崔貴鎬先輩 [8]



先輩
診察室のフォトフレームのらかにっていたいつのまにか長身青年となり喪主めていました

葬儀ったたちが親睦確認するとさええていたですがそれが間違いだとこの日気づきました

いあいだにじっとったままうなだれ画面えた携帯電話液晶ろにめていました


先輩自身予見していたのだろうか

先輩SNS自己紹介コメントが、「西山むが夕日しいもの‥」となっていました

そして私宛もう水仙写真先輩感想えてへのいなどがめられたメッセージがけられていました

それなのにはなんの信実味のある返事もできなかった

あれほどっていた大切先輩だったのに‥。


たちはみな他人関係びながらもその実自分だけの世界きているのかもしれない

出会ってもいつかはれがるもの

だからこそばれたときにはそのをいっそう大切にしなければならないのに‥。

‥‥‥

‥‥‥

‥‥‥

先輩をつけてってください


AD

崔貴鎬先輩 [7]


こちらから連絡をせずにいると一月ほどしてまたSNS到着しました

深紅椿写真えた、『冬栢(椿)という詩一編がその内容でした

韓医院名前じだね。」前置きして


冬柏


丁薫(19111992)



백설이 눈부신

純白しい



하늘 한 모서리

荒涼とした片隅



다홍으로

深紅



불이 붙는다.



차가울사록

えきるほどに



사모치는 정화

情火 



그 뉘를 사모하여

って



이 깊은 겨울에 애태워 피는가.

この憔慮かせるか 



いいですね誠意のない返答をしただけでした



一月ほど出勤途中自分うメッセージを発見しました

先輩訃報です

急性心筋梗塞昨晩亡くなったという内容でした

葬儀場にひたらせながらめどない視界ませました

こんなふうにってしまうのならなぜ自分かな態度をとってしまったのか

かった

先輩にしたった々は20その歳月走馬灯のように々とめていきました

AD

崔貴鎬先輩 [6]




先輩以前して頻繁にするようになっていた反面そのものにはくなっていました

それでも先輩学問する情熱さは以前のままでというよりもむしろ衒学的色合いをめていました

あたかも自身身体的コンプレックスを膨大知識というせようとするかのように

先輩はこのごろ使処方らしているんですよたとえば虚症しては使処方数種類集約させておいてその元方体質別応用していくんです。」

った先輩やかでない口調でこうしてきました

処方やしてもまだまだりないほどだというのにらすとはなにごとだ!! ぬまで勉強しても全部つけせないのが処方というものだ。」

たちはこのすでになる画家になっていたのです


医学かう姿勢違和感はあっても先輩とは季節わるごとに安否ねあいときにはいにってにする関係きました

のことになりますが先輩しくしているという業者紹介けてそれならばと取引してみたところずいぶんとがっかりさせられる結果となりはそんな業者いだ先輩みがましくうようになりました

そんなさなかに先輩からSNSきました

安君最近どうしてる? 時間があったらわないか? でもみながら。」

先輩はこのところちょっとしくしていて‥。いたにまた連絡してびにきます。」

先輩する屈折した気持をこのようにりくどい方法表現していました


AD

崔貴鎬先輩 [5]


方意心悟前書には序論えて言葉げました


いていく途中にふとってみた

臨床経験処方知識ぎないけれども

思考整理進歩むとすれば

より明日けた希望となる

貴鎬先輩れる

 丁丑夏 安珍永


こうして崔先輩とのして強固になっていきました


公益勤務期間えた19982清州にて興徳韓方医院開業して韓方医としてのちをげました

開業後にもときに症状複雑処方しい患者わされるときには先輩電話してえをうのがでした


日本という未知世界かれて韓国またってきたときに今度はソウルの冬栢(椿)韓医院開業しました

こうして本当しぶりに先輩わすこととなりました

歳月三和堂韓医院にも変化をもたらしていました

鍼灸漢院長不慮事故矯正金院長までもが独立してっていき韓医院崔先輩一人っていました

崔貴鎬先輩 [4]

この大学院修士課程いていたため軍入隊二年間延ばしている状況でした

その二年先輩との交流めての社会経験でアッというぎていきいよいよ入隊ということなって三年勤務軍医官よりは18月間勤務公益勤務要員軍役たすべく故郷清州ることとなりました

こうして先輩との交流一時休止えます


清州かう最後挨拶ねたところ先輩きな紙袋用意してっていました

安君これは録音保存した小涯孟華燮先生方薬指針講義録時間つけていてみるといい。」

ではもうかけることのなくなったカセットテープに講義内容さず録音してためたもので100個以上大量のテープが紙袋にぎっしりまっていました


公益勤務要員として清州地方検察庁配置され18月間勤務するはこの録音テープを何度してきました

毎日公益勤務わった夜間には同期開院した韓医院夜間診察2時間受診察合間をみてはテープの講義内容をノートに整理していきました

自分えていた整理ノートにこの講義録記録えると400ページをえる分量になりました

はノートを製本題目方意心悟(処方意味)』とやや大仰命名をしました


崔貴鎬先輩 [3]

囲碁をうつときに、「第一感というのがあります

一番最初直感的かぶ一手のことをいうのですがいってみれば韓方診断第一感このころ崔先輩からんでいたようにいます


診療時間わると毎回のように夕食にしてからの帰宅となりました

居酒屋しても昼間延長たちはさらにたくさんの対話わしました

韓医師画家ている対象(患者いて(診察して表現方法いによって(処方きくわってくる。」

自分達どんな画法いているのかたとえば中国のどの画家理想とするのか

また十全大補湯使うにしてもピカソが十全大補湯美大生十全大補湯遠目にはじにえたとしても内面意識れと、"うはずだ

たちはきることいました


あるときはがこんな質問をしてみました

先輩はいつも無難口癖のようにいっておいでですが個人的には重要瞬間には多少果敢選択必要ではないかといます。」

先輩えはこうでした

でないのだからすべてのすことはできないということを自分自身がよくわかっているだからある患者自分のところへやってきてらずにほかの医師ねていくまでになくとももっとくなっていることがいようにというえをてられない。」

このようにいて診療することも先輩からんだことのうちのひとつです


崔貴鎬先輩 [2]





こうして
先輩にいわれるまま大学院仕事合間って白衣実際三和堂韓医院出勤するようになりました

医院内はたいへん開放的間取りが印象的でした

崔院長診察韓方薬処方をすべて漢院長鍼灸治療薬鍼担当

もう一人院長金院長はカイロプラクティックや矯正担当分業化されて診療われるシステムがうまく機能終日患者ける人気医院でした

崔院長部屋先輩診察終始拝聴にはいっしょに患者をとってみることもありました

先輩処方せんをけば患者こしながらその処方選択された理由原理についてじっくり理解できないことは先輩えをいました

学校というではいくら時間やしてもない実戦臨床のエッセンスをここではすことなく吸収することができました


々は先輩質問けてきました

安院長だったらこの患者にどんな処方すだろう?

そうですね‥。この頭痛患者には清上蠲痛湯二陳湯わせて使うとさそうですが。」

そうえたか所見では胃腸機能考慮して補中益気湯川芎/荊芥/防風程度加味した無難処方仕上げたいところだが。」

このような具合いだった


この患者胃腸病にはどんな処方でいくといいだろう?」

平胃散二陳湯をかけわせたところへ加味をした平陳健脾湯適当だとわれますが。」

くないねただ自分だったら食後倒飽症から脾虚えて香砂六君子湯がもっとふさわしいとえるね。」


崔貴鎬先輩 [1]

崔貴鎬先輩にはじめて出会ったのは大学卒業して地下鉄ソウル大入口駅近くの韓医院勤務しだしてもないでした

冠岳区韓医師会会合があるというのでめて参加してみたところ大学後輩ってきたとんでえてくれたのが崔貴鎬先輩この歓迎ぶりとさそうな印象記憶っています

先輩先天的身体障碍のため脊椎がるいわゆるせむし身長小学生ほどしかありません

しかし凡庸でない々としたぶりや眼光からはカリスマ牽引力じられました

当時崔先輩三和堂韓医院代表院長二人同期韓医師とともに三人特技かした共同診療成功させていたことでたくさんの後輩たちが注目れていました


そうか安君といったね臨床経験んでいるかね?」

ビアジョッキをカチンとぶつけながら先輩おきなく質問をしてきます

いてこうえるしかありませんでした

はぁ臨床はまだまだです。」

ははは‥。それはそうだろう今度時間をつくって白衣って医院出勤してみるといいそうそう木曜日大学院うといっていたねそのいた時間るといい大学院よりもぶことがたくさんあるはずだ。」

なぜこれほどくしてくれるのか理由はわからないまま先輩一目可愛がってくれていることがわってきました


そのずいぶんってからこのときのことをねたところ先輩卒業してまだ青二才脉診について気概にいったとえてくれました

にはえがないのですが‥。


糖質制限が必要な理由[2]

テーマ:




糖質過剰摂取問題点はもうつあります

余剰分糖質脂肪転換されてたちの蓄積されてしまいます

人体脂肪ならりなく貯蔵できるようになっていますが血糖貯蔵量限界があります

血糖値固定値にセットするためにはってきた糖質をその都度エネルギーとして消費しなければならないのですが流入すぎて燃焼しきれなくなると剰余分脂肪えて貯蔵することになります


むしろ脂肪そのもののかたちで摂取されると消化されてケトンわるため際限なく流入することはありません

脂肪分一定量以上入ってくるとおじをして排出されるのです

つまり肥満する原因脂肪分過多摂取よりも糖質消費できないくらいにたくさんったためであることがいということです


炭水化物でも食物繊維消化過程消化酵素使いません

また食物繊維ってくると腸内有益菌活性化して発酵作用めてくれるので大便改善されます

こうして腸内環境えられると結果として体全体免疫力増加させられるという重要効果があります

代謝エネルギーを使用しない負担とならずそればかりか免疫力まで向上させてくれるので食物繊維はたくさん摂取してもよいとわれます




椿漢方はソウルにある韓方クリニックです。

漢方薬と鍼治療で健康と美容のお手伝いをさせていただいています。

ホームページ:www.tubaki.kr

お電話によるお問い合わせは: 国番号(82)2-796-7904

糖質制限が必要な理由[1]






書店医学健康書籍コーナーにってみると、「健康のためには糖質制限必須といった糖質める目立ちます

なるほど現代たちの食生活見渡してみると甘味食品精製された穀物にあふれています

パスタ・ラーメン・パン・菓子などをにする回数一昔前激増しています


肥満症めた各種生活習慣病主犯として糖質食指摘されています

炭水化物きく糖質食物繊維けられるのですがそのうち糖質となります


たんぱく胃酸にて脂肪胆汁にて分解されますが糖質分解するにはつではないたくさんの消化酵素必要になります

それで消化する代謝エネルギーを時間くかかるなど無理がかかるので糖質食らそう」、という結論になるのです


椿漢方はソウルにある韓方クリニックです。

漢方薬と鍼治療で健康と美容のお手伝いをさせていただいています。

ホームページ:www.tubaki.kr

お電話によるお問い合わせは: 国番号(82)2-796-7904