれ!  オレ!!








そう、


これは修行だ!!











巻く。 とにかく巻く。



ハンパなく重い・・・・







キャタリナLD 20Hだからいいようなものの、


これ、20hだったら大変だあせる












修行するぞ!


  


修行するぞ! 

 




修行するぞ!








徹底的に修行するぞ!















・・・・・・・・・・・・・・・






子供の頭くらいの石が上がってきたゾ




※本日の最重量級だ



・・・・・・・・・・・・・・・












グースカピー




















経験上、


常連がデッキで寝始めると釣れない。






その後、ノドクロカサゴがぽつぽつ釣れたが、


オイラのジグには食ってこなかった。







ってところで・・・









『今日は、魚おらんね。 これで終わりにするよ』













沖上がりの15時となりました。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








先週は、まずまず釣れたらしい。


昨日はイマイチだったらしい。


そして今日は、昨日より白ムツもおらず、


ちょっと悪い日なのかな?


って常連さんが言ってました。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







ノドグロカサゴも、白ムツも食ってここなかった。


ジグが大きすぎるのか、


ジャークが激しすぎるのか、


フリーフォールがダメなのか、


ヒラヒラメインがダメなのか。




もっと見せる感じの方がよい?




次回は、ジグが動かなくなるのを恐れずに、


もう少し優しくジャークしてみようかな。





ワラサジギングと違い、


自分の体と同じくらいのジグを食わせる方法。




まぁ、実践あるのみというのは確かなんだけど、


今度は、ストレートタイプのも試してみよう。



ただ、次回は波崎にいってみたいなぁ~・・・













・・・・・・・・・・・・・・・・・・









ドンコ4匹貰ってきた(笑





青物用のクーラーに、寂しい釣果(笑



赤い魚はおらず、サバの血で赤くそまるのみ・・・














このままドンコ汁にしてやる!!












サバは薄かったので、


半身だけ酢〆に・・・


残りは味噌煮用に冷凍庫へ・・・







鍋にドンコと白菜と人参とシメジを入れて、味噌味で。






貰った、一番大きなドンコのキモがデカイニコニコ


頭の上に乗せてるのがそうですが、楽しみ~~ニコニコ











ピンポ~ンベル










ご近所さん、回覧板。


しばし談笑。






帰ってきたら・・・

















うぉ~~!!!



オレ様のキモが、



食われてる~!!!




















「パパ、やっぱ深海魚のキモっておいしいね!」




  モグモグ・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・







よかったな・・・



おまえが食ってくれて・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・






もし、先に看守が食ってたら、


明日から、ママの居ない日になるところだ











アカムツの盛期は夏。





それまでには、もっともっと、







修行するぞ!





修行するぞ!









徹底的に・・・




















おしまい


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。