もはやただのゲッツの僕の日常

もはやゲッツです。
役者で、ダンサー、そんなわたくしの山あり谷ありな日々を書き殴るブログです。
ちなみに犬派だが、猫の魅力も悪くないと思う今日この頃。

ダンスレッスン

JOINT DANCE STUDIO@秋葉原 ゲッツスタイル 21:20~22:50http://abstreem.com/joint/news.html



出演情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――



――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――



――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◼️2017年7月1日(土).7月2日(日)※アニソンディスコはday2に出演。
◼️Re:animation10
◼️会場 お台場 潮風公園

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◼︎2017年8月11日(金・祝)
◼︎アニソンディスコ7周年記念DJ&ライブイベント
「アニソンディスコ~僕たち、アニソンが大好きです。」

◼︎会場 渋谷WOMB LIVE
◼︎開場 14:30 開演 15:00 終演 20:00

◼︎料金

・前売券 3500円 当日券 4000円
(イープラス、アニソンディスコ手売りを予定)

・小中高校生 前売券 2500円 当日券 3000円
(イープラス、アニソンディスコ手売りを予定)

・小学生未満 無料

(全て1ドリンク別途)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


テーマ:
8/19日。
僕が振付数本と、レッスンをやらせてもらっているライブレボルトのワンマンライブ。
0th LIVE 「ライブレボルト THE ORIGIN」
でした。






まずは、たくさんの御来場ありがとうございました!
お客さんの熱がとてつもない現場でした。
会場の熱気がすごくて酸素薄かったくらいです。
僕もそこそこ現場いきますが、要約すると最初から最後までぶち上げるを掲げているライブレボルトに集まったお客さんはまさにそれをやりたい人たちの集まりでしたね。

ライブレボルトのLIVE、現場は、まだまだこれからつくられていくんだなと感じました。
とにもかくにも演者、お客さんの熱量は凄まじくこれからが面白くなりそうだ!
と言うのが素直な感想です。
みなさんお疲れ様でした!!!






ライブレボルトの作曲陣が所属する「TOKYO LOGIC」の代表ムラタさんとはこの日色々な事を話して、レボルトのことはもちろん、パーソナルな起源の話など。
めちゃくちゃ意気投合したので、更に気合い入れてやるぜ!となりました。
2人でぶれいかうっ!!!


{268A56B6-F1CF-4792-89E6-1754511BC321}










普段振付、レッスンと多方面に色々やってますが、ここまでガッツリ関わって鍛えたのも久しぶりなので、
ライブレボルトのメンバーの先生をやってきた身として少し(長い)お話を。








ここまでの話をすると、ライブレボルトのみんなは5月ですかね、スタートアップで一度LIVEしてから全員でLIVEはリリイベで1度きりしかしてません。
お披露目は先日発売された2曲
「REVOLTIA」「Darling Soldiers」
のみでした。
あとは、それぞれのユニットで、イベントに1度ずつ出たくらいです。
ダンスに歌をずっとやってきた子ばかりでもないですし、ベースはみんな役者、声優です。
初めてのお披露目の時も、ダンスの動きはもちろんフォーメーションや、身体の向き、表情など、出来ないことだらけ。
そこに歌が乗っかっては出来てたことが出来なくなる、など問題点だらけ。





今回のLIVEでは全体曲3曲、それぞれのユニット曲を2曲。
みんなそれぞれ5曲を歌って踊りました。
新曲と言う意味では3曲です。
歌は被せ一切なし、ダンスも踊るだけでも息切れるようなしっかりした振付。
最高の楽曲に、素敵なイラストのキャラクター達。
いきなりの200キャパのワンマン2回回し。
様々なプレッシャーがあったと思います。










でも、みんなすごく真摯に向き合っていました。






正直リハーサルの進行的にはギリギリ。
これだけのメンバーのスケジュールを合わせるのは大変ですし、イベント用に全体曲2曲を2人用にしたり、新曲の振付を渡して、固めて、と言うのをやるだけでも本番の日にようやく間に合うかな、という所。
でも、これは習い事の発表会ではないので、お客さんに届ける、お喋りもする、キャラクター、演出も込みで立ち振る舞うなど、全てパフォーマンスとして生きていなければいけません。
(一般的なそれとの違いは、やり遂げる責任の有無ですかね。)




そこをみんなはちゃんと考えていたし、自分たちで練習して来たり、出来ない自分たち、仲間の成長、周りの大人の期待、僕の圧力、様々なものときっちり戦っていたなと思います。
本番でのトークでボロボロ泣いていましたが、リハでも泣いていましたし、落ち込んだ顔、悔しさが隠せないと言った顔も見ました。







{0AA85971-0FBC-47B2-9D25-5117FB1A805C}





ダンスの先生やって10年超えますが初めて自分の立ち位置の番号持ちました。
自分でラミネートしましたw
いつもはそのスタジオにあるのを使ったり、マーキングをテープでやるのですが、なるべく本番と同じ状態にしてみんなの負担なるべく減らそうと思って用意しました。







そう思わされるくらい、ずっとやっていたし、みんな上手く出来ないことにぶつかり続けているのが見えていました。
本番の日が近づくほど、連日のリハで体力も使うしメンタルもギリギリだったなと思います。






でも、その苦悩の種は見事にそれぞれの花を咲かせたなと思いました。
みんな本番でしか咲かない華できっちり魅せてくれた。
当日僕は見守る事しか出来ないので、やりきってくれて大満足です。





dubstar
カッコいいロックに乗せて田口の芯のある力強い歌声と、秋葉の凜とした所もある甘い歌声で気持ちよくさわやかにも乗らせてくれる。
2人の個性が上手くバランス取れていてダンスも柔と剛のようなバランスで合わさる事での魅力がすごくある。
それぞれの課題がクリアされる度お互い合わさってよくなったなーという印象です。
もっともっとぶちぬける可能性すごくあります。





RumBlue
RumBlueはゴリゴリのダンス曲で、かなりリズムを見せないとつまらないよ?というダメ出しで2人とも苦しんでましたが、あおき、平野共に出来ないことが出来るようになって来てからの伸びが素晴らしく、歌も不安な部分が減るほどに伸びやかになったなと思います。
観ていて聴いていて勝手に身体揺すっちゃうのはやはりこういうEDM系の曲の魅力ですし、体でそれが出来てくれるのは嬉しいですね。
さらにノリノリに酔っ払える空間作り出せる!




リサイタルズ
五味、池羽の2人のパーっとした明るさとふんわりとした明るさがすごくマッチしていて、僕は例えとして「歌のお姉さん」のようにきっちり丁寧にね、と言いました。
元々の2人の個性がわいわいガチャガチャしてるので少し整うところが出来て観やすくなるとすごくよくなったからです。
当日も持ち前の明るさでお客さん、会場をでっかくつつんだなーと思いました。
もっともっとやっちゃえる!




FIREVOLT
この組の楽曲の壮大さと世界観の出し方はすごく表現としては難しく、けどもこれだけ音に世界に酔える曲を貰えてることの有り難さなーと個人的に思ってます。
割と器用にこなす松平と、すぐつまずくけど立ち上がる新菜の2人がお互いに負けない、と言う気概がぶつかり合っているのが観ていて面白く。
少し出来るが故のそこからの詰めの難しさと、出来ないからこその伸びの幅、お互い相手を感じあって成長して来たなと思います。
本番を重ねて更に強く強くなったとき図太い芯が2人を怪物にすると思います。







新曲「無限大 Believer」が初お披露目されました。
この曲の振付をやらせてもらってまして。
歌詞が沁みすぎて、みんなの本番の顔が楽しそうすぎて。
曲がエモさの塊ですし、みんなの頑張りが本当に輝きに変わったなと思ったし、振りのラストの方のみんなで手を揃えてあげて行くところが、夜公演きれいに揃いすぎててこれが観たかったんだよなーって思って。
泣いてしまいましたよね。
早く皆さんにも沢山聞いてほしいですね。
みんなが無限大で、信じて進んだから届いたんだ。
そしてこれからも信じ続ける限り無限大に進んでいける。
可能性をつくるのはみんな。





最後に、
総監督の瀬島さんを初め沢山のスタッフさんも本当にお疲れ様でした。
この企画に参加できてすごく光栄です。
これからも熱込めて革命の一端を担う者としてやらせていただきます。






{BD9C0B79-EDE2-4EE1-BDF2-F9944A8F7783}




次は1st LIVEだ!
みんなで更なるぶれいかうしよう!!!



{E4BC3FB5-32F8-4260-86F6-3316E29676A2}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
メットーーール!!!(挨拶)
と言うわけで、アニソンディスコの芸人さん達と一緒にCAPCOMさんにお邪魔して、
先日発売されたばかりの
「ロックマン クラシックス コレクション2」
の、所謂ゲーム実況動画の撮影してきましたー!
芸人さん達、とは言えいつもの仲間達なので安心して楽しく撮影に臨みました。





ウッチーさん(センターのロックマンの方)
にアドバイスを受けながら懐かしみながら4人で挑みました。
さてさて、どんな実況動画になってるのか!
果たしてあのシーンは使われるのか!?w
公開を待て!ですよヽ( ◔ ڼ ◔ )ノ 



{2389CFCE-DF20-4CF7-92DC-2EA55472FB20}




みんなでロックマンTシャツ着てパシャり(∗╹◡˂)ノ"
僕はブルース好きなんでブルースTシャツです。




{ACA68EED-E487-42C4-BAC5-16C3484D4861}




いつか振り付けのお仕事でも関わらせて頂けるように頑張るぞーヽ( ◔ ڼ ◔ )ノ 





{393DD798-103A-47A4-BF59-A23614CCA869}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日8/15日は終戦記念日。
日本最後の戦争から72年経った日。




僕らは戦争を知らない世代です。




昔は退屈だし話長いからすごく嫌いだったけど、大人になってから祖父祖母の昔の話を聞くようになりました。
特に祖父が亡くなり、帰省した時は祖母からよく聴くようになりました。








僕の実家は名古屋です、大空襲が当時ありました。
祖母から聞いた当時の話です。



つい先日近くの区が空襲にあったので、流れからして次はうちの区だとなって、貴重品を全て親戚の家に移したそうです。
そうして、翌日燃えたのは親戚の家の方で実家は無事、貴重品は全滅。
ただでさえ大変な中、それがどれ程絶望的な事だったか。
これから生きていくのも相当困難になったでしょう。
でも、祖母はそれを笑って話してました。
今となっては、70年も経てば忘れられる苦しさもあるのか生きていく強さなのか。




そんな祖母も先月亡くなりました。
僕は幼い頃から祖母に面倒を長くみられていました。
反抗期の時めちゃくちゃして泣かせてしまって、泣きながら謝ったのをすごく覚えています。




歳も90を過ぎておりましたので老衰であったと思います。
往年は父が腰を悪くしたのをきっかけに老人ホームで過ごしていました。
1度だけ会いに行きました。
やはりというか、老人ホームにはいってから痴呆が進んだ感じはありました。



なるべくモチベーションあげようと沢山話しましたけども、会話は数分後には、1つの話に戻る繰り返し。







「いつ家に帰れるの?」






最初は
「ばあちゃんが、頑張って沢山歩けるようになったら大丈夫よ!」
とは、言ってましたが、流石に10回を超えてくると辛いものがありました。
仕事の都合上面倒が見れるわけではない僕が無責任に言えることではないな、とも思いましたし、何よりキツかったのが、施設の方が




「あまり頑張らせないでくださいね、もう沢山頑張ってきたんですから。」



と、仰ったことです。





そうか、そうかもな。
と思いました。
僕にはその歳までの色々な辛さはわからないし、その現場で沢山の人を見ている方のその言葉の重みも少し図りかねますが、考えもしなかったことなのですごく刺さりました。




僕は、前向き突き進み人間なのであまりそういう発想をもてません。
帰りたいと言ってるからこうしたら帰れるよ
、もダメな事あるんだ、と。
前提条件から違ったのかと。
色々な気持ちを抱えて帰ったのをすごく覚えてます。





それからは顔を出せていませんでした。





先日父から連絡があって、電話が向こうからかかってくる要件なぞそうそうあるわけではありませんので、予感はありました。
電話に出ると
「おふくろがなくなった。」
「通夜が〜告別式が〜。」
僕はなんとか帰る、と冷静に聞いてました。
現実感は全くありませんでした。
実際疑ってはいないけど信じられもしてなかったんだと思います。






2日後早朝に帰省して久しぶりに祖母に会いました。
涙が止まりませんでした。
すごく綺麗にしてもらって、僕の最後の記憶よりツヤのいい顔立ち、嘘だぁ、って思ってしまってからはもうダメでした。
今もこうして思い返すとダメですね。
父が一言かけてくれましたけど、その後すぐ黙って1人にしてくれました。





式が粛々と進み、頬に触れると冷たくなった祖母に目一杯の感謝を込めてお花を渡しました。






火葬場へ行き、最後のお別れ。
火葬場の方が火葬のスイッチを押されますか?
と喪主の父に問いましたが
「私にはできません。」
と、言いました。




僕は、やろうと言い出したかったですけど、そんな父を見ていたら動けませんでした。




火葬場の方が代わりに押してくださってあっさりとお別れ、次に見たときは燃え尽きた骨でした。
90超えてこんなに骨残るとは流石に丈夫なばあちゃん、80超えて骨折しても歩いてたくらいだもんね。




ここからは一区切りして、さらっと親戚の方々と過ごして終わり。





たいして孝行できなかったと思います。
紅白歌合戦に出たときに、北島三郎さんや、中村美律子さんのバックダンサーした時は喜んでくれたなぁ。
他の仕事はよくわかんないもんね。





大いなる感謝と共に、迷惑かけてごめんも沢山、でもやっぱりまとめてありがとう。
生きてきてくれて、僕に繋げてくれてありがとう。
薄いところしか知らないけど、戦争が終わったから今の僕がいるのかもしれない。





この日が来る度に僕は祖父母の事を思うのだろう。





戦いで喪われた沢山の魂に安らぎあれ。
生きている喜びを謳歌して、また僕も繋げていけますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。